アメリカ オーディション 番組。 『アメリカズ・ゴット・タレント』の「差別クビ」騒動、“ブラック職場”にセレブからも批判集まる

アメリカで人気のテレビ番組まとめ

アメリカ オーディション 番組

1.Got Talent イギリスで2005年に制作された「ポール・オグラディズ・ゴット・タレント」がオリジナル。 英国人のやり手プロデューサーであるサイモン・コーウェルの手腕で2006年より「America's Got Talent」がアメリカで放送開始。 その後、2007年から英国でも「Britain's Got Talent」がスタートしました。 こちらのプロデューサーもサイモン・コーウェルです。 Britain's Got Talentではサイモン・コーウェル氏は審査員も買って出ています。 現在では、世界13ヶ国でこのオーディション番組「Got Talent」が同じスタイルで制作されています。 オーストラリア、デンマーク、ドイツ、中国、ロシアなど、そして韓国でもやってます。 このオーディション番組では、フリースタイルであらゆるパフォーマンスが認められています。 歌ってもよし、ダンスしてもよし、マジックでもOKです。 アマチュアや世間によく知られていないパフォーマーが世に出る登竜門として定着してきた番組の一つです。 イギリスのGot Talent・シーズン1では、冴えない携帯電話のセールスマンが優勝。 もっとも有名な出場者としては、イギリス版Got Talentの2009年の準優勝者のスーザン・ボイルさんでしょうか。 初の日本人優勝者「Ebina Kenichi」 「America's Got Talent 2013」で、なんと日本人の蛯名健一さんが優勝し、100万ドル(1億円以上)を獲得しました。 「マトリックス・スタイル・マーシャル・アーツ・ダンス」という素晴らしいダンスで優勝したのです。 蛯名さんは、1994年にアメリカに留学。 独学でダンスを始め、あのマイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーも若き日に舞台に立ったスターへの登竜門「アポロシアター」主催のダンスコンテストで2度も年間優勝した実力者です。 私も、彼のダンスを初めて見た時はまさに驚愕でした。 まさにCGなしのマトリックスです。 ほんと重力を無視したアンビリーバブルなダンスです。 しかし、日本人が優勝という事実はアメリカでは、ちょっと賛否両論あったみたいです。 「なんでアメリカのGot Talentなのに日本人が優勝してるんだ?」とかの意見もあったみたいですね。 しかし投票による支持率が大きく影響する決勝で彼は見事に優勝したのです。 多くのアメリカ人がちゃんと彼を支持していたのです。 さすが色々な人種であふれている国、アメリカ。 公平にジャッジしてくれました。 まさに蛯名さんはアメリカン・ドリームを手にしたのです。 初のアジア版!Asia's Got Talent 今年、初のアジア版Got Talentが3月〜5月の間、シンガポールで開催されました。 アジア14ヵ国の地域から1000を超えるチームが参加し、日本からはダンスチームのTriqstarやタイムマシーン、ピン芸人のゴンゾーさんらが代表として出場。 私個人としては、日本人のタンバリン芸人のゴンゾーさんが最高に面白かったですね。 私は知らなかったのですが、日本では有名なコメディアンらしいですね。 会場では最後にゴンゾーコールが鳴り響き、最高に見ていて楽しかったです。 ワイルドカードから日本のダンスチーム「Triqstar」が準決勝に進出。 優勝はフィリピンの影絵パフォーマンス・グループ「EL Gamma Penumba」でした。 シルクド・ソレイユを彷彿させる素晴らしい影絵パフォーマンスでした。 Triqstarのパフォーマンス El Gamma Penumbraのパフォーマンス 2.X-Factor X-Factorは、イギリスのITVで2004年から始まった音楽オーディション番組です。 またしても仕掛け人はサイモン・コーウェルさん。 英国のX-Factorでは2011年まで自ら審査員もやってました。 ズケズケと文句を言う辛口審査員として人気を集めました。 2011年までだった理由は、アメリカでも成功すると確信を感じたサイモンは、同年2011年にアメリカでもX-Factorを立ち上げたのです。 アメリカに乗り込みアメリカ版をプロデュース、自らも審査員も務めました。 しかし、アメリカでは2011年4月にNBCが「The Voice」という音楽オーディション番組をスタート。 それに遅れて、FoxのX-factorがスタートしたのは同年の9月です。 X-factorの方がオーディション番組として老舗ですが、スタート時期が遅かったためアメリカでは「パクリ番組」と勘違いされてしまったのです。 The Voiceが審査員にクリスティーナ・アギレラを迎えていたのに対抗して、X-factorではブリトニー・スピアーズを起用。 それもマズかった。 ブリトニーはもともと、そんなに話好きなタイプじゃなかったんです。 よって1シーズンだけで降板しちゃいました。 それに加えて、名物審査員だったサイモン・コーウェルも本国のイギリスのX-factorに戻ってしまいました。 結局、アメリカ版はシーズン3を最後に幕を閉じたのです。 それにしても、番組のネーミングが洒落てますね。 X-factorは直訳すると「未知の要因」とか「未知の人物」ですが、「未知なる可能性を秘めた人物」という意味でここでは使われているようです。 そういうX-factorを探す番組なんですね。 番組の中で審査員が、「君こそ、X-factorだよ」と言っているシーンをよく見かけます。 現在、このX-factorは英国以外でも世界13ヶ国で制作されています。 オーストラリアではすごく人気がある番組らしいです。 日本でも2013年10月から5ヶ月間だけ「X-factor Okinawa Japan」が放送されたみたいですね。 スポンサーリンク ここに広告が入る 3.The Voice 今、一番波に乗っている音楽オーディション番組がこれです。 本家はオランダです。 現在21ヶ国で制作されています。 ガチの音楽オーディションです。 審査員は出場者に対して背を向けて椅子に座り審査を行うため「ブラインド・オーディション」とも呼ばれてます。 派手なパフォーマンスや容姿は基準とはならず、歌そのもので直球勝負というスタイルです。 審査員が合格と判断すると、椅子にあるボタンをバンッと叩きます。 クルッと審査員の椅子が回転し、初めて歌っているシンガーを目にできます。 一人も椅子が回転しなかった場合は失格となります。 複数の審査員の椅子が回転した場合は、出場者が審査員を一人指名します。 そうやって各審査員ごとにチームが作られます。 チーム対抗戦となるため、素晴らしい出場者の場合は、審査員同士の足の引っ張り合いが始まります。 「私のチームに来ればこんないい事があるよ」とか、そんなシーンも見ていて面白いのです。 また、先ほど話に出ましたがアメリカ版ではクリスティーナ・アギレラが審査員の一人なのですが、ハマリ役です。 無邪気で明るくて、かなりこの審査員業にも向いているキャラクターです。 セミプロみたいな人や元プロ(レコード会社と契約してたけど売れなかった方々)が多く出場しているため、参加者のレベルがやたら高いオーディション番組とも言えます。 私が生活しているフィリピンのセブでも、すごく人気がある番組です。 アメリカ版だと優勝すれば10万ドルと大手レコード会社、Universal Music Groupとの契約が約束されます。 Simon Cowell(サイモン・コーウェル)とは 今回、何度も登場した、ちょっと気になる人物「サイモン・コーウェル」のプロフィールにも触れておきます。 もともと私がこういったオーディション番組をよく観るようになったキッカケは、彼のトークが面白くて観ていた部分が大きいのです。 子供の頃から歯に衣着せぬ言動が多かった為に、17歳で学校を中退。 その後の仕事も長続きしなかった。 最終的に父親が重役として働いていたEMI Music Publishingの郵便仕分け室で働くようになります。 やがて、音楽プロデュサーとしての頭角を表し資産も増えました。 44歳の時に自身の持っていたS Recordsの株式を4200万ドルでBMGに売却、億万長者となりました。 2006年にアメリカの「アメリカン・アイドル」の審査員として5年契約。 なんと1シーズンごとに約4000万ドルの契約です。 アメリカとイギリスを行ったり来たりで、両国で財産を増やしたのです。 さらに、X-factorの放映権を獲得したりの快進撃でした。 2009年のフォーブス誌が「アメリカのテレビ界で最も稼いでいる男性」のランキングを発表。 1年間で67億の稼ぎで1位になってます。 2011年のサンデー・タイムズ紙が「英音楽界での長者番付」を発表。 推定資産2億ポンド(約266億円)で6位にランクインするなど、実はとんでもない業界の億万長者だったのです。 すごいオヤジだったのです。 サイモンとスーザン・ボイルの名シーン このサイモンと出場者のやりとりの最高傑作をご紹介しておきます。 ご存知の方も多いかと思いますが、イギリス版Got Talentの2009年の準優勝者のスーザン・ボイルとサイモンのやり取りです。 最初は全く気乗りしない態度のサイモン。 会場全体もスーザンをちょっと小バカにした雰囲気でした。 しかし、徐々に審査員も会場全体も変化していきます。 サイモンらしい洒落たジョークもあり、感動もあります。 なお、この動画は日本語字幕もあり、英語のヒアリングの勉強にもなります。 まとめ 私がこのようなオーディション番組が大好きな理由は、作り物のドラマでなく「リアル」だからです。 フィリピンでは今「The Voice Kids」の戦いがTVで放送されている真っ只中です。 8〜14歳の少年少女が出場対象です。 優勝者には、家(家具、家電品付き)と土地、高級車です。 2014年の優勝者はライカちゃんという少女で、両親の仕事はゴミ拾いでした。 彼女と彼女の家族の人生をも変えてしまったのです。 現実にオーディション番組で人生が大きく変わった人がたくさんいます。 宝くじではない、実力でリアルに人生が変わる瞬間を見れるという点が、視聴者を惹きつけているようにも思えます。 今回、取り上げたのは日本では制作されていないオーディション番組です。 これらのオーディション番組を何本か視聴するだけでも、英語の勉強になります。 レ・ミゼラブル「夢やぶれて」じゃないですが、夢やぶれてもいいじゃないですか。 悔いのない人生であれば。 みなさん、勇気を持って挑戦して世界で羽ばたいてください。 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の

ラッキーブルースミスの彼女は誰?会いに行けるイケメンモデルに恋人

アメリカ オーディション 番組

「Nizi Project」の結果発表は日本中から注目を集めた(写真は公式HPより) ついにデビューするメンバーが決定した——。 地上波番組『虹の架け橋』(日本テレビ系)でアイドルとしてデビューすることができる合格者9人が発表されたのだ。 「Nizi Project(通称:虹プロ)」は、ソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所「JYP」が共同開催するアイドルオーディション。 「世界的なガールズグループを目指す」をコンセプトに、日本とアメリカでオーディションが行われ応募者数1万人超が集まった。 そこから最終選考に進んだ13人が韓国で厳しい合宿生活を送る様子が放送され、彼女たちの合否が注目を集めていた。 そして25日深夜の放送でついに9人の合格が決定。 アイドルグループ「NiziU」として2020年秋にCDデビューすることが決まった。 このオーディションを日テレ系配信サイト「Hulu」が独占配信していたほか、『スッキリ』(日テレ系)では「デビューメンバー決定までカウントダウンSP」と題し、6月15日から毎日特集を放送してきた。 その盛り上がりは既存のアイドルファンの枠を越えており、同番組のファンだというタレント・は自身のツイッターで「虹プロ、スッキリで先取りでみちゃうか我慢して待つか…。 」(5月6日)とコメントしていたほどだ。 彼女たちが高い注目を集める背景には、「アイドルオーディション番組」が昨今のトレンドになっていることが関係している。 そのきっかけはお隣・韓国で2016年に放送が始まった「PRODUCE 101」シリーズにある。 「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者が、101人のアイドル候補の中から自分のお気に入りの練習生に投票する番組で視聴者を巻き込むシステムがハマって社会現象を巻き起こした。 昨年は吉本興業が主導して日本版となる『プロデュース101 JAPAN』が放送された。 同番組から3月にデビューした男性アイドルグループ「JO1」は、デビューシングルが初週売上32. 7万枚でオリコン初登場1位を獲得するなど異例の人気ぶりを見せている。 なぜこうしたオーディション番組が熱狂的な支持を得ているのか。 アイドル研究家の北川昌弘氏はその理由を「アイドルに抱く感情が、憧れから応援へと変化した」と解説する。 「昭和のテレビアイドルはそれまでであった映画スターに比べれば親しみやすさがポイントでしたが、それでもテレビから発信される一方通行の疑似恋愛でした。 昭和でいえばさんやさんなどが代表例で、彼女たちのソロで戦える強烈な魅力に自分とは違う存在として視聴者は憧れの気持ちを抱いていたんです。 特にアイドルの成長過程を見せていくことで手の届かない存在から、応援したい友人のような存在に変化してきたのだと思います。 ですから、優れた美貌や歌声といったアイドルの要素ももちろん大事ですが、オーディション番組を通して思いやりのある人柄や必死に努力を見ることでより感情移入できるようになった。 『Nizi Project』は私の観た限りでは、ファイナルメンバーはかなりレベルが高い印象です。 苦労を乗り越えてデビューしたメンバーだからこそ、新人ではありますがずっと応援していたグループのように感じられるのがウケているのでしょう」 2020年秋に正真正銘のアイドルとしてデビュー予定の「NiziU」。 きっと多くのファンが彼女たちの船出を待ち望んでいることだろう。 今後も新たなオーディション番組が世間を賑わせるかもしれない。

次の

アメリカズゴットタレント歴代優勝者の動画まとめ!日本人や鳥肌パフォーマンスも!|エンタメになる!

アメリカ オーディション 番組

続いて、「Auditions Week 2」放送回(現地時間6月5日)で、米カリフォルニア州在住40歳の小児精神科看護師 マイケル・ケテラー(Michael Ketterer)。 「私の家族、それが私が今ここにいる理由」。 奇跡的に命を授かった娘に加え、ホームレスの子、脳性小児まひの子など5人の養子を迎え、6人の子を育てる父親のマイケルは、「何とか生き抜こうとしている時、夢を見ることなんてできない」、「彼らに家と、そして自由に夢を見ることのできる安全な環境を提供すること、それは最大の価値の一つです」。 「私は子どもたちに自分の姿で示したい、もし父ちゃんがその夢を全うすることができるならば、不可能なんてないということを」。 妻と子どもたちが舞台袖で見守るなか、マイケル・ケテラーはビージーズ(Bee Gees)1967年曲「To Love Somebody」をソウルフルな歌声で披露し、審査員 サイモン・コーウェル(Simon Cowell)がゴールデンブザー。 サイモン・コーウェルは「こうした番組で我々がシンガーを見つける時、それは技術面だろうか?」、「時に私にとっては、リアルさと驚きだ」、「正直言うと、君は緊張していて心配していたよ。 でも時々思うんだ、行動は言葉よりも強く語ると…」。 コートニー・ハドウィン 13歳 そして「Auditions Week 3」放送回(現地時間6月12日)、イングランド北東部ダラムの小さな田舎町からやってきた13歳 コートニー・ハドウィン(Courtney Hadwin)が全米驚嘆の歌声でオーティス・レディング(Otis Redding)の1968年曲「Hard to Handle」をカバーし、審査員 ホーウィー・マンデル(Howie Mandel)のゴールデンブザー。 現在最も大きな注目を浴びます。 ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)を彷彿させると語る審査員ホーウィー・マンデルは、「君はこの時代じゃない、まるで全然違う時代から来たようだ」。 「私はクライヴ・デイヴィスでなく、君とレコード契約は結べない」。 「私が君にできることは…」。 ゴールデンブザーに涙のコートニー・ハドウィンは父と抱き合い、「本当にありがとう、本当にありがとう」。 アマンダ・メナは「4歳まで私はドミニカ共和国で育ちました。 アメリカに来たときは英語もあまり話せず、いじめられてばかりでした」。 「そうした経験は私に強い心を与えてくれました」。 そしてサイモン・コーウェルがいじめを乗り越えた理由を尋ねると、「音楽とママにすごく支えられました」。 スタンディングオベーションにサイモン・コーウェルは「君には正真正銘、ありのままの(natural)ソウルを持っている」、「この曲は簡単に歌えるような歌じゃない。 これは長年に渡り記憶されるオーディションだ」。 そしてメル・Bは「どこから始めたらいいんだろう」。 「本当に素晴らしかったわ。 全身鳥肌よ、まさにクレイジーだわ」、「あなたの歌声が大好きだわ、そして全てのいじめっ子たちに私が言うのは…」。 ゴールデンブザーを獲得し、ライブ・ショーの準々決勝へ。 マケイラ・フィリップス 15歳 『』 オーディション・ウィーク最終週、「Auditions Week 6」放送回(現地時間7月10日)、カリフォルニア州キャニオン・レイクの15歳 マケイラ・フィリップス(Makayla Phillips)がデミ・ロヴァート(Demi Lovato)の「Warrior」で審査員 ハイディ・クルム(Heidi Klum)のハートを奪い、ゴールデンブザー。 その歌声にゴージャスなルックス、表現力、舞台での存在感、スター性など「全てが最高だわ」とハイディ・クルム。 「あなたは信じられないくらい素晴らしいわ」、「全てが大好き。 あなたの笑顔、みんなに伝えようとしているあなたの表現が大好きだわ」。 「あなたの声は信じられない、私があなたにすることわかる?」、ハリウッドのステージへ、幼い頃からの夢を叶えます。 ゲスト審査員を迎えるジャッジ・カットのラウンドは、来週7月17日より放送。 4週となるジャッジ・カットのラウンドでは、各回ゲスト審査員によるゴールデンブザーにも注目が集まります。 ゴールデンブザーの内容が強化されたシーズン10(2015年)以降、その優勝者は現在までに全てゴールデンブザー獲得者。 シーズン11は、審査員ホーウィー・マンデルのゴールデンブザーを獲得した当時12歳シンガー・ソングライター、グレース・ヴァンダーウォール(Grace VanderWaal)、昨年のシーズン12では、審査員メル・Bのゴールデンブザー、当時12歳「歌う天才腹話術少女」ダーシ・リン(Darci Lynne Farmer)が優勝しています。 全米のハートを掴み賞金100万ドル(約1. 1億円)を手にするのは果たして、2018年の頂点をかけた『アメリカズ・ゴット・タレント』ライブ・ショーは、ハリウッドのドルビー・シアターにて8月14日より開催予定です。

次の