コツメカワウソ 販売禁止。 【衝撃事件の核心】コツメカワウソ取引禁止の抜け穴 新型コロナでダブつく市場(1/3ページ)

国際取引が禁止されたコツメカワウソ。かわいいからと何でも飼うのは格好良くない!!

コツメカワウソ 販売禁止

そもそもカワウソって? カワウソが可愛いのは分かりますが、そもそもどんな動物かは分かりませんよね! カワウソとは、ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物になります。 南極、オーストラリア、ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息しているそうです。 主に東南アジアに生息しているようですが、現在絶滅危惧種に指定されているのでペットとしれ流通しているのは国内で繁殖されたものだけのようです。 体長41〜64cm。 尾長25〜35cm。 体重2.7〜5.4kg。 え、結構大きいですね(笑) 最小って猫くらいかと思ったのですが、猫の重さで胴長ってイメージですかね(笑) また性格は、• 人懐っこい• 頭がいい• トイレや芸も覚える• 夜行性ではないので夜が騒がしくない と言われ、犬に匹敵するペットと言えるそうです。 体臭がする• 毎日水浴びが必要• 温度管理が大変?• また触れることで臭いがうつったりするそうなので、まず臭いを確かめる必要があると言えるでしょう。 そして2の、 毎日の水浴びも必要になります。 水浴びをさせないとストレスになるそうなので、臭いを和らげるためにも水浴びし、軽く洗ってあげると良いかもしれませんね! 3ですが、もともと暖かい地域の動物になるので 冬の寒さは厳禁になります。 温度管理のために光熱費が上がるのを念頭に入れておきましょう! 4は カワウソの専門として診てもらえる病院が少ない可能性があるということです。 飼うことを検討している方は、最寄りの病院にかかれるのかのチェックは必要になります。 一時期CMにチワワが出演した時もチワワが大人気になり、CMに出ていた同じ真っ白のチワワはかなりの高額で売られていました。 安く手に入れる方法はショップから購入よりもブリーダーから購入が少し安く手に入ると思います。 コツメカワウソは、絶滅の恐れがある種とされ、 ワシントン条約で輸出許可が必要な動物に指定されています。 また国内の繁殖は動物園でないと難しく、もし『国内ブリード』であれば、 動物園からの販売許可証があるはずです。 正規ルートを通過するコツメカワウソの首元には、マイクロチップを埋め込んで管理され、寄生虫予防の投薬などを済ませてから輸出されています。 人気で話題になっていますが、購入の際には• しっかり飼う準備ができている事• 最後まで飼う覚悟がある事• 購入の際には正規ルートで販売しているカワウソかどうかの確認をする事 が大事です。 カワウソはタイでは激安で売っている? 日本では100万以上になっているカワウソの値段ですが、今年女子大学生がカワウソの密輸を行なったとして逮捕されました。 女子大学生は売られているのが可哀想だったからと話していましたが、転売目的では?と言われています >人<; 密輸されていたカワウソは 10匹でなんと33,000円なんだそうです。 1匹3,300円。 人気急上昇のカワウソは輸入販売がなく、国内繁殖のみなので稀少で値段が高騰している。 犬に匹敵する飼いやすさだが、臭いがきつく飼うには覚悟が必要。 日本での値段は60万円以上だったが、現在は100万円以上になってきている。 タイでは1匹3,300円で市場に売られている。

次の

コツメカワウソの国際取引禁止へ 日本での人気に批判も:朝日新聞デジタル

コツメカワウソ 販売禁止

コツメカワウソに迫る危機 コツメカワウソ(Anoyx cinereus)は東南アジアに生息するイタチ科の野生動物。 生息地である水辺の開発や密猟などにより、絶滅のおそれが心配されています。 一部の生息国では捕獲や取引が規制されているなど、保護の対象となっています。 そんな中、カワウソ類が生息するタイやインドネシアでは、オンライン取引が活発に行なわれ、違法取引が頻発していることがTRAFFICの調査から明らかになりました。 主な目的は、ペットとしての利用です。 このコツメカワウソの違法取引には、ペットとして人気の高い日本の市場も深く関係しています。 東南アジアで2015年~2017年に押収された59頭の生きたカワウソのうち、少なくとも32頭は日本に向けられたものであることが分かりました。 日本がこの最大の密輸先であるとの指摘もなされています。 こうした報告を受け、TRAFFICでは、日本国内でのペット需要と取引の実態について緊急調査を実施し、2018年10月に報告書を発表しました。 調査からは、人気テレビ番組などマスメディアやSNSの投稿が需要の引き金となっていること、また、国内取引に規制がなく、流通が極めて不透明であることから、密輸個体のロンダリングが行なわれている実態が明らかとなりました。 日本でビロードカワウソがペット利用されている例は確認されていないが、幼獣の場合、コツメカワウソとビロードカワウソの識別は専門家でも難しいと言われている。 国際取引に対する影響 まず、一つ目の変化は、国家間の取引、つまり国際取引に対する影響です。 つまり、近年インドネシアからペット用のコツメカワウソの幼獣を輸入し、販売してきた日本も、これからはペットビジネスを目的とした海外からの輸入ができなくなる、ということです。 また、該当する施設の登録に当たっては、野生個体の違法な導入や、繁殖目的に野生個体が利用されることを防ぐための管理が求められるほか、繁殖された個体についても、識別が可能なマーキングを義務づけるなど厳しい条件が課されます。 また、近年頻発している「密輸」への影響についても、コツメカワウソの輸出入が厳格な管理下に置かれることで、取り締まりの強化につながることが期待されます。 コツメカワウソは今後、これに該当することになり、国内でペットとして販売することができなくなるのです。 また、「種の保存法」は、商取引だけでなく無償の譲り渡しも禁止しているため、販売だけでなく、個人や事業者による取引全般が、禁止の対象となります。 もっとも、国内取引の禁止にも例外はあり、個体ごとに、合法に入手したことを証明し、環境省に登録を行えば、国内での取引が許可されることがあります。 とはいえ、現状で行なわれているような規模での、ペット目的の取引は、ほとんど不可となるため、日本のペット需要が生息国のコツメカワウソに及ぼす影響を抑えられることが期待できます。 また同時に、こうした取り組みを推進するためには、法制度の改善だけでなく、コツメカワウソを「かわいい」愛玩物として盛んにもてはやす、日本のメディアや市民の意識も変えていかねばなりません。 日本での暮らしや、その中で生じるさまざまな需要が、野生生物を絶滅のふちに追いやっている。 WWFでは国際社会への働きかけと法律の改善を求めながら、その現状をこれからも訴えていきます。

次の

コツメカワウソ:国際取引禁止 日本で需要急増受け

コツメカワウソ 販売禁止

コツメカワウソに迫る危機 コツメカワウソ(Anoyx cinereus)は東南アジアに生息するイタチ科の野生動物。 生息地である水辺の開発や密猟などにより、絶滅のおそれが心配されています。 一部の生息国では捕獲や取引が規制されているなど、保護の対象となっています。 そんな中、カワウソ類が生息するタイやインドネシアでは、オンライン取引が活発に行なわれ、違法取引が頻発していることがTRAFFICの調査から明らかになりました。 主な目的は、ペットとしての利用です。 このコツメカワウソの違法取引には、ペットとして人気の高い日本の市場も深く関係しています。 東南アジアで2015年~2017年に押収された59頭の生きたカワウソのうち、少なくとも32頭は日本に向けられたものであることが分かりました。 日本がこの最大の密輸先であるとの指摘もなされています。 こうした報告を受け、TRAFFICでは、日本国内でのペット需要と取引の実態について緊急調査を実施し、2018年10月に報告書を発表しました。 調査からは、人気テレビ番組などマスメディアやSNSの投稿が需要の引き金となっていること、また、国内取引に規制がなく、流通が極めて不透明であることから、密輸個体のロンダリングが行なわれている実態が明らかとなりました。 日本でビロードカワウソがペット利用されている例は確認されていないが、幼獣の場合、コツメカワウソとビロードカワウソの識別は専門家でも難しいと言われている。 国際取引に対する影響 まず、一つ目の変化は、国家間の取引、つまり国際取引に対する影響です。 つまり、近年インドネシアからペット用のコツメカワウソの幼獣を輸入し、販売してきた日本も、これからはペットビジネスを目的とした海外からの輸入ができなくなる、ということです。 また、該当する施設の登録に当たっては、野生個体の違法な導入や、繁殖目的に野生個体が利用されることを防ぐための管理が求められるほか、繁殖された個体についても、識別が可能なマーキングを義務づけるなど厳しい条件が課されます。 また、近年頻発している「密輸」への影響についても、コツメカワウソの輸出入が厳格な管理下に置かれることで、取り締まりの強化につながることが期待されます。 コツメカワウソは今後、これに該当することになり、国内でペットとして販売することができなくなるのです。 また、「種の保存法」は、商取引だけでなく無償の譲り渡しも禁止しているため、販売だけでなく、個人や事業者による取引全般が、禁止の対象となります。 もっとも、国内取引の禁止にも例外はあり、個体ごとに、合法に入手したことを証明し、環境省に登録を行えば、国内での取引が許可されることがあります。 とはいえ、現状で行なわれているような規模での、ペット目的の取引は、ほとんど不可となるため、日本のペット需要が生息国のコツメカワウソに及ぼす影響を抑えられることが期待できます。 また同時に、こうした取り組みを推進するためには、法制度の改善だけでなく、コツメカワウソを「かわいい」愛玩物として盛んにもてはやす、日本のメディアや市民の意識も変えていかねばなりません。 日本での暮らしや、その中で生じるさまざまな需要が、野生生物を絶滅のふちに追いやっている。 WWFでは国際社会への働きかけと法律の改善を求めながら、その現状をこれからも訴えていきます。

次の