アベノマスク 回収。 アベノマスク使わないなら寄付しよう!正しい送り方&寄付先まとめ|ドラママ

アベノマスクを寄付できる東京の場所はここ!回収箱ポストの設置場所

アベノマスク 回収

新型コロナウイルスの感染防止対策で政府が1世帯当たり2枚配布する布マスクについて、不要な人からマスクを回収し必要な人に届ける取り組みを福井県鯖江市の市民団体が始めた。 回収ボックスを市内のスーパーや銀行など約40カ所に設置予定。 対象は未開封のもので、市民団体は「寄付する場合は開封しないように気をつけて」と呼びかけている。 鯖江市の市民団体などでつくる「鯖江市民主役条例推進委員会」が企画。 政府の布マスクを必要な人に届けるための「さばえマスクポスト」を市内のスーパーや銀行、市役所など約40カ所に設置する。 27日は委員会をサポートする「エコネットさばえ」(同市中野町)の畑中雅博事務局長がスーパー「ハーツさばえ」(同市小黒町2)の店頭に設置した。 通りかかった買い物客からは「政府のマスクはもう必要ない」「届いたらすぐに持ってくる」などと声が上がっていた。 政府の布マスクが県内に到着したのは23日。 厚生労働省によると、福井市から順次県内全域に郵送されるが、配達予定日は決まっていないという。 4月24日から県内の1戸につき使い捨てマスク計100枚を買えるマスク購入券を、県が県内全世帯に配布するなど、県内のマスク供給状況は改善されつつある。 畑中事務局長は「大きさは子どもにちょうど良いサイズだと聞いた。 必要とする人は多くいるはずなので捨てないでほしい」と話した。 マスクが必要な場合は、回収ボックスに記載されているQRコードから申し込める。 【横見知佳】.

次の

【最新】アベノマスク(あべのマスク)を寄付したい!寄付先一覧まとめ!大阪では回収もあり

アベノマスク 回収

ようやく配布が開始された「アベノマスク」に、髪や虫などの混入やカビ、汚れ、黄ばみなどの不良品が見つかった件を受け、製造元の伊藤忠商事と興和は23日、未配布分の布マスクを全て回収することを発表した。 興和と伊藤忠商事は23日、政府に納品した布マスクに汚れなどの不良品が見つかった問題を受け、未配布分を全量回収すると発表しました。 マスクは安倍晋三首相肝煎りの新型コロナウイルス対策として、全世帯へ配布を進めていました。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom はプレスリリースを通じ、同社が受注した布マスクの生産・検品については「当社のネットワークにて海外の衣料品縫製工場に生産スペースを特別に確保し、当初生産分は縫製工場での自社検品後、厚生労働省に納品を行った」と説明。 同省からの検品強化の指示により、未配布分を全量回収するとともに「三重の検品体制」を取っていくという。 は、中国を中心とする海外の生産協力工場を活用して布製マスクの生産を行なってきたこと、未配布分については全量回収の上で再検品し、生産協力工場における検品体制への指導強化とともに、日本国内における全量検品を行うことを表明した。 当初、政府はアベノマスクの発注元についてひた隠しにしていたが、批判の声が高まったためか、発注企業4社のうち、3社の社名と契約金額を発表。 によると、伊藤忠商事と約28. 5億円、興和と約54. 8億円、マツオカコーポレーションと約7. 6億円の契約をしたとしている。 しかしマスクの枚数や契約の中身は示されず、残る一社についてはまだ非公表のままだ。 また3社との契約金は合わせて約90. 9億円だが、アベノマスクの予算466億円との差額についても説明がなされておらず、厚労省は野党からの問い合わせを交わし続けている状況である。 興和株式会社:54. 38億円 伊藤忠商事:28. 5億円 株式会社マツオカコーポレーション:7. 6億円 アベノマスクの調達が終わっている調達先と金額の厚労省回答。 が、調達枚数は単価が類推されるので公表できないと言います。 以前官房長官は200円. 担当者は260円と言っていたのに。 「466億円をドブに捨てなければ、コロナ患者を積極的に受け入れたり、発熱外来を作って頑張ってる466の医療機関に1億円ずつ支援できたのに」と新型コロナ対策費用の用途に対する疑問の声や、「使うの怖いし、要らない人多いんだから今からでも配布するのやめれば?」という声など、辛辣な意見が相次いで投稿されている。 また伊藤忠と興和が全量回収することについて、「さらにお金が掛かるのか…」「あとどんだけこれに予算使うの。。 」「そうしてまた余分な金を使うつもりな!」と、追加予算が発生するのではないかと危惧する声もあがっているが、最も多く見受けられるのは、未だ公表されていない1社について「どこなの?」「「なぜ公表しないのか?」という疑問の声だ。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

アベノマスクの回収量が異常事態!税金が寄付へなってヤバイ!

アベノマスク 回収

政府が全世帯への配布を目指す布マスク 新型コロナウイルスの感染を防ごうと、政府が配布しようとした布マスクに汚れが見つかり、未配布分の回収に追い込まれた。 スピード重視の政府がマスクメーカー以外の企業にも生産を要請して急がせ、結果として不良品が見逃されたのが実情だ。 費用対効果を疑問視する声など配布前から何かと不満が多く、「アベノマスク」とやゆされている中、今回の「失態」で政権の求心力にも影響が出かねない情勢だ。 「政府からとにかく早く納入をと要請され、検品作業を最低限にしたところ、不良品を見逃してしまった」。 納入業者のうち、ある1社の広報担当者は24日、毎日新聞の取材にこう答えた。 マスクの生産は「政府からの強い要請」と繰り返し、安倍晋三首相の肝いりで「アベノマスク」とやゆされた取り組みのいびつさを言葉の端々ににじませた。 首相が布マスクの全戸配布を表明したのは、4月1日の新型コロナウイルス対策本部だ。 その場で首相は「布マスクは使い捨てマスクではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能で、急激に拡大するマスク需要に対応する上で極めて有効だ」とその意義を語った。 さらに「国民の不安解消に資するよう速やかに取り組む」と強調した。 「アベノマスク」は、経済産業省出身で首相に近い官邸官僚による進言が発端とされる。 ある政府関係者は「妊婦や高齢者施設向けにマスクを配るという話は以前からあったが、それがいきなり全戸に配布するという話に発展した。 内部での調整もスムーズではなく、十分に練られたものではなかった」と明かす。 この表明を受け、厚生労働省は4月上旬に随意契約で興和と約55億円で、伊藤忠商事とは約29億円で布マスクの納入契約を結んだ。 これは全戸配布の半分程度に過ぎない。 残りは30日にも成立する補正予算後に改めて発注….

次の