キャップ レス 給油 口。 給油口にキャップが無いクルマがあるの?

世界最小・最軽量の「燃料キャップレス装置」を開発|豊田合成

キャップ レス 給油 口

「キャップレス」と言われる給油口があるのをご存知でしょうか? その名の通り、ガソリンを入れるあの「給油口」にキャップがありません。 そんなクルマの給油では、どんなことが起こるのでしょう? なんと私のクルマも!「これがキャップレスか……」と驚愕 キャップレスなだけに、キャップをひねって開ける必要が無い給油口。 日本では2015年にホンダの「レジェンド」が採用し、最近では日産「セレナ」にも使われています。 セレナのキャップレス給油口が登場した際には「セルフスタンドで、ママでも手を汚さずに給油ができる」という内容がアピールされました。 学生時代、ガソリンスタンドでアルバイトをしていた私は、自分のクルマへの給油でキャップを置きっ放しにしたことはありませんし、セルフスタンドで給油する度に「キャップOK、蓋ロックOK」と、今でも小声で指差し確認をしてしまうくらいです。 しかし、あの給油キャップは置き忘れも心配ですし、うっかりガソリンが付いた部分を触ってしまうと、一日中あの臭いが手から取れません。 しかし、ガソリンを入れてキャップを閉めないなんて、そんなことがあり得るのかと思っていたら……。 最近、アメリカで乗り始めた愛車Jeep「レネゲード」に初めて給油をしてみてビックリ!なんとキャップレス。 しかも、給油ノズルを突っ込むまで、私は気づきませんでした。 「あれっ! そういえばキャップが無い!」と気づいたのは、給油ノズルを引き抜く時。 そのくらい自然なキャップレス……というより、私がボーッとしていたのかもしれませんが。 キャップレスとはいえ、給油口の蓋にキャップがくっ付いているような構造で、給油ノズルを入れない限りは、ガソリンが漏れないような作りになっています。 ガソリンスタンドのお兄さんもちょっと困り顔・・のキャップレス しかし、このキャップレス給油口はガソリンを入れるのにちょっとしたコツが必要です。 いつもと同じように奥までノズルを突っ込んでしまうと、センサーが反応してしまうのか、すぐに給油機がガチャンと止まってしまいます。 少しノズルを引き抜き気味にして、思い切りレバーを握らずに少しずつ給油をしないと、満タンまで入れられません。 レバーをMAX に握るとガソリンが溢れ出てしまうので、当然、いつもより時間もかかります。 ある日、スタッフがいるガソリンスタンドに行った時のこと。 スタンドのお兄さんが給油を始めると、給油機がガチャンガチャンと何度も止まってしまいます。 少し工夫すれば素人の私だって上手にできたのに、お兄さんは「Is this full?(これ満タンなんじゃない?)」と聞いてきました。 私が「No! (いえいえ、空ですって)」と給油表示灯を見せたところ、お兄さんは再チャレンジ。 結局、12ガロン(40リッター以上)も入りました。 どうやらアメリカでもキャップレスはまだメジャーではないらしく、お兄さんもレシートを渡しながら「これ、なかなか給油するのが難しいよ!」と。 「じゃ、あなたの練習のためにまた来るね」と言ったら、苦笑いしていました。

次の

閉め忘れもなくなるのになぜ? 給油キャップレス車が日本車に普及しないワケ

キャップ レス 給油 口

日本車といえば、至れり尽くせりの装備が売り物。 かつて、ドリンクホルダーなどというものは日本車のウリで、メルセデスベンツがカップホルダーを採用した際には「ベンツよお前もか?」と言わしめたものです。 しかし、なぜか日本車のほうがちょっと面倒なことになっているものがあります。 それはフューエルリッド(給油口のフタ)です。 輸入車の多くはフューエルリッドとドアロックが連動しているのですが(ドアロックが解除されている状態であれば給油口のフタも外部から自由に開けられる)、日本車の場合はフューエルリッドのロック解除については独立しているもの (ドアが開いていようと施錠されていようと、専用のレバーを操作しないと給油口のフタは開かないケースが多い) が多く見かけられます。 これはなぜなのかを考察していきます。 文:諸星陽一/写真:HONDA、NISSAN、ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部 フューエルリッドはお国柄が反映されている!? 日本車の使われ方、日本でのクルマの価値などを考えて見るといろいろなものが見えてきます。 まず、日本のクルマのフューエルリッドが車内から開けられない時代は、リッド自体、もしくは鍵を開けた中にあるキャップに鍵が付いていました。 今でもキャップがむき出しのトラックなどでは、キャップに鍵が付いていることがあります。 日本車もドアロックと給油口のロックが連動しているタイプが増えてきているがまだ多くない。 ホンダは2001年6月デビューの初代フィットで採用 驚くべきは、鍵の付いていないキャップもけっこう見かけるということです。 むき出しの燃料タンクに鍵なしのキャップが付いている。 こんな不用心なことが許されるのは日本だからなのでしょう。 しかし、そんなことばかりはいってられないので、鍵付きのキャップに交換するトラックドライバーや経営者もたくさんいます。 日本のガソリンスタンドはセルフが増えてはいるがフルサービスタイプの需要も多い。 フルサービスの場合、事前に開けておくとスタッフの誘導も楽になる さて、ドアロックとフューエルリッドロックの連動です。 私の想像なのですが日本ではガソリンスタンドがフルサービスが当たり前だったからだと思うのです。 日本ではスタンドにクルマを駐めたら、エンジンを停止してガソリンスタンドのスタッフに油種、量、支払い方法などを告げるというのはちょっと前までは当たり前でした。 しかし欧米ではガソリンスタンドはセルフのほうが多いので、自分でガソリンを入れるのが当たり前ですので、クルマから降りてリッドを開けて……、という一連の動作ではドアロックと連動していたほうが圧倒的に使いやすかったという歴史があるのだと思います。 また、リッドの開き方というか施解錠の仕方にも違いが見て取れます。 この写真の場合、車体右側に給油口がああるので給油する時はそれに合わせて入庫すればOK 日本車のフューエルリッドは操作によって開閉します。 つまり、レバーを引いたり、ボタンを押したりするとリッドそのものがパカッと開きます。 しかし、欧米車の場合はリッドの鍵がフリーになっているだけでリッドは開いていません。 さらに、日本の場合はフルサービスのスタンドがメインだったので、スタンドに入った時点でリッドを開けば給油口がどちらにあるか? をスタンドのスタッフが容易に確認でき、どのポンプに誘導すればいいかがわかりやすいという利点もあります。 レバー操作は面倒な行為ではない そもそも集中ロックは贅沢品で、今のようにどのクルマにも付いているものではなかったのです。 現在はドア、リヤハッチ(トランクリッド)などが電動で集中ロックするようになっていますが、かつてはバキューム式といって空気圧を使っているものが主流でした。 このバキューム時代はドイツの高級車などで使われていました。 電動集中ロックのように「ガシャ」っと開閉するのではなく、「ヌルン」とゆっくり動くのが特徴でした。 レンタカーなどではレバーの位置がわからず苦労することも。 レバーがないと困り果てていたら結局はドアロック連動式だった、ということもある 電動集中ロックでリッドまで施解錠を連動させるにはリッド部分に電磁ロックの部品を追加しなければなりません。 これはもちろんコストアップになります。 輸入車に乗ったことがある人がこうした日本車に乗ると「なんでリッドが連動してないのだ?」と疑問に思うかもしれませんが、日本車にしか乗っていない人なら、手でレバーを引くのは大した手間と感じないのでしょう。 そして、リッドまでを集中ロックにしてしまうと、前述のようにリッドを開くようにはできないという点も上げられます。 ホンダは2代目フィットでプッシュリフター式を初採用。 日本車にも増えてきてる。 欧州車にはこのタイプが多く、セルフスタンドなどでも使い勝手はいい フューエルキャップはただの蓋じゃない ところでガソリンを入れる時にキャップを外すと「プシュー」という音を聞くことがあると思います。 この音はタンク内の圧力と雰囲気の気圧が違うから起きることです。 タンク内の圧力が高ければガソリンの蒸気が出てきますし、タンク内の圧力が低ければ空気を吸い込むので、そうした音が発生するわけです。 フューエルキャップは地味だが重要なパーツゆえ大切に扱いたい。 コードでつながれているもの、キャップの裏に置き場所があるものが一般的になっている 実はタンク内の圧力は厳密に調整されています。 ガソリンが減ったときに空気が入っていかなければ、ガソリンタンクは凹んでしまいますし、逆に気温が上がり内圧が高くなったときに圧が抜けないとタンクが破裂する可能性もあります。 ガソリンの蒸気は基本的にはチャコールキャニスター(チャコールではないキャニスターも存在します)という装置で回収されていますが、そこで回収しきれない場合にタンク内の圧力調整を行うのがフューエルキャップです。 ガソリン蒸気を大気開放するのは環境上も安全上もよくありませんが、ガソリンタンクの圧力が破損レベルまで上昇してしまうのはもっと歓迎しない事態なのです。 ですから何かがあればキャップ部分で対応するというわけです。 キャップは単なるフタとしての役目以上のものを担っていますので、雑にあつかったりしないようにしましょう。 給油の時に不安定な場所(タイヤの上)などに置いたりせずに、キャップ置き場を利用しましょう。 落としたり汚れたりすることはよくありません。 また、キャップをなくした(だいたいの場合はガソリンスタンドに置き忘れる)ときは、間違って別のキャップをつけないことも大切です。 キャップはそれぞれのタンクの容量や構造に合わせて設計されているからです。 日産は現行セレナでキャップレス給油口を初採用。 ノズルを差し込むだけで給油ができる便利さが売りだが、差し込み方、抜くタイミングなどシビアな面もある 最近はキャップレス給油口というものも増えてきました。 これはフューエルリッドを開けると、シャッターのついた給油口が現れ、そこにノズルを差し込んで給油するようになっています。 キャップがないことでガソリン蒸気の大気開放が減るほか、給油時に手が汚れることも防げる。 キャップのつけ忘れがない……などのメリットがあります。 デメリットしてはコスト高でしょうが、これは量産効果で下がっていき、今後は主流となっていく可能性があります。

次の

VOLVOの給油口に隠された秘密

キャップ レス 給油 口

2015年に発売されたホンダ「レジェンド」や、2016年にモデルチェンジした日産「セレナ」に採用されている、ネジ式のタンクキャップを外さなくても給油ノズルを差し込むだけで給油できる給油口で、セルフ給油スタンドを利用するドライバーの手間を省くことができるものです。 仕組みとしては、給油ノズルを差し込むと内側のふたが内部に倒れ、ノズルを抜くと自動的に密閉されるものです。 構造的にセルフ給油時などでキャップの閉め忘れや、キャップの紛失(置き忘れ)などのトラブルも回避でき、フューエルリッド(給油口のフタ)を開けるとすぐに給油できるので、手も汚れません。 「セレナ」のWebカタログサイトにも、簡単に給油ができて手が汚れないことから「ママもたくさん運転するセレナに、日産車で初めて採用しました」と書かれています。 ドライバーにとってはいいことずくめですから、セルフ給油が主流の海外では日本より先に普及が進んでいます。 なお、ホンダでは「ダイレクトフューエルシステム」と呼び、日産は「キャップレス給油口」と呼んでいますが、ここでは「キャップレス給油口」で統一いたします。 あの臭いは給油作業などの際に揮発したガソリンが大気中に蒸散されているためで、気化したガソリンは「ガソリンベーパー(蒸気)」と呼ばれ、人体に有害性がある「揮発性有機化合物(以下VOC)」であり、とくにヨーロッパでは以前から環境問題として広く認識されていました。 日本でも改正大気汚染法によって2006年よりVOC排出規制が実施されています。 国内で排出されるVOCの約10%がガソリンスタンドで発生しているともいわれていて、ガソリンベーパーは独特の臭いと人体への有害性だけでなく、他の化学物質と結合して光化学スモッグを引き起こすことや、引火して火災の原因になる可能性もあります。 そのようなことを極力減らすためにもキャップレス給油口は有効です。 一般的な燃料キャップ式の場合、給油時に給油口と給油ノズルに隙間ができていることから、ガソリンが揮発して大気中に蒸散してしまいますが、給油口内にフタがあるキャップレス給油口は、ガソリンベーパーが大気中に蒸散するのは微少になることから、大気汚染を減らすことにも役立つのです。 これは給油口の中にフタがあるためで、ノズルを少し引いて継ぎ足しを行おうとするとフタの外側に給油してしまうためです。 「レジェンド」でも「セレナ」でも、注意書きのシールがフューエルリッドの裏に貼ってあるのですが、オーナーの中には「フルサービス(セルフ給油でないガソリンスタンド)の場合は、従業員に給油方法が周知されているか心配」との声もあるようです。 そこで、ガソリンスタンドの方に聞いてみたところ「ガソリンの元売り業者が作成したと思われる写真付きの書類が回覧されていた」とのこと。 それでも入ったばかりのアルバイトの方は、フューエルリッドが開いたところを見て「どうやって給油したらいいのですか?」と聞いてくることもあるようです。 また、給油時に気をつけないといけないことについて、前出のガソリンスタンドの方に聞いてみると「構造上、継ぎ足してはだめなので、自動停止したらそこまでで給油は終わりです。 お客様によっては満タンにするのだからギリギリまで入れてほしい、とリクエストされる方もいますが、ガソリンを溢れさせてしまっては意味がないですから」とのことでした。 車種によっては説明書にも書かれているようですが、キャップレス給油口の場合は給油時にガソリンの流入が自動停止したら、それ以上ムリに継ぎ足しをしないようにしましょう。

次の