トレンドブログ うざい。 トレンドブログはグーグルから嫌われていると断言する3つの理由

トレンドブログで「わかりませんでした」はうざい?邪魔にならない書き方|A New Beginning

トレンドブログ うざい

Contents• トレンドブログは邪魔でうざい? トレンドブログが邪魔、うざいと言われている・・・ 経験があるだけにこれはなかなか辛い情報ですね・・・ ただ、私はある推測をしました。 邪魔、ウザイと言われているのはこういった理由からではないか? ・・・ この手法、トレンドブログが稼げる手法であること、 リスクもなく、ネットビジネス初心者が始め易いビジネスであることから 稼げさえすればいいと 副業で開始する人が増えてきています。 まず誰しもが書く、芸能人ネタ。 今回のトレンドブログは 邪魔でウザイと言われている 原因はここにあるのだろうと感じています。 トレンドアフィリエイトの、トレンドブログ運営は どんな釣りタイトルであれ、どんな記事であれ 検索結果に上位表示してアクセスさえ集めることが 出来れば誰でも稼げてしまいます。 しかし、ここに原因があると思っています。 とりあえず上位表示するテクニックだけを身に付けた実践者たちが こぞって芸能人ネタを書きまくり、低質な記事を量産してしまった。 3語キーワードを入力すると、ほとんどがトレンドブログが表示されると思います。 中には役に立つ、個性的で面白い、詳しく意外な情報が書いてある 良質なブログもあるのですが、 残念ながら、そうでないブログも散見されます。 タイトルがガタガタなのに上位表示されていて、 おまけにタイトルは釣り。 (タイトルではこんなことを書いています!と主張しているのに、 中身は分かりませんでした。 とかそもそも書いていない。 ) しかもコピペやらSNSの引用のみ、文字数は1スクロール程度の内容・・・ 価値があるのは貼られた芸能人の画像のみ・・・みたいなブログです。 どんな工夫をしているのか知りませんが、 いまだにこんなブログがGoogleからペナルティを受けずに残っています。 数年前にこのようなブログはGoogleからの一斉ペナルティで姿を消し、 それから上位表示出来なくなり、 そこから良いブログが増えている状況ではあるのですが・・・ ちょっと怪しい広告がついているブログもあります。 そういうのはどうしても嫌悪感を抱いてしまいますよね。 あれも言ってしまえばトレンドブログにという枠組みに 入ってしまっているのかもしれませんが・・・ トレンドブログの定義を考えてみた トレンドブログが邪魔とかうざいと言われているのは ちょっと悲しいです。 そもそも トレンドブログ=芸能関係を書いているブログ という位置づけもおかしい。 変なブログに多いのが芸能関係ブログなだけで 他ジャンルのトレンドブログは良いものもたくさんあります。 もちろん、芸能関係を書いている良いブログもあります。 現に、そのブログはリピーターも多いでしょうし、 支持を受けている様子がうかがえます。 トレンドブログは 「流行」しているものにスポットを当てて記事を書いていく手法。 それは、iPhoneなどのガジェット系などもそうですし クリスマスやハロウィン、バレンタイン、海水浴などのシーズン系なども含まれます。 これら全てに流行や最新の情報というものはありますし、 トレンドブログと呼べるものもあります。 この記事で得ることができる知識は多いし、役に立ちませんか? もちろん芸能関係のブログだって役に立つものもありますよ。 ネットニュースだけじゃ足りないことがたくさんあるからです。 実際にそこを上手く突いているブログは面白いし何記事も 読みたくなります。 トレンドブログが邪魔、うざいのではなく、 芸能関係のいい加減なブログは邪魔だしウザイと言うのが この言葉の中身なのではないでしょうか? トレンドブログが邪魔、うざいものにしないためには? トレンドブログはしっかり運営すれば稼げます。 それは間違いないので、とりあえずやってみる方が多いです。 初心者の方が多いので、わざとじゃなく、 低質なブログを書いてしまっている場合もありますが・・・ 特に最初はがむしゃらに記事投稿していきますからね。 それ自体は良いことなのですが 後々軌道修正をしてほしいと思います。 でも気を付けてください! 低質な記事、つまり 適当にアクセスだけ追いかけるいい加減な記事を書いていたら あとからしっぺ返しが必ず来ます。 例えば、Googleペナルティ。 あなたのブログは検索結果で徐々に順位を落とされて 気付けば2ページ目、それ以降、もしくはヒットすらしなくなります。 他に離脱率や滞在時間が悪く、低質なブログと判断され、 そのブログで書いた記事である以上、 上位表示出来なくなるなど様々です。 ここで重要になってくるのが 「価値提供」の意識。 ブログを運営して、自分で何かを発信している以上 読者に価値提供をしなければなりません。 アクセスしてきてくれる読者がいて、その読者が広告を見て 報酬をもらっているのですから当然ですよね? 読者からしたら、Googleが用意したコンテンツ連動型広告に 興味のある内容が表示されたからクリックしているだけで その記事が良かったからとかではないかもしれません。 でも広告って元を辿れば、良いものを提供して人を集めるから、 効果があったらお金くださいね?という仕組みです。 今回のアドセンスはGoogleの先にまた依頼企業がいますが その企業はブログを選べません。 考える人はそこまで考えてしっかりと運営していると思います。 そして、そんな考え方が できる人こそ成功していくのだと思います。 大事なのは「価値提供」と「読者視点」です。 これはブログを運営していく上で大事なことなので是非意識してください。 まとめ 今回は邪魔、うざいトレンドブログはどのようなものか? そして、そんなブログにしないためにはどうすれば良いのか? どんな考え方をすれば良いのか? という事を考えてみました。 賛否あると思いますが、私は上記の事を感じました。 世の中に発信する以上、匿名であっても 意識することは大事だと思っています。 まだ実践中の方も、今から実践する人も あまり難しく考えすぎずに、 読者視点で価値提供していくことを頭に置いていてください。

次の

「うざい」「気持ち悪い」では済まされない!トレンドブログの事件簿

トレンドブログ うざい

トレンドブログのわかりませんでしたは大丈夫? 書くネタがないときに書いてしまう... アクセスを集めたいから書いてしまうが... ネタがないときはどうしたらいいの? わかりませんでしたはズルい... このような疑問に答えていきます。 リサーチをしていると、トレンドをやっているブログが「わかりませんでした」という内容を書いて、タイトルとキーワードでアクセスを集めているのを見かけると思います。 確かに、『この程度のクソみたいな内容でアクセスが集まるなら自分も... 』という気持ちになってしまうのは理解できます。 そこで、ここからは「わかりませんでした」という内容の記事を書くリスクと、対策についてお伝えしていきます。 これでは、読んだ人に価値を提供できていない状態ですよね! もし、あなたがお金を稼ぎたいのであれば、経済の原則は価値と価値の交換ですので、まずはしっかりと価値のある情報を提供する必要があります。 ただ、今のアルゴリズムでは内容がゴミでもタイトルで釣ってアクセスが来てしまえば、アドセンスで利益が出てしまうのも事実です... そのため、「今のうちに、この方法でゴリゴリ稼いでしまおう!」と考える人もいると思います。 トレンドブログのわかりませんでしたの3つの危険性 トレンドブログで、わかりませんでしたを常用するのはNGとお伝えしましたが、この手法にはリスクを伴っていることを理解しておくべきです。 ここからは、トレンドブログで「わかりませんでした」を利用する危険性について解説していきます! ブログ全体のGoogleからの評価が下がる わかりませんでしたを多用すると、ブログ全体のGoogleからの評価が下がります。 なぜなら、「わかりませんでした」という言葉を見たら、ユーザーはすぐにブラウザバックするので、ブログ全体としての直帰率が悪くなってしまうからです。 直帰率や離脱率が悪くなると、ブログがGoogleからの評価を落とす1つの要因になります。 要するに、このブログはユーザーから長く読まれていないという認識をGoogleからされてしまうので、記事の順位が上がりにくいブログになってしまうということです。 圏外に飛ばされでもしたら最悪ですよね... 質の低い記事しか書けなくなる わかりませんでしたを多用すると、質の低い記事しか書けなくなります。 なぜなら、タイトルだけで釣って内容は薄いという状態になるので、何記事書いてもライティングの能力が高くならないからです。 もし、質の低い記事しか書けない状態だと、ASP案件の成約もできないですし、何よりもGoogleのアルゴリズムが進化して、ゴミ記事を圏外に飛ばすようなシステムが出来上がったら確実に稼げなくなります。 Googleのアップデートに怯えたくないなら「わかりませんでした」は避けるべきです! コンサルティングや情報発信ができない 自分が「わかりませんでした」を多用していると、コンサルティングをやった時に初心者の方に教えることができなくなってしまいます。 なぜなら、自分が「わかりませんでした」という1つの武器に依存してしまったため、トレンドで稼ぐために必要なスキルが磨かれていないからです。 そのため、コンサル生から質問を受けても、「わかりませんでした」ばかりを使っていると、ライティング力だけでなく、リサーチ力やマーケティング力も身に付かないので的確な答えをお伝えすることができないのです。 もし、トレンドブログから情報発信に移って、大きく稼いでいきたいと思っているのであれば、実力を磨く必要があるので、「わかりませんでした」は避けましょう! それでも、わかりませんでしたを卒業できない場合はこちらを参照してください。 ネタがないときは長期的な安定ネタを書くべき ネタがないときは、焦って速記系を狙わずに長期的な安定ネタを選びましょう。 なぜなら、焦って書いた速記ネタにはアクセスは来ませんし、瞬間的に話題になったネタであれば、その先検索されることもなくブログ全体の足を引っ張るゴミ記事になってしまうからです。 このような記事を生み出すのであれば、目の前のアクセスにならなくても、安定的にアクセスが来るキーワードをリサーチして記事を書いていくべきです。 短期視点よりも長期視点が大事です! まとめ トレンドブログの「わかりませんでした」についてお伝えしてきました。 他のトレンドブログが、どんな戦略でネタ選定や記事作成をしているのかをリサーチしていると「わかりませんでした」で締める記事は非常に多く感じます。 上記でもお伝えしましたが、現在はこの手法でも通用しますが、今後のアルゴリズムの変更で通用しなくなったら一気に稼げなくなるので、今のうちから卒業することをオススメします。 もし、現時点ではやっていないけど手を出そうとしている人は、リスクがあるということ理解しておきましょう! 使うかどうか自由ですが、ユーザーからしたらウザいだけなので、継続して稼ぐことは難しいと思います。

次の

トレンドブログが煽り運転で別人を犯人扱い!名誉棄損で訴えられる?

トレンドブログ うざい

すべての不義に鉄槌を!じゃなかった 悪質なトレンドブログに鉄槌を! そしてすべての トレンドブログに鉄槌が下って欲しいと思う今日この頃。 いや思わず本音が出てしまいました。 ごめんなさい。 トレンドブログの存在は、ネットに粗悪な情報があふれる温床になっていると考えています。 Google様どうかお願いします。 鉄槌を下してください! 今現在のGoogleの検索システムはトレンドブログ、トレンド記事について超有利なシステムになっています。 事件や芸能ゴシップが発生した場合、みなネットで検索し新たなトレンドワードが出現します。 その事態に即座に反応し、表示させるGoogleの検索システムは素晴らしいものなんですが。 それを利用し悪質な誤情報や釣り記事を執筆し、収入を得ているブロガーや企業サイトは山ほどあります。 ちなみに個人ブログのように見せかけた、会社運営ブログは皆さんが思っている以上に多いです。 会社ぐるみでやられたら、情報を求めているユーザーや個人ブロガーはたまったものじゃないですよね。 悪質でないにしろ、粗悪な記事を大量に作成しているブログやサイトは多々見受けられます。 この現状は一昔前のツールで作成され全く意味のなさない大量の記事が投稿された、スパムサイトに似ています。 その時期は全く意味のない文字の羅列だけに、広告が張り付けられたサイトが氾濫していました。 嘘の登録料金や利用料金を請求する詐欺サイトも、このころにたくさん見受けられましたね。 しかし悪質なトレンドブログは誤情報で、サイトに飛んだ人以外も被害を被ります。 その意味ではスパムサイトや詐欺サイトよりも、許されないと感じています。 ひとたび大きな事件や芸能ゴシップ 結婚、離婚、逮捕 が起これば、大量の記事が数時間もたたないうちに反映されます。 ただの個人ブログのニュースがトップページに表示されるなんて一昔前は考えられませんでした。 最新のニュースはヤフーのトップニュースなど、大企業が運営しているサイトしか表示されていませんでしたから。 悪質なトレンド記事で関係のない人達が被害 有名な出来事は東名高速事件で誤情報を流し、企業や全く関係のない人たちが巻き込まれた事件です。 国内のニュースや事件を取り扱うキュレーションサイト「 モノローグ」が、確定ではない誤情報記事を投稿しました。 そのせいで容疑者と同じ苗字の企業や関係者が多大な被害を被ることになります。 この「 モノローグ」というサイトはすでに閉鎖されていますが、この一つのサイトが問題の原因となったわけではありません。 2chや他のまとめサイト、トレンドブログでも同じような誤情報で溢れかえっていました。 目先の利益のために、誤情報でユーザーを釣っていたのです。 その誤情報に釣られたネットユーザー達が 「本名や住所をネットに晒すネット死刑」「営業妨害まがいの凸電」など多大な迷惑を掛けました。 今後このような事件は起こってほしくないものです。 しかし目先の利益に囚われて、自身のことしか考えていない人たちがいる限りなくなることはないでしょう。 トレンドブログが嫌い トレンドブログ自体が悪いと言っているわけではありません。 このサイトやブログが誤情報や釣りの温床になっているからです。 そう自分のページビュー数のため、つまり収益のためだけに誤情報や確定ではない情報を、ろくに調べもせず記事にする行為が許せないだけです。 トレンドブログのPV数に嫉妬しているというのも少しはありますよ。 ブログ一ヵ月目にPV数万越えとかですね。 正直信じられないブログも多々ありますが、中には数か月で実績を残す天才もいます。 でも真っ当なやり方ではないでしょう。 私はその方法を教えられても、真似をしたくはありません。 トレンドブログが嫌いな理由 トレンドブログを一番嫌いな理由は、私自身が大きな失敗をしているからです。 そのせいでブログを一つ爆破させました。 このブログを閉鎖させたことはちょくちょく他の記事にてお話していると思うのですが、あまり詳しくはお話していないと思います。 トレンドブログでの出来事ではないのですが、トレンド的な記事を執筆した時の出来事です。 ある事件についてことさら詳しく記事にさせていただきました。 誤情報でも釣りでもありません。 事実の記事です。 その記事を執筆している時トランス状態になり、かなりの煽り文章を入れました。 これについては申し開きもありません。 すべて私が悪いです。 謝罪いたします。 そしてその情報が事実であっても、時には関係者を傷つけるということです。 その情報が事実であったこそ傷つけたのかもしれません。 そして私の書き方も悪かったのでしょう。 関係者からクレームを受けました。 当該記事の削除を要求するクレームです。 いやー始めての出来事だったので、これには肝を冷やしました。 関係者にお詫びのメールをさせていただき、すぐさま記事を削除しました。 半日でPV数が20ほどの記事だったのでしたが、正直この反応の速さににも驚きましたね。 正直要求は記事の削除だけでしたので、ブログを削除するまでの出来事ではなかったと思います。 ただモチベーションがダダ下がりしました。 そしてPV数のためにトレンド記事を書くことに追われて、 興味のない情報を記事にしていることが何より一番疲れていました。 何のためにブログを始めたのかと自問自答しましたね。 『 自由に生きたい、人生を楽しみたいために始めたのではなかったのか?』と。 そしてブログを閉鎖させました。 閉鎖させたときは、ものすごい解放感でしたね。 「 やったー!苦痛から解放されたぞー!!」ってなりました。 そう私にとってトレンドとは苦痛だったのです。 トレンドブログの将来性 今現在トレンドブログは「 即座にPV数を稼げる」「 そしてすぐに収益が期待できる」点では事実です。 アフィリエイトですぐに結果を残したいのであれば、この選択は間違いではありません。 しかしトレンドブログの将来性はあまり明るくないと考えています。 そしてそう考えていますので、私はこういったブログを運営しません。 アドセンス規制強化の可能性 今現在の粗悪な情報が氾濫しているトレンドブログの状況ですが、Googleはあまりよく思っていないと考えています。 過去、Googleの検索システムが大幅アップデートされたことにより、スパムサイトや詐欺サイトが大量に粛清されていきました。 今後トレンドブログが粛清されないとは限りません。 しかもアクセス数至上主義であるトレンドブログは、基本的にアドセンスに収益を頼っている状況です。 アドセンスの規約もいつ変更されるかわかりせんよ? 実際にyoutubeでは審査がめちゃくちゃ厳しくなっています。 youtubeは2017年4月に、YouTube収益化条件を総再生回数10,000回と設定しました。 そして2018年2月20日にはYouTubeの収益化条件が変更されます。 「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」+「チャンネル登録者数が1,000人以上」とさらに規制が強化されます。 そしてyoutubeの収益もGoogleアドセンスによって成り立っています。 いつブログやサイトのアドセンスに、youtubeと同じような改変が起こるかわかりません。 現在はブログやサイトのアドセンスの審査条件は明文化されていません。 明らかになっているのは独自ドメインが必須で無料ブログでは不可ということぐらいですかね。 それが「 最低訪問ユーザー数」「 最低ページビュー数」がアドセンスの審査対象になり、明文化される可能性があるということです。 ブログやサイトのアドセンス参入障壁がさらにきつくなるかもしれません。 そのようなアドセンス頼りのブログ運営は、今後行き詰ると考えています。 トレンド記事のゴミ化 トレンド記事は短期的なPV数を獲得する力には優れていますが、トレンドが無くなればその記事はゴミと化します。 そのためPV数を稼ぐために、収益を稼ぐために自転車操業で記事を執筆しなくてはなりません。 そして興味もない情報で、毎日トレンド記事を書きたいと思いますか? 私は絶対にしたくはありません。 上記で記事のゴミ化と表現しましたが、価値のない記事ということです。 価値のない記事は価値のないサイトに直結します。 『価値のないサイト 』そんなもの、私は作りたくありません。 実際運営していた方で、日々のトレンド記事の更新を一ヵ月やめただけでアクセス数が100万PVから 10万PVに落ちたそうです。 半年も放置したらPV数は一万を切るんじゃないですか? いやはやトレンドサイトはゴミの量産場ですよ。 アクセス数の割に対してあまり稼ぐことはできませんし、運営している間全速力で走り続けなければならない・・・ 生産性が一切ないですね。 うん記事がゴミなんじゃなくて、ブログやサイト自体がゴミなんです。 まとめ トレンドブログは即座に収入を得ることができるブログです。 ブログ初心者にお勧めしている情報商材が多いのもわかります。 そしてそれが一番魅力的に映ることも理解しています。 しかし私の経験したことや将来性を考える限りではお勧めできません。 などがあるからです。 その意味でブログ初心者向きではありません。 ブログを運営するということは、「 ユーザーに有益な情報を提供する」ということを第一に考えて運営してほしいものです。 有益な情報であれば、対価としておのずと収益もついてくるでしょう。 そしてこれからブログを始めようとしている人も、目先の利益にとらわれて、粗悪なトレンド記事を執筆することはやめましょう。 しかしトレンドブログの運営やトレンド記事がすべて悪いと言っているわけはありません。 ユーザー第一ということを忘れなければ、決して粗悪で悪質な記事にはならないはずですから。 実際にそういった質の高いトレンドサイトやトレンドブログが評価されている所もあります。 そういった質の高いブログやサイトは、Googleが見放すとは考えられません。 皆さんも質の高いブログ作りを目指してはどうでしょうか?•

次の