エピス テーメー。 テーメーカフェの料金や行き方、テーメー嬢との遊び方をまとめたよ

タイ・バンコク、テーメーカフェ体験談。【実録】初めてのお持ち帰りでの出来事。【男旅】【男旅チューバー寅次郎】

エピス テーメー

一人旅の予約の際、1室2名で予約してね! ホテルによって、1名と2名で料金が違うホテルもあるねんけど 大概は同一金額でやってるで! 今回は、共通の趣味であるビリヤード仲間の 【タク】とバンコク旅行のエロ話をしていたら 是非連れて行ってくれという事で 一緒に行くことになりました。 初GOGOバーのタク!興奮してます 笑 まずはビアシンを注文しチアーズ!!! タクはひな壇をじっくり観察し、 ナラック嬢を見つけ、速攻ペイバー。 ガチ男「えぇ、もう決めたん??」 タク「お先っす、、、!」 ガチ男も 初めてバカラに来たときは 速攻ペイバーしちゃしました 笑 まだ、 ナナプラザもテーメーカフェもあるのに、、。 でもスーパー良い場合もあるかもしれんので、 タクに幸あれと祈っときます。 ガチ男は バカラで良さそうなGOGO嬢を席に呼び セクハラ祭りを堪能して、 会話の感じで ビビッと来なかったんでバカラは退店。 ソイカウボーイのGOGOバーを バーホッピングして一旦ホテルに帰ります。 タクの部屋をノックすると、 なぜか、もうすでにタク一人で居ました。 ガチ男「もう終わったん?」 タク「速攻でスパン開始で、速攻で帰っていきました」 「こんなもんなんすか?」、、、、! って、ちょっとオコ気味なタク。 ちょっと商売スパンに偏った GOGO嬢を捕まえても~たかな。 まあまあ、 バンコクナイツはまだまだこれからでっせ!! の下には テーメーカフェという援交カフェがあるんで タクと一緒に覗いてみることにしました。 現在1:30 テーメーカフェのタイガール潜伏状況は 8分目程度のラインナップ。 ガチ男しばらく回って タイガールを鑑賞してると 社交的なタクは、 岡山から来ている2名の観光客と テーブルで仲良く話しています。 しかも、 LINE交換まで済ましており、びっくり! ガチ男も混ざって話していたら 岡山二人組は 明日エロマッサージに行く予定にしているが、 どこのエロマッサージ店に行こうかと 迷ってたんで 【アディクトマッサージ】をお勧めしました。 しかも、丁度良い事に ガチ男は 明日のお昼はナタリーと約束していたんで 昼間は タクのバンコク案内が出来ませんでした。 タクの社交的な性格が功を奏して タクは岡山二人組と 一緒にエロマッサ巡りをすることで解決。 タクはさっき スパンしたばっかりなんで今日は終了。 テーブルで 岡山二人組と仲良く話をしています。 ガチ男はナラックタイガールを探しに探し ようやく、まあまあな娘を発見。 後に分かるんですが、 ごっつい入れ墨が入っていたんで 【スミコちゃん】っていう事にします。 ガチ男、 スミコをテーブルに連れて行って会話します。 ガチ男 「タオライ?(タイ語で幾ら)」 スミコちゃん 「ショートタイム 2,500バーツ ナー」 って言いながら ガチ男の手を乙パイに当てつけてきます。 生フェラーリから始まり、 チクナメ、ベロチューと 流れに乗ったスムーズなプレイ。 ガチ男も スミコちゃんを攻めようと思っていたら スミコちゃん 「ゴム プリーズ」 って、もう挿入するん? 一応、日本から用意してきた、 日本の技術が思いっきり詰まった逸品 手渡すと 速攻息子に被せ、上からスパン開始。 ガチ男、ひとっつも愛撫をしていないんで、 マンティスの潤滑液が無い状態やけど 強引に押し込まれます。 ただ、 しまりが抜群なんで案外気持ちイイかも! しばし、ピストン運動してると やっぱりタルン(スケベ)なタイガール。 最初のキツキツマンティスのおかげで 発射体制が 80パーセントに仕上がっていたんで、 すぐにFINISH! 5分足らずでスパン終了しました。 まあ、こんなもんでしょ -。 - y-゜゜゜ 明日は、濃厚スパンが期待できる ナタリーちゃんとデートやで。

次の

エピメーテウス

エピス テーメー

「知識」という意味をもつギリシア語。 古代の哲学においてこの語は、主にドクサ(根拠のない主観的信念)に対立するものとして、根拠ある知識、真なる知識を指し示していた。 フランスの哲学者ミシェル・フーコーは、とりわけ1960年代の著作において、この語に新たな意味を与えつつ使用する。 彼の定義によれば、エピステーメーとは、ある特定の時代のさまざまな科学的言説のあいだに見いだされる諸関係の総体のことである。 それは、閉じられたシステムではなく、くみ尽くすことのできぬ領野を開くものであり、不動の形象ではなく、切断やずれや一致から成る可動的な総体を構成するものであり、諸科学の成立を妨げるのではなく、それを可能にするものである。 また、諸科学の権利にかかわるのではなく、諸科学が存在するという事実にかかわるものである。 エピステーメーという語のこうした使用に含意されているのは、科学の歴史を、言説そのもののレベル、実際に語られたことそのもののレベルにとどまりながら記述しようとするフーコーの態度である。 したがって、エピステーメーは、言説とは別のレベルにある主体や精神などを指示するものとしての、認識の形式や合理性の類型などとは区別されなければならない。 この語がとりわけ頻繁に使用されるのは、『言葉と物』 Les mots et les choses(1966)においてである。 そこでは、「表象」の自律性のもとに博物学、一般文法、富の分析を可能にしていた17、18世紀のエピステーメーから、生命、言語、労働に関する諸科学および人間に関する経験的探求の出現をもたらした近代のエピステーメーへの変化が分析されている。 70年代になって、フーコーにおける分析の対象領域が言説的な領域から非言説的な領域へと移行するとともに、エピステーメーという語は次第に使用されなくなり、かわって、より一般性をもつ概念としての「装置dispositif」が用いられることになる。 すなわちエピステーメーは、「装置」のうちで特に言説のみにかかわるもののことであるとされるようになるのである。 彼は近代西欧の人間諸科学の成立の歴史のうちに,それらを一定の型の認識のしかたとして出現させた〈認識論的台座 エピステーメー 〉を探り出し,そうすることで近代理性主義によっては思考されない無意識的領野 実定性の領域 を画定し,これを〈言説 ディスクール 実践のシステム〉として解明した。 それは,近代哲学が前提する個人の表現活動や超越的主観の理性活動とは異なる〈匿名的で歴史的で時空的に決定されてある〉もので,人間が世界について語り出すさまざまなしかた 言説編成 の諸規則の総体であり,世界はこの〈意識〉とも〈客観的実在〉ともちがう〈言説システム〉において姿を現すのである。 … 【認識論】より …知識の本質,起源,根拠,限界などについての哲学的な研究または理論をいう。 これらの言葉が広く用いられるようになったのは19世紀も半ば以後のことであるが,知識をめぐる哲学的考察の起源はもちろんそれよりもはるかに古く,たとえば古典期ギリシアにおいてたちの説いた相対主義の真理観にはすでにかなり進んだ認識論的考察が含まれていたし,ソクラテスもまたその対話活動のなかで,大いに知識の本質や知識獲得の方法につき論じた。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

タイ・バンコクのテーメーカフェの話【店内潜入編】

エピス テーメー

「知識」という意味をもつギリシア語。 古代の哲学においてこの語は、主にドクサ(根拠のない主観的信念)に対立するものとして、根拠ある知識、真なる知識を指し示していた。 フランスの哲学者ミシェル・フーコーは、とりわけ1960年代の著作において、この語に新たな意味を与えつつ使用する。 彼の定義によれば、エピステーメーとは、ある特定の時代のさまざまな科学的言説のあいだに見いだされる諸関係の総体のことである。 それは、閉じられたシステムではなく、くみ尽くすことのできぬ領野を開くものであり、不動の形象ではなく、切断やずれや一致から成る可動的な総体を構成するものであり、諸科学の成立を妨げるのではなく、それを可能にするものである。 また、諸科学の権利にかかわるのではなく、諸科学が存在するという事実にかかわるものである。 エピステーメーという語のこうした使用に含意されているのは、科学の歴史を、言説そのもののレベル、実際に語られたことそのもののレベルにとどまりながら記述しようとするフーコーの態度である。 したがって、エピステーメーは、言説とは別のレベルにある主体や精神などを指示するものとしての、認識の形式や合理性の類型などとは区別されなければならない。 この語がとりわけ頻繁に使用されるのは、『言葉と物』 Les mots et les choses(1966)においてである。 そこでは、「表象」の自律性のもとに博物学、一般文法、富の分析を可能にしていた17、18世紀のエピステーメーから、生命、言語、労働に関する諸科学および人間に関する経験的探求の出現をもたらした近代のエピステーメーへの変化が分析されている。 70年代になって、フーコーにおける分析の対象領域が言説的な領域から非言説的な領域へと移行するとともに、エピステーメーという語は次第に使用されなくなり、かわって、より一般性をもつ概念としての「装置dispositif」が用いられることになる。 すなわちエピステーメーは、「装置」のうちで特に言説のみにかかわるもののことであるとされるようになるのである。 彼は近代西欧の人間諸科学の成立の歴史のうちに,それらを一定の型の認識のしかたとして出現させた〈認識論的台座 エピステーメー 〉を探り出し,そうすることで近代理性主義によっては思考されない無意識的領野 実定性の領域 を画定し,これを〈言説 ディスクール 実践のシステム〉として解明した。 それは,近代哲学が前提する個人の表現活動や超越的主観の理性活動とは異なる〈匿名的で歴史的で時空的に決定されてある〉もので,人間が世界について語り出すさまざまなしかた 言説編成 の諸規則の総体であり,世界はこの〈意識〉とも〈客観的実在〉ともちがう〈言説システム〉において姿を現すのである。 … 【認識論】より …知識の本質,起源,根拠,限界などについての哲学的な研究または理論をいう。 これらの言葉が広く用いられるようになったのは19世紀も半ば以後のことであるが,知識をめぐる哲学的考察の起源はもちろんそれよりもはるかに古く,たとえば古典期ギリシアにおいてたちの説いた相対主義の真理観にはすでにかなり進んだ認識論的考察が含まれていたし,ソクラテスもまたその対話活動のなかで,大いに知識の本質や知識獲得の方法につき論じた。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の