浄土宗 本尊。 仏壇のまつり方

【楽天市場】本尊・掛軸 > 浄土宗:なごみ工房 楽天市場店

浄土宗 本尊

本尊 お仏壇の〝主役〟は信仰の対象とする仏さまで、ご本尊とお呼びします。 浄土宗のご本尊は阿弥陀仏(阿弥陀さま)です。 お祀りしていない場合は、ぜひお迎えください。 阿弥陀仏のお姿には彫刻と仏画があり、そのいずれにも、座ったお姿(坐像)のものと立ったお姿(立像)のものとがあります。 坐像は極楽浄土で私たちをお待ちになっているお姿を、立像はお浄土から私たちをお救いに来てくださるお姿を象 かたど っています。 浄土宗では立像をお祀りするのを基本としますが、坐像でも結構です(現在、坐像のご本尊をお祀りの方は買い替える必要はありません)。 材質や大きさもさまざまですから、求める際にはお仏壇の大きさを考慮して選びましょう。 阿弥陀さまを中心に、向かって左に法然上人、右に善導大師 ぜんどうだいし (中国・唐時代にお念仏の教えを弘めた高僧。 法然上人が師と仰いだ方)もお祀りしましょう。 なお、阿弥陀さまは観音菩薩 かんのんぼさつ ・勢至菩薩 せいしぼさつ をしたがえていると説かれていますから(これを「阿弥陀三尊 あみださんぞん 」といいます)、スペースに余裕があれば、阿弥陀さまに向かって右に観音菩薩を、左に勢至菩薩をお祀りできればなお結構です。 位牌 詳しくは位牌の項目をご覧ください。 そのほかの備品 お香やお線香をたく香炉、ろうそくを立てる燭台 しょくだい 、花を生ける花瓶はぜひご用意ください。 お香は身を清らかにし心を静かに落ち着かせるため、ろうそくの火は仏さまの智慧 ちえ の光、美しい花は供養のまごころを表す意味があります。 それぞれを一つずつ揃える場合を三具足 みつぐそく 、燭台と花瓶を各一対で揃える場合を五具足 ごぐそく といい、いずれにするかはお仏壇のスペースと相談してお決めください。 香炉を中央に、その向かって右に燭台を、左に花瓶を置きます(三具足の場合)。 五具足の場合には、香炉の左右に燭台を、その外側に花瓶を置きます。 また、ご飯や茶湯 さとう を供える仏飯器 ぶっぱんき ・茶湯器、線香立て、供物を載せる高坏 たかつき 、鈴 りん 、マッチ消し、お経本なども揃えましょう。 常花 じょうか 、灯籠 とうろう 、打敷 うちしき 、天蓋 てんがい などを安置するとお仏壇がより荘厳になります。 お仏壇手前に置く経机 きょうづくえ 、木魚などは、適宜ご検討ください。 お供物は、生菓子(饅頭など)・干菓子(落雁など)・水菓子(果物など)が主ですが、向かって右にお菓子、左に果物を供えます。 また、季節の初物や到来物は、まずお仏壇にお供えしてからいただくようにしましょう。 仏壇の位置と向き 基本は、「仏さま、ご先祖さまに失礼にならない場所・置き方」に留意することです。 次を参考にしてみてください。 ・いつも家族が集う居間などに。 ・心静かに「おつとめ」(勤行・読経 ごんぎょう・どきょう )のできる、奥まった部屋などに。 ・拝むときに西(極楽浄土のある方角)を向くように、つまりご本尊が東を向く場所に。 ・神棚のすぐ下や、神棚と向かい合わせにならない場所に。 ・階段や、物を置く棚などが上方にない場所に。 ・直射日光が当たらない場所に。 間取りによってはなかなか理想通りにはいかないかもしれませんが、先に挙げた項目が一つでも多く当てはまる置き方が理想です。 なお、西(東向き)に安置できない際でも、「お仏壇のある方角が、阿弥陀さまやご先祖のいらっしゃる西方極楽浄土の方角」の思いでお参りすることが大切です。 注意したいこと お家のお仏壇をあらためてよくご覧ください。 花は枯れたまま、供物にはカビが生え、仏具はほこりだらけ、仏飯器や茶湯器はあるけれど、ご飯もお茶もおあげしていない、他宗の祖師像画が祀られていたり、古いお札やお守り、菩提寺からいただいた冊子や手紙類が多数押しこめられていたり…、といったことはありませんか。 お祀りしている仏さま、ご先祖のお気持ちになったつもりで、喜んでいただけるように心がけることが大切です。 清掃の際には、お仏像、お位牌はもちろん、仏具は壊れやすいのですべて丁重に扱い、仏壇・仏具用の布で拭くのを基本に、汚れがひどい場合には、家庭用品用の洗剤を溶かしたぬるま湯を柔らかい布や脱脂綿に浸して拭きとり、さらにカラ拭きをするとよいでしょう。

次の

浄土真宗の御本尊は次の3つのどれ?阿弥陀如来の木像・絵像、名号

浄土宗 本尊

仏壇とは 仏壇は先祖をまつる場であると思われている方も多いかもしれませんが、本来はご本尊の仏さまをまつる場所であります。 故人や先祖の位牌はご本尊の下段に置きますが、これは仏さまの弟子となったことを表しています。 仏壇のまつり方 浄土宗の仏壇では、須弥壇にご本尊をまつります。 須弥壇とは仏壇の中心となるもので、ご本尊を安置する場所となります。 須弥壇の左右に脇壇があり、その向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩をまつりますが、右側に善導大師、左側に法然上人をまつる場合もあります。 法然上人はご存知のように浄土宗の開祖ですが、善導大師は中国の浄土教の大成者で、法然上人が浄土宗を起こすきっかけとなった『感無量寿経疏(観経疏)』を著した僧です。 ご本尊の阿弥陀如来は木像・絵像どちらでもよく、立像・坐像どちらでも構わないとされていますが、ご家庭では舟立阿弥陀と呼ばれる立像をまつるのが一般的です。 位牌は脇壇のすぐ下の段にまつります。 位牌が1つの場合は向かって右側に、2つの場合は右側に古い位牌を置きますが、位牌の数が多くなってきた場合は繰り出し位牌にされるとよいでしょう。 繰り出し位牌とは位牌の札が複数入るようにしたものです。

次の

仏壇のまつり方

浄土宗 本尊

同じ阿弥陀如来でも浄土宗の方は木像でも掛軸でも「舟弥陀」といって後光が舟のような形になっているものを安置します。 阿弥陀如来 座像と立像の違いは? そういえば同じ阿弥陀様でも立っている姿もあれば、座っている姿もありますがどのような違いがあるんでしょうか? 実は立っているお姿は来迎 お浄土から迎えにこられる の姿。 座っているお姿はお念仏をとなえる者を浄土でお待ちになっている姿を表しています。 法然上人は「浄土への往生を願うのであれば来迎の姿 立ってる方 をお祀りすべき」とおっしゃっています。 ええ!うちのお仏壇の阿弥陀様座ってるんだけど!どうしよう! いろいろなご縁があってお迎えしたご本尊ですので、買いなおしたりする必要はないそうです。 ちなみに増上寺や知恩院の阿弥陀様は座っておられました。 御本尊の両側の人物について 右側:善導大師 中国、唐の時代の人物。 観経疏 かんぎょうしょ を著してお念仏の教え 称名念仏 を確立した方。 掛け軸に描かれたお姿の足の部分が金色になっているのはミスプリントではありません。 法然上人が夢の中で善導大師と出会った際に、下半身が金色に輝いていたという記録に基づいて描かれているからです。 法然上人は善導大師のことを阿弥陀様の生まれ変わりと崇められていました。 左側:法然上人 鎌倉時代、美作 岡山県 出身。 浄土宗を開かれた方。 善導大師の観経疏の中の「一心にもっぱら弥陀の名号を念じて、行住坐臥に時節の久近を問わず念々に捨てざるは、これを正定の業と名づく、かの仏の願に順ずるがゆゑなり」という一節で凡夫が救われる道は念仏であると確信し、民衆にその教えを説かれました。 選択本願念仏集 せんじゃくほんがんねんぶつしゅう を著し、これは浄土宗独立の書物ともいわれます。 観音菩薩と勢至菩薩 お寺では上記の法然上人と善導大師に加えて観音菩薩と勢至菩薩も祀られています。 一般のご家庭のお仏壇にはスペースの都合で祀られない場合が多いですが、余裕があればお迎えしたいところです。 右が観音菩薩、左が勢至菩薩 観音菩薩 観世音菩薩とも は阿弥陀様の慈悲を表し、勢至菩薩は阿弥陀様の智慧を表します。 阿弥陀如来を中心に観音菩薩、勢至菩薩が脇侍として配置する形式を弥陀三尊といいます。 この形式で配置する場合、掛け軸よりも木像にされることが多いです。 お釈迦さまもお肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々 現代日本でお肉を食べない人といえば? 檀家総代を引き受けてしまった! 名前だけは聞いたことあるけど 役割は謎に包まれた檀家総代。 結局 100均で買える仏具 セリア編 法事やお盆に必要になる仏具。 仏壇仏具店で購入するのが一般的ですが、 焼香盆 または回し香炉 を用意してください。 お寺様から言われたけど…一体どういうものなのか? お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる 浄土真宗の打敷の掛け方 まず打敷って何なのか? お仏壇を荘厳 お飾り するための仏具の一つで お坊さんと神主さんの違いについて 仏に仕える人と神に仕える人? 簡単に言うと確かにそうですが 仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さ 近年の住宅事情の変化によって新築しても仏間のないおうちやマンションに住まわれる方が増えたこともあり、 仏壇の電気がつかない!自分で直す方法 仏壇の電気がつかないときの修理方法あれこれ。 現在仏壇の電.

次の