ルシ 1000万。 堕落のすゝめ編 6)テレサとリスと野ゴリラ

ルシファーHard 予習編

ルシ 1000万

マルチバトル版だとゾーン終了まで待機する事も常套手段。 攻略の最中に各種アドバイスはもらいましたが、なるべく地獄を味わってみようと出来るだけ予習しないで挑戦したので装備編成、各種トリガーの対応などなど正しいのかどうか全然自信ありません。 大体雰囲気だけでも伝われば。 序盤は黒騎士で支えて、危なくなったらデスで黒騎士を落としてレイの3アビでパラロス対処が可能。 そのまま黒騎士を蘇生しなければレイは更に水着ゾーイと交代も可能。 という感じでパラロス受けを狙っていく戦術。 マグナ達成例もある模様 風属性:神石&マグナ、初のクリア達成者が出た始まりの属性。 研究されている分攻略情報もたくさん。 光属性:神石&マグナ、ガイゼンボーガでひたすらに受ける攻略法が有名。 ガイゼンボーガ、十天衆2人メインで攻略が可能 闇属性:神石、風に続いてクリア報告例多め、攻略情報、動画も多数。 PROUDは無限に練習できるものの、しっかり秘器消費しちゃうのが難点。 わたし全然ここよくわかりません。

次の

ルシファーHARD(ルシH、ダークラプチャー)を攻略(簡易行動表)や参加条件

ルシ 1000万

ルシファーハードに参加するための目安 必須• スパルタを取得済み• HPは 最低でも3万以上• 同じ種族をメンバ内に入れない編成を組める状態で参戦属性で1ターンに1000万以上のダメージを出せる• アビリティ&攻撃ダメージ&召喚石ダメージも全部含めて• ディスペル+スロウを用意できる 理想• 主人公のHPは5万以上、他メンバも4万5000ほど欲しい• 私はHP52000で初クリア• 召喚石黒麒麟3凸を用意できる 編成に組み込むかどうかは自己判断• 召喚石アテナ(3凸ならなお良し)を用意できる。 召喚石テュポーン4凸• ディスペル効果付きの召喚石• ディスペル効果のみの召喚石も強い( ゼピュロス、メタトロンなど)• 召喚石ルシフェル• 召喚石バハムート• 召喚石シヴァ 主に1000万チャレンジまたは最後の押し込み 主人公のEXアビリティの参考 主人公のジョブは現状スパルタ6人固定が多いためアビリティもある程度決まっている。 かばう• シールドワイアー スロウ• クリアオール• ディスペル 「クリアオール」と「かばう」はどちらかを選択することになるが、「クリアオール」は 参戦者全体で3~4枚は欲しいため、不慣れなうちは「かばう」を選択させて欲しいことをPTメンバに伝えるというコミュニケーションもあった方が良い。 「かばう」は回復手段やカット手段が他属性よりも少ない火土属性の方に割り振る事が多い。 また、グラビティも1枚は欲しいがEXアビリティである必要はない。 どうしても用意できない場合外さないためにもアンチラ 弱体性DOWN有り が入りやすい風属性が候補になるか。 基本は赤太字の シールドワイアー、クリアオール、ディスペルの3点。 ルシファーハードに参加するにあたって理解しておくこと• 十二の試練の概要を覚えておく(バトル中にも確認できる)• 同種族を複数入れることを避ける 25%以降強制即死判定• ただ、 明確な意図 オクトーとサラーサでの試練突破など がある場合はその限りではない。 各属性1名ずつにバラける• ディスペルは各自1個から2個 EXアビやカトル、ゼピュロスなど)• カトルのアビは羽にもグラビティが入るため注意が必要• 参戦者全体で6人戦闘不能で強制終了 羽のHP70%以降• カウントなどと略される。 この時点から参戦者のPTメンバーが1人死亡するごとにカウントが1ずつ減り、初期6から0になると強制全滅技「ジ・エンド」が発動して終了となる。 そのため、 回復手段が乏しい火属性の人が踏むことが多い。 アーカーシャと同様のもので敵のCTやアビリティのCTも進むためファランクスもその分回るため深く意識する必要はない。 12の試練 12の試練は羽のHP50%時の特殊行動により発動する。 各試練は戦闘開始前に解除担当を決めておいて処理する。 12の試練となっているが、12個目の試練は他の11の試練を突破すると解除されるのでプレイヤーが意識するのは11種類となっている。 試練の突破をしやすい属性があるためその属性に紐づく事が多い。 福音の赫刃 ルシファー本体が 特殊技を使う度にLvが上がっていくバフのようなもの。 Lv0:攻撃力上昇• Lv1:攻撃力上昇• Lv2:攻撃力上昇+攻撃にバフ消去効果2回が追加• Lv3:攻撃力上昇+攻撃が弱点属性攻撃に変更+無属性ダメージ追加• Lv4:攻撃力上昇+全属性ダメージカット(ファランクス等)無効 発動はある程度仕方がないがLvの上昇だけは避け、Lv1までに抑え込む。 そのため、 ディスペルの重要性は高く、召喚石等の合体召喚でディスペル効果を上手に利用して回していくといった手法が取られることが多い。 参戦者のジョブの種類に応じて被ダメージが一定値に制限され、毎ターンHPを回復する状態(消去不可) 黒き羽が特殊技「マルス」を発動すると解除される。 現状スパルタ6人で討伐に挑む事が多いため 「マルス」を受けて「福音の黒翼」を解除することが必達となっている。 解除失敗の場合、討伐PTが同ジョブ系統(スパルタ、ホーリーセーバー)6人だと与えるダメージの上限が50万に制限されるため、1ターン1000万ダメージが絶望的になる。 「マルス」を受けると2ターンの間「禁断の果実」という状態効果が味方に付与される。 奥義性能が大きく向上するが、 奥義発動後に無属性ダメージを1万受けることになるためHP管理に注意が必要。 3種類のパラダイス・ロスト パラダイス・ロストは3種類あり、名前こそ同じもののすべて異なるものです(ややこしい)• 開幕のパラダイス・ロスト• ルシファー本体と羽の同時CT MAXのパラダイス・ロスト• どうあがいても3万ダメージは受けるので諦める ルシファー本体と羽の同時CT MAXのパラダイス・ロスト 全属性カット無効の全体8万ダメージ ただし、 属性ダメージカット、無敵効果、ガード、反射などは有効• 対処例• 水属性は、エウロペとリリィの属性変換で対処• 土属性は、ゴブロの無敵効果で対処• 光属性は、ヴィーラの全体かばうにて対処• 闇属性は稀にゾーイのコンジャクションで対処 個人的には水属性、土属性、光属性が容易と感じる。 とはいえ受けることよりもCT調整の方が大変なため水属性が一番やりやすいかなと思っています。 その他の覚えておきたい事項• 特殊行動でCTはリセットされない• ミゼラブルミストなどの攻防DOWNが無効なため、属性攻防DOWN、累積攻防DOWNで弱体化を図る。 麻痺は無効• 5人スタートで全員が救援要請を同じタイミングで出し、オールポーションを獲得して6人目に参加してもらうという方法が採用される場合がある。 その際の救援は騎空団に出される事が多いため、 5人既に入っているルシファーハード戦には入らないほうが吉。 大方は事前にチャットで入らないでくださいなど一言あると思うがない場合もありトラブルになっているようなのも見受けられた。 仕様変更により一部の高難易度マルチでは開幕のスタンプでオールポーションを2個獲得できるようになった。 通常攻撃も強力なため毎ターンファランクス状態で挑むことが望ましいため、 参戦者アビリティ通知をONにしてファランクスの重複を避ける方法もある• 防御値は20(普通の敵の倍と考えれば良い)のため非常に硬い。 1000万ダメージ突破の目安はチュートリアルで防御DOWN系を一切いれずに1000万達成が可能かどうか。 ただし、合体召喚でバハムートをもらえるといった連携が取れる場合は多少考慮しても良いと考える。 属性ごとのオススメキャラ• 火属性• アニラ• エッセル• アテナ• 水属性• カトル• エウロペ&リリィ• ウーノ• 土属性• オクトー• ブローディア 水着も強い• 水着ヴィーラ• サラーサ(バレンタインクラリスが用意できない場合など)• 風属性• ユリウス• アンチラ• シエテ グリームニル• 光属性• リミテッドヴィーラ• フュンフ• 銃ゾーイ• ガイゼンボーガ• 水着ノイシュ• 闇属性• バレンタインクラリス• 水着ゾーイ• シロウ、ヴァンピィなど自由度が高い 私が見た範囲でのオススメキャラとなりますので実際のところこれらのキャラクターが 絶対というわけではありません。 基本的に 限定キャラや最終十天衆が多く、編成難度は高い。 感想 初回チャレンジは記載内容よりも余裕をもたせてチャレンジしたい。 特に12の試練は失敗してしまうとジリ貧になるため何度も挑戦しないと慣れないと感じる。 キャラの編成は特に、加えて装備も完成型、テンプレマグナを揃えていないとやや厳しいという高難易度コンテンツ。 確かにVCでのコミュニケーションがあれば良いとは思うが、そこは試行錯誤しながらチャレンジして行きたい所。 まだまだ突破者が少ないコンテンツですが、流し見しておいていずれ挑戦する際に役立てるように極力ポイントは抑えて記載していますが、それなりに時間がかかるコンテンツのため一部の強制全滅等の処理は割愛しています。 これから挑戦する人の一助となれば幸いです。

次の

ルシファーHARD(ルシH、ダークラプチャー)を攻略(簡易行動表)や参加条件

ルシ 1000万

ルシファーハードに参加するための目安 必須• スパルタを取得済み• HPは 最低でも3万以上• 同じ種族をメンバ内に入れない編成を組める状態で参戦属性で1ターンに1000万以上のダメージを出せる• アビリティ&攻撃ダメージ&召喚石ダメージも全部含めて• ディスペル+スロウを用意できる 理想• 主人公のHPは5万以上、他メンバも4万5000ほど欲しい• 私はHP52000で初クリア• 召喚石黒麒麟3凸を用意できる 編成に組み込むかどうかは自己判断• 召喚石アテナ(3凸ならなお良し)を用意できる。 召喚石テュポーン4凸• ディスペル効果付きの召喚石• ディスペル効果のみの召喚石も強い( ゼピュロス、メタトロンなど)• 召喚石ルシフェル• 召喚石バハムート• 召喚石シヴァ 主に1000万チャレンジまたは最後の押し込み 主人公のEXアビリティの参考 主人公のジョブは現状スパルタ6人固定が多いためアビリティもある程度決まっている。 かばう• シールドワイアー スロウ• クリアオール• ディスペル 「クリアオール」と「かばう」はどちらかを選択することになるが、「クリアオール」は 参戦者全体で3~4枚は欲しいため、不慣れなうちは「かばう」を選択させて欲しいことをPTメンバに伝えるというコミュニケーションもあった方が良い。 「かばう」は回復手段やカット手段が他属性よりも少ない火土属性の方に割り振る事が多い。 また、グラビティも1枚は欲しいがEXアビリティである必要はない。 どうしても用意できない場合外さないためにもアンチラ 弱体性DOWN有り が入りやすい風属性が候補になるか。 基本は赤太字の シールドワイアー、クリアオール、ディスペルの3点。 ルシファーハードに参加するにあたって理解しておくこと• 十二の試練の概要を覚えておく(バトル中にも確認できる)• 同種族を複数入れることを避ける 25%以降強制即死判定• ただ、 明確な意図 オクトーとサラーサでの試練突破など がある場合はその限りではない。 各属性1名ずつにバラける• ディスペルは各自1個から2個 EXアビやカトル、ゼピュロスなど)• カトルのアビは羽にもグラビティが入るため注意が必要• 参戦者全体で6人戦闘不能で強制終了 羽のHP70%以降• カウントなどと略される。 この時点から参戦者のPTメンバーが1人死亡するごとにカウントが1ずつ減り、初期6から0になると強制全滅技「ジ・エンド」が発動して終了となる。 そのため、 回復手段が乏しい火属性の人が踏むことが多い。 アーカーシャと同様のもので敵のCTやアビリティのCTも進むためファランクスもその分回るため深く意識する必要はない。 12の試練 12の試練は羽のHP50%時の特殊行動により発動する。 各試練は戦闘開始前に解除担当を決めておいて処理する。 12の試練となっているが、12個目の試練は他の11の試練を突破すると解除されるのでプレイヤーが意識するのは11種類となっている。 試練の突破をしやすい属性があるためその属性に紐づく事が多い。 福音の赫刃 ルシファー本体が 特殊技を使う度にLvが上がっていくバフのようなもの。 Lv0:攻撃力上昇• Lv1:攻撃力上昇• Lv2:攻撃力上昇+攻撃にバフ消去効果2回が追加• Lv3:攻撃力上昇+攻撃が弱点属性攻撃に変更+無属性ダメージ追加• Lv4:攻撃力上昇+全属性ダメージカット(ファランクス等)無効 発動はある程度仕方がないがLvの上昇だけは避け、Lv1までに抑え込む。 そのため、 ディスペルの重要性は高く、召喚石等の合体召喚でディスペル効果を上手に利用して回していくといった手法が取られることが多い。 参戦者のジョブの種類に応じて被ダメージが一定値に制限され、毎ターンHPを回復する状態(消去不可) 黒き羽が特殊技「マルス」を発動すると解除される。 現状スパルタ6人で討伐に挑む事が多いため 「マルス」を受けて「福音の黒翼」を解除することが必達となっている。 解除失敗の場合、討伐PTが同ジョブ系統(スパルタ、ホーリーセーバー)6人だと与えるダメージの上限が50万に制限されるため、1ターン1000万ダメージが絶望的になる。 「マルス」を受けると2ターンの間「禁断の果実」という状態効果が味方に付与される。 奥義性能が大きく向上するが、 奥義発動後に無属性ダメージを1万受けることになるためHP管理に注意が必要。 3種類のパラダイス・ロスト パラダイス・ロストは3種類あり、名前こそ同じもののすべて異なるものです(ややこしい)• 開幕のパラダイス・ロスト• ルシファー本体と羽の同時CT MAXのパラダイス・ロスト• どうあがいても3万ダメージは受けるので諦める ルシファー本体と羽の同時CT MAXのパラダイス・ロスト 全属性カット無効の全体8万ダメージ ただし、 属性ダメージカット、無敵効果、ガード、反射などは有効• 対処例• 水属性は、エウロペとリリィの属性変換で対処• 土属性は、ゴブロの無敵効果で対処• 光属性は、ヴィーラの全体かばうにて対処• 闇属性は稀にゾーイのコンジャクションで対処 個人的には水属性、土属性、光属性が容易と感じる。 とはいえ受けることよりもCT調整の方が大変なため水属性が一番やりやすいかなと思っています。 その他の覚えておきたい事項• 特殊行動でCTはリセットされない• ミゼラブルミストなどの攻防DOWNが無効なため、属性攻防DOWN、累積攻防DOWNで弱体化を図る。 麻痺は無効• 5人スタートで全員が救援要請を同じタイミングで出し、オールポーションを獲得して6人目に参加してもらうという方法が採用される場合がある。 その際の救援は騎空団に出される事が多いため、 5人既に入っているルシファーハード戦には入らないほうが吉。 大方は事前にチャットで入らないでくださいなど一言あると思うがない場合もありトラブルになっているようなのも見受けられた。 仕様変更により一部の高難易度マルチでは開幕のスタンプでオールポーションを2個獲得できるようになった。 通常攻撃も強力なため毎ターンファランクス状態で挑むことが望ましいため、 参戦者アビリティ通知をONにしてファランクスの重複を避ける方法もある• 防御値は20(普通の敵の倍と考えれば良い)のため非常に硬い。 1000万ダメージ突破の目安はチュートリアルで防御DOWN系を一切いれずに1000万達成が可能かどうか。 ただし、合体召喚でバハムートをもらえるといった連携が取れる場合は多少考慮しても良いと考える。 属性ごとのオススメキャラ• 火属性• アニラ• エッセル• アテナ• 水属性• カトル• エウロペ&リリィ• ウーノ• 土属性• オクトー• ブローディア 水着も強い• 水着ヴィーラ• サラーサ(バレンタインクラリスが用意できない場合など)• 風属性• ユリウス• アンチラ• シエテ グリームニル• 光属性• リミテッドヴィーラ• フュンフ• 銃ゾーイ• ガイゼンボーガ• 水着ノイシュ• 闇属性• バレンタインクラリス• 水着ゾーイ• シロウ、ヴァンピィなど自由度が高い 私が見た範囲でのオススメキャラとなりますので実際のところこれらのキャラクターが 絶対というわけではありません。 基本的に 限定キャラや最終十天衆が多く、編成難度は高い。 感想 初回チャレンジは記載内容よりも余裕をもたせてチャレンジしたい。 特に12の試練は失敗してしまうとジリ貧になるため何度も挑戦しないと慣れないと感じる。 キャラの編成は特に、加えて装備も完成型、テンプレマグナを揃えていないとやや厳しいという高難易度コンテンツ。 確かにVCでのコミュニケーションがあれば良いとは思うが、そこは試行錯誤しながらチャレンジして行きたい所。 まだまだ突破者が少ないコンテンツですが、流し見しておいていずれ挑戦する際に役立てるように極力ポイントは抑えて記載していますが、それなりに時間がかかるコンテンツのため一部の強制全滅等の処理は割愛しています。 これから挑戦する人の一助となれば幸いです。

次の