福岡競艇特徴。 福岡競艇場のレース予想・特徴を公開!アクセス方法やライブ中継も!

福岡競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

福岡競艇特徴

スタンドから競走水面を見ると、正面奧には福岡高速環状線、2マーク方向の奥には福岡ソフトバンクホークスのホームスタジアム・福岡ヤフオク! ドームが見え、また周囲は高層ビルが林立している(その中には九州朝日放送の本社屋と電波塔もある)など、まさに「都市型競艇場」と言えるボートレース福岡(福岡競艇場)。 さらに近くには大相撲九州場所が開かれる福岡国際センターや2001年の夏に世界水泳が開かれたマリンメッセ福岡等の施設もあります。 競艇場の水面特徴を把握する事によって選手データや予想屋のデータだけに頼った予想よりも、かなりの確率で的中率があがります。 今回はボートレース福岡(福岡競艇場)の水面特徴、攻略方法をご紹介します。 福岡競艇場の水面特徴 福岡競艇場でうねりの目視は判断不可能!? ボートレース福岡(福岡競艇場)は、那珂川の河口に位置しています。 1マークは那珂川の川面に半分近く張り出していて、風向き、風力、潮の干満によって、うねりが発生します。 ボートレース福岡(福岡競艇場)のうねりはかなり定期的に発生しているので運営側もうねり防止対策を取っているのですが、それでも全てのうねりを防ぐ事は出来ていません。 うねりが発生した時は、特にセンターからアウトコースの艇が、まくりを狙おうとして、うねりに乗ってしまい、まくり不発に終わってしまうというシーンが多くなります。 うねりがある時に、まくろうとするならスリット過ぎで他艇より1艇身以上飛び出して1マークまでに内に寄る、いわゆる「絞めまくり」以外は、アウトコースの艇の出番は少なくなってしまいます。 逆にうねりが無い時には、状況は一変します。 引き潮時、とくに西向きの弱い風の時は、1マーク付近は静水面になり、アウトコースの艇も思い切って握って回れるようになります。 ただし、厄介なのはうねりが発生しているかしていないかの判断は目視では難しく、選手レベルでも確認が難しく攻略に手こずります。 そのため、ボートレース福岡(福岡競艇場)は、実力者に有利に働く水面とも言えます。 全国平均よりも勝率が低い福岡競艇場のインコース ・うねり発生時には、センター、アウトコースからのまくりが不利になる。 ・2マーク側の奥行きが狭く、スタートの際にセンター、アウトコースの艇が大きく引いてダッシュをつけにくい。 など、インコース有利な条件が揃っているにも関わらず、インコースの勝率は全国平均を下回っています。 1マークがスタンド側に、2マークが発走ピット側に大きく振られているのも、インコースにとっては過酷な条件になっています。 これは全国的にほぼ同じ状況ですが、ボートレース福岡(福岡競艇場)は特にインコースの回りシロが少なく、高度な旋回技術が求められます。 また、発走ピットから小回り防止ブイまでの距離が短く、1分50秒の待機行動時間では、流れ込みの状態になりやすいのも、インコースには不利な材料になっています。 特に前づけでインコースに潜り込んだ場合、スタートラインから100m以内になることも出てきます。 一般的には、温度が上がってエンジン自体のパワーがダウンする夏場は「アウトコース有利」、気温が下がって空気の圧縮比が高くなり、パワーアップにつながる冬場は「インコース有利」。 特にボートレース福岡(福岡競艇場)は、冬場はインコース有利なホーム追い風の日が増え、夏場はダッシュ艇に有利なホーム向かい風の日が多くなります。 2マークでの逆転も多い福岡競艇場 スタート時に発生した波で、2マーク付近がざわつき、思わぬ波乱を起こす要因になります。 2マークを先に旋回した艇が、波に乗ってキャビテーションを起こし、後続艇に逆転を許すシーンも出てきます。 この波の状態は、走り慣れた地元選手は熟知しており、バックストレッチの隊形次第では、逆転を狙った鋭い切り込みを披露することもあります。 以上の事からボートレース江戸川(江戸川競艇場)と並んでボートレース福岡(福岡競艇場)は全国屈指の難水面としても有名です。 引用元:boat race official HP 福岡競艇場のコース別データ 引用元:boat race official HP データ上でもボートレース福岡(福岡競艇場)のインコースの苦戦さが際立っています。 インコース有利が鉄則の競艇にあって勝率50%を切るのは、全国の競艇場と比べてもかなり低い勝率と言えます。 また、難水面というだけあって決まり手が「抜き」や「恵まれ」が多いのも特徴のひとつと言えます。 福岡競艇場のモーター情報 ボートレース福岡(福岡競艇場)のモーターデータに関してはを参照ください。 ボートレース福岡(福岡競艇場)のモーター交換時期は6月になります。 6月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、6月以降の7月や8月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース福岡(福岡競艇場)は、同じ福岡県にあるボートレース芦屋(芦屋競艇場)とは相反するように難水面になっています。 そのため他の競艇場に比べて高配当が出やすい競艇場(ボートレース場)になっています。 穴党、万舟券を狙いたい方にはうってつけの競艇場(ボートレース場)なのではないでしょうか。 ボートレース福岡(福岡競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の

福岡競艇特徴 有利不利 攻略法

福岡競艇特徴

スタンドから競走水面を見ると、正面奧には福岡高速環状線、2マーク方向の奥には福岡ソフトバンクホークスのホームスタジアム・福岡ヤフオク! ドームが見え、また周囲は高層ビルが林立している(その中には九州朝日放送の本社屋と電波塔もある)など、まさに「都市型競艇場」と言えるボートレース福岡(福岡競艇場)。 さらに近くには大相撲九州場所が開かれる福岡国際センターや2001年の夏に世界水泳が開かれたマリンメッセ福岡等の施設もあります。 競艇場の水面特徴を把握する事によって選手データや予想屋のデータだけに頼った予想よりも、かなりの確率で的中率があがります。 今回はボートレース福岡(福岡競艇場)の水面特徴、攻略方法をご紹介します。 福岡競艇場の水面特徴 福岡競艇場でうねりの目視は判断不可能!? ボートレース福岡(福岡競艇場)は、那珂川の河口に位置しています。 1マークは那珂川の川面に半分近く張り出していて、風向き、風力、潮の干満によって、うねりが発生します。 ボートレース福岡(福岡競艇場)のうねりはかなり定期的に発生しているので運営側もうねり防止対策を取っているのですが、それでも全てのうねりを防ぐ事は出来ていません。 うねりが発生した時は、特にセンターからアウトコースの艇が、まくりを狙おうとして、うねりに乗ってしまい、まくり不発に終わってしまうというシーンが多くなります。 うねりがある時に、まくろうとするならスリット過ぎで他艇より1艇身以上飛び出して1マークまでに内に寄る、いわゆる「絞めまくり」以外は、アウトコースの艇の出番は少なくなってしまいます。 逆にうねりが無い時には、状況は一変します。 引き潮時、とくに西向きの弱い風の時は、1マーク付近は静水面になり、アウトコースの艇も思い切って握って回れるようになります。 ただし、厄介なのはうねりが発生しているかしていないかの判断は目視では難しく、選手レベルでも確認が難しく攻略に手こずります。 そのため、ボートレース福岡(福岡競艇場)は、実力者に有利に働く水面とも言えます。 全国平均よりも勝率が低い福岡競艇場のインコース ・うねり発生時には、センター、アウトコースからのまくりが不利になる。 ・2マーク側の奥行きが狭く、スタートの際にセンター、アウトコースの艇が大きく引いてダッシュをつけにくい。 など、インコース有利な条件が揃っているにも関わらず、インコースの勝率は全国平均を下回っています。 1マークがスタンド側に、2マークが発走ピット側に大きく振られているのも、インコースにとっては過酷な条件になっています。 これは全国的にほぼ同じ状況ですが、ボートレース福岡(福岡競艇場)は特にインコースの回りシロが少なく、高度な旋回技術が求められます。 また、発走ピットから小回り防止ブイまでの距離が短く、1分50秒の待機行動時間では、流れ込みの状態になりやすいのも、インコースには不利な材料になっています。 特に前づけでインコースに潜り込んだ場合、スタートラインから100m以内になることも出てきます。 一般的には、温度が上がってエンジン自体のパワーがダウンする夏場は「アウトコース有利」、気温が下がって空気の圧縮比が高くなり、パワーアップにつながる冬場は「インコース有利」。 特にボートレース福岡(福岡競艇場)は、冬場はインコース有利なホーム追い風の日が増え、夏場はダッシュ艇に有利なホーム向かい風の日が多くなります。 2マークでの逆転も多い福岡競艇場 スタート時に発生した波で、2マーク付近がざわつき、思わぬ波乱を起こす要因になります。 2マークを先に旋回した艇が、波に乗ってキャビテーションを起こし、後続艇に逆転を許すシーンも出てきます。 この波の状態は、走り慣れた地元選手は熟知しており、バックストレッチの隊形次第では、逆転を狙った鋭い切り込みを披露することもあります。 以上の事からボートレース江戸川(江戸川競艇場)と並んでボートレース福岡(福岡競艇場)は全国屈指の難水面としても有名です。 引用元:boat race official HP 福岡競艇場のコース別データ 引用元:boat race official HP データ上でもボートレース福岡(福岡競艇場)のインコースの苦戦さが際立っています。 インコース有利が鉄則の競艇にあって勝率50%を切るのは、全国の競艇場と比べてもかなり低い勝率と言えます。 また、難水面というだけあって決まり手が「抜き」や「恵まれ」が多いのも特徴のひとつと言えます。 福岡競艇場のモーター情報 ボートレース福岡(福岡競艇場)のモーターデータに関してはを参照ください。 ボートレース福岡(福岡競艇場)のモーター交換時期は6月になります。 6月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、6月以降の7月や8月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース福岡(福岡競艇場)は、同じ福岡県にあるボートレース芦屋(芦屋競艇場)とは相反するように難水面になっています。 そのため他の競艇場に比べて高配当が出やすい競艇場(ボートレース場)になっています。 穴党、万舟券を狙いたい方にはうってつけの競艇場(ボートレース場)なのではないでしょうか。 ボートレース福岡(福岡競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の

ボートレース福岡競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

福岡競艇特徴

こんにちは、の川田です。 今日は現在G1チャンピオンカップの行われている福岡競艇場の特徴について色々調べてみたいと思います。 福岡競艇場 福岡ボートレース場 はインコースが弱い競艇場の1つです。 まぁ、それでも1コースが他のコースと比べれば一番勝率が高いため、1枠の選手もとりあえずはインを守るし、他の選手もわざわざ1コースの弱い福岡競艇場で無理をしてまで1コースを取りには動かないわけです。 では、なぜ福岡競艇場の1コースは他の競艇場の1コースと比べて勝ちにくくなっているのか、その謎を探ってみたいと思います。 過去のレースを分析した結果、1つわかった事があります。 実は福岡競艇場はオフィシャルWEBサイトの記事によると、どこの競艇場にもある2マークに付属している「小回り防止ブイ」が他場と比べて短いそうです。 そのため1コースに進入する選手は他の競艇場の1コース進入の時よりも短い時間でホームストレッチに到達し、スタートラインに正対すると言う事です。 いわゆる「深イン」になりやすい特徴があると言う事です。 深インになるとどうなるかと言うと、当然スタートラインまでが近いので、アクセルの握りこみを少し遅らせないといけないわけで、アクセルの握りこみを遅ら せるとスタートラインを通過している時に他の艇はトップスピードに達しているにも関わらず、自分はまだトップスピードに乗れていないケースが出てきます。 過去のレース動画をチェックしてみても、福岡競艇で1コースが潰れる時はまさにこのパターンが多く、深インになった上に福岡競艇場のホームストレッチは2 マーク近辺よりも1マーク近辺の方が観客席側に向かって狭くなっており、1コースに進入した艇は外へ外へ斜めに走る事になります。 深インになって握りこみを遅らせて、さらに斜め移動。 これではまともにスタートが決まるわけがなく、2コース3コースの選手がインに切れ込んで来て引き波に飲まれるケースが多発しています。 しかし、A級の選手になると、そのへんも上手く考慮して上手なスタートを決めてイン逃げを決めるのですが、B級の選手になるとやはり上記のようなスタート遅れて万事休すなパターンが多いですね。 当然のことではありますが、やはり福岡競艇場で1枠を買う場合は、福岡競艇場巧者かどうか?と言うのは非常に重要なポイントですね。 全国勝率よりも当地勝率を重視した方が舟券がよく当たると思います。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の