タルゴ ナ コーヒー ココア。 シンプルだけど奥が深い! タルゴナコーヒー作りに挑戦した韓国アイドル

タルゴナコーヒーをアレンジする人が急増◎抹茶やココアのラテ風アレンジでおうちカフェを楽しんで

タルゴ ナ コーヒー ココア

外出自粛のため、家で仕事をしたり、 学校の授業がオンラインになったりと、 毎日家で過ごす時間が多くなっている方が 増えていると思います。 家だとなかなか時間のメリハリをつけるのが 難しいですが、逆に家だからこそ、 自分の好きなタイミングで休憩を取って 集中力を高められることも あるのではないでしょうか。 今回は、そんな休憩する時に飲みたい、 家で作れるちょっとおしゃれなドリンクを まとめてみました。 (なお、情報は記事掲載時点のものです。 詳細は、公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。 ) 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、 施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 最新の情報については公式ホームページでご確認ください。 また、現在はすべての都道府県を対象に緊急事態宣言発令中です。 不要不急の外出はくれぐれもお控えください。 オレオを砕いたものをコップに入れ、 そこに牛乳を注ぎ、上に生クリームを 乗せれば完成です。 とても簡単ですが、オレオクッキーを 上に乗せることで、一気に かわいらしいドリンクになります。 ザクザク感が欲しい方は、 オレオクッキーを多めに入れてみるなど、 自分で調整することもできます。 また、オレオクッキーは色々な飲み物と 相性がいいので、牛乳の代わりに 豆乳やカフェラテを注いでみるのも、 おいしそうです。 インスタントコーヒーの粉と砂糖とお湯を ミキサーなどでかき混ぜることで、 もったりとした質感のクリームを作ることができるんです。 インスタントコーヒーの粉を、ココアや 抹茶オレの粉末に変えるだけで 作ることができるんです。 さらに、生クリームを使うと もちもちのクリームを作りやすくなるそうですよ。 レモンの黄色い色が、なんだか気分を 上げてくれるようなドリンクです。 ローズマリーなどを入れると、 一気にオシャレ度がアップして、 カフェで出てくるドリンクのようになりますね。 おうちカフェで、ウィークエンドシトロンや チーズケーキなど、レモンを使ったスイーツを 作る方も多いのではないでしょうか。 その時にあまったレモンで、レモネードを 作るのもとてもいいですね。 レモンの酸味で、仕事や授業に対する集中力も アップすること間違いなしです。 純喫茶のようなメロンソーダを、 おうちでも作ることができるんです。 甘いメロンソーダは、しっかり 糖分補給をしたい休憩にぴったりです。 メロンソーダをグラスに注ぎ、 アイスクリームとさくらんぼを乗せれば完成です。 今、話題になっている、 こちらの淡い色合いのメロンソーダは、 雑貨や文具だけでなく、カフェやホテルも 展開している「無印良品」で 買うことができるんです。 もともとはカフェの人気メニューの 一つだったのですが、商品化したことに よって、おうちでも楽しめるようになりました。 最近は韓国でも「センタルギウユ」といって、 生のいちごを使ういちごミルクが流行っているので、 ぜひ真似してみてくださいね。 生のいちごの入れる量を変えてみたり、 いちごジャムを加えてみたりすると、 いちごの味が濃くなって満足感も増します。 いちごがある季節だからこそ作れる ドリンクなので、甘い飲み物が飲みたいときは、 ぜひこちらを作ってみてくださいね。 ミルクの甘味とみかんの酸っぱさが 相性抜群のドリンクで、このお店の看板メニューにもなっています。 この「みかんラテ」を、おうちでも 再現することができると、 今インスタグラムなどで話題になっています。 みかんとヨーグルト、お砂糖を混ぜたものを カップに入れ、牛乳を注ぎ、ドライみかんを トッピングすることで、味も見た目も カフェのようなドリンクになります。 細かくしたコーヒーゼリーに カフェラテを注ぐだけで完成です。 とても簡単なのにとてもオシャレで、 上にビスケットやアイスクリームを トッピングすれば、もっと 満足度の高いドリンクになりますね。 カフェラテではなく、牛乳やココアを 注ぐのも良いかもしれません。 タピオカドリンクのように、 とても飲みごたえがあるドリンクになります。 コーヒーゼリーが家になければ、 インスタントコーヒーやゼラチンなどの 材料で作ることができるので、 ぜひ作ってみてください。 いかがでしたか? いかがでしたか? テレワークやオンライン授業などで 集中力を持続させるためにも、 心落ち着くドリンクや、甘いドリンクで 一息ついてみてくださいね。 search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss.

次の

【超わかりやすい】3種のダルゴナコーヒー 달고나커피 【簡単レシピ】

タルゴ ナ コーヒー ココア

今回の記事は、そんなタルゴナコーヒーについて 簡単に作れるレシピをご紹介していきます。 Aの材料をボウルなどの容器に入れて、軽く混ぜ合わせておく• ミキサーでかき混ぜる(ミキサーが無い場合は手で混ぜてもOK)• ホイップ状になって、もったり"ツノ"が立てばOK• あらかじめコップに注いでおいた牛乳にホイップを乗せれば完成! 飲むときはスプーンで牛乳とゆっくり混ぜ合わせて召し上がってくださいね。 画像出典:Youtube ダルゴナ風ココアラテのレシピ お次はダルゴナ風にふわふわホイップされたココアを乗せて楽しむ『 ダルゴナ風ココアラテ』のレシピをご紹介していきます。 ダルゴナコーヒーと違う点は、混ぜるときの材料の比率とホイップ後のもったり感です。 通常のダルゴナコーヒーよりは泡立ちが甘いですが、それでも十分ふわもこを楽しめますよ。 Aの材料をボウルなどの容器に入れて、軽く混ぜ合わせておく• ミキサーで滑らかになるまでかき混ぜる• 滑らかになったらミキサーを止めて、Bの材料を加える• 再びミキサーでかき混ぜる• ホイップ状になって、ゆるく"ツノ"が立てばOK• あらかじめコップに注いでおいた牛乳にホイップを乗せれば完成! ダルゴナ風抹茶ラテのレシピ 続いて抹茶好きには堪らない『ダルゴナ風抹茶ラテ』のレシピ紹介です。 抹茶でダルゴナのホイップを作るとき最大のポイントは、生クリームの比率です。 砂糖1:抹茶1:生クリーム4の配分にしないと泡立たないので、しっかりレシピを確認して作ってくださいね。 Aの材料をボウルなどの容器に入れて、軽く混ぜ合わせておく• ミキサーで滑らかになるまでかき混ぜる• 滑らかになったらミキサーを止めて、Bの材料を加える• 再びミキサーでかき混ぜる• ホイップ状になって、ゆるく"ツノ"が立てばOK• そんな時は卵黄を使った料理に使って上手に消費してください。 卵黄を使った料理はおかずにも、お菓子にも作れますので、• 【おかず】卵黄のしょうゆ漬け• 【おかず】卵黄の味噌漬け• 【おやつ】ボーロ• 【おやつ】シフォンケーキ など、色々とレシピがありますので、無駄なく使いきっちゃいましょう。 その場合は、以下の理由が当てはまらないか確認してみてください。 比率を間違えている• かき混ぜるのが足りない• 砂糖を入れていない 原因と対策を解説していきます。 比率を間違えている シンプルにレシピに書かれた材料の分量を間違えているというパターンですね。 1:1:1の比率が大切ですので、インスタントコーヒーを大さじ2杯入れたら、砂糖と水も大さじ2杯入れる必要がありますので、計算を間違えないようにしましょう。 大さじ4杯のときはすべて大さじ4杯です。 甘さがもっと欲しい! という時は、カップに注いだ牛乳側に砂糖(グラニュー糖)を溶かすようにすると良いです。 冷たい牛乳で飲む場合は砂糖(グラニュー糖)が溶け残ってしまいますので、ガムシロップで調節してくださいね。 かき混ぜるのが足りない 一番考えられるのはこの理由です。 手でかき混ぜる場合、400回以上のかき混ぜが必要となりますので、体力と根気が大切です。 また、かき混ぜる道具や器がしっかりしていないと、うまく泡立ちませんので、どうしてもうまく行かないという時はハンドミキサーで試してみてください。 ハンドミキサーは100均で売られている「ミルクフォーマー」で基本的には問題ありません。 ですが、100均の場合ですと「そこにないなら無いですねー」のパターンだったり、パワーが弱くて壊れやすい品もありますので、その場合はコチラの商品を使ってみてください。 ダルゴナコーヒーが泡立つ理由でもあるのですが、砂糖の存在が非常に重要なふわふわ泡のポイントですので、無糖派や微糖派のあなたもダルゴナコーヒーのために、砂糖はレシピ通りに入れてくださいね。 スポンサードリンク ダルゴナコーヒーは砂糖なしでは作れない ダルゴナコーヒーが泡立たない理由としても説明しましたが、ダルゴナコーヒーは砂糖なしでは作れません。 何故ならダルゴナコーヒーが泡立つのには砂糖の助力が必須だからです。 砂糖には食材の成分を安定させ、卵白をメレンゲにしたり、生クリームをホイップクリームにする作用があります。 砂糖が、インスタントコーヒーの多糖類や脂質、たんぱく質に含まれる成分を安定化させ、泡立ちを助けるのです。 そのため、この効用無しでダルゴナコーヒーを作るは難しいと考えられます。 まとめ 話題のダルゴナコーヒーの作り方と、アレンジレシピについてご紹介いたしました。 ココアラテや 抹茶ラテなど、工夫次第で色々と楽しめそうな"ダルゴナ風"は今後もメニューを追加できればと思います! ダルゴナ風で ほうじ茶ラテというのも美味しそうで良いですね。 ちなみに ダルゴナ(タルゴナ)というのは韓国語で「カルメ焼き」の事。 ハングル表記で「달고나」と書きます。 理科の実験で作った経験のある方もいるかと思いますが、カルメ焼きのふわふわと膨れ上がるところからネーミングされているんですね。 また、面白い食べ物が見つかったらご紹介していきたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます• 最近の投稿• 2020-06-09• 2020-06-07• 2020-06-02• 2020-05-31• 2020-05-30• 2020-05-28• 2020-05-21• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 178•

次の

なんでも「タルゴナ」de おうちカフェ

タルゴ ナ コーヒー ココア

こんにちは! 韓国で大人気の 「ダルゴナコーヒー」ですが、皆さんはもう作ってみましたか? 最近は日本でも流行っているようで、Yotubeやblogなどに作り方が紹介されてますよね。 そこで今回は「ダルゴナコーヒー」はもちろんですが、 私が気になったもので「ダルゴナ」を作ってみました。 因みに「ダルゴナ」とは韓国で昔から親しまれている砂糖菓子のことだそうです。 今回「ダルゴナ」にしたのはこれ! インスタントコーヒー、スキムミルク、ストロベリーパウダー、マンゴーパウダー、そして昨年韓国に行ったときに購入した「黒糖ミルクティー」 どれも以前から気になっていたものばかりです! 美味しく出来るんでしょうか・・・ 先ずは「ダルゴナコーヒー」作り 作り方は インスタントコーヒーとグラニュー糖とお湯を1:1:1の割合でひたすら混ぜるだけ。 材料も作り方もシンプルなんですが、かなりの回数を混ぜないと出来ないようなので、今回は ハンドミキサーを使うことにしました。 ハンドミキサーを使っても5分ぐらいは混ぜていたような気がします。 ホイップクリームのようになりました。 これをグラスに入れた牛乳の上にそっと入れたら出来上がりです。 このクリームだけを味見したら 「すごーく甘い」と「苦い」が合わさった味でしたが、牛乳に混ぜて飲んだらなんか すごーくお洒落なカフェで出てきそうなおしゃれーな味でした。 期待の「ストロベリーパウダー」で「ダルゴナ」作り このストロベリーパウダーは 色も可愛くて、袋を開けると苺の良い香りがします。 分量や作り方はインスタントコーヒーと同じです。 ただこのストロベリーパウダーはインスタントコーヒーのように もこもこにならないです。 12分ぐらいかき混ぜても 全然ダメでした。 そこで ホイップした生クリームの登場です。 ココアも もこもこにならないので 生クリームと混ぜたりしてますよね。 混ぜたストロベリーパウダーとホイップした生クリームを混ぜ合わせて出来上がりです。 この時点で苺の良い香りが漂ってきて これだけ食べても美味しそうです。 牛乳が入ったグラスに入れて出来上がりです。 お味は・・・びっくりするぐらい美味しかったです!! 期待以上の美味しさでした。 これならコーヒーが苦手な方でも大丈夫ですね。 マンゴーパウダーで「ダルゴナ」作り マンゴーパウダーも 作り方はインスタントコーヒーと同じです。 ストロベリーパウダーと同じでも こもこしないので、ホイップした生クリームを混ぜました。 ストロベリーパウダーほどマンゴーの味や香りはしないんですが、 爽やかな味でこれも美味しいです。 残ったマンゴーパウダーをかき混ぜたものを使ってキャラメルマキアート風にしてみました。 黒糖ミルクティーで「ダルゴナ」作り 黒糖ミルクティーも作り方は同じですが、やっぱり もこもこにはなりません。 ホイップした生クリームと混ぜ合わせて完成です。 せっかくなので冷凍庫に眠っていた 冷凍タピオカがあったので入れてみました。 黒糖ミルクティーもハズレなく美味しいです。 そして思い付きでやってみた下手くそなラテアート (笑) タピオカも入れてラテアートもして気分だけはアップです! スキムミルクの「ダルゴナ」はミルキーの味? スキムミルクでも同じ作り方で「ダルゴナ」を作ったんですが、 やっぱりもこもこにはならないです。 でも スキムミルクにグラニュー糖とお湯を加えて混ぜると「ミルキー」の味みたいになるのを発見しました! それをさらにホイップした生クリームと混ぜるので どこか懐かしいまろやかなお味になりました。 牛乳の上にのせて 「ホワイトダルゴナ」の出来上がりです。 アイスコーヒーが少し残っていたのでその上にスキムミルクの「ダルゴナ」をのせてみました。 ウインナーコーヒーとはまた違うまろやかな味でこれも美味しいです! 最後に いかがでしたか? 今回試したものはどれも美味しくって ちょっとしたお洒落なカフェの気分を味わうことができました。 もこもこにならないものは初め から生クリームと一緒に泡立てたりする方法もあるみたいですが、今回はグラニュー糖とお湯を加えてかき混ぜるとどんな感じになるのかを知りたくて、 後からホイップした生クリームを加えました。 粉末の緑茶やきな粉とか、まだまだ気になるものがあるのでまた作ってみたいと思います。

次の