ガルパン 映画 最終 章。 ようやくガルパン最終章第1話を見た人のさくっと感想。

ガルパン映画最終章第1話の感想とグッズ開封!OVA超ネタバレ!ガールズ&パンツァー最終章は始まったばかり!

ガルパン 映画 最終 章

公開から1ヶ月、ようやく 最終章第1話に足を運んで参りました。 ご注意ください。 そもそもですが、私はシリーズを最初に視聴したのが去年の秋くらいという圧倒的遅さでして…… もっと前からこの作品を知っていれば、リアルタイムで色々と楽しめただろうに……と後悔している次第でございます。 ただ2015年公開の前回の劇場版作品は、去年秋頃に駆け込みで映画館鑑賞することができ、その臨場感と迫力と試合展開の面白さをしっかりと堪能することができました。 2015年公開の映画を2017年に劇場上映してるって普通じゃないよな…… 笑 そんなこんなでにわかににハマった私は、今回の最終章第1話も無事映画館に足を運ぶのでした。 そろそろネタバレ防止のための行数稼ぎも十分だと思うので、感想に入りたいと思います。 桃ちゃんのための最終章 「桃ちゃんのための最終章」であることは間違いなさそうです。 たった一人を救うためだけに新シリーズができるって、 どんだけ愛されてるんだ。 かくいう私も前回の劇場版で、桃ちゃんが会長がいない間健気に頑張るシーンがとても好きだったんですが。 どこか応援したくなるキャラクターであります。 桃ちゃんの留年 確定してないけど を救うため、戦車道推薦入学の獲得を目指して桃ちゃん隊長の下で大会優勝を目指す。 これが今作の筋となりましたね。 本筋は小細工もあまり無く単純明快なのは変わっていません。 大会で優勝しても、必ずしも推薦が取れると確約があるわけでもないのに突っ込んでいくところは、らしさ ? を感じます。 あふれでる感 バカにしてないよ! が魅力の桃ちゃんが、 隊長としてどう戦っていくか、そしてどう変わっていくかが楽しみです。 パンフのインタビューでも「態度は大きいけどスペックが低い」とかひどい評価を下されていましたね 笑。 劇中でも模試の判定だけで留年疑惑というこの扱い。 第1話では、隊長としてもまだまだ不慣れな感じでした。 こう見てみると、これでもかというくらい伸びしろが用意されていますね。 6話に向けて桃ちゃんのこれからが楽しみです。 正直今までのシリーズを見ていた時に、 「学年の違い」っていうのをあまり強く意識する場面は個人的にそこまでなかったのですが、ここにきて一気に3年生である事が大きく意味をもってきましたね。 に限らずですが、やはり 「卒業」っていうのは懐の広いテーマだな〜と思います。 桃ちゃんだけでなく、当然他の生徒会メンバーも卒業が近く、生徒会役職も引き継ぎ済み。 華が会長、優花里が副会長、広報が沙織。 後でゆっくりと吟味してみると 「確かに、これしかないな」という配職ですね。 当然、他の高校の主力選手たちにも卒業後の話が出てきてました。 みんな当然のように留学していきます。 他校の動向の中でも気になったのはやはり まほのいない黒森峰を任された逸見エリカ、ですかね。 ガッツリ今後の展開にも関わってきそうです。 相変わらず深そうに聞こえる名言を言いつつカンテレを掻くミカさんもやけに記憶に残りました 笑。 "人との関わりと同じくらい孤独も大切なことなんだよ" 逐次振り返り感想 全体的な流れとしては、桃ちゃんのために大会出場を決めた後は、まずは 新戦車探しと船舶科の5人組とチームの勝負、そしてトーナメント抽選を経て BCとの戦い前半まで、でした。 船舶科の5人は、 不良だけど恩義に厚いと、いかにも海賊っぽさのある5人でした。 ここでも桃ちゃんの人望の厚さが顔を出しますね。 リーダー対決がお銀と華というところに、会長としての華が見られてよかったです。 カップが来て、飲んで、飲んで、置いて、という 動作とBGMとの音ハメも楽しかったですね。 BCは、今度は フランスを模した学校のようです。 パンフのインタビューを読むに、 「今度はフランス戦車だそうぜ!」という戦車ありきな所から組み上がっていったみたいですね 笑。 偵察されている段階から仲悪い様子を醸し出していたけど…… 実はふつうに仲良いですよ〜という作戦でした。 押田と安藤ってオスカルと的な感じか……っていうのは上映後になってから気づきました。 マリーは王妃ですね。 そんな作戦に騙されていることに気づかず相手フラッグへと前進する大洗主力部隊は、油断もあり橋の上で押田、安藤、マリーの3方面に包囲されてピンチを迎えます。 ここで冒頭のシーンに戻ってきました。 冒頭が戦車道の試合シーンから始まると、が始まったなという気持ちになりますね。 優花里の「私のせいで〜」という発言も冒頭ではよく真意がわかりませんでしたが、ここにきて偵察の事を言っていたのかと一気に回収されていく感じがありました。 アニメの第1話もこんな感じの試合シーンからの入りでしたね。 今作も前半はストーリーを進める部分が多いですし、 "戦車道やるから後半まで待ってろよ!"というスタッフのメッセージのように感じました。 大洗は窮地に陥りますが、みほのアで サメさんチームの戦車の全長8m たしか を生かして対岸まで橋渡し。 無事壊れかけの橋から脱出し、形勢をイーブンにもどします。 なんという ダイナミックな戦車の使い方。 最終章観終わった後に家で テレビシリーズ第1話を見直してたら、Bパート頭の「戦車道入門」の映像冒頭にサメさんチームの戦車っぽいのが写ってて驚きました。 多分同じだと思うんですが。 戦車を見る目は無いので自信なしです。 今すぐ第2話を放映してほしさに溢れながらEnter Enter Missionの豪華アレンジを聴きました。 マーチはやっぱり士気を上げますよね。 余談ですが私が今のところ一番ハマったマーチング曲は、聖グロの 「The Grenadiers」です。 アレンジもいいですよね。

次の

ガルパン最終章1話のネタバレ!ストーリーのあらすじ詳細と新キャラまとめ

ガルパン 映画 最終 章

特装限定版は特典満載の豪華仕様! 最後の戦い、始まります! 3年生の卒業を控え、生徒会が改選されて新執行部が始動するなど、小さな変化も始まっていた。 そんなある日、彼女たちの上に降って湧いた騒動。 再び現れた難問に立ち向かうため、戦車道チームが再始動する。 大学選抜チームとの戦いに勝利し、大洗女子学園戦車道チームのメンバーたちにもようやく平穏な日々が訪れていた。 そんな中、再び難問が現れ、戦車道チームが再始動する。 劇場版の出来のよさに最終章はどう立ち向かえるのかと期待と不安でしたがその不安は見事払拭されました。 1話ということもあってストーリーのプロローグ、キャラクター紹介で基本終わった感じです。 どうしても時間の制限があるため大変気になるところで終わってしまい早く第2話が待ち遠しくなってしまいます。 相変わらずおまけが本編をはるかに上回る時間と物量になっていますがひとつ気になったのがオーディオコメンタリー。 キャストコメンタリーは今回大変楽しめました。 前回の劇場版もオーディオコメンタリーは楽しめましたが今回のミリタリーコメンタリーに関してはオブラートに包んで言うならば 「クソ」 でした。 ただのオタクの喧嘩になっており聞いていて非常に不愉快でした。 おそらく収録時間が少なすぎたためにああなったのかと思います。 前回の劇場版のミリタリーコメンタリーは面白かったので大変残念でした。 とはいえメインはアニメーションであっておっさんたちの知識合戦ではありませんので星は5です。 次回も楽しみです。 昔のアニメはよかったな〜などとぼやいていましたが、劇場版を見てどひゃー!となって全キャラクターの名前が言えるようになって男が戦車に乗っていると違和感すら覚えるようになったにわかファンです。 最終章はようやくBDで鑑賞、洗脳済みの子ども達とツッコミ(いい意味で)を入れながら至福の時を過ごしました。 ガルパンの魅力は語り尽くされていると思いますが、今回劇場版と比べても映像、音声共に確実に進化しています。 絵はチャレンジングなアングルや動きが随所に見られます。 高密度なのに構図がきれいで激しいシーンでもごまかしがなく疲れません。 音は劇場版の迫力はそのままに、包囲感、移動感が素晴らしいです。 かなり誇張されていますがアニメはこれくらい派手な方が楽しめますね。 とどまること無くより良いものを追求するスタッフの皆様のプロの仕事にただただ脱帽です。 BDには余すところなく作品の魅力が詰まっていると思います。 できれば紙ジャケにするなどコレクションする歓びがあると尚良いですね。

次の

ガルパン最終章1話のネタバレ!ストーリーのあらすじ詳細と新キャラまとめ

ガルパン 映画 最終 章

「ガールズ&パンツァー最終章第1話」の感想や劇場で購入したグッズの紹介など、 今回のガルパン映画についてレポートします! 映画と言っても正確には 『全6話』からなるOVAの劇場上映。 今日がその第一話の公開日でした。 チケットは発売日の12月5日の深夜24:00すぐに取っていました。 首都圏の一部の劇場では予約の時点で満席だという話を聞いていて、 「大阪はどうやろうか?」と思ってスクリーンに入ったんですが、感覚では5分の4くらいの埋まりでしたね。 両サイドのブロックにはたくさんの空席がありました。 満席じゃなくてムッとしたのは僕だけじゃないはず。 条例 18未満22:00以降入場不可 の都合もあって年齢層バリ高い。 上映時間: 47分 通常料金: 1,200円 【B】映画の感想です! 全体を通した感想 面白かったです! 前回の 劇場版と比べてしまうと見劣りしてしまいますが、 ガルパンOVAとしては十分な内容でした。 というのも、 TVシリーズの時と同じように新しい戦車・仲間をチームに加えて、新しい学校と戦う。 今回のOVAでもこのお馴染みの展開がテンポよく繰り広げられました。 オープニングがかっこいい まずオープニングで涙! 歴戦の隊長たちが新OP曲と一緒に映し出されるのがかっこよかったですよね〜。 それと同時に好きなアニメの新作を観られることの幸せに、 「最速上映に来たぞ」という高揚感も手伝って感動がこみ上げました。 至福でした。 誰が為に戦うのか 大洗は 『TVシリーズ』と 『劇場版』では母校存続という大義のもとに戦っていました。 じゃあ今回の戦車道、彼女たちは何をかけて戦うのか。 それがまさかの河嶋の留年阻止 大学進学 w 無理がある気がしましたが、他にいい案が思いつかなかったんでしょう。 しょうがないですね。 そもそも今回のOVAって劇場版の予期せぬヒットを受けての急造にしか見えないし。 その結果的に河嶋を隊長に据えての 『無限軌道杯』。 相手校と交戦中のお銀 「隊長は桃さんだよ」には痺 しび れました。 新しいメンバーはさめさんチーム 大洗のヨハネスブルグ。 局のオリジナルアニメにありそうなクソつまらない展開。 しかも暴力的な描写 そどこの鎖や喧嘩・凶器 が不快だったけれど、 さめさんチームの導入 紹介 のためだったんですね。 相手がビール瓶を握った瞬間、関取が頭に浮かびました。 過去の対戦校について ストーリーの編成上、登場はほとんどなかったですね。 わずかな登場シーンながら ダージリンは面白可愛いかった。 ダーとかミカとか、彼女たちはいたって真面目で、特にネタキャラでもないんでしょうが、 なぜか彼女たちが話すとクスッと笑ってしまいます。 自分はガルパンではダージリンが一番好きです。 印象的だったのは 西住まほのいない黒森峰。 寂しかったです。 4強から外されているような発言もありました。 「プラウダ・聖グロ・サンダース・大洗の戦いになる」と。 一昨年まで9連覇していた学校ですよ。 隊長1人抜けたくらいでそんな簡単に弱体化しないだろとも思いましたが。 個人的にはまほ好きなので終盤には帰って来てほしい。 ていうか、帰ってくるでしょ。 BC自由学園 BC自由学園の欺瞞 ぎまん 作戦は策士で面白かった! 観ているこっちも意表を突かれました! でも、橋の上で集中砲撃を受けて大洗側が一台も走行不能にならなかったのはさすがに不自然だったな。 他の6台を救ったさめさんチームくらいは白旗上がるかと思ったんですが。 誰も履帯すら外れないとは。 マリーは面白いキャラしてそう。 頭下げんかい。 いつもの相手校の校歌?も堂々としていて力強さを感じさせるフランス系の学校らしい楽曲でした。 しかし、あんなところで第一話が終わるとは・・・。 きつすぎる。 一週間後には続きが見られるTVとは違うのに。 いつもか。 パンフレット 864円 「分厚くて作りもしっかりしてるしええやん」って思ってパラパラめくっていたら半分近くは広告で残念。 広告といってもガルパン関連だけど、値段通りの商品です。 今回のOVAで新しく加わったさめさんチームとその戦車・BC自由学園の紹介などはよかったです。 値段通りなので買って損はありません。 ていうか、パンフは買いますよね。 ぱしゃこれ 270円 パターンA・Bの2種類が出ていました。 1パック3枚入り。 ラインナップは「A-BOX」34種、「B-BOX」35種。 買い忘れていたのでまた映画館行って買って来ます。 買って来ました! 上の写真も差し替えました。 ICカードより少しだけ大きいサイズで、絵柄は劇場版のシーンですね。 狙いは みほ・まほ・ダージリン・愛里寿の4人! 特にB-BOXのパッケージにもなっている照れアリスは欲しい。 まずはA-BOXから開封! 次にB-BOX! この辺が嬉しかった!! 欲を言えばみほのかっこいい・可愛い絵柄が欲しかったな。 あと、1袋1袋開封しながらこれ買ってどうするんやろ?って思いました! ボールペン 1944円 本当に買うものがなさすぎて実用性のあるボールペンを買いました。 ミニ色紙 特典 来場者特典として無料で配布されます。 島田フミカネ先生 キャラ原案 の描き下ろしです。 さいごに 最速上映お疲れ様でした!!! 眠たい!寝ます! おやすみなさい! 関連記事: あとがき 当初は「最終章が劇場で全6話??これいかに・・・。 」から始まった今回のOVA上映会。 ぶっちゃけここまでの流れ的に「今回のあまり期待しちゃダメだ」と思ってハードル下げまくった上で観に行ったっていうのもよかったのかもw でも、新作を観れて本当に嬉しかった! 明日にでも第2話が観たいわ。

次の