年金 借りれる | 年金受給中でも申し込めるローンはココ。 ソフト闇金ラッキー系列を調査※口コミ評判あり

無職でも借りれる?年金受給中の借入限度額は?

年金 借りれる | 年金受給中でも申し込めるローンはココ

ソフト闇金ラッキーの貸付条件 ここに記載してある貸付条件はソフト闇金ラッキーのウェブサイトに書いてある内容と同じです。 もし利用する際は全て自己責任でお願いします。 最短35分でお振込み 急な出費も安心、お申し込みから最短35分でお振込み!その日の内に出金可能です。 お申込みはPC・スマホから24時間受付中 ブラックの方でも大丈夫 遅延や自己破産・債務整理などのトラブルが有り、大手消費者金融等のお借入が難しい方でも、ラッキーの独自審査なら大丈夫! 在籍確認不要 「家族や職場に借入れを知られたくない。 」そんな方には、電話による在籍確認不要でお借入が出来るプランをご用意しております。 ソフト闇金ラッキーで申し込める人 ソフト闇金ラッキーで申し込める人は以下の通り。 専業主婦• 自営業者• 水商売• 風俗業• 生活保護受給者• 年金受給者• 他社闇金を利用中の人 の人でも融資対象になるとされています。 ソフト闇金ラッキーで申し込めない人 ソフト闇金ラッキーで申し込めない人は以下の通り。 外国人• 無職で収入がない人• 派遣社員• 他社闇金に返済していない人• 他社闇金と和解した人 ソフト闇金ラッキーの利用額&利息&手数料 ソフト闇金ラッキーの利用額と利息と手数料は以下の通り。 利用額: 初回20万円まで 利息: 10日2割 手数料: 一律3,000円 ただし、実際に申し込んだところ、「他社からの借入が多い」「先ずは信用を積んでくれ」など難癖をつけて、3万円~5万円位に落とされる例が多いです。 借入例 ソフト闇金ラッキーで借りた場合、一律で3,000円の手数料がかかります。 10日間周期の利息 融資金額から先引き利息20%と手数料3000円を引いた金額が振り込まれます。 融資額 利息 手数料 振込金額 10000 2000 3000 5000 20000 4000 3000 13000 30000 6000 3000 21000 40000 8000 3000 29000 50000 10000 3000 37000 60000 12000 3000 45000 70000 14000 3000 56000 80000 16000 3000 61000 90000 18000 3000 69000 100000 20000 3000 77000 ソフト闇金ラッキーの申込方法 ソフト闇金ラッキーの申込方法はソフト闇金ラッキーのウェブサイトから申し込むことになります。 融資までの流れ 1. 融資を受ける前に返済期日や利息を確認する 2. 申し込みページにお客様情報を入力後送信する 3. ラッキーからの電話 or メール or LINE連絡を待つ 4. 指定された必要書類を送信する 5. お客様の口座へ融資金額のお振込み 6. 振込金額の確認、連絡 営業時間は平日9時~19時まで。 申し込んでから3時間以内には連絡がくるようですが最近ではlineでのやり取りが主流になっているようです。 ソフト闇金ラッキーの必要書類 ソフト闇金ラッキーの必要書類は身分証明書1点(免許証・住基カードetc)となっています。 「家族や職場に借入れを知られたくない。 」そんな方には、電話による在籍確認不要でお借入が出来るプランがあり、その場合ひつ必要書類が更に増えるようです。 ソフト闇金ラッキーの返済方法• 一括返済• 元金均等返済• ソフト闇金ラッキーの口コミ ソフト闇金ラッキーの口コミを調査してみました。 188名無しさん@お腹いっぱい。 143名無しさん@お腹いっぱい。 50ID:qCRnwfStp 借用書持っての自撮りとか飛ばした奴はネットにばら撒かれているんだろうね。 自分が知らない所で知り合いとか見ていた方がやだわ。 引用: その他にもラッキーはエイム、エコーキャッシングと同じ系列だから同じ系列で借りてたら連絡こないという口コミも見受けられました。 ラッキーの系列店• ソフト闇金インター• エイム• エコーキャッシング• スター• ターボ• マネうさ ラッキーの系列関連についての口コミが多数見受けられることから大きなヤミ金グループだと考えられます。 それでも、利息と手数料だけで最低でも3,000円は取られてしまいますが。 もし闇金を利用する場合はラッキーを選択肢に入れてもいいかもしれません。 無職以外ならお金を借りれる• 失業保険を貰っている場合でも借りれる可能性あり• アルバイトもOK 電話番号やLineなどの個人情報を抜き取られた人も ソフト闇金ラッキーは口コミの例からわかるように、優良な業者とは言えません。 個人情報を聞くだけ聞いて、結局融資しなかった• 申し込んだ情報を他の闇金とかに売却している 親身になってお客様のご相談を承りますと公式サイトにはあるのですが実際は申込みをしただけで借りてしまった事になっていたり、保証金詐欺などもやっている危険なヤミ金です。 まだ新しい闇金ですが、以前は違う名前で活動していた可能性もあり、必ずしも新しく開業した闇金ではないようです。 警察や弁護士に相談しても、脅迫や取り立てが収まらないソフト闇金としても有名なので注意してください。 ひとつ覚えていてほしいことは「 闇金を使わなくてもお金は借りれる」ということ。 安心・安全に絶対お金を借りたいなら当サイトが紹介している街金が一番です。 少しでも興味がある人は今すぐ申し込んでは如何でしょうか?.

次の

ソフト闇金ラッキー系列を調査※口コミ評判あり

年金 借りれる | 年金受給中でも申し込めるローンはココ

【カードローン】60歳以上を過ぎてもお金は借りられる! カードローンは働く若者達の為だけに存在する訳ではありません。 高齢者と呼ばれる60歳以降でも条件さえクリアすれば、カードローンでお金を借りることも可能なのです。 60歳以上のカードローン利用の真実 昨今の60代以降は年金生活をホクホク顔で楽しんでいる方よりも、カツカツの生活を営んでいる方のほうが多い印象を受けます。 実際60代以降のカードローン利用者数は多くなっていますが、社会のニーズとは裏腹に高齢者への貸付は決して容易とは言い難いのです。 消費者金融にしても銀行にしても、建前上は60代以降への貸付を可能としています。 しかし60代への貸付率は高齢者の返済プランが不透明であること、そして今現在仕事をしていたとしても、いつ収入が年金のみになるか分からない!そんな不安定な経済事情がカードローン審査に大きく影響を及ぼします。 その為、審査が比較的容易であると言われる消費者金融でさえも、60代以降への借入審査に関しては厳格にならざるを得ないのが現状なのです。 ただし通常のカードローンとは別口として、シニアローンに力を入れている貸金業者や銀行は全国に点在しているので、大手消費者金融を利用する前に、まずはシニアローンの利用を考えることを強くおすすめいたします。 また戸建て、マンションに限らず、自宅を保有している方に関しては、不動産を担保に入れることで、大口融資を比較的低金利で利用することも可能です。 60代がお金を借りる上で注意したいこと 60代以上がお金を借りる際には、いくつか気を付けなければならないことがあります。 お金を借りるうえで、これだけは覚えておきたいことをここで整理しておきましょう。 年齢制限と仕事の有無について 消費者金融だから高齢者に易しい、または銀行は高齢者への融資に厳格であるという方程式は成り立ちません。 まずどこの消費者金融でも60代への融資自体は可能で、多くの60代がカードローン融資を受けている事実があります。 例えば大手消費者金融を見てみると、は20歳以上で上限の規定なし、や、の場合は20歳以上、70歳未満までなら借り入れが可能です。 以前は65歳までと年齢制限が若干厳しかったこともありますが、現在はどこの消費者金融も69歳または70歳までは名目上は融資の可能性があります。 また銀行の場合は消費者金融と比べても年齢により厳しい制限をかけており、65歳から66歳がお金を借入するマックスのボーダーラインとなっていることも忘れてはなりません。 消費者金融でも銀行でも年齢制限内であれば実質借入は可能ですが、実際に借入をするとなると、仕事をしているか否かが大きなポイントになってきます。 ここでいう仕事というのは、アルバイトや派遣を含めた、毎月の定収入が期待出来る仕事を意味しており、年代を問わず仕事による給与があることが、審査通過のカギになってくるのです。 また、 楽天銀行カードローンの場合、62歳までで年金以外にも収入があれば審査通過も可能となっているので、できるだけ低金利でお金を借りたいという人にもおすすめできるでしょう。 近年、ユーザーからの人気がドンドン高まっているのが 楽天銀行カードローン。 カード発行で楽天ポイントが進呈されるのは楽天ユーザーにとって嬉しいメリット。 もっとも、人気急上昇の要因は楽天ポイントのプレゼント! 入会で1,000ポイントもらえるのは楽天ならではです。 楽天銀行口座を持っている方なら最短翌日審査・融資も可能なので、いま最も使い勝手のいい銀行カードローンといえます。 パート・アルバイトもOK!スマホで楽々申し込み! 年金だけで審査は通過する? 65歳で貰える年金を繰り下げ受給してもらう方もいれば、65歳または70歳で繰り上げ受給をする方もいると思います。 60代が年金受給のスタート世代なのですが、消費者金融では年金のみが収入源の場合はお金の借入が出来ません。 反対に銀行カードローンに関しては年金を定収入として換算してくれるところも多いので、受給年金が大きければ大きいほど、審査にも有利に働きます。 その為、仕事をしていない年金生活者の場合は、お金を借りる選択肢がより狭まるので、どうしてもお金を借りたいという場合は、アルバイトやパートなどで職場復帰をすることが、一番の近道になると言えるでしょう。 高齢者が敬遠されるその理由=返済への道のりが未知数 消費者金融や銀行にお金を借りる際も、今後の長い老後プランの中で、いかにして返済に必要なお金を作り、そして健康な毎日を過ごせるか! それが60歳以上がお金を借りるうえでの、キーポイントになってくるのです。 いくら60代でバリバリ働いていても、いつ訪れるか分からない突然の健康悪化、はたまた突然の解雇宣言!そんな最悪の事態が起こりえる1つの目安として、69歳なり70歳がボーダーとして貸金業界では設定されているのでしょう。 つい先日まで50代だった方にはまだまだ審査突破の可能性は残されていますが、60代の審査突破率が年齢を追うごとに下がっていく現実は、そんな返済の遂行が難しくなっていくという現実問題を反映したものだったのです。 60歳以上でも借入可能な消費者金融、銀行はココだ! ここでは60歳以上でも借入可能な消費者金融、審判会社そして銀行をまとめでドドンとご紹介したいと思います。 審査が甘い印象の消費者金融ですが、60代以降でも借入可能な消費者金融をまとめてみてみましょう。 年齢制限20歳から69歳まで、実質年率4. 5%から17. 最大融資額は500万円。 年齢制限20歳以上で上限の記載なし、実質年率3. 0%から18. 最大融資額は800万円まで。 年齢制限20歳以上、70歳未満まで、実質年率3. 0%から18. 最大融資額は800万円。 ちょっと変わり種の消費者金融プランネル 日本文化センターが運営する消費者金融で、知名度こそは大手に適わないものの、年齢制限が20歳から85歳までと高く設定されています。 その為年齢がネックになり借入を諦めていた方にも、おすすめ出来る消費者金融と言えるでしょう。 実質年率は15. 0%から18. 0%、最大融資額は100万円となっています。 プランネルは他の消費者金融と異なり、年金を定収入として扱ってくれるので、低額の融資ではありますが使い勝手のいいカードローンと言えるでしょう。 特におすすめする消費者金融を紹介してきましたが、これ以外にも中小規模の消費者金融の多くは年金も定収入の一部と扱うところが多く、年金生活者を門前払いするところは多くありません。 これらの消費者金融は数万から50万円程度の小口融資がメインになりますが、大手にはない痒い所に手が届く融資を期待出来る点は見逃せません。 高齢者でも借りることができる銀行 銀行カードローンの場合、名目上は総量規制の対象外ではありますが、昨今は金融庁の注意喚起に基づき、本人年収に準じた貸し過ぎのない融資にシフトを移し始めています。 消費者金融と異なり、いくつかの銀行では年金を定収入と判断し、60歳以上でも融資をしているところも少なくありません。 ここでは60歳以上の高齢者でも借入可能なおすすめの銀行を、ご紹介したいと思います。 最大融資額は800万円まで。 年齢制限は20歳以上、70歳未満で実質年率は4. 最大融資額は800万円まで。 上記以外にやじぶん銀行などのオンラインバンクも利用可能です。 また地方の地銀は、年金の受け取り口座を地銀に設定することで利用出来るシニアローンを提供しているところも少なくないので、気になる方は地元の銀行に問い合わせてみましょう。 どうしよう?消費者金融、銀行でお金を借入出来ない時の命綱はある? 年齢を重ねれば重ねる程、本来利用出来るはずの融資制度も審査に通過することが難しくなっていきます。 また高齢者にとって消費者金融や銀行の10%以上の金利(それぞれの金利は異なりますが)は、確実に家計を圧迫し、しばし高齢者が自己破産をする第一要因にもなりえるのです。 その為数こそ多くはありませんが、市町村単位で利用可能な公的貸付というセーフティーネットを、まずは検討するべきなのかもしれません。 年金担保貸付 年金担保貸付とは、福祉医療機構によって運営されている国民年金または厚生年金を担保にお金を借りる制度のことです。 この年金担保貸付の特徴を上げると、保健・医療、介護・福祉、冠婚葬祭や生活資金に用途が限定された、超低金利の貸付制度と理解してください。 融資金額としては受給している年金の0. 8%で、融資額は10万から200万円までとなっています。 ただし生活必需品の購入に充てる場合は、10万から80万円に減額されるので注意が必要です。 基本的に受給している年金に応じた金額を元に借入可能か否かが決定されますが、その際に適用される金利は年金担保融資で2. 大口の融資には不向きな貸付と言えますが、生活資金としての融資としては、銀行と比較しても低い金利で借入が可能なので、そのスペックの高さはピカイチです。 ただし年金を担保に入れるということは、定額の返済額として年金の一部が利用出来なくなる、そして連帯保証人や保証会社による保証が必要になることも付け加えておきましょう。 生活福祉資金貸付 60歳以降でも利用可能な公的融資としてもう一つ挙げられるのが、全国に点在する社会福祉協議会による生活福祉資金貸付です。 この貸付は高齢者、障碍者や生活が成り立たないような低所得者向けの貸付制度で、福祉と社会生活の基盤を整えることを目的に作られました。 言い換えれば、本当に生活に困窮した方しか利用出来ない貸付制度で、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金と不動産担保型生活資金の4つに別れて資金の貸し付けをしています。 例えば65歳以上の高齢者がいる家庭は生活福祉資金貸付の申請対象者になりますが、それぞれの地方自治体で貸付に関する規定はバラバラで、世帯数によって最低年収の条件唐が異なるので注意してください。 気になる金利は連帯保証人を付けることで金利ゼロで借入出来る貸付もありますが(総合支援基金、福祉基金、教育支援資金)、それ以外でも1. 0%程で利用可能な点は見逃せません。 世帯数と個々人の生活状況を見極めて貸付金額が決まりますが、例え自身が65歳以上の高齢者であっても、その債務状況や毎月の支出等を徹底的に調べられるので、審査難易度は非常に高い点は否めません。 上記60歳以上の高齢者でも貸付可能なローンですが、貸付である為、利用価値は高くとも必ず利用出来るとは限りません。 また60歳以上でも利用出来る給付金に関しては、60歳以降も働きに出る場合に利用可能な、高年齢雇用継続給付を最長2年受け取ることが可能です。 ただしこの場合、以降に受け取る年金が一部減額されるので注意しましょう! 60歳以上でもお金は借りられる!ただし制限も多いので、国からの公的融資や福祉も検討しよう 大台の60歳を超えていても、いくつかの条件をクリアすれば問題なくお金を借りられることが判明しました。 しかし年金のみが収入の場合、それを定収入と判断するか否かは、各消費者金融と銀行によって異なるので、仕事をしていない年金受給者の方は要注意! その為、年金を受給している方は、公的な年金担保貸付や生活保護などの福祉支援を申請するなどするべきです。 日本の高齢化社会に準じて利用可能な貸付制度は決っして貸金業者や銀行だけによらないことを覚えておきましょう。 高齢者でも借りれる消費者金融.

次の

ブラックお金を借りる方法.com

年金 借りれる | 年金受給中でも申し込めるローンはココ

年金生活に入ってセカンドライフ!…なんて昔の話!?今では活動的なシニア世代がとっても増えていますよね。 活動的ということは、それだけお金も必要になっているということ。 若い時の貯金はあれど、急な出費には対応しにくいときもあるかもしれません。 そんなときに頼りになるのはカードローンですが、無職で年金収入のみだと利用できるのか不安ですよね。 果たして、年金収入だけでもお金を借りることって出来るのでしょうか? 無職でも年金収入があれば申し込むことは可能! 既にリタイアしており現在は働いておらず給与所得がなくても、年金収入があれば申し込むことが可能なカードローンはあります! …とはいえ、働いている人と同じように、多くの種類のカードローンが利用できる…というわけではありません。 致し方ないことではありますが、少々制限がかかってくるんです。 年金受給のみでも利用できる大手カードローンは3社程度! 大手の消費者金融や銀行系カードローンであれば問題なく利用できるのでは!?というイメージがありますよね。 なんだかんだで大手は利用対象者を広くとっていますから、年金受給だけでもOKなところも多いだろう…と思います、が、実はそんなことはないんです。 残念ながら、大手の多くは年金受給だけでは利用できず、年金受給に加えてパートやアルバイトなどの別途給与所得がないと利用できない会社がとっても多いんです! 年金収入のみでも利用が可能な大手は「バンクイック」「レイク」「ノーローン」くらいです。 名前 形態 金利 利用限度額 バンクイック 銀行 4. 6%~14. 6% 500万円まで レイク 銀行 4. 5%~18. 0% 500万円まで ノーローン 消費者金融 4. 9%~18. 0% 300万円まで 消費者金融も銀行系も関係なし!大手から借りたいのであればこの3社のいずれからから選ぶのがオススメです。 逆に、年金を受給していてもその他に別途収入があればほとんどのカードローンを利用できるといってもいいでしょう。 ただし、申し込み年齢には注意が必要 ただ、年金を受給している方にとっては切っても切れないものがあります。 それは「年齢」。 若い時であれば全くもって気にすることがない、といってもいい年齢ですが、年金を受給するような年齢になってくると非常にシビアになってきます。 というのもカードローンの利用には年齢制限があるからなんです。 特に銀行系カードローンは利用できる(申し込み可能な)年齢が低い傾向にありますので、注意が必要です。 先ほど年金収入のみでも申し込み・利用可能なカードローンをご紹介しましたが、それらの申し込み可能な年齢をリストアップしてみましょう。 バンクイック レイク ノーローン 満20歳以上65歳未満 満20歳以上70歳まで 20歳以上69歳まで レイクが一番幅があり70歳までOK!ですが、バンクイックは65歳未満、つまり64歳まで。 いざ年金収入のみで利用をしたとしても、年齢によっては利用どころか申し込みさえ出来ない可能性があります。 申し込みして利用できたとしても、その期間が短い…ということも。 30代、40代であれば全く気にならない部分ですが、60歳を超えるとこういったポイントも気にしないといけません。 地方の金融機関なら年金受給のみでも利用できる商品が多い 大手であれば先ほどご紹介しました3社程度ではあるのですが、地方の金融機関…つまり、地方銀行や信用金庫であれば、年金受給のみでも利用できる商品がちらほらとあるんです! 地方金融機関ですから、• その金融機関の営業エリア内に勤務または居住している必要がある• その金融機関の預金口座を持っている必要がある といった条件をクリアすることが必要にはなりますが、大手に負けない内容の商品も多く、見逃せませんよ。 ここでは、その中からいくつかの年金受給者でも利用OKなカードローンをご紹介します。 その口座の預金残高がなくなった時でも、利用限度額の中で現金を預金のように引き出して利用することが可能です。 9%と大手カードローンに比べると低めの設定。 30万円までしか利用は出来ませんが、低金利で利用できるのはとってもありがたいですよね。 また、申込時の年齢は満65歳までですが、利用できるのはそこから5年後の70歳までとゆとりある期間も年金受給者としては見逃せないところではないでしょうか。 瀬戸信用金庫のカードローン「ベンリー」 瀬戸信用金庫のカードローン「ベンリー」は、まさに名は体を表す!といっても過言ではない、年金受給者にとって嬉しい内容となっているカードローンです。 申し込み年齢が高く設定されていたり、利用限度額が高めだったりとある程度まとまった金額を借りたい方にもオススメできる商品と言えそうです。 しかも100万円まで借入が可能というのも非常に珍しく、ゆとりのある借入を希望する方にはありがたいのではないでしょうか。 ただし融資利率は審査によって3種類から決定される形となっており、審査結果が出るまでどの金利になるかわからないのがちょっとマイナスポイントかな、と思います。 埼玉縣信用金庫の「さいしんカードローン」 埼玉縣信用金庫のカードローン「さいしんカードローン」は一定の取引があれば金利を優遇してもらえる、メインバンクとして利用しているなら絶対にチェックしておきたい商品です。 5万円 こちらの商品では、• 住宅ローン• 給与振込• 5大公共料金2項目以上• 100万円以上の定期預金 のいずれかを満たしていれば、「2. 0%」の金利優遇が受けられます。 となると、なんと10. 85%で利用できることに!昔から利用しているなら絶対にココ!と言いたくなる低金利です。 なんと、年金受給者専用のカードローンがあるところも! 専業主婦の方専用!なんてカードローンはありませんが、現在無職でも年金受給をしている方なら利用できる、「年金受給者専用・年金を受給しているシニアの方向け」のカードローンもあります。 対象となる年齢が高く設定されているなど、シニアの方向けに作られている商品だけあって利用のしやすさは一般的なカードローンよりも上になっています。 こちらも地方の金融機関(地方銀行・信用金庫)ばかりではありますが、利用が可能なら一考の価値有り!ではないでしょうか。 シニア向けの王道といえばこれ?「シルバーきゃっする」 全国の信用金庫に共通してあるカードローン商品といえば「きゃっする」です。 …が、シニア向けの商品「シルバーきゃっする」なる商品もあるんです。 対応している信用金庫によってちょっと違う部分もありますが、概ね以下のようなスペックになっていますよ。 焼津信用金庫 大阪信用金庫 2. 0% 3. 0% 優遇金利幅が大きいので、かなりの低金利で利用できちゃいます。 平日15時までの申し込みなら、審査結果が原則即日というスピードも魅力ですね。 80歳までOK!「NC・おびしんシニアカードローン」 帯広信用金庫のシニア向けカードローン、「NC・おびしんシニアカードローン」はまさにシニア向け!と言える商品です。 なんと、利用できるのは【満80歳】まで!多くのカードローンが70歳まで、シニア向けといっても75歳くらいが限度なのが一般的ですが、80歳はすごいですよね。 ちょっと年齢を重ねて他のカードローンでは年齢的に不安…という方でも安心して利用できるのではないでしょうか。 融資限度額については50万円と、シニア向けとしては一般的な額ですね。 金利に関してですが、3種類あるのがおわかりかと思います。 これは審査によって変わるステージ型となっており、最初に4. 8%の基準で審査、ダメなら7. 8%、14. 0%…とだんだんと金利が高くなっていきます。 できるだけ高い金利で利用できるようにしたいですね。 返済は随時型ではなく決まった返済日に約定返済額が自動引落されるタイプです。 ただ毎月ではなく、偶数月というのがポイント!2ヶ月に1回の返済でOKなので、家計に負担がかかりにくいです。 驚きの低金利!但馬銀行の「セカンドライフ応援カードローン」 最後にご紹介しますのは、低金利で、かつ融資限度額も高めの設定になっている但馬銀行の「セカンドライフ応援カードローン」です。 他の2つと比べてまたちょっと違う特徴があって、シニア向けと一言でいっても色々違って面白いですよね。 今回紹介しました他の2商品は融資限度額が50万円までですが、こちらの商品は100万円までとまとまった融資を望む方にも対応できる商品となっています。 しかも適用される金利は9. 8%と、10%を切る低金利!一般的なカードローンと比較しても低いことがわかります。 ただし、その代わりといってはなんですが年齢制限が74歳までと、おびしんシニアカードローンに比べるとちょっと低いかな?という印象です(それでもシルバーきゃっするに比べると5歳も上なのですが!)。 年齢がクリア出来るなら、まとまった金額を安く借りたいという方にオススメなカードローンです。 公的機関以外に年金を担保に借りることは出来ないから注意! 年金を受給するようになった方、現在年金を受給している方、どちらにも注意してほしいことがあります。 それは「年金を担保にしてお金を借りませんか?」というお誘いには、絶対に乗ってはいけない!ということです。 年金を担保にしてお金を貸すことが出来るのは2つの公的機関だけ あまり知られていないことかもしれないのですが、年金を担保にしてお金を借りることは禁じられています。 ただ、年金受給者が急にお金が必要になってしまった時のサポート体制がないため、公的機関である• 独立行政法人福祉医療機構(WAM)• 日本政策金融公庫(JFC) のみが年金を担保とした融資を可能としています。 前者の独立行政法人福祉医療機構の年金を担保とした貸出制度、「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」は2014年に廃止の危機を迎えましたが、2016年に再度検討するとして残されているという現状もあり、もしかしたら近々何かしらの動きがあるかもしれません。 公的な融資ですから、カードローン等と内容は結構違いがありますが、突発的な出費に対応するために作られた制度ですし金利設定も低くなっています。 ただし、こういった公的融資の勧誘を電話などで行うことはありません。 仮に電話で「公的融資を受けるための手続きをお手伝いします」といった内容の電話がかかってきても100%と言い切っていいほど詐欺業者です。 手数料と称してお金を取られたり、質屋に品物をいれさせるようなことを要求してくることもあるようですので、そういった電話などが来た時はきっぱりと断りましょう。 独立行政法人福祉医療機構の貸付事業 独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業」は以下のような内容です。 借りたお金の使いみちは医療や冠婚葬祭、引っ越しなど様々な用途で利用できますが、いずれも「お金が必要となる根拠」の書類が必要となります。 医療費であれば診断書であるとか、物品が必要であればカタログなどです。 恩給や共済年金なら「日本政策金融公庫」で 先ほどのWAMの公的融資は共済年金や恩給を担保とすることは出来ませんでした。 では、共済年金を受けているならお金を借りられないのか?と思いますよね。 そんなことはなく、取り扱っている機関が違います。 共済年金を受け取っている方は、「日本政策金融公庫」の制度を利用しましょう。 45% 返済方法 年金からの天引き WAMの年金担保貸付事業と似てはいるものの、違う部分もちらほら見られます。 どちらも年金から天引きされますが低金利で利用できるので負担はそう大きくはないでしょう。 申し込みは全国にあります「日本政策金融公庫」の支店窓口にて受け付けています。 全国に支店がありますので、ホームページなどから探してみましょう。 様々な方法でお金を借りることが可能。 でも借り過ぎには注意 シニア世代となると気をつけなければならないポイントこそあるものの、意外と様々な方法でお金を借りることが出来るので驚いた!という方もいるのではないでしょうか? 一般的なカードローンはもちろんですが、シニアでも対応できる商品、そしてシニアにしか利用できない商品など様々なニーズに答えた商品がたくさんあるんですね。 もちろんそれらの金利が高すぎる!お金の用途はもっと明確!というなら、公的融資を利用するのも手だと思います。 やはり公的融資は金利がかなり低いですし、安心感も強いのではないでしょうか。 様々な方法でお金を借りることが出来るものの、借り過ぎには注意です。 カードローンでお金を借りすぎて最終的に自己破産してしまう、という話を耳にしたことは一度はあると思いますが、お金を借りる手段が多いということは、シニア世代の方でもそうなってしまう可能性があるということです。 特に今はシニア世代はお金を持っていると思われて、詐欺のような業者が連絡を入れてくることも増えています。 しっかりと自己管理しつつ、負担にならない程度の借入で快適に過ごしたいものですね。

次の