ラム 洗車。 誰でも簡単洗車!超オススメ洗車スポンジゴリラの手を紹介!

ラムバン洗車のご提案 その①

ラム 洗車

このページの目次• ゴリラの手とは? ゴリラの手とは、手に直接被せて使う手袋のような洗車スポンジです。 通常のスポンジと違い手袋になっているので、細かい部分にもしっかりと届くようになっています。 パッケージから取り出すと、本品とインナーようのビニール手袋が入ってました。 素手でゴリラの手を使うと手も水でベタベタになってしまうので、それが嫌な方はビニールの手袋をはめてからゴリラの手を装着して洗車すると、手が直接濡れてしまうこともありません。 ゴリラの手には裏表があり、基本的にはモップのような方で洗車をしますが、裏は頑固な汚れ等を落とすのに使用します。 (写真は裏側) 頑固な水垢や鳥のフンや虫を落とすのには裏側を使用しましょう。 スポンサードリンク ゴリラの手を使ってみた感想 ゴリラの手を使ってみましたが、手で直接撫でるように洗車ができるので楽に使うことができました。 また裏側を使えば頑固な汚れ等を簡単に取り除くことができました。 狭い場所も指で撫でるように洗車できるので、隅々まで汚れを取り除くことができました。 水分を含むと若干重くなりますが、むしろその重さで車を撫でるように洗えるので気になりませんでした。 全然力を入れなくても洗車ができるので、誰でも簡単に使うことができます。 また泡立ちもなかなか良かったので、私的に愛用していきたいと感じました。 まとめ 手袋タイプの洗車スポンジ【ゴリラの手】を紹介してきましたが、かなり楽に洗車できるので誰にでもオススメできる商品です。 直接手で車を撫でて洗車できるので隅々まで汚れを取り除くことができます。 インナー用のビニール手袋は1枚だけしか付属しませんが、ホームセンターやコンビニ等でも同様のビニール手袋を購入できるのでお手軽です。 皆さまもぜひこの【ゴリラの手】を使って愛車を綺麗にしてみてください! 今回紹介した商品はこちらからも購入することができます。 それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 スポンサードリンク.

次の

誰でも簡単洗車!超オススメ洗車スポンジゴリラの手を紹介!

ラム 洗車

このページの内容• コーティング施工車で「絶対にやってはいけない」5つのこと さっそく絶対にやってはいけない5つのことを一つ一つ解説していきます。 1 洗車をしない 時々勘違いされているお客様がいらっしゃいます。 「ガラスコーティングしておけば雨で汚れが落ちるから洗車しなくて大丈夫でしょ!」 こんなことは絶対にありません!! これはどれだけ高価なコーティングを施工していても、お手頃なコーティングを施工していても同じことです。 家の中に展示してあるだけで、乗ることは無い、という方を除き、洗車をしなくて良いコーティングはこの世に存在しません。 大気中には微量の油分や微細な汚れなど様々な物質が浮遊しています。 一般的な使い方をしていれば、必ず汚れます。 こういったものが付着して、少しずつ蓄積させれていくにも関わらず、洗車をしなければ、コーティングの被膜から侵されていき、塗装も侵されていってしまいます。 汚れたままのボディを放置している期間が長ければ長いほど、ウォータースポットが取れなくなり、虫の死骸や鳥フンなどが付着していれば、塗装面も浸食し、最悪の場合、再塗装しなければならない状態になってしまいます。 当社をご利用いただくお客様には、 『「洗車をしない」ということは絶対にしないでください。 手洗い洗車がベストですが、どうしても時間が無い、面倒、などといった時には最悪洗車機を使ってでも洗車をお願いします。 』 とご説明させていただいてます。 3 「水あか落とし」や「撥水」カーシャンプーで洗車する 先述の通り、カーシャンプーを使用して洗車を行います。 ただ、「 水あか落とし」や「 撥水」などの文言があるカーシャンプーを使用して洗車するのは避けましょう! 理由は、以下の通りです。 「水あか落とし」は コンパウンドや余分なクリーナー成分などが配合させれていることが多く、コーティング被膜の性能を落としてしまう可能性があります。 「撥水」は撥水をさせるための成分が配合されています。 その成分はガラスコーティングが撥水になる成分とは別のものの可能性が高いため、コーティングの性能を落としてしまう可能性があります。 このようにカーシャンプーなら何でも良いということではなく、コーティングを施工したら、カーシャンプー選びにまでこだわるようにしていきましょう! もし、ご自身が使用しているカーシャンプーが問題ないものなのか不安な場合には、コーティングを施工してもらった店舗に必ず確認しておきましょう^^ 4 鳥フンや虫の死骸、花粉などを放置する こんなことしてませんか??• 鳥フンが落ちてるのに気づいたにも関わらず、時間がないから放置• 夜間、高速道路を走行して虫の死骸がタップリ付着したが、手洗い洗車する時間がないから放置• スギ花粉の時期にボディが黄色く見えるくらいの状態で雨が降り、その後も洗車せずに放置 鳥フンや虫の死骸、花粉などの「生物系の汚れ」は絶対に放置禁止です! どれも放置してしまうと、コーティング被膜を侵食し、塗装面も浸食してしまうほど強力です。 「手洗い洗車をしなければ」との縛りから時間が無いから時間の取れる時に手洗い洗車と一緒に取ろう、などと考えていると取り返しのつかないことになることもあります。 手洗い洗車の時間が取れないなら、洗車機を使用してでも洗車をしてキレイにしておきましょう! それぞれの場合の対処方法などを別の記事でご紹介しています。 一緒にご覧ください。 5 ワックスを使用する ガラスコーティングを始めて利用されるお客様などに聞かれることがあります。 「ワックスを使っても大丈夫ですか?」 ワックスは必要ありません。 というよりもワックスは使用してはいけません! 昔から車を洗車したりするのが趣味の方などはワックスの独特のツヤが好き、という方もいらっしゃいます。 ただ、ガラスコーティングはワックスとは全く性質が異なることがほとんどです。 そのため、ほとんどのガラスコーティングはワックスとは相性が悪く、ワックスを使用してしまうと、表面の性能はワックスの性能になってしまいます。 もし、どうしてもワックスを使用したい場合にはガラスコーティングを使用せずにワックスだけを使用することをおススメいたします。

次の

ラムバン洗車のご提案 その①

ラム 洗車

概要 [ ] の後継としてにと共同開発を進めていた計画の頓挫により、新たに単独で開発し、に正式採用されたである。 主に、およびが採用した。 動力機関には、当時の戦車の主流だったではなく、を採用している。 にはの標準的な装備となっていたを採用し、当時の最先端機器を用いた高度な(FCS)を採用した事で命中率を高めている。 従来のアメリカと同様、将来の改良を見込んだ余裕に富む設計で、制式化後の仕様変更によってを搭載した M1A1や、更に改修を加えに分類される M1A2が運用されている。 メーカーによる生産は終了しており、は破損したをして部隊に復帰させている。 オーバーホールが必要な車両、モスボールからの復帰車両、アップデートを行う車両、戦場で修理が必要になった車両、甚大なダメージによりになった車両などは、のアニストン陸軍工廠に輸送されたのち、分解と洗浄が行われ、その後の陸軍戦車工場で再組み立てとアップデートパーツの組み付けが行われる(ナショナルジオグラフィックDVD M1エイブラムスより)。 MBT-70 当初は、での敗北やそれに伴う戦費、計画の頓挫からは予算の承認を渋る声も聞かれたが、1月に新型の要求仕様が決定し、同年6月にクライスラー・ディフェンス社(後にからに売却され、現在は)とにの発注が行われた。 3年後のに試作車「XM815」が完成 し、アメリカ陸軍による試験評価が行われた。 時を同じくしてが勃発し、やが使用され、通常のの戦車が多数された事を受けて、やの研究も並行して進められた。 1976年に比較検討の結果、クライスラー・ディフェンス社の試作車に開発を一本化させる事が決定され、名称を「XM1」と改める。 同時に試作車11両が追加発注され、中に全車が完成し、各種運用試験が行われた。 M829 () APFSDS 装弾筒付翼安定徹甲弾。 最新型はM829E4となっている。 M1A2 SEPV3から搭載される最新型のM829E4は同車が搭載する弾薬データリンク(ADL)を通して砲弾と火器管制装置とリンクすることができる。 () HEAT。 最新型はM830A1。 M1028。 XM1147AMP AMP(Advanced Multi Purpose:先進多目的)カートリッジとも呼ばれる多目的新型砲弾でM1A2 SEPV3から搭載が開始される。 スマート信管と弾薬データリンク(ADL)によってバンカー・軽装甲車両・防壁・対人などといった様々な目標に対応することが出来る。 将来的には、M830HEAT-MP-TとM1028を代替する予定である。 装甲 [ ] M1 エイブラムスの前面は、を考慮しているものの、それまでのに見られた流線型の砲塔ではなく、傾斜を施した平面で構成されている。 M1A1の導入はから始まり、初めから、M1A1向けに、砲塔正面と車体正面の装甲内に状の劣化ウランを組み込む装甲強化パッケージの提供が始まった。 のにおいては、未改修のM1A1の大多数に対して、この劣化ウランプレート(劣化ウラン装甲材)を装着する改修が急遽実施されている。 このウランプレートを装着する改修を受けた車両はM1A1(HA)として区別される。 M1A1をさらに改良した M1A2は、さらに防御力の強化が図られ、向けにはを含む77輛が生産された。 改修計画SEP(System Enhanced Package)はから始まっており、旧型となった一部のM1やM1A1は、M1A2やM1A2 SEPに改修されている。 動力機関 [ ] AGT1500 パワーパック 各国の用動力機関はが主流であるが、M1 エイブラムスでは を採用している。 トランスミッション他、補器類も含めてパッケージ化されており、「パワーパック」と呼ばれる。 はディーゼル燃料ではなく、用と同じを使用する。 ガスタービンエンジンは小型軽量、高出力で信頼性、加速性能、登坂能力も高く、燃料の許容範囲が広い、動作温度範囲が広い、冷却が不要など多くの長所もあるが、燃料消費が激しいため大型の燃料タンクが必要、砂塵よけ吸気フィルターの大型化、高温の排気によりなどでが戦車の後ろに隠れられないといった欠点もある。 1の走行に1(1あたり3. 8、425mあたり1リットル)以上の燃料を消費するだけでなく、停車状態でもが動いているだけで毎時12ガロン(45. 4リットル)を消費する。 各国のに比べて2倍近い500ガロン 1892. 7リットル の燃料を搭載しているが、では、8時間の行動で燃料が無くなるため、1日に3回の給油を必要とした。 2,500ガロン(9,500リットル)を一度に運べるを動員して大量の燃料を供給し続けることで燃費の悪さを補っているが、補給線の維持は上の負担であり、M1の他にガスタービンエンジンを戦車で採用しているのは製の、のだけである。 その他の装備 [ ] CITV 車長用独立熱線映像装置(Commander's Independent Thermal Viewer)。 M1A2の上面、装填手ハッチ前方に設置された円筒状の構造物で、を内蔵しており、左右に回転することができる。 M1A2の夜間戦闘能力を向上させる装備のひとつで、M1A1とM1A2の判りやすい識別点となっている。 試作、検討段階のTUSK。 この写真ではが装備されている。 頃からで運用していたM1A1やM1A2の一部に、 TUSK(Tank Urban Survival Kit)と呼ばれる、など環境下での運用に適応させるための強化キットが取り付けられていた。 基本キットの「TUSK I」は、から発射されるに対する防護を念頭に、車体側面に形のを装備、装填手用ハッチの周囲とに盾を追加、装填手用機関銃にを追加する、対用のと呼ばれる車体底部を覆う増加装甲を追加する、などの内容。 TUSK Iの追加キットである「TUSK II」では、車体側面の爆発反応装甲タイルの上と砲塔側面に瓦形の爆発反応装甲タイルが追加された。 また、用に全周防護の盾などが追加されている。 TUSKと同じ時期に、主砲防盾上にを増設する CSAMM(Counter Sniper Anti Material Mount)と呼ばれる装備も合わせて検討されており、この装備もTUSKに組み込まれて一部の車両に搭載された。 TUSKで開発された車体底部装甲(ベリーアーマー)、装填手用防弾板も、海兵隊のM1A1に採用され、アフガニスタンへの派遣車両に装着されていた。 (遠隔操作式機銃) 2000年代に入りM1エイブラムスへの装備が計画されるようになった。 TUSK I改修の時点でと同じを搭載する計画は不要と判断されたが、その後、アメリカ陸軍のM1A2 SEP V2でが標準装備化された。 最新型のM1A2SEP V3では、低視認性を重視し、手動操作も可能なCROWS-LPが搭載されている。 アメリカ海兵隊は2015年時点では採用していない。 戦車長用防護キットを装着した海兵隊のM1A1 発射筒とも呼ばれる煙幕弾発射筒が、6個1組で左右に1組ずつ砲塔側面に取り付けられている。 アメリカ海兵隊のM1A1だけは8個1組の2組となっており、の車両との識別点にもなっている。 このは、肉眼像だけでなく熱線映像も遮る。 空気殺菌システム にも対応できるよう空気殺菌システムが装備されており、、攻撃を受けても、乗員はを着用せずに活動を続けることができる。 ブルー・フォース・トラッカー(Blue Force Tracker)の略。 を利用した敵味方位置情報識別システムを利用するための装備で、M1 エイブラムスの場合、砲塔上面前方右側の用サイトの右外側に取り付けられる、箱状の構造物である。 2003年のイラク戦後頃から、やなど、の多くの車両に追加装備されるようになった。 を装備したM1A2 SEP V2では、BFTが砲塔後部に装備されている(本写真の中央部分)。 APU() 前述のように、M1 エイブラムスのは燃料消費が激しく、アイドリング状態でも大量の燃料を消費するため、停車時の電力を低燃費で供給する目的で追加された。 の湾岸戦争時は、車体後部に箱状のユニットとして取り付けられているものが多かったが、破損しやすい事から、砲塔後部のバスケット内に移された。 発展型のM1A2 SEPでは、車体後部左側の一角に内蔵されるようになった。 車外通話装置 アメリカ陸軍のTUSK改修車およびM1A2 SEP、海兵隊のM1A1 FEP仕様改修車などで車体後部右側に追加された箱状の装備品。 車内の戦車兵と車外の兵士の会話に用いられる。 トロフィーAPSを装備した海兵隊のM1A1 乗員 [ ] M1 エイブラムスには4名の乗員が搭乗する。 開発当時はの搭載も可能とされていたが、乗員の減少に伴う負担増加が懸念された事から採用が見送られた。 は、の右後方で砲塔上から周囲警戒したり車内から画像によって索敵を行い、攻撃目標をに指示する。 砲手は、砲塔の右側で車長の足元前方に座り、中はほとんど移動しない。 装填手は、砲塔の左側で比較的広い空間を占有し、装填以外にも車長を補佐して周囲警戒やを担当することもある。 は、車体前方中央の4名の中では最も狭い空間に、戦闘中は仰向けに近い姿勢で座り、操縦に専念する。 乗員は、耐火性能の高いを着用し、CVC ヘルメット、通信と騒音遮断用の、を頭部に装着する。 また、は、時に発生した破片に対処するためにCVC アーマーを着用する場合が多かったが、現在ではより高性能なやを着用している。 装填手 比較 [ ] M1A1 HA とM1A2 SEPの重量に関しては、"General Dynamics Landsystems"社公式HP記載のショートトンからメートルトンに換算 各型の比較 M1 M1A1 M1A1 HA M1A2 M1A2SEP 製造期間 — 1985年— 1987年— - 全長 9. 76m 9. 83m 全幅 3. 66m 全高 2. 44m 2. 45t 57. 15t 61. 51t 62. 10t 63. 28t 主砲 乗員 4名(, , , 装填手) 画像 開発形態 新規 改修 新規 改修 新規 改修 全長 9. 42 m 9. 83 m 9. 04 m 10. 93 m 10. 0 m 10. 8 m 10. 2 m (推定) 全幅 3. 24 m 3. 66 m 3. 72 m 3. 74 m 3. 60 m 3. 50 m 3. 40 m (推定) 全高 2. 30 m 2. 37 m 2. 70 m 3. 03 m 2. 50 m 3. 30 m 2. 40 m (推定) 重量 約44 t 約63. M1A1は、が配備していた製の、、に比べて性能で大幅に勝り 、敵側の射程を上回る3,000m以上の遠距離からすることができた。 そのため、あまり反撃を受けず、M1A1の損害は十数両といわれている。 しかし、激しく砂塵の舞うの戦いで(サーマルサイト)が十分動作しなかったためにが多発した。 湾岸戦争時の十数両の損害の半数は同士討ちによるものといわれている。 湾岸戦争においては、に進撃途中であった所属の1両のM1A1が、でぬかるんだ穴にはまって味方から落後し、移動不能な状態で3両編制のT-72部隊に遭遇、被弾しながらも勝利した事例があるとされる。 このでは、T-72のによるがM1A1の正面に命中したが、重大な損傷とならず、M1A1が反撃で放ったは、してきたT-72のを貫通、内部のを誘爆させ砲塔を吹き飛ばした。 この時に加えられた別のT-72による砲撃も、M1A1の装甲を貫通できず、前進を中止し逃走したこの車両も、M1A1から機関室へ攻撃を受け、を破壊された。 この時、最後の1両のT-72は前進を続行しており、M1A1との距離を400mまで詰めて弾芯のを発射、M1A1の砲塔へ命中させたが、M1A1はを窪ませただけだった。 このT-72は逃走せずの陰に隠れたが、M1A1は熱線映像装置により、砂丘上空にT-72のエンジンから発せられる高温の排気ガスを発見し、これをもとに砂丘越しに砲撃を行い、T-72をした。 この出来事は真偽不明とされるが、の「Armored Cav」などの文献 で紹介された。 この戦闘の後にやって来た回収部隊は、2両ので引きあげようとしたが、引き上げられなかったため、最新戦車が敵にされないよう、別のM1A1による破壊が命令された。 2発の120mm砲弾が発射されたが、これは、一番頑丈な砲塔正面に命中したため、跳ね返されてしまった。 3度目は装甲が比較的薄い後部を攻撃し貫通、砲塔内のを誘爆させることに成功したが、設計どおりに砲塔上面のブローオフパネルが吹き飛んで爆炎は車外に放出され、同時に自動消火システムが作動したため、乗員区画の破壊にも失敗した。 破壊は断念され、この車両は3両目の回収車の到着により引き上げられた。 内部を調査した結果、は損傷していたものの、まだ主砲の射撃は可能であったことから、M1A1は主砲を装甲の方が上回ったということになる。 その後、砲塔を付け替え、同車は再び戦場に復帰したとされる。 のにも投入され、初期の正規戦では一定の戦果を上げたが、占領統治後の非正規戦では至近上方からグリルなどの脆弱箇所を狙う勢力のなどによる攻撃や、、などによる被害が目立った。 とくにIEDは、量に上限が無いため、さしものM1も砲塔部を吹き飛ばされるなど大きな被害を受けている。 これらの戦訓も考慮されて、前述の TUSK(Tank Urban Survival Kit)が開発され、実運用される事となった。 頃には、がM1A1をのに派遣したことで再度実戦投入された。 これらの車両にはブロックこそ装備されていなかったものの、対用の底部装甲(ベリーアーマー)、対IED用のDUKE、シールドなど、TUSKの装備が追加されていた。 主砲弾や一部の装甲に使用されているは、戦地から帰還した将兵の間に発生した「」「バルカン症候群」と呼ばれる病気の原因物質ではないかと一部で疑われているが、因果関係ははっきりしない。 またではイラク軍に提供された多数が対戦車ミサイルに破壊されたり、にされている。 形式 [ ] XM1 M1A1HA(NATO三色迷彩仕様) や、車体前面部のに材を導入し、にも対応。 の直前、改造用キットが大量に調達・支給されたというエピソードを持つ。 M1A1HC Heavy Common:重装甲・共通化型 との両者のM1A1への部品共通化プログラムへの対応。 M1A1D Digital:デジタル化型 M1A1用の「Digital enhancement package」を適用した車両。 共同作戦対応能力をM1A1に与える。 M1A1AIMV1(Abrams Integrated Management:近代化改修型) AIM改修を施したM1A1の近代化改修型。 AIMとは(Abrams Integrated Management:エイブラムス統合管理)のことである。 第三世代の劣化ウラニウム装甲、車外通話電話、車長用防護キット、装填手用機銃シールドの追加等。 モロッコへも輸出されている。 M1A1FEP Firepower Enhancement Package:火力強化型 M1A2 M1ファミリーの最新版。 M1A1から電子機器類などのが向上された車両。 用と武器ステーション、自己位置測定装置や航法装置、各・車両間での情報共有能力()、デジタルデータバス、無線インターフェース・ユニットなどが新しく追加された。 M1A2SEP(System Enhancement Package:システム拡張型) M1A2向けのシステム拡張パッケージ(System Enhancement Package)適用車両。 (Force XXI Battlefield Command Brigade and Below)への対応機能、多数のによる発熱から乗員室の室温を守る向上型冷却装置を装備している。 M1A2 SEPV2(SEP Version. 2:SEPバージョン2) M1A2 SEPV2 M1A2 SEPをベースとした改良型。 435両のM1A1がM1A2 SEPV2に更新される。 そのため、IVISの設置、C4IやFBCB2への対応も含まれる。 陸軍のM1A2 SEPV2は、などに配備されている。 同戦車に搭載されたRWSはTUSK Iの時点で搭載する構想があったものの、必要なしと判断され、搭載はされなかったが、SEPV2に更新されてからRWSの重要性と必要性が見出されたため、搭載されるようになった。 3:SEPバージョン3) M1A2 SEPV3(M1A2C) 戦車の生存性を高めたSEPバージョンでM1A2Cとも呼ばれる。 2015年10月12日から10月15日にかけてで開かれた2015年度年次株式総会・博覧会の場で、米国が公開した。 M1A2 SEPV3の更新内容は、電子機器・ソフトウェアの更新、弾薬データリンク(ADL)の導入、弾の改良型であり、開発中の弾とXM1147次世代多目的弾の搭載、1080pスクリーンと長期波・中期波赤外線を使用する改良型の搭載、以前はむき出しとなっており、敵の的であったの装甲の下への移動である。 また、の搭載も含まれている。 このRWSは、戦車の車高を下げるため、折り畳みが可能な低視認性の新型RWS CROWS-LP で、従来型に比べて低くなっているため自動射撃に加えて、手動射撃も可能となっている。 弾薬データリンク(ADL)の導入により、新型砲弾M829E4の底部のADLインターフェースと、同戦車の射撃管制装置との交信が可能となり、より高度な射撃精度を得ることができる。 M1A2T(台湾仕様) 2019年にがFMSを通して購入を決めた、M1A2Cをベースとした台湾への輸出仕様。 アニストンにある陸軍補給廠とリマの戦車工場で新規生産される予定。 4:SEPバージョン4) 2021年に開発計画がスタートするSEPバージョンの最新型。 M1A2S (Saudi Package:サウジアラビア仕様) 輸出・更新用のM1A2。 は湾岸戦争でのM1 エイブラムス戦車の実力を評価し、(からのライセンス生産権を取得したを除く)で最初にM1A2を購入した。 湾岸戦争から2年後のに315両が引き渡されており、このM1A2の導入はアメリカ本国より早い。 には、M1A2の追加導入と既存のM1A2の近代化改修をすることで合意した。 その追加導入分と近代化改修されたM1A2がM1A2Sである。 電子装備の改修やAIMの改修も施されている。 M1A2K(クウェート仕様) クウェート現有のM1A2のアップグレードとして、が開発中の仕様。 既存のM1A2からアップデートされる予定。 派生型 [ ] M1 Grizzly CMV(Grizzly Combat Mobility Vehicle:グリズリー戦闘工兵車) ジョイント・アサルト・ブリッジ M1エイブラムスの車体を流用して開発された折り畳み式の。 2019年以降に量産開始予定で、将来的にはM60 AVLBとM104ウルヴァリンを更新予定。 M1 ARV(Armored Recovery Vehicle:装甲回収車) M1の車体をベースとした装甲車両回収型。 計画のみで終了。 M1 LIBERTY SPAAGS(Self Propelled Anti-Aircraft Gun System:リバティー自走対空砲システム) 1980年代のアメリカ軍におけるFAADS(Forward Area Air-Defense System:前線戦域防空システム)計画の一環でM1の車体を元に、20mm対空機関砲と を搭載した型。 1990年代初頭のFAADS計画の頓挫と共に本車も計画のみに終わり、実際の配備は行われなかった。 M1 AGDS(Air-Ground Defense System:地対空防衛システム) 1990年代後半に計画されたM1の車体をベースとして、2連装のと を搭載した型。 この車両も計画のみで終わり、実際に配備されなかった。 M1 TTB(Tank Test Bed:試験戦車 試験戦車。 有人式120mm砲塔を自動装填式120mm砲を搭載した無人砲塔を置き換え、車体前部に乗員3名を集中配置した。 主砲は自動装填式で、無人化されているため、装填手が不要になり乗員は3名に減った。 M1 CATTB(Component Advanced Tank Test Bed:先進技術試験戦車 自動装填式140mm砲、、新型のなどの新技術を導入した。 この車両は1987年から1988年にかけて、トライラルが行われた。 M1 Thumper 前述のCATTBの後継としてによって研究開発されていた実験型で、140mmのXM291先進戦車砲システムを搭載。 冷戦の終結とともに計画は中止された。 XM2001 Crusader(Self-Propelled Howitzer:クルセイダー自走榴弾砲) 詳細は「」を参照 出典・脚注 [ ]• General Dynamics Landsystems. 2014年1月31日閲覧。 ゼネラルモーターズ社の試作車は、従来のディーゼルエンジンを搭載していた• 佐藤幸徳著 『マイクロガスタービンの本』 日刊工業新聞社 2003年12月28日初版1刷発行• 実戦には投入されなかったが、第二次世界大戦中にドイツのパンター戦車が試験的にガスタービンエンジンを搭載した例がある• General Dynamics Landsystems. 2014年1月31日閲覧。 これらの敵戦車がだったのも要因とされる• : combat identification panelブラインド状のアルミ板のパネルにサーマルテープを貼り付け、車体の上面・側面などに装備した物で、赤外線暗視装置からは黒くぬけて見えるようにしたもの• 月刊「」2008年12月号 ミリタリー・ジャパン・レビュー 146頁• 軍事兵器資料館• Strategypage. com 2008年8月3日. 2009年6月9日閲覧。 - Defensenews. com, 6 September 2016• 3 March 2016 at the.. Deagel. com, 8 January 2013. --Defenceindustrydaily 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 M1エイブラムスに関連する および があります。 (日本語).

次の