ノルウェー 王女。 ケヴィン・スペイシー、性的虐待したノルウェー王女の元夫が自殺

ノルウェー王女、天使と話す特殊能力あると公表

ノルウェー 王女

略歴 ノルウェーに王女が誕生したのはに誕生したの王女以来629年ぶりのことだった。 ファーストネームはに登場するの母親の名前から、セカンドネームは曾祖母の王妃にちなんで名づけられた。 出生当時、女子の王位継承権がなかったため、法の改正が検討されたが、弟ハーラルの誕生によりこの時点では実施されなかった。 、王女の誕生を記念し、のの北側の海岸の一部がプリンセス・ラグンヒル・コーストと命名された。 他にも多くの船にその名がつけられた。 、軍がノルウェーに侵攻すると、母・マッタらとへ亡命したが母子を受け入れることでドイツの侵攻を受けると恐れる中立国スウェーデンでは歓迎されたとは言えず、またドイツ軍とが祖父らの権利を剥奪しわずか3歳の弟ハーラルをノルウェー王にしようとしていることを知ったスウェーデンに多数存在する親独派らの圧力に身の危険を感じた母・マッタと共に大統領夫妻の招きに応じて、からアメリカ海軍の軍艦でアメリカへ向かった。 アメリカではなどに住んだ。 アメリカでは母や妹、弟と共になどに頻繁に出演し、ノルウェーへの支援を求めた。 の開会式では、イギリス国王の葬儀参列のため欠席した祖父の代理として開会を宣言した。 大戦後、帰国してすぐに国王の護衛官エアリング・ロレンツェン 、 - と知り合う。 二人は恋に落ちた。 しかしロレンツェンは富裕層の出身ではあったが平民であり、王子が平民と結婚する例はあっても王女の例は殆ど無く、父を始め激しい反対にあったものの、押し切りに結婚。 結婚のパレードには多くの市民が詰め掛けた。 しかしという言葉が未だ生々しい時代ゆえ、多くの王族としての権利を失った。 欧州の王族の慣例を破った王女という好奇の視線を避けるように程なく夫の事業の拠点の一つだったに移住。 夫との間に3人の子を得た。 、自伝を出版している。 葬儀に関しノルウェー政府は国葬を行うことを申し出たが、ロレンツェンは固辞。 遺体はオスロの王宮に運ばれた後、王宮内の教会で王族などのみの内々の葬儀が行われた。 遺言により幼少期を過ごしたオスロ郊外に埋葬された。 結婚後は頻繁に故国や欧州に渡航していたが、殆ど公の場に姿を見せることはなく、亡くなった際も年配者を除いては馴染みのない名前となっていた。 マスコミ各社は現在では性別不問・長子相続となっていることを踏まえて、『もしかしたら女王になっていたかもしれない女性』であることや『前例を破って平民と結婚した王女』であることを詳細に説明し報じた。 一方それらの事柄から受ける印象とは異なり、積極的に国民と接した母マッタや当時の王女には珍しく高等教育を修め、母が亡くなった後は王妃代理として、現在でも公務に積極的な妹アストリッドのような現代的な王族女性ではなく、祖母王妃に似た古いタイプの性格の王女だったと近しかった王室記者の証言も伝えている。 結婚に際し、父は結婚式への参列を拒絶したが、母の説得で渋々参列した。 しかし娘を案じ続け終生手紙を書き続け、その数は1500から2000通に上るという。 ラグンヒルの遺言により、死後廃棄されることになっているが、歴史家の間からは反対の声が上がっている。 父だけではなく妹、弟との関係も緊密だった。 しかし殆どマスコミの取材に応じることはなかったのに、突然に民放局のインタビューに応じ、甥と姪の結婚に関して『ノルウェー王室はもうおしまい』、『父王であれば許可することはなかった』、『甥が王位に就く前に死にたい』『甥にも姪にもろくな取り巻きがいないのだろう』など激しい批判を行い、物議を醸した。 商業主義の民放局のインタビューは面白おかしく取り上げられ、殆ど忘れられた存在だった老王女の暴言に対して多くの国民の反応は冷ややかであった。 そして発言に関して夫ロレンツェンは何度も訂正するようになだめたが聞き入れず、またこのために弟ハーラル5世夫妻との関係も悪化したことがあった。

次の

マッタ・ルイーセ (ノルウェー王女)

ノルウェー 王女

7月24日、ノルウェーのマッタ・ルイーセ王女(左)が、自分には天使と話す特別な力があると表明。 ノルウェー国王ハーラル5世とソニア王妃の娘で、理学療法士でもある同王女は、自身が設立に関わった特殊教育センターのウェブサイト(www. astarte-education. com)上で、子供のときから天使と交信していると明かした。 王女は、声明で「代替的な治療の形に常に関心を抱いてきた」と説明。 「初めて天使と接触したのは馬の世話をしていたとき。 後になってこの素晴らしい能力について理解し始めた。 他の人々とそれを分け合いたいと思っている」と語った。 王室は、同ウェブサイトの内容が王女の見解を正しく伝えていることを確認したが、それ以上のコメントは控えている。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

ノルウェー王女、天使と話す特殊能力あると公表

ノルウェー 王女

Jeff Spicer Getty Images マリウスはメッテ=マリット王太子妃が現在の夫であるノルウェー王太子ホーコンと出会う前に出産した息子。 王室の養子になっているけれど、王位継承権はなく王子でもない。 また20歳のときにノルウェー王室の公務には参加しないことを決断、公式の場所には出席していない。 そのため王室は「この報道はプライバシーの侵害」だとマスコミを批判。 母のメッテ=マリット王太子妃も「マリウスは私たちの家族にとって大切な人物です。 でも彼は公の義務を負っていないので公人とは言えません」と声明を発表、報道を控えるように促している。 とはいえノルウェーでは王制の廃止に関する議論が出てきたり、王室が税金を使うことに批判的な意見が上がったりすることも。 ロイヤルファミリーに厳しい目が向けられる中、マリウスの交際にも注目が集まっている。 物議に負けず愛を貫けるのか、2人の愛の行方に注目したい。 text: Yoko Nagasaka.

次の