訓覇光。 名誉教授一覧

石田ひかり(いしだひかり)ディスコグラフィ

訓覇光

石田ひかりのプロフィール&生い立ち 石田ひかりさんは東京都で生まれ、両親が転勤族だった為に 3歳の頃まで、兵庫県 西宮市で暮らします。 石田ひかりさんの父親は、 日本郵船に勤務されており、小学生の頃に父親の仕事の関係で 台湾で数年過ごす事となりました。 また、石田ひかりさんは水泳が得意で、台湾に住んでいた頃も、現地の水泳大会で優勝される程の腕の持ち主で、現地の新聞に載ったこともあるそうです。 そして、 帰国後芸能プロダクション「 ボックスコーポレーション」に二子玉川でスカウトされます。 石田ひかりさんのお姉さんである、石田ゆり子さんも、一ヶ月ほど前に自由が丘で同社にスカウトされており、スカウトマンは姉妹とは知らずに声をかけたそうです。 そして、石田姉妹はほぼ同時期に契約を結び、芸能活動を開始します。 石田ひかりさんの、アイドル時代の愛称は「ピカ」と呼ばれており、現在は女優でとても活躍されていますね!石田ひかりさんのプロフィールは、 名前:石田 ひかり(いしだ ひかり) 本名:訓覇 光(くるべ ひかり) 生年月日: 1972年 5月 25日 出身:東京 身長:160cm 血液型: A型 現在の所属事務所は、 姉である石田ゆり子さんが社長を務める個人事務所「風鈴舎」に所属されています! 石田ひかり本人がインスタに子供の頃や中学時代の写真を投稿 石田ひかりさんが、自身のインスタグラムで子供の頃の画像を載せた事に、ネット上で話題となっていました。 アップされた画像は、石田ひかりさんの幼少期時代の 1枚で、セピア色の画像で満面の笑みを浮べております。 幼少期はとても短いショートカットで、オンザ眉毛の髪形で可愛いですね!インスタグラムには、洋服もエプロンも母親に作ってもらったことも書かれておりました! また、中学時代の画像も石田ひかりさんのインスタグラムにのせており、ファンは「 メチャメチャかわいいです!」や「笑顔が今と一緒」と絶賛なコメントがよせられおりました! アイドル歌手デビュー『エメラルドの砂』 石田ひかりさんは、女優業だけではなく歌手としても活躍されていました。 1987年に、アイドル歌手デビューとなった曲は「エメラルドの砂」をリリースされています。 若い頃の石田ひかりさんは、80年代アイドルの中でもとても可愛いですね! 花王「ピュア」のイメージソング『く・ち・び・る』 石田ひかりさんの、2枚目シングル「く・ち・び・る」は、 1987年 8月にリリースされ、花王「ピュア」の CMイメージソングにも使われています。 とてもキュートな、石田ひかりさんに CMソングにもピッタリだと思いました! 1988年 ドラマ『花のあすか組! 』 1988年に高口里純さんの作品の漫画「花のあすか組!」がTVドラマ化として放送されました。 続編では「 新・花のあすか組! 」があり、更にその続きが「 花のあすか組! BS (ブラックスクール)編」で、またその続編が「 花のあすか組! 石田ひかりさんは、ドラマ版のオリジナルキャラクターである、 香月はるみ役で出演されています! 1989年 ドラマ『ママハハブギ』 1989年に、放送された TVドラマ「ママハハ・ブギ」は全 12回話で、 遊川和彦さん脚本の「ブギ 3部作」の第一作となっています。 後に「 予備校ブギ」や「 AD ブギ」が放送されております。 石田ひかりさんは水谷恵美役で長女演劇志望の女子高校生を演じております。 主演の 浅野温子さんや、織田裕二さんなども出演されています。 水谷恵美は、嘘つきで裏表が激しい性格の役柄で、石田ひかりさんの演技にも注目ですね!また、ドタバタな家庭を描いてる「ママハハブギ」のドラマは「家族」を考えさせられるドラマともなっています! 1990年 ドラマ『トップスチュワーデス物語』 1990年に深田祐介さんの小説を原作とされた「トップスチュワーデス物語」が、TVドラマ化されました。 1983年には放送されて いた「 スチュワーデス物語』のコメディー版が放送されております。 石田ひかりさんは、横山さくら役の新人スチュワーデスを演じております。 ストーリーは、落ちこぼれの 客室乗務員が、ドジをしながらも、最高の客室乗務員になるように努力されるフィクションドラマです。 今となっては、石田ひかりさんは大物女優となっていますが、若い頃の演技がとても見所ですね! 1991年 映画『ふたり』 赤川次郎さんの小説映画「ふたり」に、石田ひかりさんなは、北尾実加役として出演されました。 事故死されたしっかり者の姉と、いつも姉に頼りっぱなしだった妹との、奇妙な共同生活を温かくつづっている作品です。 北尾実加は、尾道女子中学校に通う 2年生で、子供の頃から名前で呼ばれず、「千津子ちゃんの妹」と呼ばれることが多く、存在感が薄い子。 子供の頃から、優先な姉と比べられてしまい、自分に自信がなくすぐ諦めようとしてしまいます。 良く言えば、のんびりしたマイペースな性格で、いつしか智也に対して恋心を抱くようになります。 石田ひかりさんの、どじっぷりやおっとりな演技が見所となっています! 1993年 ドラマ『あすなろ白書』 1993年に 柴門ふみさんの作品漫画「あすなろ白書」は 小学館の雑誌『 ビッグコミックスピリッツ』に 1992 年から 1993 年まで連載されていました。 また、 1992年には 第 37回 小学館漫画賞受賞もされるほど人気の漫画で、 1993年に TVドラマ化されました。 また、 2002年には台湾でも TVドラマ化されるほど海外でも人気があります。 主演は石田ひかりさんと 筒井道隆さん、元 SMAPの 木村拓哉さんが務めています。 石田ひかりさんは、園田なるみ役で明るい性格で自分の感情は、はっきり表現する子を演じております。 恋愛ストーリーとなっており、恋した苦しい気持ちや、ときめく場面があるので女性の方はもちろん男性の方も見ささるドラマとなっていますね!また、石田ひかりさんの甘い恋心の役柄にも注目です! 1995年 ドラマ『輝く季節の中で』 1955年に放送されたTVドラマ「輝く季節の中で」に主演に石田ひかりさんが、藤谷果菜子役で出演されました。 ストーリーは、文京医科大学に通う医大生 5人が、 臨床実習課程(ポリクリ)で同じグループとなり、恋愛や友情、希望、挫折、そして生死と、厳格な教授の指導のもと、医師を目指す医大生 5人の青春の葛藤の物語となっています。 出演者は 保阪尚輝さんや、元 SMAPの中居正広さん、篠原涼子さんなどがでていますね! 1999年 映画『アドレナリンドライブ』 1999年に、制作された映画「アドレナリンドライブ」に石田ひかりさんが、佐藤静子役で主演を務めました。 優柔不断な男性と冴えない看護婦の物語で、 安藤政信さんや、 松重豊さん、 角替和枝さんなどの俳優さんも出演されております。 2019年ドラマ『監察医朝顔』に出演! 現在放送中の月 9TVドラマ「監察医 朝顔」に、上野樹里さんが主演を務め、その父親役に時任三郎さんが出演しています。 石田ひかりさんも、万木里子役で出演されていおり、月 9レジェンドも贅沢に配役されていますね! また「監察医朝顔」は、「週刊漫画サンデー」に連載されていた医療漫画から、 TVドラマ化された TVドラマです。

次の

有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は……!

訓覇光

世界的に見ても名字の種類がメチャメチャ多いことで知られる日本。 何十年と人生を重ねた人でも「なんとお読みするんでしょう……?」と戸惑う名字も多いに違いない。 ちなみについ最近、記者が遭遇した珍しい名字は「 御園生(みそのう)」さんだ。 それはさておき、2017年9月26日、名字検索数No. 1の「名字由来net」が『 実在する珍しい芸能人・著名人の名字ランキング』を発表した。 有名人の名字なので馴染みのある名字が多いが、実はかなりレアな名字が多いようだ。 ・実はかなり希少 例えば今回30位にランクインしている「 安室(あむろ)」は全国順位4777位、日本に約2300人しかいない希少な名字だという。 冷静に考えると安室奈美恵さんがいなければ「やすむろ」などと読み間違えてしまいそうな名字である。 さらに横浜ベイスターズの主砲・筒香嘉智選手の「筒香(つつごう)」は全国順位8万2045位で、日本に約10人しかいないというから驚きだ。 それでは以下で、『実在する珍しい芸能人・著名人の名字ランキング』を30位から1位まで一気にご覧いただきたい。 どれも有名人の名字なので聞き覚えはあるが、確かにプライベートで実際に「蛍原さん」とも「松任谷さん」とも「一青さん」とも会った経験が無い人の方が多いことだろう。 奥深き名字の世界だが、有名人たちが名字の知名度を上げるのに一役買っていることは間違いないようだ。 参照元: 執筆: イラスト:.

次の

石田ひかりの現在は?石田ゆり子との関係とは?子供は女優になるの?

訓覇光

石田ひかりの子供の幼稚園、小学校!夫・訓覇圭の現在は? 石田ひかりの子供は幼稚園や清泉小学校のお受験に成功? 石田ひかりの子供が幼稚園や小学校をお受験したと話題になっていました。 石田ひかりは2003年5月31日に長女を、2005年1月23日には自宅で次女を出産しています。 現在は、2人の子供と夫の4人で神奈川県鎌倉市に住んでいる石田ひかり。 子供たちが通った幼稚園名は明らかになっていませんが、長女が清泉小学校に通っていたという話があります。 清泉は、日本国内に5校、世界17カ国に63校の姉妹校を持つカトリック系の私立学校。 のんびりとした校風で、時間にとらわれない学習のためにチャイムが鳴らない、バザーなどの保護者参加型の行事が多いなどの特色があります。 清泉小学校のお受験は、昔ほど倍率が高くないそうなので、石田ひかりの次女も清泉小学校に通っているのかもしれません。 清泉小学校はエスカレーター式ではありませんが、女の子だけ系列校である清泉女学院中・高等学校へ優先的に進学することができます。 同校は、大学進学についても、個人に合った方法で指導してくれるそうなので、現在、中学校1年生になった石田ひかりの長女が、清泉系列の中学校に通っている可能性も高そうです。 石田ひかりの夫・訓覇圭の現在!厳しい父親が結婚を許した理由は? 石田ひかりが2001年に結婚した夫・訓覇圭は、2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」で、東京ドラマアウォード2013プロデュース賞を受賞したドラマプロデューサー。 1992年に、石田ひかりがヒロインを務めた朝ドラ「ひらり」ではディレクターを務めており、これが出会いのきっかけとなったそうです。 現在の訓覇圭の役職は、NHK制作局ドラマ番組部チーフ・プロデューサーということで、NHK局内ではかなりの実力者。 石田ひかりが若い頃に交際していたサッカー選手・青嶋文明とは、父親の猛反対に遭って破局してしまいましたが、訓覇圭の場合は、「NHK勤務」「父親が元大谷大学学長」「祖父は真宗大谷派の元宗務総長」と、ガチガチな感じが良かったのかもしれません。 さすがは日本郵船に勤める石田ひかりの父親の眼鏡にかなった男。 石田ひかりと夫・訓覇圭とに、一度も夫婦間の不穏な話が出ないということは、父親のいうことを聞いて正解だったのかもしれません。 石田ひかり主演ドラマ「悪女」は見ごたえアリ!過去のカンニング事件とは? 石田ひかり主演ドラマ「悪女」の痛快さがイイ!懐かしいファッションも見どころ! 石田ひかり主演で1992年に放送されたテレビドラマ「悪女(わる)」は、深見じゅんの原作漫画をドラマ化した作品です。 当時は、バブルが崩壊して就職氷河期にありながら、女性の社会進出が顕著になり始めた時代。 実際に会社でお茶くみ扱いされていたOLたちにとって、石田ひかり演じる主人公・田中マリリンが、男性社員をおしのけて出世していく様は痛快そのものだったことでしょう。 田中マリリンは、コネ入社した落ちこぼれ新入社員でした。 社内で偶然会ったエリート社員「T. O」に会いたいという想いを支えに、先輩女性社員に出世のコツを仰ぎながら、困難に正面から立ち向かっていく姿は、カッコ可愛いくもあり、オヤジっぽい一面もあり……と、「悪女(わる)」の内容は、近年のドラマと大きな時代錯誤を感じさせられないものとなっています。 しかし、問題はファッション。 当時流行した肩パッド入りのゆったりしたOLスーツは、ある意味一見の価値ありです。 ただし、「悪女(わる)」はVHSのみの販売となっており、現在DVD化の予定はないようです。 石田ひかりの過去のカンニング事件の噂!ウィキペディアの記述とは? 石田ひかりは、芸能活動と並行して、堀越学園卒業後に、亜細亜大学に進学した頑張り屋さん。 現在、その記述は見当たらないので、削除されたものと思われ、ウィキペディアにありがちな誤記載だった可能性がないとはいえません。 石田ひかりは身に覚えがあって否定する発言ができないのか、言及するとかえって騒動を大きくする可能性があるからなのか、それともバカバカしすぎて否定する気にもなれないのか、これまで特に言及してきませんでした。 過ぎたることとはいえ、3つ目であると信じたいものです。 石田ひかり出演映画「探偵ミタライ」公開迫る!太って劣化した? 石田ひかりが、2016年6月4日公開の玉木宏主演映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」に出演します。 石田ひかりが演じる役は、殺人事件のカギを握る重要人物と思われる福山市立大学准教授・滝沢加奈子。 1992年、「悪女(わる)」で連ドラ初主演、NHK朝ドラ「ひらり」のヒロインに続き、最高視聴率31.9%を記録した大ヒットドラマ「あすなろ白書」の主演、2年連続紅白歌合戦の司会を務めるなど、石田ひかりは、90年代を牽引した大人気女優。 姉・石田ゆり子と共に美人姉妹としても人気を博しました。 しかし、結婚してからは影が薄くなってしまい、今では、姉・石田ゆり子が美魔女と呼ばれる一方で、劣化に話題が集まりがちです。 いくら同じ血を分けた姉妹だからといって、独身の石田ゆり子の魅力と、結婚15年目で2児の母である石田ゆり子の魅力は、違うディレクションであって当然です。 石田ひかりがテレビから遠ざかっているのは、子供たちが通っているであろう清泉系の学校が保護者の関わりが多いためかもしれません。 何を考えているか分からない危うさもありつつ、割烹着が似合うような温かさも加わった石田ひかり。

次の