定形 外 郵便 金額。 定形外郵便が届かない場合の責任はどっち?

定型外郵便は何日で届く?遅れることもある?似ているサービス一覧も!

定形 外 郵便 金額

定形郵便か定形外郵便かは、「サイズ」と「重さ」によって決まります。 規格に収まっている郵便物が「定形郵便」で、収まっていないのが「定形外郵便」です。 ・定形郵便 横9cm~12cm、縦14cm~23. 5cm、厚み1cm、重さ50g以内のものが「定形郵便」です。 どれかひとつでも規格から外れると、「定形外郵便」になります。 ・定形外郵便 定形郵便のサイズを超えた郵便物のうち、横25cm、縦34cm、厚さ3cm、重さ1kg以内のものは「規格内」、それ以上の郵便物のうち、縦60cm以内、縦横厚さの合計が90cm以内、重さ4㎏以内のものが「規格外」という扱いです。 定形郵便物と定形外郵便物では料金の決め方が違いますが、同じ定形外郵便物でも、規格内か規格外かで扱いが変わります。 なお、定形外郵便物にも最小サイズの規定があります。 丸筒形のものの場合、円の直径が3cm、長さ14cmが最小で、それ以外のものは横9cm、縦14cmが 最小サイズです。 以上のサイズに収まらないものの場合は、普通郵便を使うことができません。 しかし、ゆうパックなどの別の手段を使って送ることは可能です。 定形郵便物と定形外郵便物は、それぞれ値段が違います。 いくらで送れるのか、見てみましょう。 ・定形郵便物 重さ25g以内の場合 82円 重さ50g以内の場合 92円 一般的な便箋に書かれた2~3枚の手紙や、チケット2枚を紙に包んで発送する、といった程度であれば、多くの場合、25g以内で送ることができます。 しかし、チラシを何枚も送ったり、契約書類などページ数が多い書類を送ったりする場合は、25gを超えてしまう可能性が高いので気をつけましょう。 ・定形外郵便物 定形外郵便物のうち、サイズが「規格内」の場合の郵送料は下記のとおりです。 重さ50g以内の場合 120円 重さ100g以内の場合 140円 重さ150g以内の場合 205円 重さ250g以内の場合 250円 重さ500g以内の場合 380円 重さ1kg以内の場合 570円 重さ1kgを超えた荷物は「規格外」となるので、「規格内」として送ることはできません。 サイズが「規格外」の場合の郵送料は次のようになっています。 重さ50g以内の場合 200円 重さ100g以内の場合 220円 重さ150g以内の場合 290円 重さ250g以内の場合 340円 重さ500g以内の場合 500円 重さ1kg以内の場合 700円 重さ2kg以内の場合 1,020円 重さ4kg以内の場合 1,330円 このように、同じ定形外であっても、規格内か規格外かによって料金は大きく変わってしまいます。 規格外だと重いものでも送れるものの、郵送料はかなり高くなってしまうのです。 定形郵便や定形外郵便を利用するときは、市販の「封筒」を利用するのがオススメです。 普通のショップの紙袋などであっても、規格に収まっていれば送ることはできます。 しかし、文具店や100円均一ショップなどで「定形内封筒」「定形外封筒」として売られている封筒を利用すると、「定形内か、定形外か」のサイズの判断がしやすいので便利です。 品物が入るサイズの封筒を用意したら、宛名を書きます。 ビニールなどの袋にいれて直接宛名が書けない場合は、白い宛名ラベルなどに住所と氏名を書いて貼り付けましょう。 表に送る相手の郵便番号、住所、氏名を書いて、裏側に自分の郵便番号、住所、氏名を書きます。 最後に封をして、規定の金額の切手を貼ります。 貼る位置は原則左上ですが、貼りきれない場合は別の場所に貼っても大丈夫です。 金額がわからないときは、郵便局の窓口に持って行くと、金額を教えてもらえます。 このとき、手持ちの切手があるなら持参するとその中から適した組み合わせの切手を貼ってもらえるので、無駄な出費を避けられます。 なお、普通郵便には追跡機能がついていません。 ポストに投函、または窓口に出した後は、届いたという連絡を待つだけです。 紛失などが不安な人は、ポストではなく郵便局の窓口に出して、何日の何時に差し出したのかをメモしておくといいでしょう。 普通郵便は、現在個人が気軽に使える郵送手段としては、かなり低額なものだといえるでしょう。 しかし、定形外郵便を利用するときは、ゆうパックなどのほかの手段と比べてどちらの送料が安いのかを十分に考える必要があります。 たとえば、レターパックを使った場合、A4ファイルサイズで4kg以内であれば、全国一律で360円(郵便受けに投函・厚さ3cm以内)、もしくは510円(対面手渡し・厚さ制限なし)で送ることができますし、追跡サービスも利用できます。 定形外郵便物で4kgのものを送ろうとしたら、1,330円かかりますから、サイズが小さいのであれば、レターパックを使うのが正解です。 また、ゆうパックだと、縦横長さの合計が80cm以内の80サイズの荷物であれば、東京から東京に送る場合の送料は1,010円、東京から大阪に送るなら1,180円になります。 送りたい物の重さや、送り先の住所によっては普通郵便よりもゆうパックの方がオトクになることがあります。 このように、「どこからどこまで送るのか」、「どんなものを送るのか」によって最適な発送方法は変わります。 一番安い方法をしっかり見極めて利用しましょう。

次の

封筒の郵便料金(定形外の切手など)

定形 外 郵便 金額

定形外も含め、国内のすべての郵便サービスならびに個人向け宅配サービスは、追跡番号があってもなくても現実的に配送事故はほとんど起きていないと思われます。 当方も補償の有無ごとに正確な統計は取っていませんが、これまで追跡番号のない配送方法で原因が特定できなかった事故は1件だけです。 分母は少なく見積もっても1万件を超えていますので、確率に置き換えると0. いずれにしろ、マケプレで発送に補償のつかない配送方法を採用されているセラーの方々は、お客様から支払われた送料と実際にかかった送料の差額を売上高へ算入、もしくはなんらかの収入として会計処理をしているはずです。 それは、中長期的に収支アドバンテージが享受できると考えるから皆そうされているわけで、「紛失した」という結果に受取人の悪意が介在しようとしまいと、それはあくまで「想定内」と考えるしかないと思うのですが。 仮に受取人に悪意があった場合、追跡番号がある方が心理的な予防線になり得るというのもひとつの考え方だとは思いますが、補償のない配送方法における追跡番号は単に荷物の動きを記録しただけです。 つまり、配達完了の証明にはならないので、追跡番号なんてせいぜいその程度のものと認識しておくべきだと思いますね。 当方は現在マケプレで補償のつかない配送方法は採用していませんが、もし今後使うようなことがあれば、将来起きるかもしれない事故のリスクは、発送のたびに享受する小さなメリットとともに清濁併せ呑むしかないと考えます。 tj11: アマゾンだけで発生するので本当に不着かどうかは疑問です。 Amazonとヤフーショッピングは5年 ヤフオクと自ショップは約15年販売しています。 普通郵便を使うのは ヤフオクのみですが 過去15年の間に3回不着がありました。 今は、普通郵便で発送する際 発送前の商品(梱包済み・切手貼り済み)を 写真撮影してから 発送しています。 購入者には 不着の場合 画像を送りますと伝えていますので これも 何回か役に立っています。 Amazon 自サイトショップ ヤフーは全て追跡可能な方法(宅配便・ゆうパケット・ネコポス) でしか発送はしません。 補償の無い方法でも 追跡可能だと 着荷済みだと証明できるため 何度か 不着の連絡がありましたが、『投函済みなので探してください』と回答すると 全て有りましたと回答がありましたので トラブルを避けるためにも 追跡可能な方法で発送のがベストだと思っています。 当店では年間あたり2000件ほど発送業務を行っていますが、 以前はゆうメールを使っていて半年に一度くらいの頻度で商品が届きませんとお客様からご連絡が来たことがありました。 高額商品はゆうパックにて丁寧に梱包し発送していたので、 不着の連絡が来る商品はほとんど安価でしたのでそのまま返金していました。 現在はゆうメールから日本郵便のゆうパケット 商品追跡サービス有 に変更して利用しています。 メール便ですので梱包サイズの制限があったり、大阪から北海道・沖縄その他離島などへの 配送にはタイミングが悪いと1週間前後かかることもありますが、 やはり追跡番号があるとないとでは安心感がかなり違いますね。 配送量も160円~ですので追跡サービスのことを考慮するとおすすめです。 EKD1: 履歴上「配達完了」となっていても投函形態の配送は 誤投函や盗難の可能性は否定出来ません。 それは 承知しています。 Amazonで この方法で発送し 現在 一度も事故は無いのでこの方法で 良いと思っています。 もし 以降 事故が起これば 発送方法を変えるかもしれませんが、 リピーター様も多く、1回の注文で数点注文で 8000円以上になる場合は 宅配便を使います。 契約して15年になる為 ここ数年で 数回値上げもありましたが かなり安くしてくれてますので・・・ 発送方法に関しては 臨機応変に対処します。 ただし Amazonで 追跡無しの普通郵便や定形外で発送するのは トラブル回避の為ありえないと思ってます。 クリックポストやゆうパケット、レターパックなどすべての追跡サービス付きの補償のない配送方法を取り扱うにあたり、追跡履歴上の「配達完了」を受け取った証明であると思い込むことほど危険なことはありませんね。 余談ですが、最近久し振りにヤフオクで書籍を何点か落札したのですが、ヤフオクは3月からストアを除きすべて受け取り後決済になっています。 落札者が受け取りボタンを押すまで出品者に入金されないため、みなさんその作業徹底への念押しがしつこい(笑)のですが、ガイドラインをよく読むと受け取り連絡をしなくても、ヤフーへ不着の報告をしない限り14日後に入金されるんですよね。 それを知ってか知らずか、中には投函された当日に「既に到着しているはずだが?」と怒り(?)のメッセージを寄越す方もいました。 こんな対応では送る方も受け取る方も、ただただ疲れるだけですよね。 少なくとも出品者サイドには、ルールの正しい理解が求められる事例の典型だと思います。 色々なサイトで出品していて、以前当は「ゆうメール」を使っていました。 やはり不着の殆どがAmazonでした。 FBAに切り替えたところ、今後は返品返金が増えました。 (多い時は週一で返金) 適当な理由で返品できて、返品されても確認をしないで返金されるので、悪徳購入者はレンタル気分で利用しているようです。 FBAは返品返金が多いので、今は自社発送に切り替えているところです。 自社発送ではネコポスやクリックポストなど、追跡番号付で発送する様になってから不着がなくなりました。 色々なサイトで出品しておりますが、Amazonの購入者は悪い客の確率が多いです。 自衛手段として自社でブラックリストを作っていて、返品返金が多い購入者はAmazonに通報をしています。 b419cfa8894c49d9895c: マケプレ保証などをしてくる語っておられませんか? 一度ありましたね。 『間違いで購入したので 返品したい』というので 返送の際の送料は購入者持ちでと伝えた処 着払いで返送したいと言ってたので 断ると マケプレ保証を申請してきました。 説明文の説明が悪い間違ったと難癖をつけてきた客がいました。 カスタマーへ 経緯を説明し ・間違い注文だと連絡が来てる事 ・説明文に購入者の言うような内容は書いてない事 ・商品名にもシール(当店は携帯の保護シールを販売してますので)と書いてる事 を説明すると 出品者には落ち度が無いので 全てAmazonで返金しますという事になりました。 という事は 購入者は、商品も手にした上 返金もされてる マケプレ保証を悪用したと勘繰りたくなりますね。 eafdb1aa16e5f0208d13: 本当にふざけた購入者が多すぎですね。 当店の場合 1件だけでした。 ネットショップを始めて かれこれ15年になります。 Amazonでは5年 いろんな人が世の中にはいますので 悪質な方もいるかと思いますが その場で 臨機応変に対応していくしかないですね。 ただし マケプレ保証だけは 改善するべきだと思っています。 大抵の購入者は 善意の人が圧倒的に多いですよ。 商品開発にも 気長に付き合ってくれる方もいますしね。 このスレッドの定型郵便や定形外で不着の連絡後の購入者とのトラブルがあるかどうかに関しても あれば 誠意をもって対処するしかないし Amazonでの出品にかかわらず、全てのネット販売に関しては 普通郵便は避けるべきです。 milkyway様のご意見に賛同します。 「ふざけた購入者」はごく一部で、ほとんどの購入者は何も問題ありません。 当方も、マケプレで悪質な購入者にとても容認できない振る舞いをされたことは何度もあります。 それをAmazonに通報し回答に納得できなかったこともけっして珍しくありません。 でも、このトピックに書かれている事例はそれぞれのネガティブな経験の中で、とりわけ最低最悪な事例がピックアップされているはずです。 「こんな良い人がいて嬉しかった」なんて書き込む人はいません。 むしろ、ネガティプな情報を過剰に警戒することにより縮小均衡になることのリスクも認識しておくべきです。 もちろん、出品者も購入者もそれぞれのプラットフォームが設けたルールの中で取引をしますので、自由度が広ければそこを利用されるのは事実でしょう。 とりわけAmazonのルールが購入者にとって有利に働く要素が多いのも、その通りだと思います。 ただ、これだけEC市場の裾野が広がり、プラットフォームが乱立しているわけですから、何をどう利用するか切り口は無限に存在します。 そして、有効な切り口は人と同じことをやっている限りけっして生まれません。 そのような観点でここ(セラーフォーラム)を利用すれば良いのです。 自分の思い通りにならないからと愚痴を書くのは愚の骨頂です。 私はアマゾンの発送は全て追跡番号付きの発送です。 月に600件から800件で主にDVDサイズです7割が「ゆうパケット」で3割が「ゆうパック」 です。 確かにアマゾンの「届かない」や理不尽な理由の返品申請は多いですね。 定形外で不着になる事は稀にあります、本当の郵便事故です。 7年間で3件ヤフオクでありました。 最後の「アマゾン持ち」の件ですが、実際の話しです。 ゆうパケット 追跡番号付 の発送で翌々日に投函済み。 お客様から届いていないの連絡で、追跡番号の結果や最寄りの郵便局の情報等の連絡をして、 お客様自身が郵便局に問い合わせて局員から「間違いなく投函をした」との回答。 その結果を持ってして、「マーケットプレイス保証申請」をされて来ました。 私はアマゾンに下記のように説明しました。 当方は、追跡番号付きの発送で、「引受」状態からから「到着」で該当郵便局に届き、その後配達によって投函され「配達済み」になっていますが、「到着」の時点で間違いなく商品は発送済みで、相手方の郵便局に届いているという事実がまずあります。 その後、局員の誤配送か、投函後の盗難、また家族の方が受け取っているようなご認識であっても、 当方が全ての責任を追うの如何なものかと思います。 投函後の受け取りがスムーズなら盗難のリスクも低いですが、数日と経過したり、施錠なしのポスト等なら尚更です。 要はアマゾンに出品者にどこまでの責任を持たせるのか? という部分です。 本人の受け取り時点なのか、投函のタイミングが完了なのか・・・ 本人の受け取り方法以外ならどなん発送にでも共通して出てくる問題の部分です。 ゆうパケットの法人契約で、単に定形外よりも安く発送ができる物が多くあるというのが利用している理由ですが 追跡番号付きは万が一の時、役に立ちます。

次の

定形郵便・定形外郵便とは?サイズ・重さ・厚さなどの概要と速達・書留などの料金、送り方も合わせて幅広く解説。

定形 外 郵便 金額

オークションの発送方法に定形外は適さない? ネットオークションにて200円で落札できた子どものバッグ。 やったね!と、ニコニコ。 あとは配送してもらうだけ。 出品者に定形外での配送をお願いしようっと! 「商品は定形外で送って下さい」 『定形外郵便での配送はしておりません。 送料は宅配便で800円です』 「定形外なら400円で届くはずなのですが」 『定形外郵便での配送はいたしません』 「なんで高い送料の方法でしか発送してくれないの? 宅配便業者と密約でもあるわけ? 定形外料金を調べるのが面倒なの?」 こんな気持の行き違いがあるかもしれません。 でも、出品者には定形外を嫌がる理由がちゃんとあるのです。 定形外郵便とは全国一律料金で、重さによって料金が変わる配送 普段「定形外」と言っているのは、通常郵便料金で送ることのできる、定形外郵便物のことです。 全国一律料金で、重さによって料金が変わります。 4kgまで配送できます。 封筒や袋などに宛先、住所を書き、切手を貼り、ポスト投函可能です。 落札者は最も安い送料なので、定形外郵便で発送をしてほしい 落札者としては、安く落札できた商品の配送には、 一番安い配送方法を使って欲しいと思います。 「関東の人は、北の人と取引しても、南の人と取引しても、宅配便料金はそんなにかからないですよね。 でも、東北や北海道、九州や沖縄、または離島などに住んでいる場合は、送料が高くなってしまって、せっかく安く落札できても、結局は高い商品になってしまう、ということも多いんですよ。 その点、定形外郵便はいいですよ!全国どこでも一律料金ですから。 特に小さくて軽いものはできるだけ定形外郵便でお願いしたいです。 なんで出品者はそんなに嫌がるんでしょうか?」 出品者が定形外郵便で発送したくないワケは補償の有無と追跡番号 定形外は補償がないんです。 落札者は気軽に「定形外で」と、言いますが、定形外郵便は、破損、汚損、紛失の際の補償もありませんし、 相手に届いたかどうかの荷物追跡もできません。 配送事故などがあって、相手に荷物が届かなかったときは、どうしますか?届いたときに壊れていたら? 宅配便やゆうパックならば補償があるので、金銭補償はしてくれますが、でも定形外は補償がないので、配送事故がひとたび起これば、トラブルになります。 定形外はトラブルになる可能性が高いのです。 落札者は定形外郵便で起きる事故がそんなに多いのか疑問を持っている 「事故」といいますけど、事故はそんなに多いのでしょうか? 通常の郵便でも届かないことは滅多にないですし、そんなに多いとは思えません。 100円で落札したものを、600円もかけて配送してもらったら、バカバカしいじゃないですか。 届かない可能性があることは、ちゃんと了解済みです。 でも、定形外で送って欲しいんです。 出品者は定形外郵便のこんな様々なトラブルを懸念している 事故はやっぱり起きます。 郵便局の問題であれば、郵便局である程度調査してもらえますが、配達後のポストからの盗難などについては、なんの調査も補償もありません。 最近は郵便ポストから抜き取られるなどの盗難も増えているようです。 また、届いていても「届いていません」と言われてしまえば、それまでです。 補償がないのも了解済みと言ってもらっても、いざ商品が届かないと、「落札代金は支払った」「商品は届かない」「本当に送ったのか?」と、という場合、やっぱり落札者の方は落胆しますし、返金などのトラブルになってしまいます。 商品がレア物など、他にない物だったりすると、同じ商品を送り直すこともできません。 さらに、その商品がなくなってしまったことを、とても悲しく思うでしょう。 そのあたりを考えると、やはり定形外での発送はリスクが高いので、宅配便などを利用したいのです。 このように、定形外を断る理由には、こんなことがあったわけです。 これは出品者の考え方やリスクのとりかた、商品に寄っても変わってきます。 場合によっては下記のような逆バージョンも考えられます。 出品者側が定形外郵便で配送するときの心得 「探しに探してやっと見つけた商品。 運良く安く落札できたけど、私にとっては貴重な品物なの」 この場合は、出品者がどう言おうと、確実に手に入れたい気持のほうが勝ります。 定形外で送りたい出品者の主張 「安い品物だから、送料を安くしてあげたいし、同じ商品はたくさん持っている。 事故も想定の範囲内だから、何かあったら、別のものを送り直す。 」このように、ここまで割り切ってしまえば、定形外発送OKです。 私も1000円以下の商品の場合は、「事故などで未着の場合の責は負いかねます」と、コメントをつけてますが「定形外で発送することもできます」としています。 でも、やっぱり高額の商品やレア物、期日の迫っているものについては、定形外発送は断固としてお断りしています。 さらに、ヤフオク! のなどでは、定形外などの配送の証明ができない配送方法を利用した場合、補償の対象外となってしまいます。 定形外を断る理由、少しおわかりいただけたでしょうか。 【関連記事】.

次の