赤城 公園 キャンプ 場。 赤城村沼尾川親水公園キャンプ場(渋川市)

赤城公園(県営赤城山)キャンプ場のブログや口コミ【WOM CAMP】

赤城 公園 キャンプ 場

見出し• JPG 関東平野の最北端にある榛名山の麓でオートキャンプが楽しめます。 「くりの木キャンプ場」とは、もともと「くりの木の森」だったことから名付けられました。 広い場内には20サイトがあり子供達がのびのび遊べる自然の遊び場もあります。 落ち着いた雰囲気の中オートキャンプが楽しめます。 facebook. 手ぶらでバーベキューが楽しめるプランもあります。 大自然に囲まれ、涼しく綺麗な空気が癒してくれます。 muji. jpg 無印良品が運営するキャンプ場。 キャベツの名産地嬬恋村の壮大な景色の中でのんびりとした時間を過ごしませんか? 近くにはバラキ湖があり、釣りやサイクリング・カヌーなどのアウトドアアクティビティーも楽しめます。 住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラキ高原 電話:03-5950-3660(予約、問合せ) 公式HP: はこだたみキャンプ場 神流川の清流の傍にある 「はこだたみキャンプ場」。 川遊びや山遊び、さらには恐竜探検もできる子供達に人気のキャンプ場です。 隣には恐竜センターもあります。 不定期に開催の化石発掘体験は要予約ですので、ご興味をお持ちの方はキャンプ場の予約の際にお問い合わせしてみてください。 キャンプに関するご予約・お問い合わせ先は 神保町恐竜センターです。 jpg 群馬県高崎市の森林公園内のキャンプ場。 バーベキュー施設や釣り堀などもあり、みんなでワイワにぎやかにオートキャンプが楽しめます。 東側のサイトからは、榛名山の絶景を一望できます!早朝には静かな森の中で日の出を楽しんでみてください。 jpg 武尊山のふもとにある 「ほたか牧場キャンプ場」。 70ものテントサイトがあり、オートキャンプを楽しむことができます。 周辺では高山植物の観察や、体験コーナーの自然学校でいろいろな体験ができます。 JPG 標高1000メートルの高地にある 「水上宝台樹キャンプ場」。 65ものキャンプサイトがあり、オートキャンプも楽しめます。 スポーツ広場やパターゴルフがあり、大人も子ども楽しむことができます。 付近を散策して季節の花々を愛でたりアウトドアを楽しんでみてください。 qkamura. jpg 宿泊施設休暇村嬬恋鹿沢にあるオートキャンプサイト。 初めての人でも気軽に利用できるようなセットが揃っています。 バーベキューも楽しめますよ。 キャンプ場から歩いて3分ほどのところに雲井の湯という温泉施設があります。 1000年もの歴史を持つ温泉につかり、疲れた体をリフレッシュさせてください。 facebook. テントサイト近くにはトイレや炊事棟、バーベキュー施設などがありますので、小さな子供がいても安心です。 facebook. 尾瀬からもほど近くアウトドアの拠点としても重宝します。 facebook. 自然のプラネタリウムが空一面に広がるだけでなく、施設やアクティビティーも充実!森の中で極上のオートキャンプを楽しむことができます。 手ぶらでBBQをしたい方にもおススメです。 facebook. 5月には、特別運行される谷川岳ロープウェイに乗り、星空を楽しむ「天空のナイトクルージング」が行われました。 またラフティングやバンジージャンプなどの自然体験の他、手作り体験を行う施設も多数ありますので、ここでしかできない体験を楽しむことができます。 空きがあった場合には、SNSやHPでお知らせしてくれますので、希望日が空いていなくてもあきらめずにチェックしてみてくださいね。 blogimg. jpg わたらせ渓谷沿いにあるオートキャンプ場。 緑と湖が広がる自然の中のキャンプリゾートです。 広いサイトでオートキャンプが楽しめます。 長期休暇などの際には、子どもたちが楽しめるウォークラリーなどのイベントが行われます。 自然の中でのんびり過ごしたい方におすすめのキャンプ場です。 sorimachi-co. gif テントの隣に車を駐車できるオートキャンプサイト。 釣りや魚のつかみどり、リンゴ狩りなどを楽しむことができます。 車で10分程移動するだけでフラワーパークや敷島温泉に行くことができますので、観光もキャンプも楽しみたい方にもおすすめです。 fbcdn. jpg? 3つのテントサイトとバンガローから構成されています。 小さなお子さま連れの方でも安心して宿泊できるよう、オムツ替えシートや調乳用のお湯が常備されています。 また、周辺では榛名湖のボートやサイクリングなど自然を満喫することができます。 JPG 赤城山の中腹にあるキャンプ場。 広さや車の台数などに応じて、3つのエリアから希望に合ったサイトを選び、宿泊することができます。 少人数から大家族までバリエーション豊富。 また、手ぶらでキャンプができる区画もありますので、キャンプ初心者の方でも安心です。 場内では、牧場から直送されたこだわりの豚肉をいただくことができます。 自然を生かしたアスレチック体験や、夜に行われるビンゴ大会もあり、大人も子供も楽しめます! 住所:群馬県前橋市三夜沢町425-1 電話:027-283-8368 公式HP: まとめ 群馬県内には多数のキャンプ場がありますがその中で人気のオートキャンプ場をご紹介しました。 料金や予約方法などは公式サイトで要チェック。 キャンプ場サイトや常設テントサイトに車を横づけできるところもあるので便利! 自然が豊富な群馬にはこんなにもたくさんのキャンプ場があり、特に夏場はグループや家族連れでにぎわいを見せます。 バンガローを利用できるところもあるので小さな子供連れでも安心。 近くには温泉やアクティビティー施設、星空観察など群馬ならではのアクティビティーが満載。 この夏は群馬でオートキャンプを楽しんじゃいましょう!.

次の

【無料キャンプ】初秋の赤城山で湖畔キャンプ・無料でこのクオリティー[県立赤城公園キャンプ場]

赤城 公園 キャンプ 場

群馬県の赤城山大沼湖畔に位置する同キャンプ場は無料で利用できる数少ないキャンプ場。 幸運にも私はそこから車で約45分くらいの場所に住んでいるので、気軽に利用することが出来ます。 どのようなキャンプ場なのかチェックしてみましょう。 *追記(2020年6月12日)* 群馬県の環境局自然環境課によると、このキャンプ場はキャンプサイトの拡張及び区画設定等の改修工事に伴い、令和元年11月18日(月)から令和2年6月下旬まで一時閉鎖しています。 また、サービス向上のため、事前予約制度となりました。 従来はキャンプ場滞在は1週間までと決まっていましたが、また来週来るからと、テントを張りっぱなしなど一部のマナー違反をされているキャンパーがいたためだと思われます。 以下、公式ページから抜粋していますので、詳しい情報は公式ページで確認してください。 また、どうぞ。 ・改修後の利用方法 >リニューアルオープン日 令和2年4月24日 令和2年7月1日(新型コロナウイルスの影響で変更) > 予約 従来:不要 変更後:必要 予約は、にて、利用日の1カ月前の同日から予約できます。 また従来は、最長で7日間の滞在が認められていましたが、今後は2連泊までとなります。 >区画 従来:無し。 (フリーサイト) 変更後:16区画 キャンプ 10区画: ソロからファミリーキャンプ向け 車中泊6区画: (幅3. 5メートル、奥行5. 5メートル、若干の傾斜あり) >利用料(変更なし) 無料 >利用期間 従来:年中(但し冬期は水道使用不可) 変更後:7月1日~11月中旬(予定) 冬期間は閉鎖。 管理人はいませんので、ゴミや炭の処理も気をつけましょう。 利用料が変わらず無料なのは嬉しいですが、予約が必要なので気まぐれで行きにくくなりましたね。 キャンプ業界が盛り上がるのはうれしいですが、マナー違反も多くなるのは悲しいです。 自分たちの首を絞めてるのは自分だと理解してほしいです。 この記事の目次• 群馬県立赤城公園キャンプ場の基本情報(リニューアル前) キャンプ場の場所 県立赤城公園キャンプ場は赤城山の大沼の北側の湖畔に位置しており、一年中利用可能。 登山やトレッキング、釣りなどの拠点としても使える抜群のロケーションにあります。 キャンプ場からは四季折々の自然を楽しみことが出来ます。 最初の信号も直進し、からっ風街道をひたすら走る。 すると県道4号線とぶつかるので、ここで左折し赤城山山頂を目指して直進。 インターを出て右折と4号線の交差点での左折だけで、赤城山へ行けます。 この県道4号はイニシャルDの赤城レッドサンズのホームコースなのでイニDファンにはぜひこのルートで登っていただきたい。 群馬県北側の場合、沼田から県道251号線を使って登れます。 しかし冬期は豪雪のため封鎖されますので、県道4号のみ赤城山に登るルートになります。 設備 もちろん電源などはありませんが、必要最低限の設備は整っています。 ゴミ箱はないのできちんと持ち帰りましょう。 炭や灰は火消壺で持ち帰りましょう。 電話 :027-226-2876 webページ: キャンプ場の注意事項 キャンプ場の利用方法は明確には掲示されていませんが、注意事項がいくつかあります。 今後も無料で気持ちよく皆が使えるようにマナーも守って使いましょう。 路上駐車禁止• 駐車スペースでの設営禁止• 1週間以上の長期独占滞在禁止• 深夜の花火やカラオケなどの騒音行為の禁止• 直火禁止(焚火台を使用しての焚火は可)• ごみの持ち帰り• 水道やかまど、サイトは譲り合って利用すること• 多くのキャンパーが間違った利用をしていますが、道路から南側の湖畔はキャンプ場ではないので、キャンプは道路の北側の林間サイトでやりましょう。 私も、初めて利用した時周りの利用者を見て湖畔に設営しましたが、後々掲示物を見ると、湖畔側はキャンプ場じゃないとの記載が。 赤城公園キャンプ場の魅力(リニューアル前)• なんといっても無料! 無料で予約も不要だから、ふらーっと行って泊まることもできるし、当日の天気を見て気兼ねなくキャンセルもできる。 もちろんBBQのみのデイキャンプもオッケー。 キャンプ好きにはある意味最高のサービス!?• 自由な利用が可能 他の利用者に迷惑を掛けない前提ですが、グループキャンプしたりペットを連れていったり、バイクキャンプしたりいろいろな使い方が出来るのも魅力。 アクティビティがいっぱい 山なので当然登山もできるし、湖畔の遊歩道を散策したり、自転車を持って行ってサイクリングもできる。 9月からはワカサギ釣りもできるので、キャンプを拠点にしていろんなアクティビティが楽しめる。 赤城公園キャンプサイト(リニューアル前) 実際は各エリアに番号は振られてないが、今回はわかりやすく番号をつけてみました。 各サイト参考にしてみてください。 しかし両サイトは一番上にあるので荷物の移動が辛いところ。 コットンテントなど重い荷物で移動がきつい方にいいかも。 トイレや炊事場も一番近い。 ただ、見ての通り道路に面しているのが欠点。 ・駐車場 キャンプ場を利用するときのアドバイス(リニューアル前)• 食材は赤城山に入る前に。 国道353と県道4号の交差点から赤城山へ向かってしまうともう買い物できるところはありません。 赤城山の途中にある産地直送の八百屋だけです。 なので、買い物は街中で済ませましょう。 オートキャンプ場ではない。 設営はなるべく早く。 チェックインはないのでサイトは早い者勝ちです。 連泊の方が居たらしょうがないですが、なるべく早く行って良いところを押さえましょう。 入浴するなら道の駅ふじみの富士見温泉がおすすめ 温泉のある道の駅コンテストで優勝した温泉で、道の駅とは思えない本格的な温泉です。 赤城公園キャンプ場から車で30分かかりますが、赤城山で冷え切った身体を温めてはいかがでしょうか。 まとめ 無料のキャンプ場ですが、今のところ利用者のマナーがよく綺麗なキャンプ場です。 トイレもきれいな水洗に換装されてました。 林間サイトでも高台なので湖が眺められて景色が良いのが魅力。 アウトドアアクティビティの拠点にもなるし、ただ単にBBQやキャンプを楽しむにも最適なロケーション!最近は平日でも人がそこそこいるので、早めに行くといいです。 山中のキャンプ場は天気も変わりやすいので行く際は防寒着、雨具を忘れずに。 タープもあると便利です。

次の

赤城山オートキャンプ場|群馬のキャンプ・手ぶらバーベキュー!おいしいキャンプはじめましょう。

赤城 公園 キャンプ 場

つい最近、地元群馬県の赤城山、大沼に無料キャンプ場があるとの噂を聞きつけたので、 気にはなっていたのですが。。。 「無料」故に、キャンプ慣れはしていてもやはり様々な懸念がありw 宿泊するには抵抗があったのでデイで行ってみました。 群馬県民なら1度は通ったことがあるであろう、大鳥居をくぐり。。。 ひたすらカーブの多い県道を登ること、30分。 赤城大沼へ到着~。 とりあえず、1周してみます。 赤城神社。 なんでも、赤城大沼には「赤城姫」という女神様がいらっしゃり、 男性はもとより、特に女性の願いを叶えてくださる、とのこと。 良縁 ・ 縁結び ・ 子授け ・ 安産 ・ 子育てに特にご利益があるそうです。 ぜひ御参りしたかったところですが、事情により、今回は断念。 もちろん、無料開放なので管理棟はありませんが、場内にはこんな注意書きが。 「長期独占滞在」ってw まぁ、無料ですし、長期滞在したい気持ちもわかりますが。。。 現に、噂ではかなり長期間 住んでる滞在してる方も、いるとか、いないとか。。。 あと、釣り客へ対して。 やはりまだ、放射能の関係でいまだにワカサギはC&Rが義務付けられているようです。 群馬県民としては、切ないですね。。。 炊事場。 ここの水は赤城山麓の湧き水を滅菌処理されているそうです。 もちろんお湯は出ませんw かまどもあります。 トイレは。。。 水洗完備、ペーパーまで設置されていて驚きました! 無料なので、多少の汚さは我慢できますし。。。 冬季は凍結してしまうからか?炊事場もトイレも利用できなくなるようです。 山側のサイト、奥にもテントが見えます。 こんなとこにもサイトが~。 せっかくここまできたので、下山途中 いつも行く赤城温泉ホテルのお風呂に入ってきました~。 日帰り入浴500円也。 ここの温泉、温泉王国群馬県民のあたしがオススメする お風呂1・2位を争うくらい、イイです。 (赤城温泉には他にも旅館がいくつかありますが、その中でも。 ) お風呂の様子が写真取れなくて残念です。 (詳しくはでご確認ください。 ) というワケで、かなり充実したデイキャンとなりました。 県立赤城公園キャンプ場。。。 「ホントに無料でイイんですか?」 と聞きたくなるクオリティーの高さです。 本当は、ブログに載せようか迷ったくらい、良過ぎてヤバい! まぁ、肝心な夜間を経験していないので、騒音とか、治安とか、わかりませんが 今日見た感じでは、けっこう安心して泊まれそうです。 どなたか、ご一緒にいかがですかぁ?www.

次の