2k20 マイ キャリア おすすめ。 NBA2K20 マイキャリア(MyCAREER)初心者にオススメなトレーニング・育成法を勝手に攻略

NBA2k20で改善してほしいこと

2k20 マイ キャリア おすすめ

全世界シリーズ累計9,000万本以上! 圧倒的、かつ唯一のNBA公認バスケットボールであり、20作目となる本作ですが、バスケットボールゲーム史上最高の内容に仕上がっていますので、この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか 【最新のバスケスマホゲームならこちら】 NBA2K20のゲーム内容(4つのモード) さて、気になるNBA2K20のゲーム内容について、簡単に説明していきましょう! NBA2K20のゲームモードは大きくわけて4つのモードから構成されます。 クイックマッチモード NBA全30チームの選手、および各チームの歴代選手がすぐに使えるのがこちらのモードです。 ゲームを初めてすぐに試合ができるのでバスケ好き友達といっしょに対戦プレイをするにはおすすめのモードです。 マイキャリアモード 海外のスポーツゲームではもはや当たり前になった大人気モードがこちらキャリアモードです。 オリジナルキャラクターを作成し、プレイしながらNBA最強のスター選手にキャリアアップしていくサクセスストーリーが体験できます キャラクターを育成していく楽しさはもちろん、ドラマチックなストーリーが楽しめるので一人プレイで遊ぶ際にはメインのモードになります マイチームモード 過去から現在までのNBAの伝説的選手がカードになっておりそれをコレクションすることで対戦プレイが楽しめるというもの。 夢のドリームチームを作っていくような楽しさがあります。 ネイバーフッドモード マイキャリアモードで育てたキャラクターを使ってオンライン上で他のプレイヤーと交流できる、MMO風なコミュニティ要素も加味されたモード ただ対戦プレイするだけでなく、世界のNBAファンと交流を深めることができます。 これもバスケファンとしてはたまらないモードといえるでしょう NBA2K20の予約特典は? 悩んでも結局、購入するならば お得な予約特典もいっしょに手に入れたいところです。 ゲームを有利に進められるアイテムなど本作NBA2K20では超豪華な予約特典が用意されているのでチェックしておきましょう! 予約特典の詳細はこちらからチェックできます 【PS4】[amazon] 【Switch】[amazon] NBA2K20ニンテンドースイッチとPS4版の違い、おすすめはどっち? 【PS4】[amazon] 【Switch】[amazon] ところで、今回はPS4とニンテンドースイッチで発売されるということで、どちらを選んだらいいか、悩んでしまいますね ニンテンドースイッチは軽量化され、値段も1万円やすくなった新型ニンテンドースイッチライトや [amazon] [amazon] 旧モデルと値段は同じですが、バッテリーの持ちがアップした新型ニンテンドースイッチも発売されますので、ちょっと気になっている方もいると思います。 筆者としては ・リビングの大画面で超リアルな八村塁をプレイしたいならPS4版 ・どこでもプレイしたいならニンテンドースイッチ版 という切り分けがいいと思います。 またグラフィック的にはPS4の方がグラフィックが良くて、スイッチは劣るというイメージはありますが比較動画を見ると、スイッチ版も結構頑張っていると思います。 実際にニンテンドースイッチをTV出力モードではなく 携帯モードでプレイすると、あまり荒さは気にならないかもしれません レジェンドエディションとの違いは 【PS4】 [amazon] ところで、実は今回のNBA2K20ではレジェンドエディションなる特別パッケージも同時発売されています。 通常版とレジェンドエディションはゲーム内容は全く同じですが、特典アイテムが異なるだけとなります。 通常版では予約特典として様々なアイテムがついてきますが、レジェンドエディションでは、さらにそれを大きく超える大量のアイテムがついてくるのが最大の魅力です。 とはいえ価格はレジェンドエディションが通常版の約2倍近いくらいしますので、それだけのアイテムの価値があるのか? という点がどちらを選ぶかの判断材料になると思いますが、 下記の表の通り、かなり違いはあるのでNBA2K20をとことんプレイしたい人はレジェンドエディションを選ぶのもアリだと思います。 でもこのくらいの難易度の方は個人的にはやりごたえがあります まとめ [amazon] [amazon] [amazon] というわけで、今回、最新のNBAゲームソフトNBA2K20について特集してみました。 ここまで作り込まれたNBAゲームは他にないので、ぜひバスケファンはプレイしてみてはいかがでしょうか スマホゲームで最新のバスケゲームを探しているならこちらのアプリがおすすめです。

次の

NBA2K19 MyCAREER (マイキャリア)初心者にオススメなトレーニング・育成法②

2k20 マイ キャリア おすすめ

こんにちはフロメです。 NBA2K20をプレーしているうちに飽き性な私は、もっといいビルドがないのかと何度も作り直してテストしてしまっています。 なぜならベストビルドを探す段階がこのゲームが一番面白いと感じるからです。 このゲームはキャラを成長させるまでの時間がすごく掛かります。 だから苦労して成長させるよりもベストビルドを発見する方が楽だし、とても楽しいです。 そこで今回は私が考えたフロメ式ベストビルドをご紹介したいと思います。 マイケルジョーダンのビルドについては以下の記事で紹介しています 私の中ではこれがベストビルドかもしれません 実際に使っていただくとわかると思いますが、総合的にかなり良いビルドを選んでいるのではないかと思います。 マイキャリアのポジション選択について このゲームではPG、SG、SF、PF、Cと5つのポジションを選んで作成することができますが、 私が考えるのは ボールハンドラー、ウィング、ビッグの3つのポジションでのベストビルドです。 この考えはボストンセルティックスのHCであるブラッド・スティーブンスさんが使った言葉ですが 現代のバスケットボールを見る限り5つのポジションンに分ける必要性は薄くなっており 2Kの世界にも共通して言えていることだと思います。 それではその3つのポジションのベストビルドは何なのか、お伝えします! ボールハンドラー 一番作り甲斐のあるポジションでした。 いろいろ作った結果やはり プレイメイキングシュートクリエイターがオフェンス最強ビルドだと確信できました。 オフェンスでかなり重要であるスリーポイント、ドリブル、パスは全てMAX振りました。 細かな振り分けについては画像の通りですがオフェンス最強というビルドはこれで間違いないのではないでしょうか。 もちろん微調整でもっと完璧なビルドにすることもできるかもしれまえんが、かなり良いところを狙っていると思います。 ウィング こちらのポジションではレブロンやデュラント、カワイ、アンテトクンポのようなNBAを代表するビルドは不可能です。 少し似せるだけでも無理と言っていいでしょうね。 それだけシビアで良いビルドが出来なくなっています。 前作のNBA2K19ではディフェンスビルドが鬼強かったのですが今作ではそれほど脅威には感じません。 つまり、シュートかドライブに特化させる方法こそがウィングのベストビルドなのではないでしょうか。 ディフェンスとドライブはプレーヤーの頭の良さでカバーということですね。 シュートをバンバン沈めてしまえば弱点など無かった事にしてくれるかもしれません。 それが2Kクオリティですね。 初心者にも是非おススメしたいビルドです。 ビッグ これは単純明快です。 今作のディフェンスビルドとリバウンドビルドは1つに集約されました。 そのおかげでビッグマンの答えを出すのは簡単になりましたね。 シュートが打てるビッグマンにすると他のことは何もできなくなります。 それだったらディフェンスとリバウンドに特化させたビッグマンこそが最高のビルドだと判断しました。 試合になると足を引っ張るデカいだけの選手になってしまいますからね。 これも結構単純な作業になりそうなタイプなので活躍できる事と楽しむのがイコールじゃないのがNBA2K20のイマイチなところだと考えています。 もっとゲームとして進化すればこのビルドでの駆け引きも増えて楽しめるのですが。 まとめ ベストビルドということで3タイプのビルドをご紹介しました。 この3つに共通しているのは使い勝手が良いので誰が使ってもそれなりのプレーヤーになるという部分ですね。 現にパークではこのタイプの選手は多いように感じます。 ただし能力に頼りっぱなしでプレーヤーの技術が足りないと本格的なチーム戦では何も出来なくなるのでお気を付けください。 NBA2K20への要望としては上級者にも優しいバランスが整った本当に使いやすいビルドが存在してくれたら盛り上がると思います。 いずれそんな素晴らしいゲームへと進化してくれることを祈りつつ、パークでオフェンス系ビルドを使って遊び倒し続けるとします。 今回はバッジには触れておりませんのでバッジについては以前の記事でご紹介しているので以下をご覧ください。 それでは。 人気記事.

次の

【NBA2K20】99を目指すマイポイントの稼ぎ方!

2k20 マイ キャリア おすすめ

こんにちは!ノリです。 NBA2k20はもう手に入れましたか? 私はスイッチ版を予約して現在マイキャリアにハマっています! マイキャリアは、NBA2kシリーズではおなじみで、自分が作ったオリジナル選手がNBA入り、優勝、殿堂入りを目指すというモードです。 なんといっても醍醐味は、自分だけのオリジナル選手を生み出せるという点にあります! 今作は特に、選手を特徴付ける「バッジ」が前作よりも自由に選べるようになっているので、さらに自分好みの選手で遊ぶことができるようになりました。 様々な選択肢の中から選手を作り上げていく様子は「ビルド」と呼ばれています。 おそらく外見的な要素は「キャラクタークリエイト(キャラクリ)」で、 能力的な要素を「ビルド」と呼ぶのだと思います。 ちなみに前々作であるNBA2k18のビルドはこちらです。 なぜ201cm フィニッシュプレイメイキング PFにしたのか なぜPF? 私は過去作でPG、SFを経験しているので、他のポジションがやりたかったからです。 特に前々作のスラッシュプレイメーカーSFは今作でもバッジの多さから強いのですが、同じになるのは避けたいと思っていました。 それと、ある程度インサイドで戦いたい、欲を言えば 日本人初の1巡目指名の八村塁選手(日本人選手なので選手とつけています)やドラフト1位のZion Williamsonと戦いたいからです。 マイキャリアでは同期ということになるので、お互いライバルとして遊べるのは今作しかないと思い、PFにしました。 後でお話するようにこのビルドはSF~Cまでこなせるので問題ないです! なぜ201cm? なぜ低身長のPFにしたのかというと、ステータスが上昇するのと、自分より高身長の相手と戦うときに能力が上がるバッジ「 ジャイアントスレイヤー」が効果を発揮しやすいからです。 特にボールハンドリングは70を超えるとプロモーション(違う動き)ができますから、そこを確保しようとするとどうしても身長が短くなります。 もちろん不利な点も多いですが、体の強さがあれば押し負けませんし、ウィングスパンを伸ばした方がディフェンスで貢献できます。 なのでPFの中で一番身長を短くした結果201cmなわけです。 完全公開! 201cm フィニッシュプレイメイキング PF の作り方 ポジション、利き手 まずはポジションです。 もちろんPFです。 左利きにしてみました。 フィジカル フィジカルは敏捷性と体の強さです。 ジャンプ力が低いですが、ダンクできればいいので大した問題にはなりません。 LeBron James戦法で、 スピードと体の強さを上げておけばどちらかで有利に立てます。 遅い相手にはスピードで抜き、速い相手にはパワーで押し込みます。 スキルの内訳 フィニッシュとプレイメイキングの比率が高いものを選びます。 ゴール下に切り込むのが得意なタイプです。 インサイドではダンクの能力も高くなります。 ハンドリングとパスに秀でたタイプで、今作ではポストムーブもここに含まれます。 ポジションに限らず、この「 フィニッシュプレイメイキング」はバッジの数も多く、ディフェンス寄りにもシューター寄りにもできますから、誰にでもオススメできるビルドです。 一番恩恵が少ないのがPFだったりしますが、それでも十分強いです。 ポテンシャル バッジ総数52個で、ディフェンス寄りにしてみました! シューター寄りでもよかったのですが、やっぱりインサイドなら守りたいですよ! オフェンスでもインサイドを攻める都合上、フリースローも上げておきました。 アンドワンカウントワンスロー)なら3点なので、スリーが打てなくても良いという素人判断です。 周りが打てるなら自分が打てなくても良いんだ! 身長 お話した通り身長は201cmです。 これで得られるメリットは• ドライブレイアップ、ドライブダンクの向上• フリースローの向上• パスの精度、 ボールハンドリングの向上• ペリメーターディフェンス、横方向の敏捷性の向上• スピード、加速、ジャンプ力の向上 があります。 逆にデメリットとしては• スタンディングダンクの減少• インテリアディフェンス、ブロックの減少• 体の強さの減少 が挙げられます。 それぞれ上昇、減少する数値に差はあるものの、メリットの方が大きいです。 体重 体重はMAXの 115kgにしました。 メリットはインサイドディフェンスと体の強さ、デメリットは横方向の敏捷性と加速です。 体の強さが増えてスピードと両立できるなら増やしておくに越したことはありません。 ウィングスパン ウィングスパンとは、腕の長さのことです。 これも最大の225cmにしました。 メリットはスティール、ブロックの向上、デメリットはハンドリング、ポストムーブ、体の強さの減少が挙げられます。 隠れたメリットとして、リバウンドやディフェンス時も腕が長い方が有利なので、シューターでなければ基本長い方が良いです。 ボールハンドリングが少し下がりましたが75もあれば十分SFでもやっていけます。 テイクオーバー テイクオーバーは4つの中から選べます。 今回は スラッシャーにしました。 今作はテイクオーバーがたまりにくいと聞いているので、であればわかりやすいものが良いだろうとということでこれにしました。 ウィングからPFがドライブを仕掛けるというプレーはあまりないと思うので、なかなか良いと思っています。 完成!似ている選手 ポストプレイメーカーで似ている選手はJulius Randle、Kyle Kuzuma、Draymond Greenでした。 それぞれ特徴が異なる選手ですが、ちょうどこの3人を足して割ったような選手がこのビルドです。 Julius Randleのダンク、 Kyle Kuzuma のスピード、 Draymond Green のパスを備えています。 ディフェンスはスイッチディフェンスに対応していて、ペリメーターもインサイドも守れます。 リムプロテクト(ゴール下のブロック)もできますし、ボックスアウトしてのディフェンスリバウンドという地味な仕事も進んでやります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ここまで201cm フィニッシュプレイメイキング PFビルドのご紹介をしていきました。 ポジションの明確な境界がない現代では、役割が大事です。 この選手はビッグマンを基本としながらも、状況に応じてウィングとハンドラーもこなせます。 私はこのビルドでマイキャリアをやっていきます! 気になった方はぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の