ウィルキンソン。 6tag.sixdegrees.org: アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水 500ml×24本: 食品・飲料・お酒

12年連続で売上拡大のウィルキンソン 仕事合間の気分転換で飲む人増

ウィルキンソン

シュワッとしたノド越し爽やかな炭酸水のブームが続いている。 居酒屋ではウイスキーのハイボールがビールをしのぐ勢いで人気を集めているほか、清涼飲料水の新商品が次々に発売され、自宅で簡単に炭酸飲料を作れるマシンも登場するなど市場は拡大する一方だ。 この炭酸、実は兵庫・阪神地域に「聖地」が複数存在することはご存じだろうか。 関係自治体は、このブームを逃すまいとPRに乗り出している。 (河合洋成) 強炭酸ブーム乗り 「天然たんさん水 この下にあり」 そう刻まれた高さ1・2メートルの石柱が、兵庫県宝塚市の武庫川近くの宝塚温泉街にある。 ここが今、若者に大人気の強炭酸水ブランド「ウィルキンソン タンサン」発祥の地だ。 明治22(1889)年、英国人のジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が、まだ森が広がっていた宝塚で狩猟中、偶然、宝塚温泉の源泉そばで湧き出ていた天然の炭酸泉源に遭遇。 翌年、瓶詰め工場を開設し、製造・販売を始めた。 同市在住の郷土史家、鈴木博さん(66)は、1899年発行の英国雑誌に掲載された写真から、工場が温泉街近くの紅葉谷にあったと特定。 「TANSAN」と書かれた木箱を積んだ荷車とウィルキンソン氏本人の写った写真もあった。 鈴木さんによると、当時、日本人には(ラムネなど)加糖していない純炭酸水になじみがなく、おもに輸出用に販売。 ウィルキンソン氏は近くにホテルも建設し、外国人も訪れる観光地になっていたという。

次の

ウィルキンソン (飲料)

ウィルキンソン

炭酸水の効果「ダイエットに繋がる」 炭酸水は、独特のしゅわ〜っと感があります。 これにより、例えば食前に飲むとかなりお腹が膨らみます。 特に、ウィルキンソンタンサンはその他の炭酸より、かなり強めの炭酸水で炭酸も抜けにくいので、飲みかけのウィルキンソンタンサンでも効果を感じられます。 食前に飲むと炭酸で胃が膨らみますし、実際に炭酸だけではなく、水分も摂っていることで、食事量を減らすことが出来ます。 炭酸水はカロリーゼロですから、単純に食事量だけが減らせる事で1日の全体のカロリー摂取量が減らせる。 これは、実際に1ヶ月継続したことで非常に強く感じています。 食前、特に夕食時に食べる前に飲むことで、かなり減らすことに成功できました。 炭酸水の効果「食後のスイーツを抑制」 人にはこれはある種の生理現象とも言えますが、別腹という言葉があります。 塩辛い食事をしたあとは甘いものが食べたくなるという経験は殆どの方が有るかと思います。 筆者も実は、食後のデザートやアイスにハマっており、困っていたのですが、食後に、しゅわ〜っとする炭酸水を飲むことで、甘いもの欲求を抑えることが出来ます。 これは本当ですから、一度是非試していただきたいと思っています。 味の濃い食事をした後に、炭酸水の清涼感で一気にスッキリするので甘いものが必要なくなります。 特に、間食やスイーツがやめられない人はお勧めです。 炭酸水の効果「禁酒に繋がる」 お酒好きな人にも効果的です。 実際、お店やコンビニ等で買うお酒にはビールをはじめ、ハイボール、酎ハイなど殆どのお酒には炭酸が入っています。 食後の一杯、夕食とともにお酒を飲むクセが有る方は、それを炭酸水に置き換えると、普段飲むお酒も炭酸入りの場合があるので、かなり、気持ちを紛らわす事が出来ます。 お酒の量を減らしたい、禁酒したいと考えている方には特にお勧めです。 一度、是非お酒の代わりに炭酸水を飲んでみて下さい。 「あれ、俺ってお酒じゃなくて炭酸を求めてたのかな?」って感じる位に満足できると思います! 炭酸水の効果「便秘に。 腸の蠕動運動」 炭酸が胃に入ると炭酸ガスの刺激で、胃の粘膜が元気になると言われていることをご存知でしょうか? 胃の粘膜を元気にしてくれることで、消化機能が促進されます。 また、さらに、腸に届くことで、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)という便を排出しようとする腸の運動が活発になり、便の排出やお腹のガスの排出も促されます。 炭酸水の効果「寝起きの炭酸水で身体を活発に」 個人的に寝起きの炭酸水はお勧めです。 炭酸水を飲む習慣が付けば、寝起きに飲みたくなるのですが、その理由が頭がスッキリすると言うことです。 寝起きのぼーっとした状態で炭酸水を口に入れるとしゅわ〜っとして、一気に眠気が吹っ飛びます。 ごくごく飲めば更に。 朝からスッキリしたい方には特にお勧めです。 寝る前の炭酸水も腸の動きを活発にしてくれて良いそうです^^ 炭酸水にはデトックス効果が? これは、実際に継続する中で体感出来たことではありませんが、なんでも炭酸水にはデトックス効果のような効果があるそうです。 炭酸はご存知の通り二酸化炭素を溶かしているものですが、二酸化炭素は本来、人体からすると排出したいガスです。 この二酸化炭素を炭酸として飲むと、血液内の二酸化炭素濃度が高くなります。 すると、血管を広げ血流を良くすることで、二酸化炭素を排出しようとします これにより、結果的には代謝が高まりデトックス効果が可能性として期待できると言うことです。 炭酸水を飲むなら無糖 炭酸水が良いと言っても、砂糖が入っている加糖の炭酸水は要注意です。 炭酸ジュースは炭酸が強いものが多いですが、飲み過ぎは糖分過多になります。 特に炭酸水を常飲しようとする=毎日飲むということになると思います。 毎日大量の砂糖入りの炭酸ジュースはどう考えても健康的には良くありません。 その為、炭酸水を健康につなげたければ、必ず無糖の炭酸水を飲むようにしましょう。 個人的にはやはり無糖の赤いラベルのウィルキンソンタンサンがオススメです。 ウィルキンソンタンサンには不思議な満足感がある これはちょっと感覚的な話にはなりますが、様々な炭酸水を試した結果個人的に最も体感できたのがウィルキンソンタンサンです。 なんというか、他にはない炭酸の質というか。 とにかく炭酸の弾け方、パリパリとした強い炭酸。 この高品質な炭酸はウィルキンソンタンサン以外の炭酸ではまだ実感したことがありません。 かなりオススメです。 自分で炭酸水を作って美味しく節約 ウィルキンソン炭酸水は確かに美味しい。 でも1つ難点が。 それは、ちょっと高いということです。 24本の箱買いで約2400円。 つまり、1本約100円ほどします。 1ヶ月1箱だとしてもちょっと高いですよね。 そういう方にオススメなのが自分で炭酸水を作れる です。 これならなんと、専用ボトル500mL当たり約18円で作れてしまいます。

次の

ウィルキンソン、ルーツは兵庫の炭酸泉 歴史は明治から:朝日新聞デジタル

ウィルキンソン

これは「ウィルキンソン タンサン」の生みの親・ウィルキンソン氏が宝塚に住んでいたのが縁になっている。 1889年頃、日本に定住していたイギリス人のジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が狩猟の途中に、兵庫県有馬郡塩瀬村(現在の兵庫県西宮市塩瀬町)で天然の炭酸鉱泉を発見。 ウィルキンソン氏がこの鉱泉水をロンドンに送り分析してもらったところ、医療用・食卓用として非常に優れていることがわかったという。 そこでウィルキンソン氏はこの鉱泉水を瓶詰めにして販売しようと、イギリスから必要な設備を取り寄せた。 現在の宝塚市に工場を建て、炭酸水を販売する事業を開始したのだ。 当初のブランドは「仁王印ウォーター」。 つまり、「ウィルキンソン タンサン」は宝塚が発祥の飲み物なのだ。 そんな背景からブランド力向上、観光誘致などを目的に宝塚市とアサヒ飲料が共同で手掛けたメニューが「宝塚ハイボール」である。 ウイスキーの琥珀色・ソーダの透明・フローズンのほのかな紫色のコントラストが美しい。 2018年に宝塚ホテルが開発したレシピは次の通り。 1 パルフェタムールとレモンジュースをブレンダーで混ぜ合わせフローズンする。 2 グラスに 1 を注ぎ、氷を入れる 3 「ウィルキンソン タンサン」を静かに注ぐ 4 「ブラックニッカ(リッチブランド)」を静かに注ぐ この4つの行程で爽やかで存在感のある一杯をつくりあげる。 店主の原田圭祐さんは、2012年に「フランケル」を開業。 オープンから4年後の16年にミシュランガイド(兵庫版)に掲載され、『美味しいうどん屋にならなければ』と気が引き締まったという。 「感染予防を徹底し、美味しいものを提供している。 心豊かな時間を過ごしてほしい」と話す。

次の