キッチン ダウン ライト。 意外と見落としがち?新築のキッチン照明の選び方

意外と見落としがち?新築のキッチン照明の選び方

キッチン ダウン ライト

キッチンの照明におすすめ!ダウンライトとは? 新築のキッチンに採用する照明にはいくつか種類がありますが、昨今では「ダウンライト」を選ぶお宅を多く見かけます。 ダウンライトとは、「天井に埋め込むタイプ」の照明のことを言います。 照明が天井に埋まっていることで、空間をスッキリ見せる効果が期待できます。 また、照明が凸凹していないためほこりが溜まる心配がなく、他の照明と組み合わせて採用しても、インテリアを邪魔することがありません。 ダウンライトは「必要箇所だけを照らす」、また「複数設置して広範囲を均等に照らす」ことに適しています。 そのため、キッチンのように作業を行う狭い空間には向いていると言えます。 リビングダイニングのように、広々としたスペースを照らすには多くの数のダウンライトが必要となるため、他の照明と組み合わせて使うことをおすすめします。 ダウンライトを採用するなら!メリット・デメリットを頭に入れておこう 昨今ダウンライトは、キッチン照明として採用するお宅が多くなっています。 ここではダウンライトのメリット・デメリットをご紹介していきます。 新築でダウンライトを採用する前に、ぜひ頭に入れておきましょう。 【メリット】 ・見た目がおしゃれ ダウンライトは複数個を平行して設置することが多く、これにより光が分散し、部屋に立体感が生まれます。 部屋が広く見えるとともに、雰囲気のあるおしゃれな空間を演出できるでしょう。 ・メンテナンスが楽 ほこりが溜まりにくいため、天井掃除の手間が省けます。 また、故障した際は「照明本体」か「配線」どちらかに原因があるため、原因の特定が他の照明よりもしやすい傾向があります。 【デメリット】 ・値段が高い ダウンライトは一般的な照明の2~3倍のコストがかかると言われています。 例えば6畳の部屋を照らすのに、一般的な照明は5,000円程度から選べますが、ダウンライトの場合は3,000円程度のものが最低でも2つ以上必要となります。 ・交換しづらい 天井に埋まっているタイプのため、照明の交換には専門業者に依頼する必要があります。 また、穴の大きさに合った照明しか取り付けられないため、選択できる幅は狭いでしょう。 キッチン照明は選べる!ダウンライト以外の照明とは? キッチン照明は、ダウンライト以外にもいくつか種類があります。 ここでは、それぞれの照明の特徴をご紹介していきましょう。 天井に取り付け口を設置し、そこに照明器具を固定して使用します。 種類が多いのでデザインにこだわることができますが、ほこりがたまりやすく、また地震などで落下するリスクも考えられます。 見た目がおしゃれで存在感がありますが、光が当たる面積が狭いため、設置する場所が限られます。 おすすめなのは、キッチンの作業台の上や、ダイニングテーブルの上に採用すると、おしゃれで雰囲気のある空間にできるでしょう。 ダウンライト同様、複数個を並べて設置することが多く、近年ではレール式でライトの場所を移動したり、角度を調節できたりするものが人気を高めています。 新築のキッチン照明のダウンライトはLEDにするべき? 近年では省エネの重要性を耳にしますが、キッチン照明においても悩むべきポイントです。 照明には従来の「蛍光灯」や「白熱電球」のほかに「LED」があります。 LEDの照明は金額が高い代わりに、省エネ効果が高く、長持ちするという特徴があります。 新築するなら、キッチン照明はすべてLEDを採用したほうがよいのでしょうか。 これには自分がどの部分に重きを置くのかが重要となるでしょう。 例えば、具体的な数字で見ると、LEDの寿命は4万~6万時間であることに対し、蛍光灯は6000~1万時間、白熱電球は1000~2000時間です。 寿命という観点で見ると、LEDは他の照明よりも大変優れていることが分かりますね。 寿命が長いということは、照明の取り換え回数が少なくなることに繋がるため、それにかかる費用も抑えられるでしょう。 また、他の照明と違いLEDには紫外線が含まれていないため、虫を寄せ付けない効果も期待できます。 以上の事柄を考慮すると、キッチン照明にはLEDがおすすめです。 しかし、ダウンライトは複数個設置することが多いため、すべてをLEDにすると高額な費用が発生します。 費用を抑えたいのであれば蛍光灯や白熱電球、使い勝手で選ぶならLEDにすることをおすすめします。 キッチン照明の色も注目すべきポイント 住宅の照明はすべて同じ色だと思っている方もいるかもしれませんね。 しかし、実は照明の種類には、大きく分けて5つの種類があります。 ・昼光色 ・昼白色 ・白色 ・温白色 ・電球色 上記のうち、よく採用されているのは「昼光色」と「昼白色」、「電球色」の3種類です。 「昼光色」は、しっかりとした明るさが特徴で、教室やオフィスなどで採用されることが多いです。 また、集中力を高める効果があるため、子供部屋などで採用したい照明と言えます。 「昼白色」は、少し黄色がかった優しい白い色のことを言います。 自然の光に近いため、リビングや書斎などで採用されることが多いようです。 「電球色」は、オレンジ色の温かみのある色です。 少し暗めの印象のため、寝室などのリラックスしたい空間に採用するとよいでしょう。 では、キッチンに配置するダウンライトは、上記のうちどの種類がよいのでしょうか。 注意していただきたいのは、キッチンはあくまでも「作業スペース」だということです。 包丁や火を使うため、細部までよく見える照明が望ましいでしょう。 それを踏まえると、昼光色か昼白色のどちらかがふさわしいと言えます。 電球色は料理をおいしく見せる効果のある色ですが、少し暗いため、作業しやすい色ではありません。 キッチンでは手元を見やすく照らしてくれる、昼光色か昼白色の照明を選びましょう。 キッチンのほかにも!ダウンライトが向いている場所 新築のキッチン照明には、おしゃれなダウンライトを選ぶことをおすすめしてきました。 ここでは、キッチン以外でダウンライトが向いている場所をご紹介しましょう。 ダウンライトが向いている部屋は、以下の特徴がある部屋に向いていると考えられます。 ・広くない部屋 ・照明が落下すると困る部屋 ・ほこりを溜めたくない部屋 これらを踏まえると、 ・トイレ ・玄関 ・廊下 ・浴室 ・脱衣所 などが、ダウンライトを採用することに向いている部屋になるでしょう。 ダウンライトはリラックス効果も期待できるため、トイレや浴室には特におすすめです。 また、ダウンライトの数が増えると、その分コストが上がってしまうため、上記でご紹介した部屋であっても、あまり広い部屋には採用しないように注意しましょう。 どうしてもリビングに取り入れたい場合は、シーリングライトと併用して設置するなどの工夫をしてくださいね。 キッチン照明はダウンライトにしておしゃれ空間に! キッチン照明にはさまざまな種類があります。 今回はおしゃれでメリットの多い、ダウンライトにすることをおすすめしました。 ダウンライトはメンテナンスが楽で、空間をスッキリ見せる効果が期待できます。 値段はシーリングライトよりも高いですが、キッチンなどの狭い空間であれば、ダウンライトを採用しておしゃれな空間を演出しましょう。 また費用はかかりますが、LED照明を採用すれば、省エネ効果により照明の交換時期を伸ばせるためおすすめですよ。

次の

キッチンのダウンライト悩んでます。画像の配置やワット数どうでしょうか? 新築中でキッチン照明を悩んでいます。 現在、画像のような配置やワット数でプランニングされているのですが大丈夫でしょうか?

キッチン ダウン ライト

キッチン用ライトの選び方 キッチンのタイプやどのような雰囲気にしたいかで、選ぶ照明は変わってきます。 ポイントを押さえて、ぜひあなた好みのキッチン照明を選んでみてください。 明かりのタイプで選ぶ 照明の性質「色温度」と「演色性」という概念を知って、照明選びのポイントにしてみましょう。 色温度とは 色温度とは、光の色味をあらわす基準のことです。 色温度の単位は「K(ケルビン)」であらわされます。 照明器具として販売されている色温度は3種類あります。 1つ目が、「昼光色 約6500K 」と呼ばれる青みがかった光です。 細部までよく見えますが、そのぶん目が疲れやすいという特徴があります。 2つ目は、「昼白色 約5000K 」と呼ばれる太陽光に1番近い、自然な光です。 太陽光に近いといっても刺すような光ではなく、自然で穏やかな光が特徴です。 3つ目は、電球色(約3000K)と呼ばれる黄みがかった温かみのある光です。 目が疲れにくい、柔らかな光が特徴です。 演色性とは 演色性とは、照明でものを照らすとき、自然光が当たったときの色をどの程度再現しているかを示す数値のことです。 単位は「Ra」といい、太陽光をそのまま表現すると「100Ra」となります。 Raの数値が100に近いほど、自然な色で見ることができます。 手元がはっきり見える明るさを確保する キッチンでは、包丁を使ったり細かい作業をすることが多いので、手元をしっかりと照らしてくれる照明を選ぶことが大切です。 そのためには電球の、色温度(K)演色性(Ra)の値を目安に考えると良いでしょう。 キッチン照明には色温度が、昼白色(約5000K)~電球色(約3000K)のものを選ぶのがおすすめです。 昼白色だと、食材や料理の色を自然に見ることができます。 電球色は昼白色より暗くはなりますが、温かい光がキッチンをおしゃれな雰囲気にしてくれます。 演色性(Ra)の数値は、「Ra80」以上あるものがおすすめです。 ライトタイプを選ぶ ライトの形によっても、光の見え方が変わります。 ライトの種類別に光の特徴と、おすすめの配置の仕方をご紹介します。 シーリングライト 出典: ペンダントライトとは、天井からチェーンやコードなど吊り下げた照明のことです。 ペンダントライトはおしゃれなデザインのものが多いので、雰囲気を変えるのにおすすめです。 ペンダントライトのみでは、明るさが足りない場合があるので、シーリングライトやダウンライトと組み合わせて使うのがおすすめです。 対面キッチンや壁型キッチンにもおしゃれな雰囲気を演出できます。 ランニングコストも想定しておく デザインや明るさも重要ですが、電球の種類を選ぶことも大切です。 毎日使う照明なので、ランニングコストも考えておくと良いでしょう。 蛍光灯は本体価格が安いので購入しやすいですが、消費電力が少ないLEDライトがおすすめです。 寿命もポイントのひとつ 通常の電球と、LEDライトでは、寿命にも大きな差があります。 電球の寿命は約3,000時間、蛍光管の寿命は6,000~12,000時間、LEDは約40,000時間と一般的には言われています。 頻繁に買い替える必要のないLEDライトがおすすめです。 お気に入りのデザインを見つける.

次の

キッチン照明ダウンライト化

キッチン ダウン ライト

Error: Cannot find module '. :3538:12 at at process. js:189:7 at Function. Module. runMain module. js:625:3 LEDダウンライトは、本来一方方向に配光が狭いものが多く天井や壁に反射して眼に入射してくる光が少なくなり、一般的に部屋全体を暗く感じます。 しかし、一方では、本を読んでいるときは、本から反射して眼に入射する光が多いため明るく感じます。 また、照明器具の存在感を抑えながら光が得られるので、調理場などの視野にあかりが入り易く、また華やかさも強調されます。 こちらが手がけるダイニングキッチンにはダウンライトが配置され、調理場での作業効率と共に、明るい雰囲気のダイニングが照明で演出され家族団欒の時間を優しく照らします。 このように雰囲気と作業効率が大切なダイニングキッチンなどには最適な照明器具です。 クレジット: A. FUKUZAWA.

次の