インスタ バトン やり方 ストーリー。 インスタのうさぎバトンとは?やり方も紹介!ストーリーがウザい?

【今流行り?】インスタのストーリーで投稿を載せる方法

インスタ バトン やり方 ストーリー

・自分が鍵垢(非公開アカウント)でタグ付けした相手がフォロワーじゃない時 ・DMで直接別のユーザーにストーリーを送信した時 ・タグ付けした相手が含まれていない『親しい友達リスト』に送信した時 ・タグ付けした相手を『ストーリーズを表示しない人』に設定している時 ・自分が相手からブロックされている時 これらの場合にはタグ付けしてもタグ付けした相手に通知されることはありませんし、DMでタグ付け相手に写真が送られることもありません。 自分が鍵垢の場合には基本的にフォロワー以外の人には写真もストーリーも見れない仕組みになってます。 よって、仮にタグ付けしたとしてもその相手がフォロワーじゃなければ相手にはDMでのお知らせも届きません。 また、ストーリーとして全体に公開せずに特定の友達に個別で送信した場合や、親しい友達に対して公開したストーリーも、その人しか見れないストーリーとなるのでタグ付けした相手には届きません。 タグ付けした相手に通知されてDMで届くのは上記の条件以外の場合という事を覚えておくと良いでしょう。 でも、芸能人にタグ付けして投稿する事ってそもそもできるの? と思うかもしれませんが、実は芸能人にタグ付けする事も簡単にできます。 一応、タグ付けは誰に対しても自由にできる仕組みなので、それが芸能人であっても他の人と変わらずタグ付けする事ができます。 ただし、タグ付けしてもそれが相手に見てもらえるかは微妙なところです。 基本的に芸能人は一般人よりもフォロワーが多く、毎日相当な数のDMが送られて来たりするようです。 それをいちいち全部見ているというのは物理的に不可能。 流し読みくらいはしているかもしれませんが、人気芸能人になればなるほどDMを見てもらえる確率も低いといって良いでしょう。 後の項目でも詳しく解説してますが、ストーリーでタグ付けした場合は相手のDMに写真が送られる仕組みです。 よほど何かの理由がない限り芸能人をタグ付けしても見てもらえるのは難しいと思っておいた方が良いですね。 また、芸能人のDMに関しては既読にならない原因について調べた事もあります。 気になる方はこちらも参考にどうぞ。 関連リンク•

次の

【インスタ】ストーリーのやり方を徹底解説|投稿・編集・シェア方法まとめ

インスタ バトン やり方 ストーリー

ストーリーに投稿を載せる方法 まずは、ストーリーに載せたい投稿を選びましょう。 (この時は見てもらいたい投稿や、いいねが欲しい投稿を選ぶと良いでしょう) 載せたい投稿が決まったら、赤枠の中のアイコンをタップしましょう。 赤枠のアイコンをタップすると、メニューが開くので「ストーリーズに追加」をタップしましょう。 タップすると、ストーリーズの編集画面が開きます。 編集画面が開いたら好きなように加工してストーリーズに追加しましょう。 ちなみに、上記2種類のバージョンがあります。 これでストーリーズを追加すれば完了です。 フォロワーは先ほどのストーリーは以下のようになって見ることができます。 このストーリーを見たフォロワーはタップすると、その投稿に飛ぶことができます。 ストーリーについて簡単に以下で説明します。 ストーリーとは とは、写真や動画をスライドショーのようにシェアすることができる機能です。 15秒の短い動画をシェアすることが可能で、シェアした写真や動画は 24時間経つと削除されます。 ストーリーは普段のポスト(投稿)とは異なり、手軽に撮影してシェアすることができます。 そのため、多くのユーザーがこの機能を利用しています。 投稿は「過去」が多い感じがしますが、ストーリーはどちらかというと、「今」を届ける感じがします。 Twitterは文字でシェアするイメージですが、インスタグラムではそれを動画でシェアするイメージです。 ストーリーの見方とコメントの方法 次はストーリーの閲覧方法とコメントのやり方です。 ストーリーは撮影して投稿するだけじゃないんです。 見て楽しむのもストーリーの楽しみ方の一つです。 友達やフォローしている人のストーリーを見るのは楽しいですね。 また、ストーリーのコメントの方法も理解しておきましょう。 コメントすることは、ユーザー同士のコミュニケーションをより深めるものです。 ここでは、閲覧方法と同時にコメントの仕方も覚えておきましょう。 マスターできましたか?ここでしっかり閲覧方法とコメントをマスターしてください。 まとめ 以上がストーリーに投稿を載せる方法でした。 とても流行っているのでぜひ一度載せてみてください。 新しい投稿をしたときなどにストーリーで宣伝するのが良いかと思います。

次の

インスタストーリーで流行の「リレー」投稿のやり方、バトンの回し方や注意点も解説

インスタ バトン やり方 ストーリー

バトンが回ってきたものの、イラストが苦手だったり、次に回さなくてはいけないルールが煩わしかったりと、参加したくない場合もあるはずです。 もちろん、バトンには何の強制力もないので、参加・不参加は個人の自由です。 ただ、インスタのリポスト機能を使うと、メンションされた相手に通知が届く仕組みになっているため、バトンを回していないことは相手に知られる可能性が高いでしょう。 参加しない場合は無視せず、メンションした人にひとこと断りの旨を伝えたほうが無難かもしれません。 なお、リポスト(引用シェア)機能を使うには、他人のストーリーにメンション(タグ付け)してもらっていることが前提になります。 自分が見たものを勝手に投稿するのは避けたほうがよいでしょう。 ステップ2:引用画像とともに決められたテーマに沿った投稿を作成する [これをストーリーズに追加]ボタンをタップすると、ストーリーの投稿画面に推移します。 引用画像が自動で貼り付けられるので、大きさや位置などをピンチイン・ピンチアウトで調整してください。 よく見かけるように、左上にリポスト画像を配置すると収まりがいいでしょう。 あとは空いているスペースに、指定されたテーマや質問に対する自分なりのイラストや回答を書いていけばOKです。 イラストを描く場合、画面下部でペンの色、左のバーでペンの太さの調整、画面上部でペンの種類と消しゴムを選択できます。 ちなみに、ストーリー投稿画面は拡大・縮小ができないので、タッチペンなどを持ち合わせていない限りかなり描きづらいのが難点です。 ステップ3:次に回したいアカウントをメンションする 投稿が出来上がったら、最後に次に回したい人をメンション(タグ付け)しましょう。 ストーリーで他人をメンションする方法はかんたん。 任意の場所に「 」に続けて「ユーザーネーム」を入力し、ユーザーを選べば完了です。 1回の投稿で最大10人まで選択可能です。 また、スタンプを使ってのメンションもおこなえます。 画面上部の四角い顔マークをタップ。 スタンプの一覧が表示されたら[@メンション]を選択し、タグ付けしたい相手のユーザーネームを入力すればOKです。 最後に、投稿ボタンを押せばリポスト完了です。 なお、リレー投稿をすると、DM(ダイレクトメッセージ)経由でメンションされた相手とメンションした相手の双方に通知が届くようになっています。

次の