黒ずみお尻。 お尻の黒ずみケア方法|汚尻の原因からクリームやパック・スクラブなどのケアアイテムまで

お尻のくぼみ(凹み)に黒ずみができてしまうのはなぜ?自宅でできるケア方法はあるの?

黒ずみお尻

お尻は衣類と下着を常に着用しており蒸れやすい環境にあることから汗疹(あせも)やかぶれ、ニキビなどの炎症ができやすい部位です。 炎症は肌の防御反応が起きてメラニン色素を過剰に分泌し、色素沈着や黒ずみを発生させます。 ・お尻の黒ずみの原因になる見直すべき4つの生活習慣 お尻の黒ずみができる習慣には 「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服を好む」「睡眠不足」「栄養不足」の4つがあげられます。 そのなかでも 「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服」はお尻の血流を悪くし、老廃物(毒素)が溜まりやすくなるため、黒ずみを始めとする肌トラブル(ざらつき・垂れる・大きくなる・ニキビなど)にも繋がってしまいます。 お尻の黒ずみの4つの原因 対策 長時間座る・寝転がる 長時間座るデスクワークや、寝転んでテレビを同じ体勢でみる場合は、椅子にクッションを敷いてお尻の負担を軽くするか、適度に立ち上がり前屈などをして血流を促すようにする。 締め付けの強い下着や衣服 スキニーデニムなど締め付けの強い衣服はなるべく控え、下着も締め付け感のないものを選ぶ。 睡眠不足や睡眠の質 睡眠中は古い角質や老廃物の排出を促す成長ホルモンが分泌されているため、最低6時間の睡眠を確保するのが望ましい。 睡眠の質を高めるためにも22~24時までには就寝するようにし、就寝1時間前からはスマートフォンの操作は控える。 また、締め付けの強い下着の着用は避ける。 栄養不足や栄養バランス 肌のターンオーバーを促す「ビタミンB・E・C・A」「タンパク質」の摂取が重要。 コンビニ弁当やジャンクフードは避け、肉・魚や納豆・大豆などのタンパク質や生野菜でビタミン類を意識して摂取するように心掛ける。 また、これらの栄養素の吸収を妨害するお酒は1日20g 缶チュウハイ1本・ビール中ビン1本・日本酒1合・ウィスキーダブル1杯のいずれか 程度に抑える。 2.お尻の黒ずみは「角質ケア」と「保湿ケア」で改善する お尻の黒ずみなど、色素沈着が原因による黒ずみを治すには、古くなった角質を剥がして「肌のターンオーバーの促進させること」と、美白成分を含むクリームで保湿し「メラニン色素の抑制」することがとても大切です。 特に お尻がざらざらしている方は、ターンオーバーが乱れ古い角質がたまり厚くなっていると考えられます。 その場合、保湿ケアをしても有効成分が肌に浸透しにくいため、一度ピーリングやスクラブを使用して古い角質を落としながら保湿をしたほう早い改善が期待できます。 ・お尻のざらざらも気になる方のための角質ケア方法 お尻のざらざら改善のための角質ケアは大きく分けて「ピーリング」と「スクラブ」の2種類があります。 ピーリングは「クエン酸」や「フルーツ酸」などの酸の力で古い角質を剥がす方法です。 肌刺激も少ないため肌の弱い方や敏感肌の方に向いてる方法です。 スクラブは「砂糖」や「塩」の細かい粒子によって、古い角質を削って落とす方法です。 粒子を肌にこするため、肌に多少負担がかかることから脂性肌などの肌が強い方に向いてる方法です。 どちらの方法も、角質が柔らかくなるお風呂のタイミングで行うと角質も落ちやすくおすすめです。 最初は週2回ほど行うと効果的ですが、肌の状態をみながら減らしていくとよいです。 角質ケア後は、肌が乾燥しやすくダメージを受けやすい状態ですので、忘れずに保湿ケアを行ってください。 ・美白成分を含む保湿剤で朝夜1日2回のケアを行う お尻の黒ずみケアとして最も大切なことは、美白成分を含む保湿クリームや美容液でケアすることです。 お尻のみならず、黒ずみや色素沈着がなかなか治らない大きな原因として「肌の乾燥」があります。 肌は入浴後や年齢を重ねるごとに、潤いを保っている「セラミド」や「ヒアルロン酸」を失い、減少するため、肌のバリア機能を守るためにも「セラミド」や「ヒアルロン酸」が含まれる保湿クリームを選ぶと良いです。 それに加え、お尻の黒ずみを改善するためには、厚生労働省が認可している 美白成分が含まれる製品を選ぶことで、お尻の黒ずみやニキビ跡など早期に改善することが期待できます。 美白成分とは、黒ずみや色素沈着の原因である「メラニン色素の生成を抑制することができる成分」のことを指し、代表的な成分として「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などがあります。 これらの美白成分は、使用後すぐに肌を白くするわけではなく、少しづつメラニン色素が作られにくい肌にしていくため、毎日朝と入浴後の2回の保湿ケアが大切です。 効果を実感するまで最低でも3カ月~1年以上継続し、乾燥肌の方は保湿の回数を増やしても良いです。 3.お尻の黒ずみの改善なら「美容液」予防は「クリーム」タイプを選ぶ 美白成分が配合されるお尻の黒ずみの保湿剤にはクリームタイプと美容液タイプがあります。 すでに黒ずみが発生して 改善を目的とするなら 「美容液」タイプ。 黒ずみができにくくするための予防を目的とするなら「クリーム」タイプを選ぶほうが良いです。 クリームタイプは保湿を目的として製造されているため、有効成分より保湿成分の割合が多い傾向にあります。 肌を保湿しバリア機能を高めることで、摩擦などのダメージから肌を守り黒ずみができないように予防する効果が期待できます。 一方で、美容液タイプはケア目的で使用するため、油分などの保湿成分の配合は少なく、そのぶん有効成分の配合の割合が多い傾向にあります。 そのため、お尻の黒ずみを改善したい場合、美容液タイプのほうが美白成分が多く、クリームタイプと比べ早い改善が期待できます。 予防ならクリームタイプ、改善するなら美容液タイプ。 お尻の黒ずみだけでなく他の化粧品にも言えることなので覚えておくと間違えのない化粧品選びができます。 【PR】お尻の黒ずみに一押し美白クリームはココピュア お尻の黒ずみを早く解消する上で、特にお勧めできる商品を3つに絞りました。 美白や保湿、ぶつぶつ予防において、適切な有効成分が配合されているため早い効果が期待できます。 1位: ココピュア 価格:¥5,980 容量:30ml お尻の黒ずみを早期に改善するなら間違いのない製品です。 他製品と比べると価格が少し高いが、そのぶん成分内容が優秀。 ポイントは美容液であることと、配合成分です。 厚生労働省の美白認可成分に加えて、美白作用の高いビサボロールやホワイテーヌなど全5種類の美白成分が配合されています。 美容液タイプなので有効成分が配合率が高く、そのほか3種のヒアルロン酸やブツブツやざらざら対策の成分も配合されているため、黒ずみ改善・予防やニキビやぶつぶつ対策など、お尻をキレイに保つためのハイクオリティなお尻専用の美白美容液です。 公式サイトからだと45%OFFで購入することができます。 ゼロズミの効果検証レビュー: ・3カ月使用しても薄くならない場合は皮膚疾患の可能性もある 専用クリームでも、お尻の黒ずみやざらつきが改善しない場合、色素沈着が原因の黒ずみやぶつぶつではなく、毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)や毛孔角化症(モウコウカクカショウ)など皮膚疾患の可能性も考えられます。 毛孔性苔癬とは、二の腕を始めとする身体の様々なところに「赤褐色の2~3ミリほどのぶつぶつが広範囲にできる皮膚疾患」のことを指し、世界人口の約80%が発症する皮膚病の一種です。 【二の腕の毛孔性苔癬の症例】 原因は「ホルモンバランス」や「遺伝」が関係しているのではないかと言われています。 稀にかゆみを覚える人がいる程度で健康に害はありません。 原因が不明で完治は難しいとされていますが、尿素が含まれる保湿剤での治療が最良と言われています。 5.保湿と同時にマッサージも行うとたるみ予防になる マッサージをしながら保湿クリームを塗り込むことで血行が促進され、お尻の毒素(老廃物)も排出されやすくなります。 黒ずみの早期解消だけでなく、たるみ予防にも効果的です。 500円玉大ぐらいの量で、お尻全体の保湿を行うことができます。 乾燥が強い方は、2~3度ほど重ねても良いです。 これを行うことで、リンパのコリをほぐしていきます。 大体5回ほど繰り返しましょう。 これを行うことで、横に流れてしまった脂肪や太股部分で凝り固まったリンパを流すことができます。 5回ほど繰り返しましょう。 お尻のくぼみ辺り(腰の中心付近)には、リンパ節というリンパのたまり場のようなものがあり、ここをほぐすことで毒素が排出されやすくなり、黒ずみやたるみの早期改善に役立ちます。 6.早く治したい方は皮膚科やエステでの施術がおススメ 美白成分を含む保湿ケアでも実感するまでに最低3カ月など続ける必要があるので、早くキレイに治したい方は「美容皮膚科」や「エステ」での施術を検討するとよいです。 美容皮膚科ではターンオーバーを促進する「ケミカルピーリング」とメラニン色素を破壊する「Qスイッチレーザー治療」が主に行われ、必要に応じて「ビタミン剤などの飲み薬」や「美白剤入りの塗り薬」なども処方されます。 専門知識をもった専任者が、症状に合わせて適切な治療を施術するため、お尻の黒ずみを早く確実に治したい方は美容皮膚科での施術がおすすめです。 レーザー治療の費用や期間などは下記の湘南美容外科クリニックのページを参考にしてください。 エステでのお尻の黒ずみに対する主な施術内容は、毛穴の汚れをかきだす「超音波毛穴洗浄」、古い角質を除去する「ケミカルピーリング」、プラセンタやビタミンCなどの「パック」、リンパマッサージなどを行います。 エステでの施術は肌負担が少なく、敏感肌や肌が弱い方にも向いています。 通う頻度は2ヵ月に1回程度が多く、施術費用は美容皮膚科より安く済みます。 7.緊急時にファンデーションでササッと黒ずみを隠す方法 「水着を着る時」「突然の彼とのお泊り」などで、お尻の黒ずみをうまく隠したい方は、汗や水に強い『ボディファンデーション』を使用するのもおすすめです。 水着はお尻部分にフリルがついたものやパレオで隠すことができ、お泊りならボディー用のファンデーションを少しずつ肌に重ねると目立ちにくくなります。 目立つニキビや黒ずみが気になる方は、 ファンデーションの前にコンシーラーを軽く乗せると上手に黒ずみを隠すことができます。 注意点として10時間を超えるほどの長時間、ファンデーションで隠し続けると、毛穴に汚れが溜り「ニキビ」や「炎症によるぶつぶつ」になるリスクが高くなりますので、なるべく長時間の使用は避け、使用後はクレンジング等でしっかり洗い流して下さい。 黒ずみやニキビ跡を隠すボディ用ファンデーションの使い方や料金は以下にまとめています。 まとめ お尻に黒ずみ・ざらつきができる原因から効果的な治し方の全手順をご紹介いたしました。 お尻は角質が厚く蒸れやすいため、ニキビや炎症が出来やすく様々な肌トラブルが出来やすいです。 お尻の黒ずみを治すためには「お尻への刺激や圧迫を避ける」「良質な睡眠とバランスの良い食事」「スクラブやピーリングでの古い角質の除去」「美白成分が含まれる保湿クリームでのケア」「お尻のリンパマッサージ」の5つが大切です。 早く確実にお尻の黒ずみを治したい方は「美容皮膚科」かセルフではできないお肌のスペシャルケアができる「エステ」での施術がおススメです。

次の

“汚尻”はモテません。今日からできる「美尻男子」になる方法教えます。

黒ずみお尻

出典: 自分の後ろ姿を定期的にチェックはしていますか。 鏡で全身チェックする機会があっても、後ろ姿までチェックしていないという人は、ぜひお尻のチェックをしてみてください。 特に色白さんだと、お尻の黒ずみが目立ってしまう事があります。 まずは、お尻を出す機会があっても、いつでも自慢できるよう黒ずみゼロのお尻を目指しましょう。 どうして黒ずみが出来てしまうのか 出典: 外部からの刺激を受けると、身体はメラニン色素を作り、その刺激から肌を守ろうとするのです。 そして、メラニン色素は肌の生まれ変わりと一緒に剥がれるので、元の綺麗な肌に戻ってくれます。 ただ、毎日のように刺激を受けてしまうと、肌の生まれ変わるスピードよりも、メラニン色素が作られる方が早くなってしまいます。 このように、メラニン色素が過剰に作られる事によって、沈着してしまい、黒ずみとなってしまうのです。 そのお尻の刺激というのが、下着や衣類の摩擦と言われています。 さらに、そのまま進行してしまうと、皮膚がザラザラになってしまう可能性があり、特に乾燥肌の場合は、肌の水分量が少ない為、同じ箇所に刺激を受け続けてしまうと、その箇所を守ろうと肌が固くなってしまうのです。 色素沈着の原因 サイズの合っていないショーツ 出典: サイズが合っていなかったり、圧迫されるようなショーツを身につけたり、お尻に負担をかけてはいませんか。 それら下着選びでも、黒ずみの原因となってしまうので注意が必要なのです。 自分のサイズに合っていないのにも関わらず、圧迫させるような下着や、摩擦を加えたりしてしまうような下着を選んでしまうと、肌は防衛反応でメラニンを生成しようとしてしまい、色素沈着となってしまうのです。 お尻の負担になりやすいスキニーパンツなどの締め付けや、お尻を圧迫させるようなデザインの衣類は、黒ずみの原因にもなりますので、避けるようにしましょう。 化学繊維 出典: 化学繊維の物は肌を傷つけてしまう事があります。 化学繊維で出来ている物は、天然繊維に比べると、通気性があまり良いとは言えず、蒸れを引き起こす原因となり、かぶれや炎症、色素沈着までも引き起こしてしまう原因に繋がると言われております。 下着もアクリルやポリエステルなどの化繊は避けるようにし、なるべく綿や麻、絹や米ぬかなどの天然素材で出来ているショーツを選ぶようにしましょう。 これらは水分を蒸発させず、肌環境を保湿してくれ、またニオイ対策にも良いと言われています。 このような肌への摩擦が少ない下着のデザインや素材選びは、黒ずみ対策にとって欠かせないので、黒ずみが出来やすい人は下着や衣類の選び方を変えてみましょう。 長時間のデスクワーク 出典: 長時間座っている事やデスクワーク作業が多い人は、それだけ摩擦時間が多いので、お尻の黒ずみが出来やすいと言われています。 お尻が圧迫される事により血液が滞ってしまい、その上、下着による小さな摩擦が座っている間に起こってしまうので、色素沈着が出来てしまうと言う事なのです。 なるべく、柔らかいクッションなどをお尻に敷くようにしたり、休憩の間はマッサージをしたり、こまめに体勢を変えるなど工夫をするようにしましょう。 キズや吹き出物 出典: ムダ毛処理などでのキズや、吹き出物などでの肌トラブルが原因となり、色素沈着となってしまう事があります。 そして、使用している保湿クリームや石鹸などが肌に合っておらず、肌トラブルを引き起こしてしまっている事もあるので、そのような場合は皮膚科に相談するようにしましょう。 ホルモンバランス 出典: 生理不順や妊娠などのホルモンバランスの乱れや変化で、黒ずみが発生する場合もあります。 もちろんその場合は、ホルモンバランスが元に戻ればその黒ずみも自然と消えますが、なかなか消えない場合は産婦人科に相談するようにしましょう。 黒ずみのお手入れ 出典: 角質を取る 脚の付け根を触ってみて、ゴワゴワしているようであれば乾燥が始まっており、角質が分厚くなっているという証拠になります。 角質を優しく取り除くように、ソルトスクラブではなく、肌への負担がまだ少ないシュガースクラブなどで優しくマッサージをするように洗い流しましょう。 絶対にゴシゴシと摩擦を与えるような洗い方はしないように、十分に注意をしましょう。 保湿をする 保湿をする時は、美白成分が含まれているトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、リノール酸、アルブチン、プラセンタエキスなど、成分表をチェックして、これらの有効成分が含まれているものを選びましょう。 そして、両手に美白保湿剤をつけたら、太ももの付け根からお尻に沿って大きな丸を描くように、優しくさすりあげて下さい。 この時にリンパを促すイメージでマッサージをしてあげ、血液の流れを良くし、代謝を促してあげて下さい。 出典: お尻は見えないところだからと疎かにはせず、見えないところだからこそ日頃から丁寧にお手入れをしてあげましょう。 そして、お尻を見られる機会があったとしても、いつでも自慢が出来る綺麗なお尻になれるよう、日頃から念入りにお尻のお手入れをしてあげて下さい。 TOPICS特集• 予防しながら、遠目からでも美しく見えるメイクを心がけましょう。 今年の夏、注目のメイク&押さえておきたい新作コスメとは?• あの子はいったい何をしてるの?美容のプロであるライター達は、実際にどんな美容を自宅で行ったのか、気になる「リアル美容」!• お家時間が楽しくなる!ポジティブ美容を始めよう!自粛が明けて、自信の持てる自分でいられるかどうかは「今」美容を楽しんだかどうかで差がつきます!• 今知りたい!お家でできる美BODYケア。 これから晴れて外出できる日を楽しむために!今の暇な時間を活用し、お家でできるケアを実行してみては?• 春の訪れを感じる今日この頃。 コスメのアップデートはお済みでしょうか?新たなカラーをメイクアップに加えて、あなたの理想の仕上がりを見つけて。

次の

おしりの黒ずみの3つの原因と誰でも治せる4つの治し方

黒ずみお尻

お尻は衣類と下着を常に着用しており蒸れやすい環境にあることから汗疹(あせも)やかぶれ、ニキビなどの炎症ができやすい部位です。 炎症は肌の防御反応が起きてメラニン色素を過剰に分泌し、色素沈着や黒ずみを発生させます。 ・お尻の黒ずみの原因になる見直すべき4つの生活習慣 お尻の黒ずみができる習慣には 「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服を好む」「睡眠不足」「栄養不足」の4つがあげられます。 そのなかでも 「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服」はお尻の血流を悪くし、老廃物(毒素)が溜まりやすくなるため、黒ずみを始めとする肌トラブル(ざらつき・垂れる・大きくなる・ニキビなど)にも繋がってしまいます。 お尻の黒ずみの4つの原因 対策 長時間座る・寝転がる 長時間座るデスクワークや、寝転んでテレビを同じ体勢でみる場合は、椅子にクッションを敷いてお尻の負担を軽くするか、適度に立ち上がり前屈などをして血流を促すようにする。 締め付けの強い下着や衣服 スキニーデニムなど締め付けの強い衣服はなるべく控え、下着も締め付け感のないものを選ぶ。 睡眠不足や睡眠の質 睡眠中は古い角質や老廃物の排出を促す成長ホルモンが分泌されているため、最低6時間の睡眠を確保するのが望ましい。 睡眠の質を高めるためにも22~24時までには就寝するようにし、就寝1時間前からはスマートフォンの操作は控える。 また、締め付けの強い下着の着用は避ける。 栄養不足や栄養バランス 肌のターンオーバーを促す「ビタミンB・E・C・A」「タンパク質」の摂取が重要。 コンビニ弁当やジャンクフードは避け、肉・魚や納豆・大豆などのタンパク質や生野菜でビタミン類を意識して摂取するように心掛ける。 また、これらの栄養素の吸収を妨害するお酒は1日20g 缶チュウハイ1本・ビール中ビン1本・日本酒1合・ウィスキーダブル1杯のいずれか 程度に抑える。 2.お尻の黒ずみは「角質ケア」と「保湿ケア」で改善する お尻の黒ずみなど、色素沈着が原因による黒ずみを治すには、古くなった角質を剥がして「肌のターンオーバーの促進させること」と、美白成分を含むクリームで保湿し「メラニン色素の抑制」することがとても大切です。 特に お尻がざらざらしている方は、ターンオーバーが乱れ古い角質がたまり厚くなっていると考えられます。 その場合、保湿ケアをしても有効成分が肌に浸透しにくいため、一度ピーリングやスクラブを使用して古い角質を落としながら保湿をしたほう早い改善が期待できます。 ・お尻のざらざらも気になる方のための角質ケア方法 お尻のざらざら改善のための角質ケアは大きく分けて「ピーリング」と「スクラブ」の2種類があります。 ピーリングは「クエン酸」や「フルーツ酸」などの酸の力で古い角質を剥がす方法です。 肌刺激も少ないため肌の弱い方や敏感肌の方に向いてる方法です。 スクラブは「砂糖」や「塩」の細かい粒子によって、古い角質を削って落とす方法です。 粒子を肌にこするため、肌に多少負担がかかることから脂性肌などの肌が強い方に向いてる方法です。 どちらの方法も、角質が柔らかくなるお風呂のタイミングで行うと角質も落ちやすくおすすめです。 最初は週2回ほど行うと効果的ですが、肌の状態をみながら減らしていくとよいです。 角質ケア後は、肌が乾燥しやすくダメージを受けやすい状態ですので、忘れずに保湿ケアを行ってください。 ・美白成分を含む保湿剤で朝夜1日2回のケアを行う お尻の黒ずみケアとして最も大切なことは、美白成分を含む保湿クリームや美容液でケアすることです。 お尻のみならず、黒ずみや色素沈着がなかなか治らない大きな原因として「肌の乾燥」があります。 肌は入浴後や年齢を重ねるごとに、潤いを保っている「セラミド」や「ヒアルロン酸」を失い、減少するため、肌のバリア機能を守るためにも「セラミド」や「ヒアルロン酸」が含まれる保湿クリームを選ぶと良いです。 それに加え、お尻の黒ずみを改善するためには、厚生労働省が認可している 美白成分が含まれる製品を選ぶことで、お尻の黒ずみやニキビ跡など早期に改善することが期待できます。 美白成分とは、黒ずみや色素沈着の原因である「メラニン色素の生成を抑制することができる成分」のことを指し、代表的な成分として「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などがあります。 これらの美白成分は、使用後すぐに肌を白くするわけではなく、少しづつメラニン色素が作られにくい肌にしていくため、毎日朝と入浴後の2回の保湿ケアが大切です。 効果を実感するまで最低でも3カ月~1年以上継続し、乾燥肌の方は保湿の回数を増やしても良いです。 3.お尻の黒ずみの改善なら「美容液」予防は「クリーム」タイプを選ぶ 美白成分が配合されるお尻の黒ずみの保湿剤にはクリームタイプと美容液タイプがあります。 すでに黒ずみが発生して 改善を目的とするなら 「美容液」タイプ。 黒ずみができにくくするための予防を目的とするなら「クリーム」タイプを選ぶほうが良いです。 クリームタイプは保湿を目的として製造されているため、有効成分より保湿成分の割合が多い傾向にあります。 肌を保湿しバリア機能を高めることで、摩擦などのダメージから肌を守り黒ずみができないように予防する効果が期待できます。 一方で、美容液タイプはケア目的で使用するため、油分などの保湿成分の配合は少なく、そのぶん有効成分の配合の割合が多い傾向にあります。 そのため、お尻の黒ずみを改善したい場合、美容液タイプのほうが美白成分が多く、クリームタイプと比べ早い改善が期待できます。 予防ならクリームタイプ、改善するなら美容液タイプ。 お尻の黒ずみだけでなく他の化粧品にも言えることなので覚えておくと間違えのない化粧品選びができます。 【PR】お尻の黒ずみに一押し美白クリームはココピュア お尻の黒ずみを早く解消する上で、特にお勧めできる商品を3つに絞りました。 美白や保湿、ぶつぶつ予防において、適切な有効成分が配合されているため早い効果が期待できます。 1位: ココピュア 価格:¥5,980 容量:30ml お尻の黒ずみを早期に改善するなら間違いのない製品です。 他製品と比べると価格が少し高いが、そのぶん成分内容が優秀。 ポイントは美容液であることと、配合成分です。 厚生労働省の美白認可成分に加えて、美白作用の高いビサボロールやホワイテーヌなど全5種類の美白成分が配合されています。 美容液タイプなので有効成分が配合率が高く、そのほか3種のヒアルロン酸やブツブツやざらざら対策の成分も配合されているため、黒ずみ改善・予防やニキビやぶつぶつ対策など、お尻をキレイに保つためのハイクオリティなお尻専用の美白美容液です。 公式サイトからだと45%OFFで購入することができます。 ゼロズミの効果検証レビュー: ・3カ月使用しても薄くならない場合は皮膚疾患の可能性もある 専用クリームでも、お尻の黒ずみやざらつきが改善しない場合、色素沈着が原因の黒ずみやぶつぶつではなく、毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)や毛孔角化症(モウコウカクカショウ)など皮膚疾患の可能性も考えられます。 毛孔性苔癬とは、二の腕を始めとする身体の様々なところに「赤褐色の2~3ミリほどのぶつぶつが広範囲にできる皮膚疾患」のことを指し、世界人口の約80%が発症する皮膚病の一種です。 【二の腕の毛孔性苔癬の症例】 原因は「ホルモンバランス」や「遺伝」が関係しているのではないかと言われています。 稀にかゆみを覚える人がいる程度で健康に害はありません。 原因が不明で完治は難しいとされていますが、尿素が含まれる保湿剤での治療が最良と言われています。 5.保湿と同時にマッサージも行うとたるみ予防になる マッサージをしながら保湿クリームを塗り込むことで血行が促進され、お尻の毒素(老廃物)も排出されやすくなります。 黒ずみの早期解消だけでなく、たるみ予防にも効果的です。 500円玉大ぐらいの量で、お尻全体の保湿を行うことができます。 乾燥が強い方は、2~3度ほど重ねても良いです。 これを行うことで、リンパのコリをほぐしていきます。 大体5回ほど繰り返しましょう。 これを行うことで、横に流れてしまった脂肪や太股部分で凝り固まったリンパを流すことができます。 5回ほど繰り返しましょう。 お尻のくぼみ辺り(腰の中心付近)には、リンパ節というリンパのたまり場のようなものがあり、ここをほぐすことで毒素が排出されやすくなり、黒ずみやたるみの早期改善に役立ちます。 6.早く治したい方は皮膚科やエステでの施術がおススメ 美白成分を含む保湿ケアでも実感するまでに最低3カ月など続ける必要があるので、早くキレイに治したい方は「美容皮膚科」や「エステ」での施術を検討するとよいです。 美容皮膚科ではターンオーバーを促進する「ケミカルピーリング」とメラニン色素を破壊する「Qスイッチレーザー治療」が主に行われ、必要に応じて「ビタミン剤などの飲み薬」や「美白剤入りの塗り薬」なども処方されます。 専門知識をもった専任者が、症状に合わせて適切な治療を施術するため、お尻の黒ずみを早く確実に治したい方は美容皮膚科での施術がおすすめです。 レーザー治療の費用や期間などは下記の湘南美容外科クリニックのページを参考にしてください。 エステでのお尻の黒ずみに対する主な施術内容は、毛穴の汚れをかきだす「超音波毛穴洗浄」、古い角質を除去する「ケミカルピーリング」、プラセンタやビタミンCなどの「パック」、リンパマッサージなどを行います。 エステでの施術は肌負担が少なく、敏感肌や肌が弱い方にも向いています。 通う頻度は2ヵ月に1回程度が多く、施術費用は美容皮膚科より安く済みます。 7.緊急時にファンデーションでササッと黒ずみを隠す方法 「水着を着る時」「突然の彼とのお泊り」などで、お尻の黒ずみをうまく隠したい方は、汗や水に強い『ボディファンデーション』を使用するのもおすすめです。 水着はお尻部分にフリルがついたものやパレオで隠すことができ、お泊りならボディー用のファンデーションを少しずつ肌に重ねると目立ちにくくなります。 目立つニキビや黒ずみが気になる方は、 ファンデーションの前にコンシーラーを軽く乗せると上手に黒ずみを隠すことができます。 注意点として10時間を超えるほどの長時間、ファンデーションで隠し続けると、毛穴に汚れが溜り「ニキビ」や「炎症によるぶつぶつ」になるリスクが高くなりますので、なるべく長時間の使用は避け、使用後はクレンジング等でしっかり洗い流して下さい。 黒ずみやニキビ跡を隠すボディ用ファンデーションの使い方や料金は以下にまとめています。 まとめ お尻に黒ずみ・ざらつきができる原因から効果的な治し方の全手順をご紹介いたしました。 お尻は角質が厚く蒸れやすいため、ニキビや炎症が出来やすく様々な肌トラブルが出来やすいです。 お尻の黒ずみを治すためには「お尻への刺激や圧迫を避ける」「良質な睡眠とバランスの良い食事」「スクラブやピーリングでの古い角質の除去」「美白成分が含まれる保湿クリームでのケア」「お尻のリンパマッサージ」の5つが大切です。 早く確実にお尻の黒ずみを治したい方は「美容皮膚科」かセルフではできないお肌のスペシャルケアができる「エステ」での施術がおススメです。

次の