鹿児島市 審美。 鹿児島市 フレンド歯科|一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・入れ歯・審美歯科

審美歯科|鹿児島市鴨池駅/郡元駅の【杉田デンタルクリニック】

鹿児島市 審美

白い詰め物というと、セラミックやジルコニアなど、高価なものしかないように感じている感じている方もいらっしゃるかもしれません。 当然、材質的にも、見た目的にも、セラミック系は歯にとって良いものです。 しかし、実は保険診療でもある程度白い詰め物やかぶせ物で行うことができます。 なので、一般的には、奥歯の歯と歯の間の虫歯は、銀歯で治すか、セラミック系の自由診療で治すかの選択肢でした。 しかし、材料の進化によって、現在では、保険診療で用いるコンポジットレジンという材料で歯と歯の間の治療ができるようになりました。 なので、奥歯の歯と歯の間の治療は、銀歯か、セラミック系か、コンポジットレジンという選択肢があります。 コンポジットレジンは、保険適用で、見た目も白く、型を取ったりしなくて良いといった利点があります。 しかし、セラミック系と比較すると、劣化が早かったり、欠けやすかったりします。 銀歯を入れるのは嫌だけども、セラミックは費用的に厳しいという場合は、コンポジットレジンでするのがおススメです。 ただし、歯医者さんによっては、奥歯の歯と歯の間の虫歯は、コンポジットレジンではしないという歯医者さんも多いので、注意が必要です。 ななつ星歯科では、積極的にコンポジットレジンを使用しているので、気になる方は、ご相談ください。 しかし、近年、キャドカム冠と呼ばれる、保険適用のかぶせ物ができるようになりました。 ただし、できる歯とできない歯があります。 保険適用のCADCAM冠は、上と下の左右第1と第2小臼歯(前歯から4番目と5番目の歯)、 上下左右の第2大臼歯が全部残っている場合に限り上下左右第1大臼歯(上下左右前歯から7番目の歯が全部残っていれば前歯から6番目の歯の上下左右)は白いCADCAM冠が、保険で適用されます。 以前は保険診療なので精度が悪いと言われていましたが、最近では良い精度となっております。 また、CADCAM冠は、認められた歯科医院でしかできないため(国から指定を受ける必要があるため)、場合によっては取り扱っていない歯医者さんもあります。 ななつ星歯科では、CADCAM冠も取り扱っておりますので、気になる際はご相談ください。 患者様にとって重要なことは、たくさんの選択肢があるということです。 歯科医院側は、患者さんに利点欠点を説明し、その中から患者様自身に、選んで頂いております。 また、どんなに良いかぶせ物を入れても、かぶせ物はあくまで人工物であり、天然の自分の歯に勝ることはありません。 なるべく削らず、正しく予防し、ずっと光り輝く星のように美しい歯であってほしい。 ななつ星歯科では、そのように考えております。 ななつ星歯科 院長 渡辺 航太より 虫歯の治療では、虫歯を削った後に詰め物や被せ物を入れます。 口元を自然に美しく見せたい方には、白い素材がオススメです。 当院では口元の美しさだけでなく、お口の中に詰め物や被せ物を入れた後、しっかりと機能することを大切にしています。 実は詰め物や被せ物の治療は、詰めたり被せたりしたら終わりではありません。 時間の経過により、噛み合わせや歯ぐきの状態は変化します。 ご自身では気が付かなくても、歯の一部分だけ噛み合わせが強く、歯に負担がかかっていることもあります。 噛み合わせが強すぎると、歯が折れてしまうことさえあるのです。 当院ではこうした事態にならないよう、治療を終えた後も噛み合わせの状態をしっかりと検査しています。 噛み合わせを調整していくことによって、見た目だけでなく、詰め物・被せ物の「噛む」という機能も維持しています。 また、夜寝ている間に歯ぎしりをしている方や、食いしばりの強い方には、歯にかかる負担を軽減するマウスピース療法をご提案。 詰め物・被せ物だけでなく、ご自身の歯も守っていきます。 詰め物や被せ物は、歯科技工士という専門家が、歯科技工所で作るのが一般的です。 歯科技工士や歯科技工所にはそれぞれ得意分野があり、入れ歯が得意な技工所や、詰め物や被せ物が得意な技工所もあります。 ななつ星歯科では、製作するものに合わせて歯科技工所を厳選。 実績や得意分野を照らし合わせて、より良いものを作れるところに依頼しています。 当院の院長と、詰め物・被せ物の製作を依頼している歯科技工士は、一緒にセミナーにも参加するほどの付き合いがあり、妥協しない治療のために協力しています。 新しく得た知識や技術を取り入れ、治療への意識もしっかりとすり合わせをしているため、自然な白さで、お口の中で健康に機能する詰め物や被せ物をご提供できます。

次の

審美歯科治療

鹿児島市 審美

白い詰め物というと、セラミックやジルコニアなど、高価なものしかないように感じている感じている方もいらっしゃるかもしれません。 当然、材質的にも、見た目的にも、セラミック系は歯にとって良いものです。 しかし、実は保険診療でもある程度白い詰め物やかぶせ物で行うことができます。 なので、一般的には、奥歯の歯と歯の間の虫歯は、銀歯で治すか、セラミック系の自由診療で治すかの選択肢でした。 しかし、材料の進化によって、現在では、保険診療で用いるコンポジットレジンという材料で歯と歯の間の治療ができるようになりました。 なので、奥歯の歯と歯の間の治療は、銀歯か、セラミック系か、コンポジットレジンという選択肢があります。 コンポジットレジンは、保険適用で、見た目も白く、型を取ったりしなくて良いといった利点があります。 しかし、セラミック系と比較すると、劣化が早かったり、欠けやすかったりします。 銀歯を入れるのは嫌だけども、セラミックは費用的に厳しいという場合は、コンポジットレジンでするのがおススメです。 ただし、歯医者さんによっては、奥歯の歯と歯の間の虫歯は、コンポジットレジンではしないという歯医者さんも多いので、注意が必要です。 ななつ星歯科では、積極的にコンポジットレジンを使用しているので、気になる方は、ご相談ください。 しかし、近年、キャドカム冠と呼ばれる、保険適用のかぶせ物ができるようになりました。 ただし、できる歯とできない歯があります。 保険適用のCADCAM冠は、上と下の左右第1と第2小臼歯(前歯から4番目と5番目の歯)、 上下左右の第2大臼歯が全部残っている場合に限り上下左右第1大臼歯(上下左右前歯から7番目の歯が全部残っていれば前歯から6番目の歯の上下左右)は白いCADCAM冠が、保険で適用されます。 以前は保険診療なので精度が悪いと言われていましたが、最近では良い精度となっております。 また、CADCAM冠は、認められた歯科医院でしかできないため(国から指定を受ける必要があるため)、場合によっては取り扱っていない歯医者さんもあります。 ななつ星歯科では、CADCAM冠も取り扱っておりますので、気になる際はご相談ください。 患者様にとって重要なことは、たくさんの選択肢があるということです。 歯科医院側は、患者さんに利点欠点を説明し、その中から患者様自身に、選んで頂いております。 また、どんなに良いかぶせ物を入れても、かぶせ物はあくまで人工物であり、天然の自分の歯に勝ることはありません。 なるべく削らず、正しく予防し、ずっと光り輝く星のように美しい歯であってほしい。 ななつ星歯科では、そのように考えております。 ななつ星歯科 院長 渡辺 航太より 虫歯の治療では、虫歯を削った後に詰め物や被せ物を入れます。 口元を自然に美しく見せたい方には、白い素材がオススメです。 当院では口元の美しさだけでなく、お口の中に詰め物や被せ物を入れた後、しっかりと機能することを大切にしています。 実は詰め物や被せ物の治療は、詰めたり被せたりしたら終わりではありません。 時間の経過により、噛み合わせや歯ぐきの状態は変化します。 ご自身では気が付かなくても、歯の一部分だけ噛み合わせが強く、歯に負担がかかっていることもあります。 噛み合わせが強すぎると、歯が折れてしまうことさえあるのです。 当院ではこうした事態にならないよう、治療を終えた後も噛み合わせの状態をしっかりと検査しています。 噛み合わせを調整していくことによって、見た目だけでなく、詰め物・被せ物の「噛む」という機能も維持しています。 また、夜寝ている間に歯ぎしりをしている方や、食いしばりの強い方には、歯にかかる負担を軽減するマウスピース療法をご提案。 詰め物・被せ物だけでなく、ご自身の歯も守っていきます。 詰め物や被せ物は、歯科技工士という専門家が、歯科技工所で作るのが一般的です。 歯科技工士や歯科技工所にはそれぞれ得意分野があり、入れ歯が得意な技工所や、詰め物や被せ物が得意な技工所もあります。 ななつ星歯科では、製作するものに合わせて歯科技工所を厳選。 実績や得意分野を照らし合わせて、より良いものを作れるところに依頼しています。 当院の院長と、詰め物・被せ物の製作を依頼している歯科技工士は、一緒にセミナーにも参加するほどの付き合いがあり、妥協しない治療のために協力しています。 新しく得た知識や技術を取り入れ、治療への意識もしっかりとすり合わせをしているため、自然な白さで、お口の中で健康に機能する詰め物や被せ物をご提供できます。

次の

鶴丸歯科医院|鹿児島県鹿児島市名山町インプラント・審美歯科

鹿児島市 審美

白い詰め物というと、セラミックやジルコニアなど、高価なものしかないように感じている感じている方もいらっしゃるかもしれません。 当然、材質的にも、見た目的にも、セラミック系は歯にとって良いものです。 しかし、実は保険診療でもある程度白い詰め物やかぶせ物で行うことができます。 なので、一般的には、奥歯の歯と歯の間の虫歯は、銀歯で治すか、セラミック系の自由診療で治すかの選択肢でした。 しかし、材料の進化によって、現在では、保険診療で用いるコンポジットレジンという材料で歯と歯の間の治療ができるようになりました。 なので、奥歯の歯と歯の間の治療は、銀歯か、セラミック系か、コンポジットレジンという選択肢があります。 コンポジットレジンは、保険適用で、見た目も白く、型を取ったりしなくて良いといった利点があります。 しかし、セラミック系と比較すると、劣化が早かったり、欠けやすかったりします。 銀歯を入れるのは嫌だけども、セラミックは費用的に厳しいという場合は、コンポジットレジンでするのがおススメです。 ただし、歯医者さんによっては、奥歯の歯と歯の間の虫歯は、コンポジットレジンではしないという歯医者さんも多いので、注意が必要です。 ななつ星歯科では、積極的にコンポジットレジンを使用しているので、気になる方は、ご相談ください。 しかし、近年、キャドカム冠と呼ばれる、保険適用のかぶせ物ができるようになりました。 ただし、できる歯とできない歯があります。 保険適用のCADCAM冠は、上と下の左右第1と第2小臼歯(前歯から4番目と5番目の歯)、 上下左右の第2大臼歯が全部残っている場合に限り上下左右第1大臼歯(上下左右前歯から7番目の歯が全部残っていれば前歯から6番目の歯の上下左右)は白いCADCAM冠が、保険で適用されます。 以前は保険診療なので精度が悪いと言われていましたが、最近では良い精度となっております。 また、CADCAM冠は、認められた歯科医院でしかできないため(国から指定を受ける必要があるため)、場合によっては取り扱っていない歯医者さんもあります。 ななつ星歯科では、CADCAM冠も取り扱っておりますので、気になる際はご相談ください。 患者様にとって重要なことは、たくさんの選択肢があるということです。 歯科医院側は、患者さんに利点欠点を説明し、その中から患者様自身に、選んで頂いております。 また、どんなに良いかぶせ物を入れても、かぶせ物はあくまで人工物であり、天然の自分の歯に勝ることはありません。 なるべく削らず、正しく予防し、ずっと光り輝く星のように美しい歯であってほしい。 ななつ星歯科では、そのように考えております。 ななつ星歯科 院長 渡辺 航太より 虫歯の治療では、虫歯を削った後に詰め物や被せ物を入れます。 口元を自然に美しく見せたい方には、白い素材がオススメです。 当院では口元の美しさだけでなく、お口の中に詰め物や被せ物を入れた後、しっかりと機能することを大切にしています。 実は詰め物や被せ物の治療は、詰めたり被せたりしたら終わりではありません。 時間の経過により、噛み合わせや歯ぐきの状態は変化します。 ご自身では気が付かなくても、歯の一部分だけ噛み合わせが強く、歯に負担がかかっていることもあります。 噛み合わせが強すぎると、歯が折れてしまうことさえあるのです。 当院ではこうした事態にならないよう、治療を終えた後も噛み合わせの状態をしっかりと検査しています。 噛み合わせを調整していくことによって、見た目だけでなく、詰め物・被せ物の「噛む」という機能も維持しています。 また、夜寝ている間に歯ぎしりをしている方や、食いしばりの強い方には、歯にかかる負担を軽減するマウスピース療法をご提案。 詰め物・被せ物だけでなく、ご自身の歯も守っていきます。 詰め物や被せ物は、歯科技工士という専門家が、歯科技工所で作るのが一般的です。 歯科技工士や歯科技工所にはそれぞれ得意分野があり、入れ歯が得意な技工所や、詰め物や被せ物が得意な技工所もあります。 ななつ星歯科では、製作するものに合わせて歯科技工所を厳選。 実績や得意分野を照らし合わせて、より良いものを作れるところに依頼しています。 当院の院長と、詰め物・被せ物の製作を依頼している歯科技工士は、一緒にセミナーにも参加するほどの付き合いがあり、妥協しない治療のために協力しています。 新しく得た知識や技術を取り入れ、治療への意識もしっかりとすり合わせをしているため、自然な白さで、お口の中で健康に機能する詰め物や被せ物をご提供できます。

次の