熱中症対策 グッズ おすすめ。 熱中症対策グッズおすすめランキングTOP10!猛暑・酷暑をひんやり涼しく乗り切ろう

熱中症対策グッズおすすめランキングTOP10!猛暑・酷暑をひんやり涼しく乗り切ろう

熱中症対策 グッズ おすすめ

熱中症対策にもおすすめのひんやりグッズとは 日用雑貨品店や、ホームセンターでは毎年のように、夏を乗り切るアイディアグッズが売られています。 その用途や種類は多様で、最近では、便利なのに、見た目もおしゃれで持ち歩きたくなるようなひんやりグッズがたくさん出ています。 毎年、熱中症で死者も出る日本の夏だけに、しっかり対策をしておしゃれに涼しく乗り切りたいものです。 ひんやりグッズの選び方 ひんやりグッズといっても漠然と数多くのものが出ています。 そんな中、あなたにぴったりのひんやりグッズを選ぶにはいくらか選び方のポイントがあります。 ここでは、失敗しないひんやりグッズの選び方のポイントを紹介します。 使う場所や用途 まず、重要なのは、使う場所や用途です。 例えば、室内で使うのか、屋外で使うのかによって選ぶひんやりグッズはかなり変わってきます。 また、スポーツする際に使いたいのか、はたまた仕事中にデスクで使いたいのかによってもかなり変わってきます。 あなたがどんなシーンで使用を考えているかイメージしてみましょう。 持ち運びは可能か ひんやりグズのサイズや、持ち運びについても考えておく必要があります。 例えば頻繁に持ち歩きたいという人は軽量かつバッグに入るコンパクトな形状がいいでしょう。 しかし、決まった場所でしか所要しないという人は持ち運びの良さより、機能に注目するといいかもしれません。 子供にはキャラクターものが人気 夏の暑さで気になるのが子供。 子供を持つお母さんにとっては悩みの種です。 学校や、イベントごとと夏でも外に出かけることの多い子供ですからバッチリ熱中症対策はしたいもの。 そこで人気なのが、キャラクターグッズです。 キャラクターモチーフのひんやりグッズなら子供も毎日持ち運ぶのが楽しくなるでしょう。 プレゼントにも喜ばれる ひんやりグッズは、ちょっとしたプレゼントにも最適です。 価格帯も安価なものも多く、使っていただきやすいグッズでもあります。 また、意外性や、おしゃれなものも多くプレゼントされても嬉しいものと言えるでしょう。 おすすめのひんやりグッズ8選 早速、ここからはおすすめのひんやりグッズを紹介します。 選び方や使い方をイメージしてあなたや子供にぴったりのひんやりグッズを見つけましょう。 無地とボーダーの2種類から選べさりげないロゴがかわいらしいです。 そのままでもひんやりした触感が楽しめますが、水にぬらすことで更なるひんやりを体感できます。 また、今治タオル使用で肌触りもこだわっており、汗ばむ屋外でのイベントやスポーツの際もひんやりサラッとした肌触りが病みつきになりそうです。 使いやすいハンドタオルサイズもあるのでプレゼントにもおすすめです。

次の

おすすめ熱中症対策グッズ10選!真夏だけではなく他の時期も要注意

熱中症対策 グッズ おすすめ

スポンサーリンク テニスするときの熱中症予防法は? 特に7月以降の日本の夏では、高温に加えて多湿という条件が揃うため、日中の猛暑の中でのテニスは、熱中症の発生が懸念されます。 外界の気温が高くなりすぎたり、湿度が高すぎたりして、発汗や皮膚による体温の調整ができなくなり、体全体の温度調整が効かなくなり出てくる症状のことを熱中症といいます。 具体的には、体内に熱がこもって、脱水やけいれん、嘔吐などの症状を引き起こします。 テニスするときの熱中症予防法ですが、以下のような点に注意しましょう。 時間帯を選ぶ まず第一には、気温の高い時間帯は避けましょう。 学校などの団体でテニスを行う時には自分で時間帯は選べませんが、仲間内で行う場合などで自由に選べるのであれば、まだ涼しい早朝か、夕方以降の暑さが和らぐ時間帯がおすすめです。 特にハードコートでのテニスでは、その場所の公表されている気温とテニスコート上での気温とで、異なっている場合もあります。 ハードコート上では、思いの外気温が上がっていて、気温よりも体感温度がかなり上、というようなこともあり得ます。 高温下でのテニスを控えるならば、それだけでかなり熱中症の対策になります。 十分な睡眠 次に、前夜十分に睡眠をとっておくことです。 寝不足で疲れが溜まった状態でのテニスは、熱中症を促したり、重症化させることもあり得ます。 早めの水分と塩分の補給 喉が乾いてからの水分補給では、遅すぎます。 水分補給は、早め早めに、そしてこまめに行うことをおすすめします。 併せて、低ナトリウム血症にならないように、塩分の補給も忘れずに行いましょう。 塩分の補給に塩飴も良いですが、必ずしも甘い(糖分を含んでいる)必要はありません。 熱中症予防のための水と塩の摂り方や、摂るべき水分の量、予防のための飲み物の作り方は、こちらの記事にまとめました。 よかったらご参考にどうぞ。 体表を冷やす 熱中症の予防には、体の外側から直接冷やすのも効果的といえます。 冷やす場所は、肌の露出している首や手足のほか、血管やリンパ節の集まる腋窩(脇の下)も冷やすと、効果的に体温を下げられます。 テニスのプレーの合間に、濡れタオルで、こまめに体の表面の汗を拭き取りましょう。 濡れタオルは、十分に凍らせた状態で保冷バッグに入れて持っていくと良いでしょう。 テニスするときは帽子で熱中症を予防! 真夏の強烈な日差しのもとでテニスをするとき、大切なツールの一つが帽子です。 頭部に直射日光が当たっている時には頭部の温度も当然上昇しやすく、疲労度も上がり、熱中症にもかかりやすい状態に近づきます。 帽子の庇によって、被らない時よりも日焼けも防止する効果が期待できますね。 頭頂部も頭髪があるとはいえ、 直射日光によって日焼けします。 サンバイザーよりも普通のキャップの方が、その点日焼け帽子の効果がありそうです。 頭部を包むキャップ型では頭がかえって暑い、という場合には、このようなクーリンググッズもありますよ。 スポンサーリンク テニスするときの熱中症予防グッズを紹介 ここでは、夏にテニスをする場合におすすめの、熱中症防止のお役立ちグッズを紹介します。 梅干し 熱中症の予防に有効とされる経口補水液と同様に、梅干しには塩分やクエン酸、塩化カリウムが含まれています。 できれば人工甘味料や保存料を一切使用しない、塩と梅干しだけで作られた南高梅があれば理想的です。 梅干しに含まれるクエン酸は、激しいテニス活動の後の疲労の回復にも、もってこいです。 できれば熱中症対策のためだけでなく、毎日の健康的な生活のために、欠かさず食べていきたい食品です。 アイシングバッグ アイシングバッグ、すなわち氷嚢です。 首すじや脇の下を局所的に冷やすのに、持っていくと便利ですよ。

次の

熱中症対策グッズの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

熱中症対策 グッズ おすすめ

熱中症対策は、なにか行っていますか?猛暑の昨今は野外ではもちろん、家の中にいても起こりやすいため、きちんと備えておきたいです。 1日中家の中で、エアコンをガンガンかけて栄養バランスばっちりの食事、水分補給をしていれば問題ないでしょうが、なかなかそうもいきません。 仕事や学校、それこそ食事のための買い物がありますし、夏場は食欲も失せがち。 エアコンをガンガンにかけようものなら、電気代の請求書を見て倒れるなんて笑えないオチも。 そんな時、熱中症対策グッズを1つ2つ持っていると乗り切りやすいです。 熱中症以前に暑さ対策にもなるので、エアコン代など普段の避暑方法が気になっている方にもおすすめ。 今回はそんな熱中症対策グッズの中から、私のおすすめをランキング形式でご紹介します。 また改めて、熱中症対策グッズについてもいくつかピックアップ。 特定のグッズしか知らないという方は、ほかのグッズも併せてチェックしてみてください。 熱中症対策グッズとは 熱中症対策グッズとは名前の通り、熱中症を予防、あるいは「なったかも?」と感じたときの対処に役立つ商品です。 完全に熱中症と判断される場合はもちろん医療機関へ行くことをお勧めしますが、軽度であれば対策グッズを使って緩和することも可能。 熱中症対策グッズの種類は多岐にわたっており、水分補給およびその補助となる塩分補給を行う飲食品や、身体に直接当てて冷やすグッズがあります。 氷や風など、冷やし方もグッズで違いますね。 ゆえに多くの人が自分の好み、あるいは状況に合ったグッズを選べます。 例えば氷のように急激に冷やすのが苦手という方は、風で少しずつ涼む方法を選択する、脱水症状気味ならまず飲料でケアするといった対策が可能です。 熱中症対策グッズの種類 熱中症対策グッズにはいくつかの種類があります。 日よけや紫外線対策など、暑さを緩和するアイテムはたくさんありますが、ここでは自身の熱を冷ます商品や脱水症状の予防・緩和などに役立つグッズを中心にご紹介します。 「塩飴」「タブレット」を飲料と一緒に 熱を下げるならまず水分補給です。 ただ水分だけを摂っていると排泄されやすく、体内に水分を留めるために塩分補給も必要です。 涼むだけなら水やお茶、スポーツドリンクなどで十分ですが、熱中症に備えるなら塩分を含む塩飴やタブレットも併用しましょう。 スポーツドリンクは塩分を含んでいることが多いですが、量が少ないと思ったら併用もあり。 逆に塩分だけでも意味がないので、塩飴やタブレットは飲料とセットで食べるようにしましょう。 おやつ時など、定期的に利用するタイミングを設けておくことをおすすめします。 「冷えタオル」「ネッククーラー」で内側から涼しく 身体のほてりが気になったら、冷えタオルやネッククーラーのような冷却グッズがおすすめ。 冷えタオルはみずで濡らすものの硬く絞って使いますし、ネッククーラーはそもそも水が不要。 普通のタオルを濡らして使う場合に比べて服が濡れにくいメリットを持っています。 また首周辺にまくことで、首の血管から冷えた血液が全身をめぐり、冷涼感を得やすいのも魅力。 エアコンの風が苦手という方の暑さ対策にも向いています。 「熱さまし」「瞬間冷却材」ならすぐにひんやり 同じく冷やすグッズなら、熱さまし用のシートや瞬間冷却材もおすすめ。 冷やすだけなら保冷剤もありですが、あくまでアイスなど用に作られており、人が使うことは想定外。 取り出したら変な形に凝り固まっていたり、最初は冷たすぎて使えないデメリットがありますよね。 熱さましシートや瞬間冷却材は、使いやすい冷たさで、袋から出したり叩いて衝撃を加えるだけですぐ使えるようになるのがポイント。 袋に入った未使用状態では冷たくなく、持参におすすめ。 使う時まで冷たさをキープしてくれるのもありがたいです。 「ミスト・スプレー」で肌にも水分を 乾いているのは喉だけでなく肌も同じです。 そんな時に活躍するのがミストやスプレータイプの熱中症対策グッズ。 使い方は体に吹きかけるだけでOKです。 中には水だけでなく清涼感を与える成分入りの商品もあり、氷ではないけれどひんやり気分が味わえます。 顔や髪の毛など全身に使えるため、お風呂やスキンケアで冷やす前の一時的なケアとしても活躍します。 「携帯扇風機」風ならうちわよりも 冷やすより風で涼みたいという方には、携帯扇風機が便利です。 自分やその周囲ぐらいしか対象範囲ではないため、エアコンより電気代を抑えやすいのがメリット。 電力はUSB充電や乾電池など、場所を問わず使えるタイプも多いので、屋外に持ち出すこともできますよ。 うちわや扇子を使って自力もよいですが、自動で涼しくしてくれる携帯扇風機なら手ぶら。 荷物で手がふさがっている時にも使えますし、スマホや雑誌などを見ながら稼働させることも可能です。 熱中症対策グッズの選び方のポイント グッズの種類で選ぶほか、下記のように用途や目的で選ぶのも熱中症対策のコツです。 一部種類の選び方とかさなる部分もありますが、ほかのグッズで対策できないとも言い切れないので記載します。 スポーツなど汗をかきやすい時は水分に加えて塩分補給も ただでさえ暑さで抜けていく水分ですが、スポーツ中など汗をかいていれば、より多くの水分が身体から無くなってしまいます。 喉が渇いて水をがぶ飲みしたくなる気持ちはわかりますが、セットで塩分補給できるグッズを併用しましょう。 水や飲料と塩分補給グッズを交互に利用することで、水を1度に飲みすぎることを防ぐメリットも生まれます。 移動先で水分が確保できるなら塩飴やタブレットのみでもよいですが、そうでないなら経口補水液など、塩分やほかの成分をまとめて得られるドリンクがベストです。 猛暑には首元を冷やすタイプがおすすめ ネッククーラーに限らず、まず冷やすなら首元です。 太い血管が通っている場所は、冷やすことで血液も冷やされ、冷えた血液が全身をめぐることで全身を内側から冷やすことができます。 首だけでなく、脇の下もおすすめです。 冷やすタイプの熱中症対策グッズを選ぶ際は、自分の首や脇に置きやすい形状・サイズを目安にしましょう。 外出時は見た目へのこだわりも 野外のイベントの際、気になるのが見た目。 サングラスなどの紫外線対策グッズもそうですが、せっかくおしゃれしたのに、熱中症対策グッズのせいで怪しい人に見られるのは避けたいですよね。 例えば携帯扇風機なら、動物をかたどったものやイヤホンに見えるタイプ、カラフルな商品など見た目も重視したラインナップが目立ちます。 冷えタオルもその日の服に合ったカラーにしたり、予め複数の色を用意しておくなど対処が可能。 外で利用することが多いなら、機能だけでなくデザインはどうかもチェックしてみましょう。 お試しなど用途が限られている時は少量で合計金額の節約に 熱中症対策グッズを初めて利用する場合は、失敗してもリスクが少ないよう1つ入りから試してみましょう。 大容量の方が1個当たりの価格は安くお得ですが、それは長期的に見た場合。 1回目でハズレだと感じれば、せっかく大量に買った全てが無駄になってしまいます。 携帯扇風機など1つだけ購入するグッズの場合は、店頭で商品を試したり、ショッピングサイトなどの口コミをチェックしてみるのもありです。 ちなみに携帯扇風機であれば、安いものだと1000円前後で入手することができます。 熱中症対策グッズおすすめランキングTOP6 ではここからは、具体的な商品をランキングでご紹介していきます。 用途は様々なので、順位と共に上記のポイントなどから、自分の状況に見合う熱中症対策グッズかをチェックしてみてください。 第6位 ピースアップ 熱中症対策キット 安定の「体の水に近い水」 熱中症対策グッズで1番のおすすめは、ポカリスエットです。 大塚製薬では経口補水液など本格的なドリンクも扱っていますが、ポカリは安価で入手しやすいのが魅力。 塩そのものは入っていませんか、ナトリウムをはじめとするイオンが含まれており、水そのものより体内に留まってくれるのが最大の特徴。 また塩分タブレットのようにブドウ糖も含まれており、身体になじみやすい飲料です。 小型のペットボトルだけでも240、300、500mlと容量別に複数展開していますから、状況に応じてベストな量を選べるのもうれしいです。 熱中症対策グッズの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、熱中症対策グッズの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 熱中症対策グッズで猛暑に備えて! 出典: 熱中症は日光を避けていても、水分不足や体に熱がこもるなどの理由で、室内にいても起こりやすいです。 熱中症対策グッズは飲食品から身に着けるもの、氷で冷やすものや風で暑さを和らげるものまでバリエーション豊かですから、自分にはどれが使いやすいかを考え、最低1つは備えておきましょう。 自分はもちろん、お子さんや高齢の方などご家族の分もあるとなおよいですね。 学校の長期休暇やお盆など、家族でのイベントも多い夏を、熱中症対策グッズで快適に乗り切りましょう。

次の