台風15号 被害。 台風15号の教訓 今後も被災者は安倍首相に苦しめられるだろう

台風15号:停電・断水・死者…最大級の被害を「把握すらできなかった」国と千葉県の責任

台風15号 被害

台風15号の影響による千葉県内の停電は19日午前10時現在、23市町で約3万700戸になった。 東京電力パワーグリッドによると、停電戸数が多いのは南房総市440… (2019年9月19日 18:20)• 台風15号の影響で交通機関がストップし、一時は「陸の孤島」と化した成田空港(千葉県成田市)。 1万3000人以上の旅客が足止めされた9日夜、旅客ターミナルビルに… (2019年09月17日 17:07)• 台風15号の影響による千葉県の大規模停電で、台風通過から6日目となった14日午前9時15分現在も約15万600戸で停電が続き、復旧の見込みが立っていない。 東京… (2019年9月14日 17:45)• 台風15号による被害を受け、千葉県でボランティアの受け付けが始まった。 今のところ、募集は県内や周辺自治体の在住者らに限っている。 活動は13日から一部でスタート… (2019年9月14日 17:45)• 台風15号の影響で9日未明から停電と断水が続く千葉県。 4日目の夜を迎えた12日夜、約2500戸が停電している房総半島最南端に位置する南房総市白浜町を歩いた。 【… (2019年9月13日 18:25)• 強い台風15号は8日夜から9日早朝にかけて、関東地方を通過し、関東の東の海上に抜けた。 9日午前5時前に千葉市付近に上陸し、千葉市中央区で最大瞬間風速57・5メ… (2019年9月9日 18:30) 連載.

次の

令和元年東日本台風(台風第19号)に関するお知らせ|国税庁

台風15号 被害

台風15号の影響による千葉県内の停電は19日午前10時現在、23市町で約3万700戸になった。 東京電力パワーグリッドによると、停電戸数が多いのは南房総市440… (2019年9月19日 18:20)• 台風15号の影響で交通機関がストップし、一時は「陸の孤島」と化した成田空港(千葉県成田市)。 1万3000人以上の旅客が足止めされた9日夜、旅客ターミナルビルに… (2019年09月17日 17:07)• 台風15号の影響による千葉県の大規模停電で、台風通過から6日目となった14日午前9時15分現在も約15万600戸で停電が続き、復旧の見込みが立っていない。 東京… (2019年9月14日 17:45)• 台風15号による被害を受け、千葉県でボランティアの受け付けが始まった。 今のところ、募集は県内や周辺自治体の在住者らに限っている。 活動は13日から一部でスタート… (2019年9月14日 17:45)• 台風15号の影響で9日未明から停電と断水が続く千葉県。 4日目の夜を迎えた12日夜、約2500戸が停電している房総半島最南端に位置する南房総市白浜町を歩いた。 【… (2019年9月13日 18:25)• 強い台風15号は8日夜から9日早朝にかけて、関東地方を通過し、関東の東の海上に抜けた。 9日午前5時前に千葉市付近に上陸し、千葉市中央区で最大瞬間風速57・5メ… (2019年9月9日 18:30) 連載.

次の

台風15号にともなう風倒被害と山武杉(さんぶすぎ)のお話│地球守

台風15号 被害

ただでさえ政府や自治体の台風災害に対する初動の遅れが指摘されている中、災害住宅の9割が政府から何の支援も受けられないとは、まったくお話になりません。 早速9月24日、読売新聞の一面に次のような記事が掲載されました。 住宅一部損壊 国支援へ 台風15号 屋根修理 特例で 政府は、台風15号による千葉県などの住宅被害に対し、現行制度では国の支援対象外となる 一部損壊を特例的に救済対象とすることを決めた。 特別交付税の活用などで、一部損壊の大半を占める屋根の修理費補助について、 公費の9割を国が負担する。 国土交通省は23日、国の支援内容を千葉県に通知した。 ~2019. 24 読売新聞 朝刊~ 台風による強風で屋根が飛ばされたり、あるいは壊されて浸水の被害を受けたにも関わらず、半壊に至らない「一部損壊」の住宅に対しても弾力的に支援しようとするものです。 被害住宅のうち、一部損壊についても国の支援対象になることは、私たちにとって歓迎すべきことです。 つまり、こういうことです。 屋根の修理費の 「2割程度」を国や自治体が負担する。 上記の2割の内、約半分の 「1割」を国交省の 「防災・安全交付金」から支出する。 残りの1割の内、その8割分については総務省の 「特別交付税」から支出する。 要するに、被災者の自己負担は 「8割!」となります。 国土交通省が 「1割」負担し、総務省は 「0. 8割」負担し、自治体が 「0. 2割」負担するといった内容です。 日本では、大災害はこれからも間違いなく起こります。 しかし、安倍首相が首相で存在する限り、日本は災害に対して脆弱と言う他なく、今後も被災者は安倍首相に苦しめられ続けるでしょう。

次の