拍車がかかる。 拍車をかけるの意味!語源に意外な事実がかくされた言葉とは?

拍車をかけるの意味!語源に意外な事実がかくされた言葉とは?

拍車がかかる

質問者さんへ こんにちは。 だいぶ以前のご質問への回答となり恐縮ですが 少しでも参考として頂けますと幸いです。 ~に拍車をかける、と言う表現ですが、 結論から申し上げますと、ケースバイケースで 表現することが可能です。 今回紹介させて頂いた例ですと、重要なプロジェクトを 任せれていて、それ(プロジェクト)が、私を以前より忙しくしている という感じで、「忙しさに拍車をかける」というニュアンスを伝えることが 可能です。 更に、 It makes me busier and busier. と言えば、「ますます忙しくなってきている」と、忙しさを より強調した言い方が出来ます。 (比較級 and 比較級 という形が ポイントです) 他にも、 The Japanese yen is now getting stronger and stronger. 現在、円高に拍車がかかっている という表現も可能です。 要は、拍車がかかる=前よりも〇〇である、ということですから 比較級を上手く使えば表現できるという事です。 ・・・少しでも参考として頂けますと幸いです。 質問者さんの英語学習の成功を願っております。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の

拍車がかかるの意味・由来・使い方・類語!拍車とは何か知ってますか

拍車がかかる

MINIの進化とは、プロダクトの進化であると同時に、ブランドの進化でもある。 つねに時代の潮流を読み、微妙に、しかし絶妙にその立ち位置を変化させることで、輝き続けているのだ。 そしてその結果が、しっかりと人気に反映されている。 輸入車の車名別販売ランキングではなんと6期連続No. 2001年に3ドアのみでスタートしたMINIは、いまやファミリーという言葉がぴったりなほどラインアップを広げている。 MINIが拡大し続ける理由と最新情報についてお伝えする。 昨年、デビューから60周年を迎えたMINI。 あらためて考えると3ドアハッチバックから始まったボディタイプは、いまやバラエティに富んだラインアップとなった。 5ドアハッチバックもそうだし、クラブマンもクロスオーバーも馴染み深いMINIファミリーである。 こうした拡大路線に対し、「大きくなったMINIはMINIじゃない」という声もたまに耳にするが、それはちょっとした思い込み。 スポーツカーの代名詞ポルシェが4ドアモデルやSUVをたくさん売っていることを鑑みれば、ご理解いただけるだろう。 それにマーケティングの見地からしてもこの拡大路線は正解。 3ドアからのステップアップを他ブランドに持っていかれてはもったいないと思うのが普通だ。 家族が増えた3ドアオーナーに対し受け皿となるクラブマンやクロスオーバーを用意するのは至極自然な行動である。 さて、そんなMINIのもっとも新しいモデルが写真のクラブマンだ。 昨年4月の上海モーターショーでマイナーチェンジが発表され、10月に日本上陸した。 ガソリンエンジンを新しくしたり、トランスミッションを替えたりと、かなり手が入っている。 また、運転支援システムもアップデート。 日本仕様はアクティブクルーズコントロールを一部のモデルに標準装備するなど魅力を高めている。 個人的には、リヤコンビネーションランプにユニオンジャックをモチーフにしたデザインを取り入れたのが気に入った。 先にモデルチェンジした3ドアや5ドア、コンバーチブルとこれで同世代となったわけだ。 他ブランドにはできないMINIらしい芸当である。 もちろん、グレードがたくさんあるのも見逃せない。 JCWを除いても7つのグレードが用意される。 ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、その出力違い、装備違いとじつに豊富だ。 そんなMINIの最新事情だが、電動化の風が吹いているのも事実。 MINI初のエレクトリックドライブとしてクロスオーバーのプラグインハイブリッドモデルがラインアップされている。 電力のみで42. 4km走行できる優れものだ。 電気モーターとガソリンエンジンのいいところをうまい具合に引き出している。 以上からしてMINIの進化はまだまだ歩みを止めない。 昨年ヨーロッパで行われたイベントではEVの話もどこからか聞こえてきた。 MINIが新たなフェイズに入るのはもはや時間の問題。 まずます目が離せません! Profile 自動車ジャーナリスト 九島辰也 クルマはもちろんのこと、ファッションやライフスタイルにも造詣が深い自動車ジャーナリスト。 プライベートでは、各国のクルマを乗り継ぐ。 MINIの大きなセールスポイントである走りの実力を象徴するのがJCW。 1960年代、そもそもF1のコンストラクターだったクーパーカーカンパニーがミニに目をつけ、モンテカルロラリーで勝利したのがその発端だ。 軽量コンパクトでFWDのミニは運動性能が高く、潜在的な能力は高かったことが実証されている。 そんな足跡があるだけに、新生MINIになってもJCW ジョンクーパーワークス は存在する。 そのレーシーな走りを一部のカスタマーは要望しているということだ。 ラインアップは、3ドア、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーをベースにしたものとなる。 現状5ドアはラインナップされない。 その辺は市場ニーズとの兼ね合いだろう。 トピックスは最新モデルをベースにしたJCWクラブマンとJCWクロスオーバー。 3ドアのイメージが強いJCWだが、これら2つのモデルもしっかり仕立てられている。 エンジンは2L直4ツインパワーターボで最高出力はなんと306馬力。 かなりカリカリにチューニングされたユニットだ。 そして駆動方式はフロントに機械式ディファレンシャルロック機構備えるヨンクのALL4。 4つのタイヤでしっかりトラクションを稼ぐことを念頭に置いた結果だ。 またスポーツサスペンションも見逃せない。 ニュルブルクリンクでテスト走行を重ねたもので、スタンダードモデルよりも10mm車高を低くする。 もちろん、ブレーキとホイールも専用。 ホイールは18インチまたは19インチを選ぶことができる。 この辺のこだわりはさすが。 単なるモデファイでないことは一目瞭然だ。 そんなJCWにはさらなる秘密兵器がある。 昨年11月、世界限定3000台で販売することが発表されたMINI史上最速モデル、二世代目のジョンクーパーワークスGPだ。 ベースは3ドアハッチバック。 吸気と冷却装置に手を加えさらなる加速性能と俊敏性を向上。 2秒は立派だ。 その速さはルーフエンドの巨大なスポイラーが物語っている。 かなりデカイ! 日本の割当は240台。 今年夏頃からデリバリーが開始される。 というようにJCWも進化を止めない。 ファンにとってはたまらない、最強モデルが登場した。 JCWをベースにモータースポーツで培われた技術を惜しみなく投入したのが、全世界3000台限定、日本では240台のみ導入される「JCW GP」。 最高出力はJCWに比べて75馬力強力な306馬力で、これはMINI史上もっとも強力なもの。 クランクシャフトやベアリング、ピストンなどが専用品に変更されており、その強力なパワーを路面に伝えるために、トルセンLSDも装備。 当然、ボディ剛性やサスペンションなども最適化されている。 GPの象徴ともいえるのが、カーボン製ホイールアーチカバーや大型リヤスポイラーなどによるレーシーなスタイル。 見るからに力強く、特別なモデルであることをアピールする。 コレクションアイテムとしても注目の1台となりそうだ。 MINIを手に入れる楽しさはクルマだけではない。 ディーラーで購入できるライフスタイル商品が、一般的なカーブランドのグッズと比べて、ラインアップの豊富さやデザイン性の高さで群を抜いていることでも知られているMINI。 たとえばこれからの季節におススメとなるのが、ここで紹介するアウトドア向けのアイテム。 どれもデザインがシンプルで洗練されており、ハイクオリティ。 年齢や性別を問わず愛用できるものばかりだ。 さらにキッズ向けの商品の充実ぶりも目を見張るばかりで、ミニカーやぬいぐるみに加えて3輪バギーのような本格的なものまで用意されている。 どれもクルマに載せて出かけるのが楽しみになるものばかり。 実用性とコレクション性が両立したMINIライフスタイルのアイテムに、ぜひ注目してもらいたい。 ブランドとしてつねに進化を続けているMINI。 ここからは、視点を新車だけでなく中古車にまで広げてMINIの世界を紹介。 あなたにとって、もっともふさわしいMINIがきっと見つけられるはずだ。 かつてのクラシックミニは、大人4人が乗れる最小サイズの小型車という成り立ちだった。 現代のMINIは、そのデザインや精神性を受け継ぎつつ、現代のライフスタイルにマッチするように進化を遂げ、ボディタイプも数多く登場した。 「MINI」はブランド名であり、名字と考えるほうがわかりやすい。 ここでは、新車だけでなく、すでに市場に出まわっている中古車も含めて、オススメのMINIについて考えていく。 中古車のおもしろさは、ブランドのこれまでの歩みを俯瞰して眺められることにもある。 たとえば、MINIは2011年にラインアップを一挙に広げ、非常に多彩なモデルを用意した。 そのなかには、現在新車としては販売されていないボディタイプも存在する。 そうした新車では手に入れることのできないモデルを購入の対象として検討してみるのも、中古車ライフの醍醐味だ。 MINIのキュートなデザインに惹かれるけど、家族だと不便……そんな声に応えるかのように登場したのが、MINIクロスオーバー。 MINIとしては初となる4ドアを採用し、後席へのアクセス性が向上。 また3ドアよりもひとまわりボディサイズを拡大したことで、ファミリーカーとしても魅力あるクルマとなった。 デビュー以来、日本でも大ヒットとなり中古車市場にも物件が充実し、入手しやすい状況なのだ。 今回紹介するのは11年に登場した初代モデル。 17年に現行型が登場するまでおよそ6年間にわたり販売されたが、中古車価格帯は70万円〜と、かなりリーズナブル。 初期型なら100万円前後の予算があれば探せるはず。 なお、同年式の3ドアと比べると中古車平均価格は同程度だ。 グレードは、エントリーモデル「ワン」から高性能バージョン「JCW」まで幅広く設定されるほか、3ドアに先駆けてディーゼルの「クーパーD」や「クーパーSD」が選べるのも特徴。 これらディーゼルモデルは全体の3割ほど流通しているから探しやすいはず。 また、4WDの「ALL4」も注目点で、こちらは全体の2割ほど存在している。 積雪地方のユーザーはチェックしておこう。 なお、新型の中古車も少しずつ増えているが、平均価格が340万円と、買い時はしばらく先だろう。 3ドアよりもホイールベースを70mm延長し、ボディも拡大。 横から見ると胴長な印象だが、3ドアよりもエレガントな佇まいとなっている。 クロスオーバーに続いて左右に4ドアを備えたことで、後席に気軽にだれかを案内できる。 それでいながら、重心が低く3ドアと共通性の高いルックスは、まさに3ドアとクロスオーバーのいいとこ取りと言っていい。 発売以降MINIの人気株となり、中古車は初代クロスオーバーよりも充実する。 登場から丸5年以上が経過し、中古車は以前と比べて手が出しやすくなっている。 とは言え100万円以下の物件はわずかで、中古車平均価格は231万円となる。 購入には150万円前後の予算は見積もっておきたいところだ。 年式別に見ると、デビュー翌年の15年式がもっとも豊富で、この年式は100万円以下の物件も充実するから注目したい。 グレードは、クロスオーバーと比べるとディーゼルの割合が少なく、ガソリンが中心。 とくにスポーティな「クーパーS」が目立つ。 ちなみに5ドアには4WDの設定はない。 中古車全体の走行距離は短めで、低走行な物件が中心なのも注目点だ。 モデルライフ後半に差し掛かり、今後は相場がゆるやかに下がるはず。 これからが買い時のモデルだろう。 メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

氷河期世代の俺 人生逆転していくVlog

拍車がかかる

手術支援ロボット「ダビンチ」を使った内視鏡手術に対する健康保険の適用範囲が4月から一気に広がる。 これまでは、前立腺がんと腎臓がんの手術だけだったが、新たに、胃がんや肺がんといった患者の多い病気の手術を含む12件が適用対象として承認されたため。 心臓外科分野の弁膜症患者に対する僧帽弁形成術がその中に入ったのも注目点の一つだ。 金沢大医学部教授時代の2005年、国内で初めてダビンチを使った心臓手術(冠動脈バイパス術)を手掛けた日本ロボット外科学会理事長の渡邊剛ニューハート・ワタナベ国際病院総長は、驚きと喜びを隠さない。 ダビンチは米国で開発され、1999年に販売が始まった。 最新機器は第4世代だ。 手術する医師は患者から離れて座り、内視鏡の3次元(3D)画像をモニター上で見ながら、ロボットアームの先に付けた鉗子(かんし)などを遠隔操作する。 手ぶれの補正機能も付き、習熟すれば精緻な操作が可能だ。 厚生労働省によると、国内の医療機関には昨年9月時点で約250台普及している。 ダビンチ最新型「Xi」 インテュイティブサージカル合同会社提供)。 手術する医師は患者から離れたコンソール(制御卓、写真右)に座り、ロボットアームの先に付けた鉗子を遠隔操作する 今、最も利用されているのは前立腺がんの手術だ。 保険が使えるようになった時期も2012年度と一番早い。 「もともとは心臓の冠動脈バイパス術のために開発したと開発者が話しているが、今、世界で最も多いのは前立腺や婦人科の手術。 場所が骨盤の奥なので、既存の内視鏡手術だと難しいが、ダビンチによって、より安全にできるようになった」と渡邊総長は説明する。 日本ロボット外科学会によると、泌尿器科でのダビンチ手術件数は15年に年間1万件を突破。 「前立腺全摘術ではほぼ100%ロボットを使う」という病院も増え、先に普及した米国の後を追うように、前立腺がん手術の標準的な術式になってきた。 16年度には、腎臓がんの部分切除術にも保険が認められた。 既存の内視鏡手術よりも「根治性、腎機能温存の面で良好な結果が得られた」として承認された。 今回、18年度の診療報酬改定に合わせて保険適用が認められた12件は、胃がんや食道がん、大腸がんといった消化器外科から、肺がんなどの胸部外科、子宮体がん、ぼうこうがんのような婦人科・泌尿器科、心臓外科まで幅広い領域にわたる。 心臓外科では、冠動脈吻合(ふんごう)術は今回の保険の対象にはならないものの、「最もロボットが得意」と渡邊総長が話す心臓弁膜症の僧帽弁形成術や三尖弁形成術に保険が使えるようになる。

次の