イチジク ジャム レシピ。 冷凍イチジク(世界一のジャムのために)

ホッペが落ちそう~!甘さ控えめ・イチジクジャム レシピ・作り方 by はなまる子♪|楽天レシピ

イチジク ジャム レシピ

作り方 (1)イチジクは表面をサッと水洗いし、水を切る。 (2)イチジクの皮を剥く。 (3)イチジクを縦四ツ割りにする。 (4)ステンレス鍋にイチジクと砂糖の半量を入れ、軽く混ぜ合わせる。 (5)中火で加熱し、イチジクが焦げ付かないようにヘラで鍋底からよくかき混ぜる。 (6)砂糖が完全に煮溶け、沸騰してきたら表面に浮く、泡と種を取り除く。 (7)残りの砂糖とレモン果汁を加え、攪拌しながら加熱を続ける。 (8)時々煮詰め具合いを確認し、良好な煮詰め具合になったら、殺菌したガラス瓶にジャムを入れる。 (9)ふたを軽くして、脱気殺菌し、脱気殺菌が終了したら、ふたを堅く閉め、倒立放冷する。 (10)倒立放冷が終了したら、流水で冷却し、ジャムが冷えたら、ビンの外側の汚れを完全に洗い落とし、水を拭き取り、製造に係わる情報を付けたラベルを貼り、冷暗所に保存する。 イチジクにはタンパク質を分解する酵素(フィシン)を含んでいるので、素手で大量に処理すると、指先がツルツルになり、そのうち痛くなってきます。 処理量が多いときはゴム手袋した方が良いでしょう。 冷凍保存したイチジクは半解凍状態にして、包丁で皮を剥くと、ロスも少なく、簡単にできます。 それから加熱して下さい。 沸騰してくると表面にアワと種が浮き出てきますので、レードルでどんどんすくい取って下さい。 ジャムの中にもアワや種がたくさん入り、見苦しくなります。 ペクチンの少ない品種でジャムを作る場合は粉末ペクチンを加えて下さい。 イチジク1kgに対し、粉末ペクチンは2~4gです。 しゃもじについたペーストがサッと流れるなら煮詰め不足、モッタリとしてくればOK。 スプーンに採った果肉をちょっと冷まして傾けたときサッと落ちずにポッタリとしているならOK。 冷水に果肉を滴下したとき花火にの様にパーッと散るなら煮詰め不足、コップの底までミズクラゲの様にプヨプヨと沈んでいけばOK。 皿・プレートにつけた場合、立てたらスーッと流れたら煮詰め不足、ちょっと流れてスッと止まればOK。 その他、温度で濃縮度合を確認することができます。 何度かジャムを作って、頃合を確認して下さい。 空きビンも利用できますが、ビンの口が欠けたり、ヒビのあるものは絶対に使わないで下さい。 ジャムを入れてフタをしてもきちんと閉まらないため、長く保存することができません。 また、加工中や保存中にビンが割れることもあります。 ジャムを無駄にするばかりでなく、思わぬところでケガをすることにもなります。 フタは一度使ったものはパッキンが凹んで、緩くなるので、長く保存するためには、新しいフタを使って下さい。 ビンとフタはきれいに洗い、蒸気の上がった蒸し器に口を下向きにして入れ、内部に水が溜まらないようにして加熱して下さい。 ビンとフタはジャムを詰めるまで蒸し器に入れて、熱くしておきましょう。 ジャムやビンの温度が低いと脱気殺菌の時間を長くしなければなりません。 きれいで、おいしいジャムは手早く作って、手早くビンに詰め、殺菌するのが肝要です。 ジャムはビンの口の上端から6~8mmくらいまで入れて下さい。 140ccのビンなら155g、200ccのビンなら215gくらい入ります。 ビンの大きさ、ビンに入っているジャムの温度によって異なることは言うまでもありません。 加熱によりビンの中に残った空気を膨張させ、希薄にした状態でフタをキュッと締め、減圧状態にします。 140g~200gビンに熱いジャムを入れた場合では15~20分程度加熱します。 熱いジャムが下になったフタにもまんべんなく触れます。 30分間、ビンを逆さにしておくことで、ビンの中に残っている耐熱性の微生物も生育することができなくなります。 また、フタの締めかたが緩かったり、ビンの口に傷があったりして、すき間があると、ビンを逆さにしたときにジャムが吹き出してきます。 このジャムの長期保存はあきらめて下さい。 すぐに食べてしまいましょう。 ビンを水に浸けてジャムの温度を下げるとともに、ビンについた汚れを洗い流します。 ジャムがわずかな温もりを持つ程度になったら、ビンの外側やフタが清浄かどうか、確認しながら水から取り出し、きれいな布巾でビンやフタの水気を拭き取って下さい。 完全に冷えているより、少しの温もりがあった方がふき取れなかった水分が早く乾きます。 こうやって作ったジャムはフタを開けない限り、腐敗することはありません。 しかし、温度の高いところ、明るいところに長くおくと、ジャムの糖、酸、ペクチン、色素などが化学反応をおこし、色が変わったり、柔らかくなったり、水分が分離してきます。 また、香りも悪くなってきます。 ビンに詰めたままのジャムは長く保存できますが、フタを開けたジャムは糖分が多くても、少なくてもカビが生えたり、味や香りが悪くなり、長く保存することは難しくなります。 フタを開けたジャムは冷蔵庫に入れて保管し、なるべく早く食べてしまいましょう。

次の

イチジクの大量消費 ジャム以外のお菓子作り

イチジク ジャム レシピ

作り方 (1)イチジクは表面をサッと水洗いし、水を切る。 (2)イチジクの皮を剥く。 (3)イチジクを縦四ツ割りにする。 (4)ステンレス鍋にイチジクと砂糖の半量を入れ、軽く混ぜ合わせる。 (5)中火で加熱し、イチジクが焦げ付かないようにヘラで鍋底からよくかき混ぜる。 (6)砂糖が完全に煮溶け、沸騰してきたら表面に浮く、泡と種を取り除く。 (7)残りの砂糖とレモン果汁を加え、攪拌しながら加熱を続ける。 (8)時々煮詰め具合いを確認し、良好な煮詰め具合になったら、殺菌したガラス瓶にジャムを入れる。 (9)ふたを軽くして、脱気殺菌し、脱気殺菌が終了したら、ふたを堅く閉め、倒立放冷する。 (10)倒立放冷が終了したら、流水で冷却し、ジャムが冷えたら、ビンの外側の汚れを完全に洗い落とし、水を拭き取り、製造に係わる情報を付けたラベルを貼り、冷暗所に保存する。 イチジクにはタンパク質を分解する酵素(フィシン)を含んでいるので、素手で大量に処理すると、指先がツルツルになり、そのうち痛くなってきます。 処理量が多いときはゴム手袋した方が良いでしょう。 冷凍保存したイチジクは半解凍状態にして、包丁で皮を剥くと、ロスも少なく、簡単にできます。 それから加熱して下さい。 沸騰してくると表面にアワと種が浮き出てきますので、レードルでどんどんすくい取って下さい。 ジャムの中にもアワや種がたくさん入り、見苦しくなります。 ペクチンの少ない品種でジャムを作る場合は粉末ペクチンを加えて下さい。 イチジク1kgに対し、粉末ペクチンは2~4gです。 しゃもじについたペーストがサッと流れるなら煮詰め不足、モッタリとしてくればOK。 スプーンに採った果肉をちょっと冷まして傾けたときサッと落ちずにポッタリとしているならOK。 冷水に果肉を滴下したとき花火にの様にパーッと散るなら煮詰め不足、コップの底までミズクラゲの様にプヨプヨと沈んでいけばOK。 皿・プレートにつけた場合、立てたらスーッと流れたら煮詰め不足、ちょっと流れてスッと止まればOK。 その他、温度で濃縮度合を確認することができます。 何度かジャムを作って、頃合を確認して下さい。 空きビンも利用できますが、ビンの口が欠けたり、ヒビのあるものは絶対に使わないで下さい。 ジャムを入れてフタをしてもきちんと閉まらないため、長く保存することができません。 また、加工中や保存中にビンが割れることもあります。 ジャムを無駄にするばかりでなく、思わぬところでケガをすることにもなります。 フタは一度使ったものはパッキンが凹んで、緩くなるので、長く保存するためには、新しいフタを使って下さい。 ビンとフタはきれいに洗い、蒸気の上がった蒸し器に口を下向きにして入れ、内部に水が溜まらないようにして加熱して下さい。 ビンとフタはジャムを詰めるまで蒸し器に入れて、熱くしておきましょう。 ジャムやビンの温度が低いと脱気殺菌の時間を長くしなければなりません。 きれいで、おいしいジャムは手早く作って、手早くビンに詰め、殺菌するのが肝要です。 ジャムはビンの口の上端から6~8mmくらいまで入れて下さい。 140ccのビンなら155g、200ccのビンなら215gくらい入ります。 ビンの大きさ、ビンに入っているジャムの温度によって異なることは言うまでもありません。 加熱によりビンの中に残った空気を膨張させ、希薄にした状態でフタをキュッと締め、減圧状態にします。 140g~200gビンに熱いジャムを入れた場合では15~20分程度加熱します。 熱いジャムが下になったフタにもまんべんなく触れます。 30分間、ビンを逆さにしておくことで、ビンの中に残っている耐熱性の微生物も生育することができなくなります。 また、フタの締めかたが緩かったり、ビンの口に傷があったりして、すき間があると、ビンを逆さにしたときにジャムが吹き出してきます。 このジャムの長期保存はあきらめて下さい。 すぐに食べてしまいましょう。 ビンを水に浸けてジャムの温度を下げるとともに、ビンについた汚れを洗い流します。 ジャムがわずかな温もりを持つ程度になったら、ビンの外側やフタが清浄かどうか、確認しながら水から取り出し、きれいな布巾でビンやフタの水気を拭き取って下さい。 完全に冷えているより、少しの温もりがあった方がふき取れなかった水分が早く乾きます。 こうやって作ったジャムはフタを開けない限り、腐敗することはありません。 しかし、温度の高いところ、明るいところに長くおくと、ジャムの糖、酸、ペクチン、色素などが化学反応をおこし、色が変わったり、柔らかくなったり、水分が分離してきます。 また、香りも悪くなってきます。 ビンに詰めたままのジャムは長く保存できますが、フタを開けたジャムは糖分が多くても、少なくてもカビが生えたり、味や香りが悪くなり、長く保存することは難しくなります。 フタを開けたジャムは冷蔵庫に入れて保管し、なるべく早く食べてしまいましょう。

次の

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

イチジク ジャム レシピ

いちじくジャムの作り方レシピ 電子レンジで超簡単に! 無花果ジャムは、電子レンジで超簡単に作れます。 真っ赤なイチジクジャムを、 電子レンジなら少量作れるのが嬉しいですよね。 レモンをきかせると甘みと酸味の両方ある いちじくジャムが味わえます。 耐熱ボウルに皮をむいて2cmくらいの角切りにした無花果と、 グラニュー糖レモン汁を入れて全体をざっと混ぜます。 ラップをせず、500wのレンジで3分加熱。 あくが出るので丁寧に取り除く。 全体を軽く混ぜます。 再度電子レンジ500wで3分加熱。 取り出してあくを取り、全体を混ぜる。 最後に500wで1〜2分加熱。 とろみがついていれば完成です。 加熱時間は様子を見て調節してください。 煮沸消毒した瓶に入れ、ふたをしたら逆さにして完全に冷ます。 冷めたら冷蔵保存。 2週間以内に使い切ってね! (水分が多いとカビが生えるので要注意です) 6. とろみは冷めると強くなりますので、煮詰めすぎに注意です。 緩いくらいがさめてちょうどいい固さになります。 コツ・ポイントの補足 無花果の量を増やすと加熱時間が変わります。 電子レンジの種類によって、煮詰め時間が 多少変わると思いますので、三回目は様子を見ながら 1分位ずつ追加して加熱してくださいネ。 (あくまで2個分の加熱時間です。 ) アクは、味に影響しますので丁寧に取ってください。 いちじくジャムの作り方 ( How to make Fig jam. ) イチジク(無花果)は、皮を剥いてカットしておきます。 沸騰してから、中火で約3分煮ます。 こまめに灰汁(アク)を取り除きます。 砂糖を125g(半量)加えます。 ゴムべらで、ゆっくりとかき混ぜます。 ここからさらに、3分煮ます。 こんな感じ。 レモン汁1個分を加えます。 レモン汁を加えると、 ジャムの色が、鮮やかに変化してきます。 砂糖125g(残り半量)を加え、 ゆっくりとかき混ぜます。 約3分後、このように少し煮詰まってきます。 ゴミべらで混ぜたときに、 鍋底が少し見えるくらい煮詰まればOK! 瓶に詰めて保存する場合には、 イチジクジャムがまだ熱いうちに行いましょう。 すぐに消費しない分は、密封容器に入れて 冷凍保存がおすすめです。 いちじくジャムの作り方(レシピ)How to make Fig Jam カンタンで美味しい! いちじくジャムの作り方です。 いちじくの皮をむいて、重さを計る。 いちじくを、縦に4つに切る。 ステンレスかホーローの鍋に いちじくを入れる。 上から砂糖をふりかけ、1時間ほど置き、 水分を上げる。 水を張った鍋に、 ビンとフタを入れ、10分煮沸消毒する。 清潔な布巾やキッチンタオルの上に、 瓶の口を下に伏せて乾かす。 イチジクを火にかけ、煮えたら中火にする。 いちじくが焦げ付かないように、ヘラで良く かき混ぜたり、潰したりしながら、約15分煮る。 途中で、浮いてきたアクと いちじくの種を取り除く。 いちじくはペクチンが多いので、 あまり煮詰めなくでも、すぐに、 いちじくジャムのとろみがついてきます。 目安は15分。 冷めると固くなるので、 まだゆるいかなと言うくらいで大丈夫です。 全体に透明感も出てきます。 最後にレモン汁を加え、 ひと煮立ちさせます。 ジャムを瓶に詰めます。 ふたを閉めて、瓶を逆さまにして冷ます。 ジャムが冷めたら、瓶に付いた汚れを洗い流す。 冷蔵庫において、2週間保存可能。 完成品は、330gになりました。 イチジクジャムの完成です! パンやクラッカーに付けたり、 デザートでは、ヨーグルトやバニラアイス、 クリームチーズにトッピングしても おいしいですよ。

次の