徳永 英明 太陽 が いっぱい。 太陽がいっぱいの歌詞

徳永英明 太陽がいっぱい LYRICS

徳永 英明 太陽 が いっぱい

セルフカバーアルバムの中の一曲。 若い頃の歌声に比べると現在は、少し全体的にハスキーさが増していると言える。 しかし、その分、透明感が増してブレス音によって幅が拡がった。 若い頃の声の勢いに任せて歌う方法から、一言一言を丁寧に紡いで自分に言い聞かせるように歌う手法に変わっている。 昔の自分の曲をセルフカバーするのは、簡単なようで歌手にとっては難しい一面を抱えている。 それはセルフカバーすることで多くの人が抱いている曲そのもののイメージを壊すことになる恐れもあるからだ。 リスナーは皆、曲のメロディーと共にその歌声を覚えている。 楽曲のメロディーと歌声。 この二つが合わさって歌を覚えているものだ。 その為、何十年も経ってから、昔の歌をその歌手が歌うとイメージが壊れることがある。 それはひとえに楽曲と共に歌声そのものを記憶しているからに他ならない。 そういう点で過去の自分の楽曲をカバーするというのは、ある意味危険な作業でもある。 例えば若い頃の歌声のイメージが強すぎるために年齢を重ねた歌声の変化にリスナーが失望する危険性もなくはない。 しかし、歌声は進化する。 また、歌手はその人間的成熟度に従って歌そのものや歌声に深みを増す事が多い。 その為、現在の歌声で昔の歌を聴いてみたいという欲求がリスナーの中に芽生えるのも確かな事だ。 確かに若い伸びやかな歌声は魅力的だ。 しかし、年月をかけて歌い込んできた人間の声というものも非常に魅力的で、現在の歌声の方が好まれる場合も多い。 歌手は自分の歌声の変化を常に向き合いながら、声だけではない内面の表現力によって、楽曲をさらに魅力的なものにすることが出来る。 進化していく歌声と昔のままの歌声。 この二面性をうまく組み合わせながら、歌うことによって新しい魅力的な楽曲に生まれ変わらせることが出来るのも歌手なのだ。 そういう意味からすると、徳永英明の今回のアルバムは、多くの歌手のヒントになる一枚と言えるかもしれない。 病気を抱えて歌い続けることは容易なことではない。 しかし、その中で最善を尽くし、今の歌声を残すことは歌手としての歩みに必要なことでもある。 セルフカバーアルバムは、歌手徳永英明にとっても、ファンにとってもそういう意味で大切な一枚になるに違いない。

次の

徳永英明 太陽がいっぱい LYRICS

徳永 英明 太陽 が いっぱい

セルフカバーアルバムの中の一曲。 若い頃の歌声に比べると現在は、少し全体的にハスキーさが増していると言える。 しかし、その分、透明感が増してブレス音によって幅が拡がった。 若い頃の声の勢いに任せて歌う方法から、一言一言を丁寧に紡いで自分に言い聞かせるように歌う手法に変わっている。 昔の自分の曲をセルフカバーするのは、簡単なようで歌手にとっては難しい一面を抱えている。 それはセルフカバーすることで多くの人が抱いている曲そのもののイメージを壊すことになる恐れもあるからだ。 リスナーは皆、曲のメロディーと共にその歌声を覚えている。 楽曲のメロディーと歌声。 この二つが合わさって歌を覚えているものだ。 その為、何十年も経ってから、昔の歌をその歌手が歌うとイメージが壊れることがある。 それはひとえに楽曲と共に歌声そのものを記憶しているからに他ならない。 そういう点で過去の自分の楽曲をカバーするというのは、ある意味危険な作業でもある。 例えば若い頃の歌声のイメージが強すぎるために年齢を重ねた歌声の変化にリスナーが失望する危険性もなくはない。 しかし、歌声は進化する。 また、歌手はその人間的成熟度に従って歌そのものや歌声に深みを増す事が多い。 その為、現在の歌声で昔の歌を聴いてみたいという欲求がリスナーの中に芽生えるのも確かな事だ。 確かに若い伸びやかな歌声は魅力的だ。 しかし、年月をかけて歌い込んできた人間の声というものも非常に魅力的で、現在の歌声の方が好まれる場合も多い。 歌手は自分の歌声の変化を常に向き合いながら、声だけではない内面の表現力によって、楽曲をさらに魅力的なものにすることが出来る。 進化していく歌声と昔のままの歌声。 この二面性をうまく組み合わせながら、歌うことによって新しい魅力的な楽曲に生まれ変わらせることが出来るのも歌手なのだ。 そういう意味からすると、徳永英明の今回のアルバムは、多くの歌手のヒントになる一枚と言えるかもしれない。 病気を抱えて歌い続けることは容易なことではない。 しかし、その中で最善を尽くし、今の歌声を残すことは歌手としての歩みに必要なことでもある。 セルフカバーアルバムは、歌手徳永英明にとっても、ファンにとってもそういう意味で大切な一枚になるに違いない。

次の

徳永英明 太陽がいっぱい 歌詞

徳永 英明 太陽 が いっぱい

徳永英明のコンサートに出かけた。 彼の生歌も初めてだったが、最近、彼の姿をよくTVで観ているせいなのか、なんの疎外感もなくコンサートにとけ込んだ。 前夜の平原綾香が「声のマーケット」なら、徳永英明は「倍音の世界」だった。 多くの歌手は非常に力を入れて発声する。 特に絶唱型と呼ばれる人にその傾向は強い。 身体を前屈させ、腹筋背筋を使って、ブレスをポジションに当てて力強く歌う。 誰もが取る発声法だ。 しかし徳永英明の発声にはそれが見受けられなかった。 私は彼のファンでないから彼がどのような変遷を辿って今の歌声になったかわからない。 ただ、一時期、声が落ちたと感じることがあった。 それは病気のせいだったかもしれないし、加齢のせいだったかもしれない。 しかし、何れにしても昨日の彼の歌声は声量が戻っていた。 特にサビに向かって歌い上げていく部分、エネルギッシュに歌い上げていく部分での声の充実感は、聴衆を十分満足させるものだったと思う。 彼の発声は、すべての音域において非常に楽に出している。 多くの歌手が声を頭頂の後頭部に当てて歌うのに対し、彼は顔面の前に当てて歌う発声だった。 即ち、額から眉間の部分に当てて、空気の流れに声を載せて歌う手法が取られていると感じた。 そのため、どの音域の歌声も彼自身にまとわりつかず、前へ前へと飛んでいく。 空気の流れに任せて歌声が飛んでいくのだ。 彼の特徴的な歌声はこの手法によって倍音が発生しているのだと感じた。 「倍音」 音が響く時、単音ではなく複数の音が同時に響くことを言う。 たとえば、真ん中の「ド」の短音を出しても、真ん中のドだけでなく、1オクターブ上のドの音やさらに上のド、または1オクターブ下のドなど、複数の音が同時に鳴っている状態を言う。 これを持つ歌手は非常に限られている。 美空ひばりが代表的な歌手だが、徳永英明もそれを持つと言われている。 これを持つ歌声がいわゆる「ヒーリングボイス」と呼ばれる「揺らぎ」に繋がっていく。 それは概して、ビブラートを持つ歌手に多い。 徳永英明の歌声は唯一無二のものと言われる。 確かに昨日の歌声も倍音がいくつも同時に鳴って幅広い色合いを見せた。 倍音は、中音域から高音域にかけて主に現れるもので、低音域では、彼の歌声は非常に甘く濃厚な歌声であり、そこには倍音が存在しないということも昨日、実際に彼の歌声を聴いて感じたことだった。 「レイニーブルー」 何度も聴いたこの曲を初めて彼の生歌で聴いた。 まさに倍音の世界。 心地よい倍音に包まれて、オリジナルの歌声を聴くのは、最高の贅沢な時間だ。 コンサートでは十分に歌が聴きたい。 MCやファンとのやり取りは、歌の余韻を邪魔しない程度がちょうどいい。 熱狂的なファンのかけ声を上手にあしらい、ファンとのやり取りも上手く処理して、歌の感動が途切れないように進める手腕はさすがだ。 そんな事を感じながら、熱狂的なファンの声援もちょうどの合いの手になっているのを感じた。 倍音を持つ彼の歌声は来年、還暦を迎えてもきっと若さを保ったままなのだろう。 彼の発声法なら、歌声が老化しない。 そう思った。

次の