リザードン 調整。 【ダブル】リザードンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策

リザードン 調整

コンセプト:相手にダイマックスを先に使わせる! シーズン1では、USMのレート戦と比較して、メガやZの廃止、ダイマックスの追加、ポケモンのリストラなど様々な変化があり、完全に手探り状態でした。 ポケモンの実況者の動画を見ながら考えていましたが、 相手に先にダイマックスさせて詰めていく動きが強いと感じました。 「カビゴン」「アーマーガア」の高耐久コンビで圧力をかける ダイマックスするタイミングとして、一番わかりやすいと思ったのは「高耐久のポケモンをダイマックスで突破する」場合だと感じました。 そこで 高耐久のポケモンを相手にぶつけてダイマックスを誘発させて、そのあと詰めとしてエースポケモンを通すというコンセプトに決めました。 そのために、 特殊に耐久のあるカビゴンと物理に耐久のあるアーマーガアを使うことを決めました。 詰めのエース「ミミッキュ」「リザードン」 相手にダイマックスを切らせた後に詰めとしてのエースは、まず「 ミミッキュ」を使うことを考えました。 ただ、「ミミッキュ」では、環境に多くいた相手のアーマーガアが突破することが厳しくなります。 その場合のエースとして「 リザードン」を採用しました。 ここまでで、 カビアーマー+エースポケモンという基本選出が完成しました。 苦手な構築に対して「ヒヒダルマ」「インテレオン」 ここまでのポケモンで、ドヒドイデなど耐久の高いポケモンで固めた 受け構築に対して、崩すのが難しいと思い、 ハチマキヒヒダルマを採用しました。 また、アーマーガアがいるのにかかわらず、リザードンを投げづらい並び(バンギアーマー)のような並びに強く出られると思い インテレオンを採用しました。 構築の解説紹介 フィラのみ カビゴン 実数値 努力値 HP 236 4 こうげき 178 252 ぼうぎょ 117 252 とくこう — わざ とくぼう 130 すてみタックル すばやさ 50 ヒートスタンプ せいかく いじっぱり(補正) アイアンヘッド とくせい くいしんぼう あくび もちもの フィラのみ わざ タイプ 威力 命中 PP すてみタックル ノーマル 120 100 15 高火力なタイプ一致技。 ロトムやサザンドラを削ったりします。 他のノーマル技と違い火力があり、反動を利用してきのみを食べることができる点が優秀でした。 ヒートスタンプ ほのお ー 100 10 はがねタイプやくさタイプに打点が欲しいため採用しました。 ほのお技はほのおのパンチもありますが、エルフーンやアーマーガアへの圧力を考えてこちらにしました。 ダイマックスした相手には効かないので注意。 アイアンヘッド はがね 80 100 15 ミミッキュへの打点が欲しいためはがね技を採用しました。 ヘビーボンバーもありますが、ダイマックスミミッキュへの打点がなくなるため。 あくび ノーマル ー 100 10 相手をねむけ状態することにより、 交代やダイマックスをうながします。 非常に重宝します。 あくび+高耐久で優秀な初手要員 多くの試合で初手で投げました。 大体の攻撃は1発耐えるので、あくびで流したり、相手を削ったりします。 あくびはとても優秀で、眠らせないために相手がダイフェアリー・サンダーを打つことになり、 ダイマックスを強要できコンセプトにとても合っていました。 ダイマックスしても強い 相手のパーティをみてカビゴンが重そうだったらダイマックスさせました。 相手のすばやさを下げるダイアタック、防御を上げるダイスチルは無難に強く、ダイバーンで晴れさせれば、リザードンと同時選出しても腐らせることを防ぐことができます。 オボンアーマーガア 実数値 努力値 HP 205 252 こうげき 107 ぼうぎょ 157 252 とくこう — わざ とくぼう 106 4 ついばむ すばやさ 87 ボディプレス せいかく わんぱく(補正) てっぺき とくせい ミラーアーマー はねやすめ もちもの オボンのみ わざ タイプ 威力 命中 PP ついばむ ひこう 60 100 20 32 てっぺき型なのでボディプレス以外の火力は見込めないと思いひこう技をついばむにしました。 後出しロトムの回復実やラムのみ、タラプのみなどを食べます。 たまに役に立つときがありました。 ボディプレス かくとう 80 100 10 攻撃ではなく防御の実数値で計算する技。 この技のおかげで 単なる受けポケモンではなく殴れるようになります。 てっぺき はがね 80 100 15 ミミッキュを役割対象とするため採用。 多くの物理ポケモンを詰ませることができました。 はねやすめ ノーマル ー 100 10 16 耐久ポケモンなので回復技を採用。 ついばむとはねやすめだけPP増やしました。 ミミッキュが役割対象ですが、はがね技は不採用です。 理由としては、「急所さえ当たらなければ勝てる」「ダイジェットが優秀」の2点です。 物理アタッカーを受けるために てっぺきさえ積めれば、多くの物理ポケモンを受けることができます。 相手の特殊ポケモンを処理した後に、アーマーガアで詰ませることで勝つ試合も多かったです。 かなり下の順位からマッチングしてくる人たちにはよく刺さるのでよかったです。 詳しくは単体考察しています。 珠ミミッキュ 実数値 努力値 HP 131 4 こうげき 156 252 ぼうぎょ 100 とくこう — わざ とくぼう 125 じゃれつく すばやさ 148 252 シャドークロー せいかく いじっぱり(補正) かげうち とくせい ばけのかわ つるぎのまい もちもの いのちのたま わざ タイプ 威力 命中 PP じゃれつく フェアリー 90 90 10 ダイフェアリーでミストフィールドを貼れるので、あくびややけどを防げます。 シャドークロー ゴースト 70 100 15 ダイホロウでぼうぎょを下げれます。 単体同士ならヌオーやドヒドイデにも勝ててよかったです。 かげうち ゴースト 40 100 30 先制技。 パーティに先制技持ちが少ないため重宝しました。 8世代でも最強ポケモン ミミッキュは弱体化を受けましたがまだまだ強いです。 みんながいのちのたまで使っていたという理由から持ち物は決定しましたが、かなり強かったです。 スカーフリザードン 実数値 努力値 HP 153 こうげき 80 (A0) ぼうぎょ 99 4 とくこう 161 252 わざ とくぼう 105 オーバーヒート すばやさ 167 252 エアスラッシュ せいかく おくびょう(補正) りゅうのはどう とくせい サンパワー きあいだま もちもの こだわりスカーフ わざ タイプ 威力 命中 PP オーバーヒート ほのお 130 90 5 メインウエポン。 だいもんじ、かえんほうしゃではないのは、H252振りアーマーガアをダイマックスなしで確定1発にできるから。 (だいもんじは62. すばやさが上がるのでかなりの圧力になります。 りゅうのはどう ドラゴン 85 100 10 構築でドラパルトが重いので採用。 ダイドラグーンのこうげきダウン効果もポイントでした。 きあいだま かくとう 120 70 5 いわタイプが辛いので採用しましたが、有効に働く試合は稀でした。 きあいだまに関しては、他の技も試したかったです。 ソーラービーム、げんしのちから、かえんほうしゃなど。 超火力+すばやさ上昇で攻める! 相手のアーマーガアを処理するために採用しましたが、 サンパワー+ダイバーン(晴れ)+ダイジェット(すばやさ上昇)が強力でした。 バンギラスやセキタンザンがいたら出しにくかったですが、その場合はミミッキュを選出していました。 スカーフで奇襲する リザードンの欠点は「ダイマックスしないと弱い」ことです。 そこで ダイマックス無しの場合の役割を広げるために、持ち物はこだわりスカーフをもたせました。 アイアント、ヒヒダルマあたりを先攻で焼くことができます。 また、自分のカビゴンや相手がアーマーガアを無理やり突破するために放ったダイバーンの影響で晴れることも多く、晴れ下で「 メガネとスカーフを持ったリザードン」として使うことも。 ハチマキヒヒダルマ 実数値 努力値 HP 181 4 こうげき 211 252 ぼうぎょ 75 とくこう — わざ とくぼう 75 つららおとし すばやさ 147 252 フレアドライブ せいかく いじっぱり(補正) じしん とくせい ごりむちゅう とんぼがえり もちもの こだわりハチマキ わざ タイプ 威力 命中 PP つららおとし こおり 85 90 10 タイプ一致のメインウエポン。 怯みもあるので強かったです。 フレアドライブ ほのお 120 100 15 アーマーガアを倒すために じしん じめん 100 100 10 ドヒドイデを倒すために とんぼがえり むし 70 100 20 対面操作技、択を有利に進める。 受け構築に対する対策 受け構築を無理やり火力で崩すために採用しました。 場に出した瞬間からA140がつるぎのまいをした状態になります。 と言っても 完璧な対策とは言えず多くの択を生み出します。 また、選出画面での圧力が強く選出がしやすくなりました。 ヤタピインテレオン 実数値 努力値 HP 148 20 こうげき 94 ぼうぎょ 85 とくこう 175 236 わざ とくぼう 85 ねっとう すばやさ 189 252 ハイドロカノン せいかく おくびょう(補正) みがわり とくせい げきりゅう ふいうち もちもの ヤタピのみ わざ タイプ 威力 命中 PP ねっとう みず 80 100 15 命中安定のみず技として採用。 やけどの追加効果が強いと思ったのでねっとうにしました。 ハイドロカノン みず 150 100 5 火力がありそうで強そうくらいの気持ちで採用しました。 みがわり ノーマル ー 100 10 ヤタピのみを発動させるために。 他にもダイマックスを透かす動きもできました。 ふいうち あく 70 100 5 先制技が欲しいため、ドラパルトに打点になるのがよかったです。 高火力な特殊アタッカー 相手の構築に対してリザードンが出したくないが、アーマーガアのような物理受けポケモンがいるときに出そうと思い採用しました。 火力はすごいでます。 ただ、考察も薄く、あまり信用しきれておらず終盤の選出率は低かったです。 もっとドラパルトに強いポケモンを採用したほうがよかったかも、とも思っています。 選出パターン これ以外にもありますが、よく出してたパターンのみ。 基本選出 or カビゴンとアーマーガアで削った後、ダイマックスエースを通すことを考えました。 ただ、相手を詰ませることができると思ったら、カビゴンとアーマーガアでもダイマックスしました。 対ヌルアント 終盤流行っていたヌルアントに対しては、この選出をしていました。 カビゴンのダイマックスやリザードンでアイアントを倒して、ミミッキュで詰めていくようにしていました。 [ヌルアントの構築記事] 対受け構築 カビゴンのあくびを利用して、ダルマドヒド対面を作って択にします。 とんぼもあるので有利な択だと思います。 またミミッキュで強引に突破することも考えます。 まとめ 本当は二桁順位を目指したいと思い潜り続けましたが、2000位以下まで落ちてしまったのでシーズン1は撤退しました。 非常に悔しい結果ですが、せっかく考えたので記事にしました。 シーズン2は私が忙しくなりそうですが出来るだけ潜りたいと考えています。 一応レンタルパーティを公開しておきました。 使ってみて感想をいただけるととても嬉しいです。

次の

【スマブラSP】8.0のキャラの調整内容まとめ【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

リザードン 調整

しゃちおつです。 今回は・・・カバルドン・リザードンです。 有名な並びとその対策方法!カバリザ(カバルドン・リザードン) カバルドンとリザードンの組合せです。 カバルドンの紹介 環境にいるほとんどがすなおこしです。 ガッサやゲンガー、ジャローダの襷を潰せるのはおおきいです。 性格は腕白がほとんど、特殊を受けれる慎重が17. ゴツメ持ちが多いです。 鬼羽用ですね。 持ち物もXが62. Xが人気ですね。 ライバロリさんの影響ですかね。 笑 社畜ながら、動画結構見てたので終わった時は悲しかったバロ。 メガリザードンYに強い、高速電気やガブリアスにカバルドンが強いです。 電気はカバルドンでダメージ無し、岩技はカバルドンで半減。 厳しいのはくさむすび持ちボルトロス、襷ガッサでしょうか。 カバルドンは物理受けの役目を担いやすいので、ゴツメ持ちHBが多いです。 技構成は怠ける、地震、岩石封じ、あくびでほぼ決まりです。 リザードンはオーバーヒート、大文字、火炎放射、ソーラービーム、気合玉、めざ地(ドラン用)、めざ氷、ニトチャ、地震から構成を考えます。 基本型は オバヒ/放射/ソラビ/気合玉 です。 この構築ではリザYの圧倒的な火力で相手を粉砕することが強力な勝ち筋となります。 リザードンの天敵はS102のガブリアス。 特にメガリザYはBがかなり薄いので、岩石封じや岩雪崩ほぼNGです。 リザードンの型は 剣舞ニトチャ型 か 竜舞型 になります。 剣舞ニトチャの最後のウェポンは フレドラ/地震/恩返し などですが、強者はフレドラ採用の方が多い印象です。 結果出されてる方はほとんど、ニトチャ型という現実。。。 こちらのカバルドンは、 岩封/吹き飛ばし 吠える /ステロ/欠伸@オボン の起点型や、地震/氷の牙/怠ける/欠伸or毒毒@ゴツメ の物理受け型がいます。 どちらかというと物理受け型の方が多いです。 もちものはほとんどゴツメです。 メガガルーラ 1対1交換 やガブリアス、ボーマンダを狩りにいきます。 ゴツメ型とオボン型を書きます。 高火力物理が多すぎるので調整は特に記載しません。 リザードンYと組むカバルドンはほぼ物理受けです。 B44振りはメガヘラクロスのタネマシンガン耐え調整です。 (5発あるので、急所は仕方ないです。。。 ) H252D36振り メガリザードンYのソーラービーム 83. この2匹に負けない構成にすることが、このカバルドンに求められています。 【メガリザードンY】 性格は臆病6割、控えめ4割といったところです。 どちらも基本的にCSぶっぱで問題ないと思います。 少しでも素早さを上げるための最速、S100勝負ができます。 (勝てるとは言ってない。 ) ・ニトチャ型 大文字/ソラビ/ニトチャ/めざ氷or気合玉orめざ地など めざパを入れる事で、メガボーマンダやガブリアスを狩れます。 (スカガブは知りません。。。 ) ・身代り型 オバヒ/放射/ソラビ/身代り 身代りを入れる事でヒードランやクチートの不意打ちをすかすことができます。 【メガリザードンX】 性格はほとんど火力意地っ張りです。 カバリザのリザードンXは竜舞型とニトチャ型がほとんどです。 特徴は、鬼火きかない物理、Bが高いので先制物理(鳥のブレバ、神速など)にもそんなに弱くないです。 ・竜舞型 竜舞/フレドラ/逆鱗orドラクロ/地震or瓦割りor雷パンチor羽休め 竜舞を舞って、全抜きを狙います。 が竜舞だと、火力が足りない事も・・・ ・ニトチャ型 ニトチャ/剣舞/逆鱗/フレドラor地震or恩返し など 有利対面でニトチャをうって相手を倒しつつ、素早さを上げていく型です。 相手のポケモンの素早さによっては有利対面交換際で剣舞をして、全抜きを狙います。 メガリザードンの調整 Sは100族です。 多い調整は以下 134 意地108、陽気12 1上昇で最速130族抜き 138 意地140、陽気44 1上昇で最速135族抜き 147 意地212、陽気108 最速ギャラドス抜き調整 Aは130族ですが、堅い爪で直接攻撃は1. 3倍のダメージです。 191 意地188 剣舞ニトチャでH252ギルガルド確定1 ぶっぱ Aはあんまり調整しないですねw 正直ぶっぱが多いのではないでしょうか。 リザードンXはロマンの塊で、鬼羽型以外は力で全抜きを目指すのでまさにポケモンをやっているという感じのポケモンです。 S102で、襷もスカーフも持てるので正直かなりの天敵です。 ボルトロス これは、リザードンが素早さ上がっても先制電磁波で機能停止できるので。 電磁波係なら、ボルトロスの耐久調整はやってるの納得です。 ヒードラン リザードンXが地震なかったらなかなか突破しづらいです。 有利対面でとりあえず火炎放射でヒードランでてきたら危険です。 この場合のオーバーヒートは、ガブリアスも無振りなら確1でもってかれます。 カバリザY、カバリザXはこんな感じです。 何か質問や意見がありましたら、ご連絡下さい。

次の

【USUM】メガリザードンXの育成論!シングルレートのアタッカー【ポケモンウルトラサンムーン】

リザードン 調整

随時更新・追記していきます。 最速メガガルーラと同速 162 最速カプ・テテフ抜き 151 最速ジャラランガ抜き 147 最速ギャラドス抜き 138 準速ジャラランガ抜き 136 最速メガバンギラス抜き 134 1段階ダウン最速130族抜き 129 最速ペリッパー抜き 123 準速70族抜き ルンパッパ、メガラグラージ 121 2段階上昇時最速スカーフカプ・テテフ抜き 調整例 シングル 最速CS型 利点 CSカプ・テテフに勝てる。 メガガルーラとも同速勝負、最速メガガルーラは多くないのでやや有利。 対メガギャラドス意識配分 ひかえめ 159-x-105-223-136-148 44-x-52-188-4-220 1舞207メガギャラドスのかみくだく確定耐え、ソーラービームで170-120ギャラドス確定2発、最速メガギャラドス抜き ついでに準速カプ・テテフ抜き 対ミミッキュ意識配分A ひかえめ 175-x-110-213-136-136 172-x-92-116-4-124 ニトロチャージ搭載型用。 156ミミッキュのZシャドークロー+かげうち確定耐え、かえんほうしゃで125-130ミミッキュを確定1発。 素早さは最速メガバンギラス抜き。 対ミミッキュ意識配分B おくびょう 175-x-110-213-136-163 172-x-92-12-4-228 156ミミッキュのZシャドークロー+かげうち確定耐え、最速ミミッキュ抜き。 ミミッキュを一撃で倒すにはオーバーヒートが必要。 対メガボーマンダ意識配分 ひかえめ 185-x-113-216-135-120 252-x-116-140-0-0 216メガボーマンダのすてみタックルを耐え、めざめるパワー氷で返り討ちに。 ただし耐久に割いているメガボーマンダは倒せない可能性も。 技構成は かえんほうしゃ ソーラービーム めざめるパワー氷 オーバーヒート など。 素早さが低いためきあいだまがあってもヒードランやメガバンギラスに勝てるとは限らない。 ダブル おいかぜ始動型 おくびょう 216霊獣ランドロスのいわなだれを確定耐え 耐久重視素早さ調整型その1 ひかえめ 179-x-116-200-136-138 204-x-140-20-4-140 216メガボーマンダのすてみタックル耐えまで物理耐久を伸ばしながら準速ジャラランガ抜きまで素早さを伸ばした型。 この特攻ではエアスラッシュでジャラランガを確実には倒せないため対策になるわけではないが、相手のジャラランガより先に行動してダメージを蓄積させたり追い風を使用したい場合に。 耐久重視素早さ調整型その2 ひかえめ 179-x-116-200-136-134 204-x-140-52-4-108 216メガボーマンダのすてみタックル耐えまで物理耐久を伸ばしながらも素早さが1段階下がった最速130族を抜けるところまで素早さも伸ばした型。 エレキネットコケコと組ませる場合などに。 maikeruexe.

次の