サスケ ランキング。 サスケ (SASUKE)

【BORUTO】ナルトの強さランキングが決定したよ!

サスケ ランキング

サスケです。 今日は八宝菜が食べたいなあということで、作ってみました。 、「そういえば今まで自分の料理をブログで晒したことなかったなあ。 」と思い、今日は思い切りました。 見た目への批評は受け付けません。 まあ、多少見てくれもマシになったと思う。 これを。 「はあーー。 」 見た目はどうであれ、旨けりゃ問題ないっしょ。 で、いっつも料理して思うことは、 「一人暮らしの料理は食材が余る!!」 という悲しい事実。 かと言って、食材を使い切ろうとすると、今回のサスケの八宝菜の如くなります。 食べきれるのか?俺は。 今回、初めてキクラゲを買ったけど、水で戻したら、予想の3倍くらいになっちゃって。。。 それでも使い切れるかどうか。。。 余った食材でチャチャっと作れるようになりたいものです。 久しぶりの月末恒例(のはずの)月間ランキング。 まずは。 今まで未着用のデザートロックですが、理由は、「ゴアテックスだけど、スエードって雨大丈夫なのかなあ??」という疑問のため。 本日、改めて、デザートロックに水滴を垂らしてみましたが、スルリと流れ落ちていきました。 防水スプレーをすることなく、水を弾くことを確認しました。 これは使えそうな靴だ。 で、ランキング。 あっさりと決まりました。 まず時点。 ウエールズVS南アフリカもヒリヒリする展開で面白かったですね! 南アフリカが予選プールで負けたニュージーランドに勝ったイングランドのほうが強そうですが、南アフリカだってまだ成長途上にあるような気がします。 決勝も楽しく観戦します。 デニムは最近寒くなってきたので、家では履いていますよ。 まあ、定番安定のリーバイスが持っている本数が圧倒的なので、一人でシコシコリーバイスを育て上げています。 あとはリゾルトですかねえ。 ボーイスマーケットの津保さん。 あんな大人になりたいとは思いつつも、、いつも指をくわえてブログを見てます。 2019年10月27日 20:31• momo.

次の

サスケは左腕がないので印が結べないと思いますなので千鳥とか出来ないのですか...

サスケ ランキング

漫画・ナルトには数多くのキャラクターが登場し、物語開始時には故人になっているが 回想で出てくるという人物もいます。 そうしたキャラクターの多くが、派手な術を習得しており戦闘シーンを迫力あるものにし、読者が手に汗握る展開を作っているのです。 そんなナルトですが、多く登場する術の中でどれが最強なのか気になりますよね? ここでは、 ナルトの術で一番強いものをランキング形式で発表します。 スポンサーリンク 10位 「木遁・真数千手」仙人モードの柱間が出した木遁最強の術 ナルトに登場する術で10位にランクインしたのは、「 木遁・真数千手」という千手柱間が出したものです。 初代火影として時代を築き上げた柱間が、仙人モードになった際に出した術で、巨大な観音様を作り出します。 大きさは九尾をはるかに凌ぐもので、一つの小高い丘ほどですからインパクトは抜群。 作中で木遁の術は数多く登場しますが、どれも便利で強いという性能を持っていますが、真数千手はその中でも最強です。 しかしながら、攻撃面に特化している反面、応用は利きにくいというデメリットがあるので10位どまりとなります。 スポンサーリンク 9位 「穢土転生」死者を現世に蘇らせ意のままに操れる ナルトに登場する術で、特に読者を驚かせたのが「 穢土転生」という術で、9位にランクインしています。 生贄を使うことによって、死者を現世に復活させ、術者の意のままに操れることができますが人道面から「禁術」とされているのです。 使用できるのは、大蛇丸や千手扉間など限られた人のみであり、蘇らせる対象によっては戦局が大きく変わるでしょう。 最も厄介な術でありますが、無敵なほどの強さを誇っている訳ではなく、弱点が存在します。 その弱点とは、蘇った者についている「解除の印」を知っていれば解くことが可能というもの。 闘いに直接影響を及ぼすものの、復活させるのみでこの術が何かしらの攻撃をする訳ではないので、9位というランキングも納得ですね。 スポンサーリンク 8位 「求道玉」六道仙術を開花した者だけが使える秘伝の術 8位にランクインしたのは、うずまきナルトも使用している「 求道玉」です。 六道仙術を開花した者が得られる忍術で、血継網羅と呼ばれる火や水、雷などの性質変化を全て融合させた黒い球体を使って攻撃します。 この黒い球体は、形状を術者の意のままに操作が可能で、触れた部分を消失させるといった使い方も可能。 そのため、攻撃面のみならず防御面でも並外れた性能を発揮し、戦局を一気に有利に持っていけます。 弱点は、継続時間に限りがある点と、仙術チャクラの攻撃に関しては性質が似ているためか防御ができないという点です。 ただし、仙術チャクラという高度テクニックを扱える忍者は限られているので、とても強い術であることに変わりありません。 スポンサーリンク 7位 「完全体須佐能乎」須佐能乎の完全体で完成形の術 永遠の万華鏡写輪眼を開眼した者だけが習得できるのが、 完全体須佐能乎(かんぜんたすさのお)です。 須佐能乎の完成形であり、上半身だけでなく下半身まであって尾獣ほどの大きさがあり、さらに変形も可能。 空を飛べますし、無限月読の攻撃を防御できるという特典付き。 九尾に鎧を付けさせることも可能ですし、応用も十分なので7位というランクは理解できるでしょう。 使い勝手を考慮するならば、完全体須佐能乎は防御にも十分に利用が可能ですから多くの戦局で活躍すること間違いなし! スポンサーリンク 6位 「天之御中」自らの空間を別の空間に移動できる術 直接的にこの術が攻撃をする訳ではありませんが、相手の術を避けたり困惑させるには十分すぎる性能を持つ、「 天之御中」が6位にランクインしています。 大筒木カグヤのみが習得している大技で、溶岩、氷、酸の海、砂漠、超重力、始球空間の6つのどれかに飛ばせるのです。 一度でも移動させられると、カグヤの力を使わないと元の世界に戻ることができないため回避が不可能。 ただし作中ではオビトによって、サスケが救出させられたりしているので弱点がゼロという訳ではありません。 闘う場所が変わるだけなので、人によって迷惑と感じるかどうかが決まるという向きがあるものの、術の全容がハッキリしているかは不透明。 かなり厄介な術であることは確かですし、物語のラスボス的な存在であるカグヤしか使えないというのも、大きな特徴です。 スポンサーリンク 5位 「輪墓・辺獄」もう1人の自分を現世に呼び出し攻撃する うちはマダラが使用した、「 輪墓・辺獄」は一対一で使われるとかなり恐ろしい術であると、本作で明らかにされています。 輪墓と呼ばれる世界にいるマダラを現世に呼び出し、一緒に戦うことが可能です。 この輪墓という場所は、目視はおろか感知もできない特別な空間に存在し、一緒に精神世界の様相を呈していると考えられます。 物理攻撃は効きませんし、尾獣を一撃で倒すなど戦闘力は恐ろしいほど高いのも特徴。 輪墓にいるマダラを攻撃するには、仙術チャクラを用いた攻撃のみなので限られた者しか倒せません。 輪廻眼を持つ者しか対等に戦えないという点を考慮すると、相当強い術なので5位にランクインしています。 スポンサーリンク 4位 「インドラの矢」天変地異を起こせるサスケ最強の術 うちはサスケが持っている最強の術である、「 インドラの矢」が4位にランクインしています。 このインドラの矢は、九体の尾獣からのチャクラ供給を得て、完全体須佐能乎と融合しインドラの姿になったサスケによって攻撃可能です。 天変地異を引き起こすほどの威力であり、矢があたれば一撃必殺と言えるほどですからトップクラスの術であることは間違いありません。 ただし雷属性限定というネックがあり、トップ3に入るほどかといえば疑問符が付きます。 それでも第二の主人公とも言われるサスケ最強の技の名に恥じない、素晴らしい力を持った術と言えるでしょう。 スポンサーリンク 3位 「神威」人あるいは物を別空間へ移動させる術 万華鏡写輪眼によって発動が可能となった 神威という術が、3位にランクインしています。 ナルトに登場する術の中で、特異と位置づけされており、別の時空間に人や物を移動させることができ、一度入ると通常のものは外に出るのが不可能となるのです。 現実世界とは別の、恐らく「並行宇宙」に移動させており、こちら側で認識するのは不可能。 体の一部分だけを取るという応用も可能なので、攻撃にも防御にも使用することができるため、非常に有能な術とも言われています。 カカシとオビトの2人しか使えない特別性も加味され、もし使えればほぼ全ての術を無効化できるため最強クラスの能力です。 スポンサーリンク 2位 「尾獣玉螺旋手裏剣」分身して攻撃するナルト最強の術 ナルトが9人に分身し、一尾から九尾までの尾獣からチャクラをもらって攻撃をしかける 六道仙術。 それぞれの性質を反映しているため、非常に強力で螺旋丸系の中では最強で、ナルトが今までに出した技の中で一番強いです。 物語でも次に紹介する1位を除けば、最強とも言われるもので、相手の性質に応じて弱点となるものを選ぶことができます。 応用が利きやすいので、サスケのインドラの矢よりも、こちらのほうが強いとの意見は多いです。 スポンサーリンク 1位 「無限月読」膨大なチャクラを使い全人類を幻術にかける究極術 ナルトに登場する術の中で、圧倒的な強さを誇るのが「 無限月読」です。 輪廻写輪眼によって幻術を引き起こし、十尾の人柱力の膨大なチャクラを使って月に輪廻写輪眼を投影します。 これによって全人類全てを幻術にかけることができ、大筒木カグヤが望む人類の平和の実現が可能です。 ナルトの物語は、カグヤが復活してこの術を発動するために存在したようなもので、ストーリーのハイライトを飾る大技と言えるでしょう。 一度でも術にはまれば、自分でどうにかできるものではなく、完全体須佐能乎でしか防ぐことができません。 幻術の中ではもちろん、作中の術の中でも最強の術として広く認識されています。 まとめ ここでは、 ナルトの術で一番強いものをランキング形式で発表しました。 物語序盤は成長過程にある面々なので、術はそれほど強くありません。 第二部に突入しそれぞれが修行から終えたとき、術はよりパワーアップし六道仙人モードなどが追加されるともう一段階強化されます。 トップ10を見てみると、物語後半で初登場した術ばかりが並んでいるので、最終章に向けて敵がどんどん強くなっていると理解できるでしょう。 ナルトの物語は終わり、現在は新連載として「ボルト」がスタートしていますので、新しい術が次々と登場するはずですから注目したいですね。

次の

『NARUTO

サスケ ランキング

NARUTOの中で一番複雑な立場と心境にいて、見る人によって見え方の変わる繊細なキャラだと思いますよ。 イタチより。 木の葉側にがっつり立って読む人は嫌うし、逆にイタチを良く思うでしょうが、木の葉だって問題あるんじゃないの?? みたいにちょっと斜めから、あるいはうちは側から見るような人からみると、泣き寝入りしない悲しき美少年になる。 サスケが木の葉を潰すという心理は、イタチがサスケを助ける為に一族の他の人を犠牲にする心と近いものがありますしね。 いいお手本ではないですが、生きてる仲間を守りたいというのと、復讐心が仲間の生死によって変わる紙一重のものだというのを教えてくれるキャラでもあります。 病んでる人には病んで見えるんでしょうしw。 あと、彼は悪役だと思っているのですが、悪役好きは好きだと思います。 他にあまり見た事ないような悪役だと思います。 悪役として、状況が悪いからああなってるけど、やっぱりサスケも悪い、でも状況が変われば違うんだろうけど、同情じゃすまない、なんとも言えない心持ちになるキャラです。 そこが凄く繊細に上手くやってると思います。 もう一つは心理の書き方なんですが、深層心理でサスケが本当はどう思ってるのかうやむやに描いてあるので、 本当はどう思ってるのだろうと色々考えたくなる部分、ほんとはいい奴なんじゃないかと期待してしまうがあります。 ナルトと終末の谷で「俺は・・・・」と言った後、何を思ったのかとか、 ビー戦でふと第七班を思い出し、命がけでカリンを救ったのに、そしてこの時にすでに木の葉を潰すと言っているのに、 ダンゾウ戦ではカリンを平然と犠牲にして、おいおいその間に何があった、何がビー戦とダンゾウ戦で何が違うんだとかね。 よく物語を見ると、結構そっと出しで色んな事が描いてあるのに気がつきますよ。 サスケが木の葉を出て行く選択をした事自体も、ナルトとサスケとの木の葉の中での繋がりの違いをよく見ると、やっぱりサスケは不満を感じるだろうし、ここでは強くなれないだろうというのが感じられます。 サスケが問題行動してくれないと、考えないし気がつけなかったですね。。。 岸本先生にはやられました。。。 もしこれがブサメンだったら、興味が持てないのか、だれかに自分の心を実験してもらいたいw.

次の