アセト アミノ フェン 商品 名。 組成表検索

レリフェン錠400mg

アセト アミノ フェン 商品 名

JP: OTC• UK: GSL, OTC• 9-2. 2 時間 尿 識別 化学的データ 13 18 2 206. 日本では商標名 ブルフェンで知られ、医療用だけでなく一般医薬品としても広く流通している。 、およびの症状を緩和し、また部位のに用いる。 イブプロフェンはに英の研究部門によりの誘導体として創薬された。 イブプロフェンはまた、のに含まれている医薬品の1つでもある。 使用対象 [ ] 現在は、、、、、、さらに、小規模から中規模な後や、、、、、、などの鎮痛目的で用いられている。 臨床的使用 [ ] 低用量のイブプロフェン(200mgから400mg)は日本を含む世界中ほぼ各国で市販薬として入手可能である(医師から処方されるとしては、の「ブルフェン」となる(100mg錠と200mg錠が存在)。 これに相当するについては、後述するを参照)。 イブプロフェンは4 - 8時間効果が持続しこれは用量依存であるが、半減期から推定される持続時間よりは長い。 推奨される投与量は体重や適応による。 目的外使用および研究的使用 [ ]• 他のNSAIDと同様に、イブプロフェンは重篤なの治療に有効である可能性が高い。 いくつかの研究によれば、低用量のイブプロフェンを長期間に渡り投与し続けると、プラセボ対照群に対し優れたの予防効果を示す。 この目的でイブプロフェンを推奨するにはさらなる研究が要求される。 イブプロフェンはの危険性の低下と関連づけられ、パーキンソン病の発症を防いだり遅らせることができるかもしれない。 この目的でのイブプロフェン使用を推奨するにはさらなる研究が要求される。 、他のNSAID、およびはパーキンソン病の危険性には影響を与えない。 イブプロフェンは抗血小板作用をもつことが知られているが、などの一般的に用いられるに比べてその作用は弱く作用の持続時間も短い。 イブプロフェンリシン [ ] ヨーロッパとオーストラリアでは(ibuprofen lysine あるいは ibuprofen lysinate とも)と呼ばれるイブプロフェンの塩がイブプロフェンと同じ適応症に許可されている。 イブプロフェンリシンはイブプロフェンに比べ即効性があると言われている。 禁忌事項・一般的注意 [ ] 禁忌事項 [ ]• 鎮痛薬や解熱薬でを起こしたことのある者。 のある者。 の治療。 重い、、後期。 HIV治療薬のとの併用。 一般的注意 [ ]• には慎重に用いる。 新型コロナウイルス感染症(2019-nCoV)に関する注意喚起 [ ] 2020年3月14日、フランス連帯保健大臣 ()はで、イブプロフェンなどの抗炎症剤はの感染を悪化させる恐れがあるとして、発熱時にはを使用するよう呼びかけた。 同日フランス連帯保健省は、医療関係者向けのガイドラインに、同感染症での通常の発熱や痛みにはの使用は禁じるべきとし、アセトアミノフェンを勧める内容を掲載した。 一方、 ()の関係者らは同日、イブプロフェンのような非ステロイド性抗炎症薬が症状を悪化させうるとする意見は、最近学術誌などでも登場しているが、科学的根拠()がないと見解を示している。 (WHO)の報道官は同月17日、この件に関し、イブプロフェン使用による悪化は調査段階であり証明されていないが、新型コロナウイルス感染の疑いがあり、なおかつ医師の助言がない場合は、イブプロフェンより抗炎症作用の少ないアセトアミノフェンの使用が望ましいと見解を示した。 WHOは20日までに調査の結果、通常の副作用以外の悪化報告はなく、「控えることを求める勧告はしない」と見解を修正した。 作用機序 [ ] 非ステロイド性抗炎症薬 NSAIDs の1つであり、他のNSAIDと同じく COX を阻害することにより、の生成を抑制し解熱鎮痛作用を示す。 副作用 [ ] イブプロフェンは全ての非選択性NSAIDの中で最もが少ない。 しかし、これは低用量イブプロフェンの場合であり、従って市販薬のイブプロフェン処方では1日最大量が600mgとなっている。 『米科学アカデミー紀要』 PNAS に掲載された論文は、イブプロフェン服用後に睾丸機能不全の兆候が表れるという男性不妊に関係する副作用を報告した。 報告されている副作用 [ ] 低用量 200 - 400mg の単発投与および1日1200mgまでの投与では副作用の発生率は低い。 一般的な副作用は次の通りである:吐き気、消化不良、・出血、増大、、ふらつき、塩および体液停留、。 まれな副作用は次の通りである:、、、、、、。 光線過敏症 [ ] 他のNSAID薬剤と同様に、イブプロフェンもを引き起こすという報告が存在する Castell等, 1987。 しかし、イブプロフェンの吸収は非常に弱く、太陽光領域にすら到達しない。 イブプロフェンの構造は単一のを持つだけで、が存在するわけでもないので、非常に弱いである。 それ故、イブプロフェンは他の2-類など比較しても、きわめて弱い光過敏症しか引き起こさない。 しかし、これはイブプロフェンを「主役」と見た際であり、イブプロフェンの代謝過程で生ずる危険性などは考慮していない。 心臓血管への危険性 [ ] を除く他のと同様に、服用者の心臓病又はそのリスクの有無に関わらず、又、服用を始めてから数週間以内からの危険性を増大させる。 危険性は服用量の増加、心臓病又はそのリスクを持つ事で上がる。 服用期間が長くなる事でも危険性は上がるかもしれない。 一般に、光学活性化合物を薬品として用いる場合、有効な鏡像体のみを投与することで選択性および有効性が高まることを期待するのは道理である(他のNSAIDであるのように)。 しかしながらイブプロフェンの場合、これまでの生体内試験では R 体を有効な S 体に変換する異性化の存在が明らかになった。 従って、単独の鏡像体で販売するのはコストに対して無意味で、市販されているイブプロフェンには両方の鏡像体の混合物()が用いられている。 合成法 [ ] イブプロフェンは以下の手順で合成される。 これにとを施しを得る。 このアルデヒドにを作用させとし、更に転換してを得る。 このニトリルを加水分解して R, S -2- p-イソブチルフェニル プロパン酸、即ちイブプロフェンを得る。 ヒトへの毒性 [ ] ヒトへの過量服用の事例は限定されている。 通常、服用した量と服用してからの経過時間によって症状は変化する。 しかし、個人の感受性が重要な役割を占める。 ヒトが過量服用した際の反応は、無反応から集中的治療にもかかわらず致命的な結果まで幅がある。 主な症状は、イブプロフェンの薬理学的性質の超える症状および腹痛、吐き気、嘔吐、眠気、めまい、眼震を含む症状である。 消化器出血も起こりうる。 さらに耳鳴り、中枢神経抑制、発作、低血圧、徐脈、頻脈、心房細動などの副作用が起こりうる。 代謝性、昏睡、急性腎不全、浮腫を伴う体液およびナトリウム停留、高カリウム血症、無呼吸症(主として低年齢の子供)、呼吸抑制、呼吸停止などのまれな症状がある。 数例にが見られた。 一般的に、イブプロフェンの過量服用による症状は他のの過量服用の症状に近い。 過量服用による症状の度合いと測定した血漿中の濃度については、ある程度の相関性がある。 後者の服用量については臨床的な経過が致命的である事を意味しない。 従って、治療上の指標は10から160である。 しかし、患者の年齢、体重、既往症により変化するため正確なを定義するのは不可能である。 治療は対症療法が主となる。 初期段階であれば嘔吐させるべきである。 また胃洗浄も効果がある。 いずれの場合においても、全身への循環が始まる前に薬剤を吸着するために活性炭素が繰り返し用いられるべきである。 通常の排尿を維持するための処置が推奨される。 イブプロフェンは酸性の性質を持っておりまた尿によって排泄されるから、アルカリ利尿剤は有益である。 低血圧、消化器出血、およびアシドーシスへの対症療法も可能である。 通常、ICUでの徹底した監視が指示され、また必要である。 もし患者が急性中毒期を乗り切れば、通常その後の再発はない。 後発医薬品 [ ] 先発薬である、が製造・販売する「ブルフェン」には、がいくつか存在するが、販売元となる各メーカーによる流通状況が芳しくなく、「後発薬はありますが、当店では取り扱っておりません」として、提供できない大手のも多く存在する。 販売元が扱わないことから、調剤薬局レベルまでいきわたらないものも一部で存在するのが現状となっている。 アメリカでは最初はBrufenの商品名で特許されていたが、Advil, Motrin, Nuprin, もしくはNurofenなどの商品名でも販売される。 一般医薬品 [ ] イブプロフェンは1969年にイギリスで処方薬として許可された。 それから数年、イブプロフェンの耐容性プロファイルに加えさらなるコミュニティでの経験は(フェーズIV治験とも言われる)、少量包装のイブプロフェンを世界中でとする再スケジュールをもたらした。 さらにこの傾向がイブプロフェンの再スケジュールを促進しているので、アメリカではスーパーや雑貨店での入手が可能になった。 事実、アメリカではイブプロフェン(通常200mg量)がやと並んで市販薬の鎮痛剤として最も広く使われている。 日本では1985年12月にとしてから「イブ」が発売され、後に同社の「エスタック イブ」シリーズに配合されたり、他の鎮痛成分を併せた「イブA」を1990年に、素早く効果を発揮する「イブクイックA頭痛薬」を2006年に発売している。 現在では他 の大衆薬メーカーも同様の製品を販売している。 ただし小児用市販薬としては認可されていない。 脚注 [ ]• 外務省 2020年3月15日. 2020年3月16日閲覧。 濵田理央 2020年3月16日. ハフポスト日本語版. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン. 2020年3月16日閲覧。 Rob Picheta 2020年3月16日. CNN. Cable News Network. 2020年3月17日閲覧。 Austria Press Agency 2020年3月14日. 2020年3月16日閲覧。 時事メディカル. 時事通信社 2020年3月18日. 2020年3月18日閲覧。 時事メディカル. 時事通信社 2020年3月20日. 2020年3月22日閲覧。 2011年5月7日閲覧。 参考文献 [ ]• AHFS online• Rossi S Ed. 2004. Australian Medicines Handbook 2004. Adelaide: Australian Medicines Handbook. Castell JV, Gomez MJ, Miranda MA, Morera IM 1987. Photolytic degradation of ibuprofen. Toxicity of the isolated photoproducts on fibroblasts and erythrocytes. Photochem Photobiol 46 6 , 991-6. Hippisley-Cox J, Coupland C 2005. Risk of myocardial infarction in patients taking cyclo-oxygenase-2 inhibitors or conventional non-steroidal anti-inflammatory drugs: population based nested case-control analysis. 2005;330:1366 11 June.

次の

変形性膝関節症の薬とその効果・副作用

アセト アミノ フェン 商品 名

組成表検索 薬効名を選択すると製品名が表示されますので、ご覧になりたい製品名にチェックして検索ボタンを押してください。 薬効の全データをPDFにてダウンロードする場合は、薬効名の横の全製品一覧リンクをクリックしてください。 各社製品の添付文書より抜粋(2020年4月)• 効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等は、各製品の添付文書をご参照下さい。 全て 糖液剤• 全て 細胞外液補充液 生理食塩液• 生理食塩液バッグ「フソー」(扶桑薬品工業・250mL)• 生理食塩液バッグ「フソー」(扶桑薬品工業・500mL)• 生理食塩液バッグ「フソー」(扶桑薬品工業・1,500mL)• 生理食塩液PL「フソー」(扶桑薬品工業・50mL)• 生理食塩液PL「フソー」(扶桑薬品工業・100mL)• 生理食塩液PL「フソー」(扶桑薬品工業・200mL)• 生理食塩液PL「フソー」(扶桑薬品工業・500mL)• 生理食塩液PL「フソー」(扶桑薬品工業・2,000mL)• 生食注キット「フソー」(扶桑薬品工業・50mL)• 生食注キット「フソー」(扶桑薬品工業・100mL)• 全て 細胞外液補充液 リンゲル液• リンゲル液「フソー」(扶桑薬品工業・500mL)• 全て 細胞外液補充液 乳酸リンゲル液• ラクトリンゲル液"フソー"(扶桑薬品工業・200mL)• ラクトリンゲル液"フソー"(扶桑薬品工業・500mL)• ラクトリンゲル液"フソー"(扶桑薬品工業・1,000mL)• ラクトリンゲルM注「フソー」(扶桑薬品工業・200mL)• ラクトリンゲルM注「フソー」(扶桑薬品工業・500mL)• ラクトリンゲルS注「フソー」(扶桑薬品工業・200mL)• ラクトリンゲルS注「フソー」(扶桑薬品工業・500mL)• 全て 細胞外液補充液 酢酸リンゲル液• ヴィーンF輸液(扶桑薬品工業・500mL)• ヴィーンD輸液(扶桑薬品工業・200mL)• ヴィーンD輸液(扶桑薬品工業・500mL)• 全て 細胞外液補充液 重炭酸リンゲル液• 全て 低張性電解質液 開始液(1号液)• 全て 低張性電解質液 脱水補給液(2号液)• 全て 低張性電解質液 維持液(3号液)• YDソリタ-T3号G輸液(陽進堂・200mL)• YDソリタ-T3号G輸液(陽進堂・500mL)• アクチット輸液(扶桑薬品工業・200mL)• アクチット輸液(扶桑薬品工業・500mL)• ヴィーン3G輸液(扶桑薬品工業・200mL)• ヴィーン3G輸液(扶桑薬品工業・500mL)• 全て 低張性電解質液 術後回復液(4号液)• 全て 低張性電解質液 その他• 全て アミノ酸製剤 高濃度アミノ酸液• 全て アミノ酸製剤 腎不全用アミノ酸液• 全て アミノ酸製剤 肝不全用アミノ酸液• 全て アミノ酸製剤 小児用アミノ酸液• 全て PPN(末梢静脈栄養輸液)• 全て PPN(末梢静脈栄養輸液) 糖・電解質・アミノ酸・水溶性ビタミン液• 全て TPN(高カロリー輸液) 糖・電解質液• カロナリーL輸液(扶桑薬品工業・700mL)• カロナリーM輸液(扶桑薬品工業・700mL)• カロナリーH輸液(扶桑薬品工業・700mL)• 全て TPN(高カロリー輸液) 糖・電解質・アミノ酸液• 全て TPN(高カロリー輸液) 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液• 5mL)• 5mL)•

次の

インフルエンザに伴う発熱に使う解熱剤(アセトアミノフェン など)に関して

アセト アミノ フェン 商品 名

特徴 [ ] アセトアミノフェンはやなどの NSAIDs と異なり、抗炎症作用はほぼ有していない。 正常な服用量では、血液凝固、あるいはの収縮などの影響が少ない。 と異なり、興奮、眠気などの副作用と、、は観察されない。 NSAIDsに起因する「」罹患者への投与はである。 用途 [ ] 医療用 [ ] として多く頓服処方されている。 、、、、、、、、、、、、小規模から中規模な手術後などの鎮痛目的で使用される。 解熱鎮痛薬の中では副作用が最も少ない部類に入る(副作用がないわけではない)ため、多くの疾患で第一選択薬として使用されている。 では解熱鎮痛剤として、アセトアミノフェンが推奨されている。 (系統のものは、出血傾向やを助長することからである。 ) 日本ではの整備前より使用されており、先発品は存在しない。 として、やが販売される。 としてはアセトアミノフェン単剤として「カロナール」をが販売している。 また、、、無水合剤の「SG配合顆粒 1g」をが販売している。 水溶性が極めて低いため、消化器疾患で内服不可能な患者には投与が難しかったが、2013年11月、が静脈注射製剤として「アセリオ」(ガラスバイアル製剤)を発売、2017年2月には「アセリオバッグ」(プラスチック製のソフトバッグ製剤)を発売した。 その他の用途 [ ] で生態系へ悪影響を及ぼしているの駆除にも効果があるとされる。 副作用 [ ] 肝障害 [ ] アセトアミノフェンは COX 活性阻害が弱くNSAIDsに見られるような胃障害の副作用が発生する頻度は低いが、の発症頻度が高まる恐れから、アセトアミノフェンを325以上含有する医薬品の処方中止を、2014年にがした。 米国ではアルコールに次いで2番目に多い肝硬変の原因物質である。 特に小児がアセトアミノフェン製剤の糖衣錠やシロップ薬を誤って過量内服する例が目立つ。 大量服用だけでなく少量の服用でも急性肝炎を発症する事がある。 また重篤な肝障害を有する患者には禁忌で、アセトアミノフェン4. 8をと一緒に服用し、急性肝不全で死亡した事例が1989年に報告される など、アルコール多量常飲者への投与は注意を要する。 犬や猫(特に猫)は能が低く、アセトアミノフェンを少量摂取しても中毒するため、アセトアミノフェン含有の解熱鎮痛剤を、犬や猫に投与してはならない。 ただし、一般的な風邪やインフルエンザのような短期使用の場合、投与量、投与期間は限られているため、副作用としての肝機能障害が問題になることはほとんどない。 過量服用時の治療には、独特のノモグラム を参照してアセチルシステインの投与量を決定する。 服用量に対応して肝細胞内のグルクロン酸の枯渇はある程度予測でき、それを補充することで肝障害をある程度予防することができるからである。 その他の副作用 [ ]• 顆粒球減少、血小板減少• 悪心、嘔吐• 喘息発作• 、間質性腎炎 オハイオ大学の調査にて、服用に伴い痛みの鎮静に加え、感情が希薄になることなどが伝えられている。 作用機序 [ ] アスピリンと同様にCOX活性を阻害することでの産生を抑制するが、その効果は弱い。 解熱・鎮痛作用はCOX阻害以外の作用によると考えられているが、詳細は不明である。 2002年に脳内で痛みの知覚に関与するシクロオキシゲナーゼ3 COX3 が発見され、アセトアミノフェンがこのCOX3を特異的に阻害することで鎮痛効果を発現すると考えられた時期もあったが、アセトアミノフェンの鎮痛効果発現メカニズムとCOX3阻害効果を結びつけることは非常に困難であることが明らかになってきた [ ]。 にZygmuntらにより、アセトアミノフェンの代謝物であるp-アミノフェノールが肝臓主体で産生された後に、大部分が脳内に、また、ごく一部は脊髄に移行しアラキドン酸と結合することで、N-アシルフェノールアミンを合成することを見いだした。 このN-アシルフェノールアミンが鎮痛作用を示す源となる可能性を報告している。 2011年の日本薬局方解説書には、アセトアミノフェンは系の阻害効果はほとんど持たず、の体温調節中枢に作用して表在毛細血管を拡張させることにより解熱作用を発揮するとされている。 鎮痛作用は、およびに作用し、痛覚閾値を上昇させる経路によると推定するとされる。 代謝経路と解毒 [ ] 経口投与では内服後30-60分で血中濃度が最高となる。 一部は肝臓のによってNAPQI(N-acetyl-p-benzoquinone imine または N-acetylimidoquinoneとも呼ばれる)に転換される。 NAPQIは毒性が高いが直ちにグルタチオン抱合を受けて無毒の ()とされ尿中に排泄される。 しかし、肝細胞内のグルタチオンが払底してしまうとNAPQIが肝細胞内の蛋白質や核酸と結合するため肝細胞が障害される。 そのため、アセトアミノフェンを多量に摂取すると肝臓毒性が現れる。 例えば、常習の飲酒のためにシトクロムP450の活性が上昇している場合には、アセトアミノフェンの接取量が少なくても中毒になりやすくなる。 アセトアミノフェン中毒に対してはグルタチオンの前駆物質であるを使用する。 グルタチオンを直接投与しても肝細胞には取り込まれないためである。 アセチルシステインはアセトアミノフェン服用後8時間以内に投与する必要があるが 、24時間以内の投与でも肝障害は抑制できないものの肝性昏睡を回復させ生命予後を改善する効果がある。 合成法 [ ]• Mangus, Brent C. ; Miller, Michael G. 2005. Philadelphia, Pennsylvania: F. Davis. Aghababian, Richard V. 22 October 2010. 814. World Health Organization 2015年4月. 2011年12月8日閲覧。 テルモ 2017年2月24日. 2020年4月24日閲覧。 全日本民医連 2019年9月17日. 2020年4月24日閲覧。 Pocket Medicine 7th ed. 安永満、松田彰史、村田誠 ほか、 肝臓 1985年 26巻 4号 p. 493-499, :• 清水勝 ほか「」第30巻第6号、1989年、 :。 MSDマニュアル プロフェッショナル版. 2020年3月6日閲覧。 Biol. Chem. 280 36 : 31405—12. 193 2001. Ellis, Frank 2002. Paracetamol: a curriculum resource. Cambridge: Royal Society of Chemistry. Anthony S. Travis 2007. In Zvi Rappoport. The chemistry of Anilines Part 1. Wiley. 764. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の