クラビット。 クラビット(レボフロキサシン)の副作用と効果とは!

クラビット点眼液1.5%

クラビット

1錠中に次の成分を含有 販売名 有効成分 添加物 クラビット錠250mg レボフロキサシン水和物(日局) 256. 2mg(レボフロキサシンとして250mg) 結晶セルロース、カルメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、フマル酸ステアリルナトリウム、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、マクロゴール6000、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ 添加物 : 結晶セルロース 添加物 : カルメロース 添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加物 : フマル酸ステアリルナトリウム 添加物 : ヒプロメロース 添加物 : 酸化チタン 添加物 : タルク 添加物 : マクロゴール6000 添加物 : 黄色三二酸化鉄 添加物 : カルナウバロウ 性状 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、結核菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ) <適応症> 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱 用法用量 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。 本剤の500mg1日1回投与は、100mg1日3回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる。 本剤の投与にあたり、用量調節時を含め錠250mg及び細粒10%を用いる場合も分割投与は避け、必ず1日量を1回で投与すること(「薬効薬理」の項参照)。 腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして(注射剤より本剤に切り替えた場合には注射剤の投与期間も含め)14日間投与すること。 炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨している。 長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行うこと。 腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、下記の用法・用量を目安として、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔をあけて投与することが望ましい(「薬物動態」の項参照)。 Ccr<20 初日500mgを1回、3日目以降250mgを2日に1回投与する。 規格単位毎の明細 クラビット錠500mg 1錠中に次の成分を含有 販売名 有効成分 添加物 クラビット錠500mg レボフロキサシン水和物(日局) 512. 5mg(レボフロキサシンとして500mg) 結晶セルロース、カルメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、フマル酸ステアリルナトリウム、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、マクロゴール6000、黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄、カルナウバロウ 添加物 : 結晶セルロース 添加物 : カルメロース 添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加物 : フマル酸ステアリルナトリウム 添加物 : ヒプロメロース 添加物 : 酸化チタン 添加物 : タルク 添加物 : マクロゴール6000 添加物 : 黄色三二酸化鉄 添加物 : 三二酸化鉄 添加物 : カルナウバロウ 性状 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。 本剤の500mg1日1回投与は、100mg1日3回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる。 本剤の投与にあたり、用量調節時を含め錠250mg及び細粒10%を用いる場合も分割投与は避け、必ず1日量を1回で投与すること(「薬効薬理」の項参照)。 腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして(注射剤より本剤に切り替えた場合には注射剤の投与期間も含め)14日間投与すること。 炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨している。 長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行うこと。 腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、下記の用法・用量を目安として、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔をあけて投与することが望ましい(「薬物動態」の項参照)。 Ccr<20 初日500mgを1回、3日目以降250mgを2日に1回投与する。 規格単位毎の明細 クラビット細粒10% 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。 本剤の500mg1日1回投与は、100mg1日3回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる。 本剤の投与にあたり、用量調節時を含め錠250mg及び細粒10%を用いる場合も分割投与は避け、必ず1日量を1回で投与すること(「薬効薬理」の項参照)。 腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして(注射剤より本剤に切り替えた場合には注射剤の投与期間も含め)14日間投与すること。 炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨している。 長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行うこと。 腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、下記の用法・用量を目安として、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔をあけて投与することが望ましい(「薬物動態」の項参照)。 Ccr<20 初日500mgを1回、3日目以降250mgを2日に1回投与する。

次の

クラビット(レボフロキサシン)の作用機序:抗菌薬

クラビット

効果・効能・作用 皮膚感染症やリンパ管・節炎、膀胱炎など様々な疾患の治療に使われます。 〈適応菌種〉 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、結核菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ) 〈適応症〉 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱 クラビット錠500mg添付文書 副作用 主な副作用として下痢、吐き気、発疹、めまい、白血球数減少、不眠などがあります。 体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。 薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。 ただし、炭疽などの重篤な疾患に限り、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。 ただし、炭疽などの重篤な疾患に限り、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。 ・フェニル酢酸系またはプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬(フルルビプロフェンなど) ・アルミニウムまたはマグネシウム含有の制酸薬など、鉄剤 ・クマリン系抗凝固薬(ワルファリン) ・QT延長を起こすことが知られている薬剤(デラマニドなど) 効果時間 血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を使用してから約0. 99時間後とされています。 また、その後約7. 89時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。 薬効・薬理 本剤は、細菌のDNAジャイレース及びトポイソメラーゼIVに作用し、DNA複製を阻害します。

次の

クラビット錠250mg、錠500mg、細粒10%(効能・効果、副作用、添付文書 等)

クラビット

適応菌種 [ ] 本薬剤に感受性のある、、、、、、などによる感染症。 嫌気性菌を含む群及び• 属 注射剤のみ• 属 注射剤のみ 主な適応疾患 [ ]• 、慢性呼吸器病変の二次感染、急性、炎、周囲膿瘍、・炎、炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、、(急性症、慢性症)、炎(副睾丸炎)、炎、感染性、、、、涙嚢炎、、炎、炎、、、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、、、、、 、• 、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、管・リンパ節炎、慢性膿皮症、(を伴うもの)、・および手術創等の二次感染、、、炎、子宮内感染及び付属器炎、頸管炎 錠剤のみ• 他の薬剤と併用し Helicobacter pylori の除菌に用いられる事がある。 主な副作用 [ ]• QT延長• 関節痛• 胸部不快感• 倦怠感• 低血糖• アキレス腱炎、腱断裂• 過敏性血管炎 主な相互作用 [ ] 他の薬剤との併用により、自身の効力減弱や増強または併用している薬剤の効力に変化を及ぼすが報告されている。 フェニル酢酸系又はプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬 - 痙攣を起こすおそれ• アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸薬等、鉄剤 - 効果の減弱• 作用機序 [ ] レボフロキサシンはとの両方に活性がある、薬効範囲の広い抗生物質である。 すべてのキノロン系抗菌薬のように、や ()と呼ばれる二つのタイプのを阻害することにより働く。 製品画像 [ ]• The American Society of Health-System Pharmacists. 2016年8月25日閲覧。 www. drugs. com. 2017年1月23日閲覧。 第一三共株式会社 医薬品インタビューフォーム「クラビット錠・同細粒」p. 日本消化器病学会雑誌 Vol. 107 2010 No. 8 P. 1273-1282, :• 第一三共 参考文献 [ ]• 第一三共株式会社• 岡崎治、『ニューキノロン系合成抗菌剤レボフロキサシンの体内動態』 化学療法の領域 10, 68-73, 1994, 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 『皮膚の科学』 Vol. 13 2014 No. 4 p. 278-284, :• 『水環境学会誌』 Vol. 27 2004 No. 11 P. 707-714, : この項目は、に関連した です。

次の