スターリング ハウス トラスト。 トラス講座|トラスとは?|サウンドハウス

【海外積立投資】インベスターズトラスト(ITA)ってどんな会社?評判は?|賢人の海外投資マニュアル

スターリング ハウス トラスト

質問一覧• 始めてしまったのですが、 ここ最近どうも怪しいと思い、解約を考えています。 しかし、解約して本当に預けたお金が戻ってくるか不安です。 どなたかこの案件をやっていて、解約したという方がいれば 教えてください。... サンタンデールUK銀行に、通常億単位でないと作れないプライベートバンクを特別なルートがあるので300万円 から作れる。 2年は元本 300万 は引き出せないが、毎月利息分の約3万円は自由に引き出せる。 イギリスのサンタンデール銀行の口座を開設しているのか確認が取れません ここの番号がイギリスの金融登録番号ですがこれをどうやって確かめるのか確認する方法ご存知でしょうか? どうにも胡散臭いと思うのです ここから 翻訳... 一緒に話を聞きました。 すでに先輩も海外口座を開き、金利の配当も毎月ネットで確認できる、いつでも解約できるということでしたので、私もすっかり信じて申込書を書きました。 クレジットカードで手数料を支払う手続きをしたの... 具体的な「案件内容」が不明なので・・・回答出来ません。 たとえ、ロイヤルバンクの信託でも年率12%とは???です。

次の

「スターリングハウストラスト」に関するQ&A

スターリング ハウス トラスト

Sterling House Trust 海外から友人を日本に呼ぶご予定がありますか?今すぐとは言わなくても、その可能性はありませんか?それなら、以下のポイントを是非とも頭の片隅にどうぞ。 具体的な観光地の情報は、私たちが思う以上に、彼ら自身で見つけ調査することができます。 英語、フランス語、スペイン語など、あらゆる言語で情報が手に入る時代です。 その点での心配は要りません。 是非とも、もっと深い、日本人の思考回路や文化について教えてあげてください。 例えば、電車の時間があまりにも正確であったり、ポイ捨てをする人が少ないことであったり、仏教を信仰して深く行に専心する人は少ないものの、考え方の根底には哲学のように根付いている…という話であったり。 そのような話は、なかなかガイドブックには載っていないものです。 Author Posted on Tags Sterling House Trust 海外から、よく友人を迎え、いろいろな旅のサポートをしている私が思うところをご紹介します。 外国の人へ、どのような観光地を紹介しようか、と考えると、多くの人が富士山、浅草、京都といった定番を挙げます。 これは悪いことではありませんが、実際、意外なことに、私たちが思う以上に、彼らは日本の観光地のことを知っています。 特に旅行前で準備をしている人は、かなり細かな場所まで調べ上げているものです—さすが、情報化社会!ですので、相手から、どのような場所を訪れたいのか、具体的な情報を聞いた上で、好みを探り、時によりコアな(英語ではあまり情報がない)場所を提案してあげるのがいいでしょう。 傾向として、田舎の小さな村の情報は英語では出回っていない傾向にありますので、その辺りが狙い目かもしれません Author Posted on Tags Sterling House Trust 移動をしながら仕事をすると、どうしても電源の確保が明暗を分けます。 そんな時に知っておきたい簡単なポイントをご紹介しましょう。 まずは、どの駅の周りにもある、電源がありがちな店を把握しておくことです。 マクドナルド、ケンタッキーは私の中でのおすすめです。 多少、子供や学生が多くてうるさいこともありますが、電源が安く、確実に確保できるので、いざという時に助かります。 そして、店舗数も圧倒的です。 加えて、大手チェーンのコーヒーショップでしょう。 スターバックス、ドトール、エクセルシオール、タリーズが定番です。 ベローチェは安いですが、電源面では期待できません。 さらに、現金支払いであることが多く(少なくとも私の経験上では)電子マネーで生活している人は要注意です。 Author Posted on Tags Sterling House Trust 日本各地には、それぞれの郷土料理があります。 福岡のもつ鍋、山梨のりんご…などなど。 そんなイメージは誰にでもあるでしょう。 しかし、それの一個先へ行ってみることをおすすめします。 それぞれの地域で有名な料理だけを追い求めていると、時に「観光客に食べさせておく」ためだけに、それを提供しているお店に出会うもの。 ウェブサイトにあるまとめ系の記事も、他のサイトの二番煎じであることが多々あります。 ありきたりな観光客向けの「定番」を抜け出すには、宿泊する宿のスタッフが普段から通っている居酒屋を教えてもらう、などの工夫が必要です。 すると、インターネットでは全然知られていない、穴場に出会うこともできます。 Googleマップで口コミを見るならば、地元の人が通っているかどうかをチェックするようにしましょう。 Author Posted on Tags Sterling House Trust 軽井沢というと、いかにもお金持ちの人のための避暑地というイメージでしょう。 大物アーティストや芸能人が、静かに過ごしながら、作品を作り上げたり、物思いにふけったり。 そんな場所のイメージが強いのではないでしょうか。 事実、たくさんの芸能人が移り住んでいるのですが、最近では、軽井沢は「お金持ちのためだけの場所」ではなくなってきているのです。 特に顕著なのは、海外からの観光客の増加です。 アウトレットに足を運ぶ人が圧倒的多数を占めますが、駅を挟んで反対側(つまり北側)にある旧軽井沢通りまで流れる人もたくさん。 このような「新たな層」のおかげで軽井沢は、息を吹き返そうとしています—そもそも、死んだ、ということを暗に意味しているわけではないのですが…変遷をたどると、それに近いものはありました。 Author Posted on Tags Posts navigation.

次の

サンタンデール銀行プライベートバンク案件の評判は?危険で怪しい?

スターリング ハウス トラスト

最近よく問い合わせが来るので今回は海外の銀行のプライベートバンク案件について解説します。 商品名はスターリングハウストラスト(Sterling House Trust)という名称です。 まず最初にはっきり言っておきますね。 しかしながら言葉巧みに、あたかも安心・確実であるように紹介されますのでお気をつけください。 サンタンデール(ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)のプライベートバンク案件とは? 現在はサンタンデールPB案件と言われていますが数年前までは、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(The Royal Bank of Scotland)PBと言われていました。 どちらも同じ話です。 スターリングハウストラストという会社が販売元になっており、お金の預け先がサンタンデール銀行というものです。 条件をまとめると ・円建て ・元本保証 ・300万円から投資可能 ・年利12パーセント ・元本は2年間は解約手数料が発生 のようになります。 プライベートバンクとは預け入れ資産1億円以上の顧客に対して個別に資産運用を対応するサービスです。 簡単に言うと富裕層向けにその人に合ったオーダーメイド資産運用を銀行や証券会社が行うというものです。 預け入れ資産1億円からとは中々とハードルが高いサービスですね。 そんな特別サービスを300万円から初められると言うのが、サンタンデールPB案件なのです。 ちなみに、サンタンデール銀行はスペイン最大の銀行です。 日本には支店はありませんが世界的な有名銀行です。 スターリングハウストラスト(Sterling House Trust)とは? 1. 口座開設に必要なもの ・パスポート アメリカ国籍の方、一部の特殊な国の国籍の方は申し込みできません ・住所証明 運転免許証、公共料金、電話料金、クレジットカードの請求書 3ヶ月以内 ・VISAかMasterCardのクレジットカード、デビットカード ・300万円から10億円までの100万円単位の定期預金資金 3. 英国系の伝統的な契約。 ニュージーランドのTrust制度は、非居住外国人にとって、非常に有利に規定。 ニュージーランド居住権が無い受託者によって設立されたTrustの海外からの収入が居住権を持つ信託者によってもたらされた場合に、ニュージーランド内では非課税。 わかりにくい用語だらけですね。。。 わかりやすく言うと、 サンタンデール銀行という安心感がある箱を使って、非課税であるニュージーランドのTrust契約という制度を使ってお金を集めて運用します。 運用するのはスターリングハウスというIFA(独立系資産アドバイザー)です。 ってことですね。 サンタンデールPB案件の危険性の検証前に知っておきたい詐欺を見破る3つのこと 1. 元本保証 2. 高利回り 3. by Wikipediaから引用 最近ですとサブリース問題でスマートデイズの「かぼちゃの馬車」というシェアハウスで取り沙汰されましたよね。 過去だと、ハイプやICO、マイニングと言われる仮想通貨関連や金の鉱山、エビの養殖など色々なポンジスキームが世には出ては消えを繰り返しています。 日本人はあたかもマトモそうに見えるポンジスキームがお好きなお国柄なんですね。。。 過去に幾度か管理人もひっかかっています。 元本保証ほど危ない話はありません。 当たり前ですが、世の中に絶対はありえません。 そんな中で元本保証しているのはありえてもよほど少なめに利回りを設定しているケースくらいしかないですね。 日本のインフレ率よりも下回る利回りですね。 元本保証がないからこそのハイパフォーマンスです。 リスクが負えなければリターンは得られません。 必ずリスクとリターンは相対関係にあります。 ローリスクであれば必ずローリターンです。 ローリスクでハイリターンなんて虫のいい話はありません。 そんなに美味しいのならアメリカ政府がやりますよ笑。 また専門用語が多くて調べてもいまいちピンとこないようなら間違いなく詐欺案件です。 特に海外の用語とか法律とか協会とかがたくさん出てくることが多いです。 わざと投資家を煙に巻く手法です。 またプライドが高い人であれば知ったかをするので、 紹介者:Aさんはご存知かと思いますがこの商品はTrustなので安心です。 Aさん:Trustですか!なるほど!それは安心ですよね。 みたいな会話になって話が進んでいきます。 素直にわからない用語を聞けない人は経験上たくさんいます。 わからない用語が出てきたらまずは怪しいと思い、それでも気になるようであれば聞いてみる、聞いてみてもわからないようであればやめることをおすすめします。 以上からこの3つのキーワードがでてきたらほぼ間違いなく詐欺案件と判断してください。 だまされないための最低限の防御方法です。 スターリングハウストラスト(サンタンデール銀行PB案件)の危険性を証明する3つの理由 1. スターリングハウストラスト社が怪しい 3. プライベートバンクとして機能していない 案件概要としては 「投資家が資金をSHT社に預けて、SHT社がサンタンデール銀行のトラスト口座で運用する」 ということです。 まずは1. 投資家からすると「この利子(クーポン)なら嬉しいけど満期前に償還されると元本割れをおこすかも」という債券です。 仕組債とはデリバティブ商品であって、いろいろな仕組みを持つ債権なのでこう呼びます。 発行体が繰り上げ償還する権利を持っていますので、投資家は好きなときに償還させる事ができません。 現金にかえづらいのです。 債券というのは「投資家が発行体にお金を貸した際の借用証書」です。 お金を貸すときの原則は「信用できない借り手からは利子を多くいただきますよ」ですから、このコーラブル債も利子が多めに設定されている以上、リスクも少なからずあるという事です。 by ZUUより引用 では詳細を見ていきましょう。 コーラブル債は絶対保証できるものではないからです。 単純にレバレッジ10倍ですからね。 日本円であればこのマイナス金利時代であればありえなくもないのですが、調達資金が米ドルです。 普通に考えてサンタンデール銀行はSHT社に貸すよりもアメリカ国債やアメリカの銀行に預けたほうが得なんですよね。 SHT社の運用益が入るわけでもないですし。 あくまでもSHT社にプライベートバンクとして口座を貸しているだけですからね。 ボランティアでもやらないですよね。。。 スターリングハウストラスト社が怪しい SHT社の金融ライセンスを調べるとどうなるでしょうか? 資料には「2009年からニュージーランド政府の許可を得てTrusteeとして」と記載があります。 そこで、ニュージーランドの金融監督庁であるFMAのウェブサイトを調べましたが、SHT社の名前はありませんでした。 すなわちニュージーランドで金融ライセンスは取得していないことになります。 また住所を調べましたが。。。 ・202 Parnell Road, Parnell, Auckland 1151, New Zealand(ニュージーランド) ・62 Wilson Street London EC2A 2BU United Kingdom(英国) ニュージーランドの住所は住宅と倉庫街。。。 英国の住所は数百社が同じ場所に登記するバーチャルオフィス。。。 ちなみにHPのドメイン情報を見るとドメイン登録はシンガポールで行われています。 これは。。。 どうみても。。。 プライベートバンクとして機能していない だってプライベートバンクって個人個人に与えられて銀行の担当者がついて資産運用を一緒に考えながら行うものです。 SHT社にお金を預けている状況でそもそもそれは。。。 ヘッジファンドです。 普通にハイリスクハイリターンの商品に変わります。 サンタンデールPB案件はしばらくは運用はされるが。。。 3年以上継続されれば元本分の回収となります。 数年は利回りを吐き出して信用させる 2. 信用させて出資額をより多く募る 3. 規約変更があったなど連絡が来る 4. 連絡が担当者と取れなくなる こんな感じになるのではないでしょうか。 過去にもアメリカで2008年12月にFBIに逮捕された、バーナード・ローレンス・マドフ容疑者の詐欺事件は有名です。 元NASDAQ会長という信用もあり、誰もが信用したのです。 被害総額は数兆円と言われています。 野村證券などの大手金融機関が被害にあっています。 日本では、あおぞら銀行、住友生命保険、三井住友生命、三井安田生命、あいおい生命保険、太陽生命保険、日本興亜損保、富国生命保険など多くの金融機関や有名人、著名人も詐欺被害者として名前を連ねています。 これもまさしくポンジスキームです。 現在、契約している人は手数料が取られてもいいので即刻解約することをおすすめします。 サンタンデールPB案件に似た案件が最近良く聞きますので、これは似ているなと思ったら。。。 ヘッジファンドや投資信託について解説されてるでも、 ポンジスキームである可能性が示唆されていますね。 投資経験者にとってはお金を出す価値のない案件ということですね。 サンタンデールPB案件よりも確実に資産運用できる商品はある 今回はかなり詳細を書きましたがいかがだったでしょうか? 勧めてくる人が保険屋さんやFPもいると話を聞きます。 見極めは勧めてくる人が投資で成功しているかどうかです。 成功しまくっていたら普通にもうFPとして活動してないですよね笑。 投資家になっているはずです。 またここでは詳細は書けませんがサンタンデールPB案件よりも安心・確実に資産が増える投資商品はあります。 記事としては書けないので気になる方は管理人にください。

次の