10 キロ 痩せる と 見た目。 元プロボクサー直伝!1ヶ月で10キロやせるダイエット方法12のコツ

【体験談】10キロ痩せる期間は2ヶ月!失敗と成功の痩せた画像公開!

10 キロ 痩せる と 見た目

10キロ痩せたら見た目は変わるのか? 単純に10キロ痩せれば見た目って変わるんでしょうか?その答えはyesです。 体重が重すぎる人であれば、5キロぐらい痩せてもわからなこともありますが、10キロ減ればさすがに見た目で痩せたとわかります。 10キロ痩せれば、流石にインパクトがありますね。 痩せ始めるといっても、全体的に体重というのは落ちていきますので、どこかの部位から痩せ始めるということはありません。 なので、 太りすぎていると、全体的に少し減ったぐらいだとわかりにくいのですが、10キロ全体的に減ると今までパツパツだったものが少し余裕が出てくるなど、どんなに太っていた人でもわかります。 痩せ始めて嬉しいのは、やはり今まで苦労していたところ、例えば、スカートのファスナーが上がらないとか、ズボンが太ももあたりで上がらなくなるとか、二の腕がジャケットを着ると苦しいとか、指輪が抜けないとか、そういった不便がすんなりと解決すること。 「あー痩せてる!」と感動を覚えます。 小さな変化があることが、ダイエットのモチベーションになるので、写真を撮っておくとか、日記に書いておくなどすると違いがわかって、ダイエットのしがいもあるというもの。 見た目が変わらないけど体重が減ることってある? 体重が減ったのに見た目が変わらないということは、基本なくって、おそらく気づかないくらいの変化だということです。 先ほども言ったように、太りすぎていると、体重の割に減っていないということで、他人に気づかれにくいことはあります。 若い時の2〜3kgは、割と気づきやすかったと思うのですが、 年齢がいってからの2〜3kgは脂肪でたるんでいることもあってかあまり変化を感じられません。 というのも若い頃から比べて太りすぎている。 同じマイナス2kgだとしても、元の体重が増えているので、痩せた体重が、元の体重に占める割合を考えると少なくなっている。 だから気づきにくい、気づかれにくいということ。 見た目は最初はあまり変わらなくても、 続けていけば、必ず痩せて変わり始めますので腐らずにダイエットを続けていきましょう。 10キロ痩せたら変わること 相手の対応が変わる 10キロ痩せると本当に見た目がすっきりとしますから、大きな変化が起こり始めます。 痩せすぎると心配されますが、 美容体重近くまで痩せることができると、「人は見た目じゃない、内面だ」なんていう人がいるけれど、「見た目が重要だ」ということに気づかされるでしょう。 それくらい、同じ人物でありながら受ける待遇が違うということ。 要はイケメンとハゲた親父とではあなたも態度が違うのと同じだと思えば理解できるのではないでしょうか? 知らない人であればなおさら。 人の印象は最初に会った3秒で決まり、その後3年間その印象が変わることがないそうですので、見た目は想像以上に重要なのです。 一目惚れも最初の3秒で恋に落ちると言われていますので、見た目がいかに重要かがわかると思います。 痩せて印象が良くなれば、人に好かれる率は格段に上がり、彼氏が今までできなかった人もすぐにできたり、今まで冷たかった人からもお食事に行かないかと誘われたり。 女性からも、尊敬の念で見られたり、たくさん話しかけられるようになったりと、 今までの人生とは全く違うことが起こり始めるでしょう。 好きな洋服を選べるようになる 今まで入らなかった洋服が入るようになります。 9号サイズが入るようになれば、洋服は選び放題です。 入る洋服に自分を合わせるのではなく、自分が好きなものを選べるようになる。 自分が本当に来たかった洋服はこれなんだと気づく人もいれば、新しい自分の魅力に気づく人もいるでしょう。 好きな色や好きなデザインを選べるようになることで、 新しい自分の世界が広がり、それがまた自分の自信にもつながります。 自分に自信が持てて性格が変わる 今までは、少し遠慮していたところがなかったですか? 我慢をしたり、しょうがないと諦めたり。 でも痩せることでそんな我慢もどこへやら。 人から褒められることによって自分にも自信が出てくると、いろんなことに挑戦してみたくなります。 着てみたかったビキニも着てみましょう。 年齢は気にしなくても大丈夫。 人生一度きりです。 自分のために好きなように生きましょう。 まとめ 10キロ痩せると見た目も、人生も変わり始めます。 太っていたけれど、痩せてよかったという人がほとんど。 色々いう人もいますが、これは痩せた人にしかわからない境地。 年齢がいくと太っているだけで病気のリスクもどんどん高まります。 スリムであれば、動くこともきつくありません。 膝も痛くないし、肩も凝らない。 太っていると妊娠もしにくいので不妊治療していた人が、痩せただけで妊娠できたというケースもたくさんあります。 もし、40代で太っていて妊娠を諦めている人も、もしかしたら痩せると可能性が出てくるかも。 人生を変えるほど、あなたもダイエットに挑戦してみませんか? 綺麗になってさらにいい人生を歩きましょう。 はら やばみ 1972年生まれの47歳。 20歳と18歳の2児の母。 39歳の時離婚。 現在シングルマザーで大学生と高校生を子育て中。 30代後半から太り始め、妊娠時代と同じ体重になったため、別居中にこのままではダメだ!綺麗になって、すっきり離婚しよう!と決意し、半年で8Kgのダイエットに成功。 すっきり身軽になって、旦那も断捨離。 そのままキープして楽しく暮らしていたのだが、2016年の熊本地震にあい、避難生活を続けている時あっという間に太り始め、そのまま体重が減らないまま食べてもないのに太るサイクルに突入。 ダイエット前の体重に戻ってしまう。 色々今まで成功した我流ダイエット法を試すもむなしく撃沈。 年齢相応の正しいダイエットで、健康と美貌を取り戻すべく奮闘中。 1年間続けてきた結果、お陰様でついにマイナス10kgのダイエットに成功! 会う人会う人に「痩せましたね!」「色っぽさが増してます!」と言われるように。 目標体重もすんなり通過してさらにマイナス2kgです! すっかり20代の頃の体重プラス体型に。

次の

10キロ痩せたいならやりたい10個の方法

10 キロ 痩せる と 見た目

福岡県 20代前半 ダイエットサプリを使ってみたり、もち麦やチアシード、今まで色んな形でダイエットに挑戦していました。 痩せもせず続きもせず、ただ部屋が狭くなっただけ! そんな私が半年かけて50キロにまで落とした方法は、思ってもなかったことがきっかけでした。 部署移動で激務続き!1週間で1キロ以上痩せてた かつて私は、シティホテルのカスタマーサービスをしていました。 主な仕事は、1日7時間ずっと電話対応です、 つまり座りっぱなし状態ということです。 その時が、私の体重60キロ時代です。 それがある日とつぜん、同ホテル内の 飲料部 レストラン へ異動命令が下されました。 いままでデスクワークだった私が、肉体労働の毎日へ。。 2週間で顔は見るからにやせ細ってしまい、同僚に会えば必ず 「めっちゃ痩せたね!」 とのお声がかかる、、 「激務すぎて…やつれただけです!」1人1人にそう返すのが大変でした。 どのくらい減ったのか、自分の目でも確かめるべく体重を計ってみると、わずか2週間足らずで1キロ減量していました。 ダイエットノウハウマニアのように一生懸命だった頃は、1キロ痩せるのにヒイヒイ言いながら頑張っていたのに。 あっけらかんと痩せていきました。 半年で10キロ落とすダイエット計画が始まる 仕事も慣れて落ち着きだすと、体重はこれ以上落ちなくなりました。 それはそれで残念だったですが、驚くべきことに体重は1キロ痩せたままキープ状態だったんです。 普通のダイエットなら、痩せたとしても努力を辞めた時点でリバウンドしてしまうのに。 きっと仕事でついた筋肉が、代謝を高めてくれているんだと気づきました。 このとき、自分の中で 「筋トレは痩せる」という確信が持てました。 スポンサーリンク 半年で10キロ痩せるには筋トレと運動 ホテルの飲料部の仕事内容は、• 走る に+して、適度に重たい食器や調理器具を、いつも手に持ち歩いています。 それはつまり、 有酸素運動と程よい筋トレを、並行している状態だったんです。 歩いたり走ったりでカロリーを消費して、重たいお皿で筋トレをする。 これで2週間で1キロ痩せたのだから、上手く応用すれば、 「半年で10キロも不可能じゃないはず!」 そう思ってしまったのが全ての始まり。 見た目は3回変わる!60キロから50キロまでの半年 半年で10キロ痩せるためには、2週間で1キロ痩せたとき以上に、運動量を増やす必要があると思いました。 片手に1キロのダンベル 両手で計2キロ を持って、ほぼ毎日5キロ以上走りました。 肉体労働 レストラン の仕事を終えた後に、自分自身を追い込むように走ります。 1ヶ月も続けていると、体はとても良い形になっていきます。 そして体力もつくので、異動当時はきつかった仕事が余裕に感じてきます。 2カ月後「また痩せた?」と同じ人に言われる この方法なら、2ヶ月間は順調に体重を落とせます。 となると、やっぱり言われるこの言葉 「また痩せたでしょ?」 いやいやっと謙虚に対応するが、本音はまんざらでもなく嬉しい!! ただ喜んでばかりもいられないのです。 停滞期は3ヶ月目あたりからやってきます。 もうこれ以上代謝は上がらない3ヶ月目 1キロのダンベルでは、気持ちよいていどの穏やかな筋肉痛になります。 ある程度の引き締まった筋肉がつけば、代謝は良くなり太りにくい体が作れます。 ただ、欲を出してもっと代謝を上げたいと思ったら、ダンベルを2キロとか3キロとかにレベルUPしなくてはならないのです。 もう何が言いたいか想像はつきますか? 代謝上げばかりに注力していると、マッチョになるぞ!! 昔ちょっとだけ、スポーツトレーナ付きのジムでダイエットをしたことがありますが。 そのとき教えられたアドバイスでは、 「細くて締まった筋肉をつけたいなら、ダンベルは1キロ程にすると良い。 重くすればするだけ、筋肉は太くたくましくなるよ。 」 と言われたのが心に引っ掛かってしまい、 3ヶ月目からは付いた筋肉 代謝 を上げるんじゃなく、落とさないように維持することでいっぱいです。 体重を落とすことが難しくなってきます。 4ヶ月目以降は有酸素運動メイン 筋トレはダイエットに必須!と言いたいくらい本当に大事だと思っていますが。 やりすぎるとムキムキ筋肉女子になってしまうので、半年計画の後半戦は、 「走る歩くなど有酸素運動」 を主にやっていきました。 これまでの数ヶ月間で、せっかく培ってきた代謝を落とさない為にも、引き続きダンベル持ちランニングは継続しますが。 痩せるための ラストスパートは、走り込みに限ります。 これまで通り1キロダンベルを持って5キロ、それに追加で2キロ~3キロをダンベルを持たずに走っていました。 合計すると、毎日7キロていど走っていたことになります、、ここまでくるとキチガイの領域ですね。 でもこれくらい自分を追い込まないと、60キロから50キロという数値は出せなかったと思います。 半年かけて10キロ痩せると 「また痩せた!?」 と同じ人に3回目も同じリアクションをとらせることになります。 そして最後は、体調を少し気にかけられます。 まとめ どんなダイエット方法にも頼らずに、自分の経験から知りえたノウハウを信じて、半年で10キロ減量に成功しました。 今でもリバウンドしない理由は、しっかり筋肉も鍛えていたからです。 筋トレをすると代謝がよくなるので、ちょっとやそっとの事では体系は戻りません。 3キロ減くらいが目標なら、筋トレだけでも十分効果的だと思います。 10キロ以上となってくると、筋トレと併せてひたすら走ることが成功の近道です。

次の

【写真有】10キロ痩せると女性の見た目はこうなる【方法と期間】

10 キロ 痩せる と 見た目

「10キロ痩せたい!とにかく今より10キロ落としたい!」 そんな高い目標を掲げては…挫折を繰り返していたりしませんか? ダイエットって、女性にとって最大のテーマなんですよね。 もちろん男性もだとは思いますが。 筆者は、今現在はダイエットは考えていませんが、今より10キロ太っていた過去がありました。 特に20代前半は、度々ダイエットを繰り返していた時代があります。 ダイエットって、すればするほど深みにはまっていったりもするんですよね。 3歩進んで2歩下がる…どころか、3キロ減っては4キロ増えるみたいなところもあったりしませんか? 食事制限や運動を一気にやってしまうと、 ツライから途中で断念してしまうことが多いと思います。 人が太ってしまうのは、基礎代謝以上に糖分や脂肪を摂取してしまっているからということもあります。 でもダイエットのために、食事を我慢するのは嫌だ…という人もいますよね。 そんな人にはこのカロリミットはうってつけです。 飲むだけで脂肪吸収を抑えてくれるなんて嬉しい限りですよね。 皆さんも大人のカロリミットを飲んで、普段のカロリー摂取をチャラにしちゃいましょう!! 私も飲んでますが、青汁のように「変な味がしない」ので、飲みやすくて助かってます。 もしご飯の前に、毎度カロリミットを飲むのが難しかったら? 忙しい毎日の中で、毎回のご飯の前にカロリミットを飲むのは面倒という人もいます。 そんな人には、 1日1回、毎朝飲めば良い『 KOMBUCHA CLEANSE コンブチャクレンズ 』というドリンクがオススメです。 海外ではミランダー・カーやジェシカ・アルバなどのセレブが、日本でも芸能人・モデルの人たちが飲んでいるものです。 炭酸水、ミネラルウォーター、白湯などで割って、1日のうち1食を置き換えて摂取するだけで良い簡単な方法です。 ぜひ試してみて下さいね。 でも、どんな料理がカロリー低いのか、とか考えるのも面倒だという人も多いですよね? そんな時は、食事をダイエット食品に置き換えちゃえば良いのです。 例えばダイエット食品の中でも人気なのが「マイクロダイエット」です。 脂肪が蓄えられてしまった原因…それは食事も関係してくるんですよね。 食べ物は身体を動かすために欠かせないけど、結局、需要と供給のバランスが取れてないと太ってしまうんです。 供給する食事の量が多ければ、ただただ使われずに蓄積されてしまいます。 使う量、出ていく量など生命維持に必要な量より摂取する量が多ければ、単純に計算が合いません。 日々余りが出る状態なら、使うタイミングもないままです。 体重が増えるのも当たり前な気がしますよね。 もちろん、無理な食事制限は、逆に必要な量さえ摂取していない可能性も出てくるので、「食べない!」なんて極端なことはしてはいけません。 食事はエネルギーになるだけではなく、さまざまな栄養が、体中の機能を支えているのですから。 食事はしっかりとること。 だけど取り過ぎないこと。 これが大事ですよね。 10キロ太ってしまった人がいるのなら、多分食事を取り過ぎていたんだと思います。 その取り過ぎをまずやめて、食生活を見直すことが大切です。 筆者が以前行ったダイエットでも、一番順調に、健康的に痩せられたのは、カロリー計算をしっかり行った時でした。 私の経験からも、栄養バランスも考えながら、ちゃんと食事の管理をする方法が、健康的なダイエットをするためには効果的なんだろうなと思います。 ただ、少し面倒だと感じてしまうことも多いです。 でも10キロのダイエットを考えるなら、面倒くさいなんて言っていられません。 面倒くさいという気持ちが今の太る生活習慣を作ってきたのですから、心を入れ替えて頑張りましょう! 菓子パンはNG 食生活の中でも、要注意なのは菓子パンです。 菓子パンのカロリーは意外と高いって知ってましたか? 筆者が以前、体重が劇的に増えたのは、パン屋さんで働いていた時です。 売れ残りのパンをよくいただいていたので…もう、みるみるうちに体重が増えていきました。 ですので、菓子パンに限らずパンを食べすぎると太る?!という印象が今も強く残っています。 パンの種類や、菓子パンの種類によっても違いますが、パンの原料は小麦粉やバターです。 菓子パンは砂糖もたっぷり使われていて、糖質が高いものが多いです。 例えば、メーカーによっても違いますが、メロンパンなら1個で300kcal~400kcalほどになります。 また、1400kcal超えの菓子パンもあったりするんです。 成人女性の一日の摂取カロリーの目安が1,800kcalと言われていますが…だとしても1日分のカロリーに迫る勢い。 それにこの摂取カロリーの目安も、現在の体重や目標体重によっても変わってきます。 なので、菓子パン1個で1食分終了しちゃうことも考えられます。 でも実際、菓子パン1個じゃ満腹感も満足感も物足りないのではないでしょう これも、菓子パンはダイエットに向かない理由になります。 菓子パンを間食に食べるなんてもっての外です。 1食分多く食べている計算になってしまいますから。 どうしても菓子パンが食べたい!菓子パンまたはお菓子を食べなきゃストレスが溜まる!っていう人は、しっかりカロリー計算をすることが必要だと思います。 一日の摂取カロリー以内に抑えるよう、考えて食べましょう。 それが出来るなら絶対NGではないですが、糖質なども多いのでダイエット中は食べるのは控えた方がいいかもしれませんね。 間食はフルーツ系がオススメ もし間食するなら、お菓子や菓子パンを食べるよりもフルーツ系を食べた方がいいでしょう。 栄養もあり、美容に嬉しい効果が期待できます。 フルーツによってはカロリーが高いものもあるので、イチゴやグレープフルーツなどの低カロリーなフルーツを選ぶようにしましょう。 それに、お菓子は食べ始めるととまらなくなったりもしますが、フルーツならお腹もふくれるしそんなに量は食べなくても満足できるのではないでしょうか。 また、フルーツは口の中もサッパリするものが多いので、リフレッシュとしても間食にはもってこいだと思います。 もちろん、苺を食べるのにコンデンスミルクをたっぷりかけるのはNGですよ。 白湯を飲むダイエットって、最近とても人気なんですよね。 白湯にはダイエットだけじゃなく、美容や健康面でもとても良い効果を生むと言われています。 テレビを見ていても、芸能人が美容のためにやっていることとして「白湯を飲んでいる」という話をよく耳にしませんか? 白湯が10キロ痩せる方法として効果的な理由は、基礎代謝があがることにあります。 基礎代謝とは、人が生きていくために使われるエネルギーの代謝量です。 運動をしていなくても、寝ているだけでも…人は、呼吸をするだけでもエネルギーが必要です。 そのエネルギーは、脂肪を燃やすことで作られています。 つまり、脂肪はエネルギーを作り出すために必要なものでもあるんです。 ただ、ベスト体重より太っている場合、人の生命活動に最低限必要な量以上の脂肪を、体に蓄えている状態と考えられます。 必要以上にある脂肪は、エネルギーとして使われることなく、そのまま体に蓄積されていってしまうんですよね。 そのため、基礎代謝が上がれば…エネルギーとして燃やされる脂肪の量が、特に運動をしなくても増えるということになります。 白湯は内臓を温め、体温をUPさせてくれるので、必然的に基礎代謝も上がることになります。 特に冷え性の方だと、効果も出やすいのではないでしょうか。 ダイエットの効果がなかなか現れにくいという人はもしかしたら冷え性ではないですか? 思い当たるのなら、まずは体温をあげることを考えてみましょう。 それを意識して生活すれば基礎代謝が上がり、体重の減少がみられるかもしれませんよ? もちろん、白湯を飲んで基礎代謝をあげるだけでは、10キロの減量とまではいかないと思います。 でも痩せやすい体を作っておくことは、他に取り組むダイエットの効果をあげるためにも、とっても重要なことです。 白湯には他にも、便秘の改善やデトックス効果もあると言われています。 宿便や身体の老廃物が外にでていくだけでも、1~2キロ減ったという人もいるみたいです。 やかんで沸かす方法が一番いいと言われますが、手軽に作るならレンジでも良いそうです。 白湯のやかんでの作り方は、やかんにお水を入れ火にかけて、沸騰したら蓋を外してそのまま10~15分沸かし続けます。 白湯をレンジで作る場合は、耐熱カップに入れたお水を1分半~3分程度レンジで温めます。 レンジで温める場合はミネラルウォーターを使う方がいいかもしれません。 1日に1リットル以上飲むとむくみの原因になることがあるので、約800mlを目安に飲むのが効果的だといわれています。 1日に何回かに分けて飲むようにしましょう。 【白湯については、こちらの記事もチェック!】• 10キロの減量を目標とするなら、食事の見直しだけでは不十分です。 やっぱり運動は欠かせません。 そんな運動の中でも、効果を得られて、さらに道具もなく簡単に出来るのがウォーキングです。 普段運動をしていない人や運動が苦手な人にとっても、歩くことなら出来そうだと思いませんか? 激しい運動や筋トレは続かないという人でも、ウォーキングなら継続しいやすいのではないでしょうか。 ウォーキングを継続的に行えば、筋肉がつきます。 基礎代謝があがれば、消費されるエネルギーも増えます。 基礎代謝を上げることはダイエットには欠かせないわけです。 それに基礎代謝が増えれば、運動をしていないときのエネルギー消費量も増えることになりますよね。 なので、リバウンドをしないためにも、ダイエット後のベスト体重を維持していくためにも、筋力をつけておくことはとっても大切なことなんです。 特に運動不足の人にとっては、歩いて筋力をつけることでのダイエット効果が期待できる共います。 万歩計をつけよう とにかく歩くには、ウォーキングを日課として取り入れることが一番だと思います。 日々歩くことをダイエットとして取り入れる場合、目標を定めておくことも大事ですよね。 1日に何歩歩けばいいのかは、年齢や身長体重、目標によっても変わってきます。 そのため一概には言えませんが、ダイエットを目的にするならだいたい一日8000~1万歩が目安となるようです。 運動していない人が急にやり過ぎると、逆に健康を害するということもあるそうですから、まずは普段の自分の歩数を測って、それを少しずつ増やしていくのがいいのかもしれませんね。 ただ、歩くと言っても、ゆっくりのんびり歩くのなく普段よりも少し早歩きを意識しましょう。 何とか会話が出来る程度がいいそうです。 また、そういった有酸素運動をして、脂肪が燃焼し始めるのは20分後からと言われています。 なので、もしまとまった時間をとってウォーキングをするなら、時間として20分はとりたいところですね。 お酒って飲みものだから、スーッと喉を通っていきますよね。 それなのにカロリーが高いということを知っていますか? ビール中ジョッキで、約200kcalほどもあるんです。 しかもお酒を飲むときは、1杯では終わらず何杯も飲んでしまう人も多いと思います。 飲み会で5杯もビールを飲んだら、それだけで1,000kcalです。 それに、お酒を飲むときはおつまみもそこにプラスされているはずです。 しかも、そのおつまみは高カロリーなものが多いです。 となると、飲みながら食べるだけで、軽く一日分の摂取カロリーを取ってしまっていることだって考えられます。 アルコールのカロリーは脂肪にならず、蓄積されないという話もあるようですが、ビールやワインなどに含まれているアルコール以外の脂質やタンパク質などは体内に蓄積されてしまうとも言われています。 また、アルコールには食欲増進効果もあると言いますし、10キロのダイエットをしようと思うなら、お酒は絶つ!くらいの気持ちで取り組んだ方がいいのではないでしょうか。 10キロ痩せるなら、それなりの努力も必要だと、筆者は思いますよ! どうしても飲みたいならウイスキー ダイエット中にどうしてもアルコールを飲むことがあればウイスキーがいいということです。 他のお酒に比べるとカロリーは低く、シングル30mlで約70kcalとされています。 ウイスキーはアルコール度数も高いので、ビールのようにガブガブ飲んでしまうこともないという点でも、ダイエット中に飲むお酒としては向いているのかもしれません。 しかし、飲みすぎは良くないですし、ウイスキーもアルコールなので食欲増進効果はあるでしょう。 おつまみを食べ過ぎないように気を付けてくださいね。 では、簡単にできるながら運動をご紹介します。 正しい姿勢を意識して座ろう 座る時は、正しい姿勢を意識して座りましょう。 正しい姿勢をキープするだけで、体幹が鍛えられ痩せやすい体になっていくと言います。 特に、座り方が悪いと骨盤のゆがみを招きます。 骨盤が歪むと、内臓や筋肉の位置も本来あるべき場所からずれてしまうそうです。 それが、ポッコリお腹の原因になったりもしてしまうんです。 それに、正しい姿勢で座るようにすれば、それだけでも筋肉に刺激が与えられて基礎代謝がアップして、脂肪燃焼が促進されるんだそうですよ。 普段からの座る時の姿勢ひとつとっても、痩せにくい体を作ってしまっていた可能性があるんですよね。 デスクワークなどで座りっぱなしという人も、仕事をしながら姿勢を正すだけでも消費カロリーを増やすことができるので、意識して取り入れてみましょう。 テレビを見る時はストレッチ テレビを見る時間も、せっかくだから有効活用しましょう。 テレビを見る時って、何もしていなければ姿勢も悪くなりがちですよね? それに、無意識にお菓子のながら食べをしていませんか? ながらで食べ物を食べていたのなら、それをながら運動へと変更すべきです。 ストレッチで体をほぐしてあげれば、血流の改善効果も期待でき、むくみの解消にも繋がります。 それに筋肉に刺激を与えれば、基礎代謝のアップも期待出来ますよね。 ちょっとやる気のある時はスクワットをするのもいいですし、身体をほぐすストレッチをするのもいいでしょう。 また、ステッパーなどのダイエット器具を置いておくのも意識づけになると思います。 本格的なものじゃなくても、小さなものでも!目に入れば「やろう!」という気になるのではないでしょうか。 何より、意識に働きかけることが大事だと思うので、ダイエットのことを忘れない環境を整えておくこが重要なポイントだと思います。 家で歩く時はつま先歩き 家で歩くときはつま先立ちで歩くと決めてしまえば、かなりの歩数をつま先立ちで歩くことになるはずです。 つま先立ちで歩くと、普通に歩くのと比べて約1. 5倍のカロリーを消費できると言われています。 また、足の筋肉が鍛えられ、足首やふくらはぎの引き締めに効果を発揮します。 足首やふくらはぎって痩せにくい部分だし、引き締まれば目に見えてダイエットの喜びも感じられる場所だと思います。 ダイエットの目的のひとつには、すらっとした足を手に入れることにもありますよね? その他にも、姿勢や血行が良くなったり、むくみ解消効果も期待できます。 2~3キロ減らすのではなく10キロ減らしたいのですから、道のりは長いです。 なかなか体重の減少が見られなければ、挫折だってしてしまうかもしれません。 芸能人の方も、これでダイエットに成功した人がいるそうですよ! 夜食べると太ると、よく言われていますよね。 これは実際に、夜10時から朝6時までBMAL1(ビーマルワン)という、脂肪を溜め込む働きをする遺伝子が活発に活動し始めるからなんだそうです。 そのため、夜6時までに食事を済ませ、夜10時までには食べ物が体内の残っていないようにすることがダイエットには最適です。 特に夜は活動量も減るので、食べたものがエネルギーとして消費されませんよね。 そこに栄養を与えてしまえば、どんどん溜め込むだけになってしまいます。 ダイエットには非効率だと言えます。 ですので、夜6時までに食事を終わらせることは効率的にダイエットを進める目的として、とても理にかなった方法なんですよね。 このBMAL1は日中14時頃が最も少ないと言われています。 なので、好きなものを食べるなら、お昼ごはんにしておくのが良さそうです。 夜は蓄えられる脂肪の量を減らす為、糖質や脂質の少ない軽いメニューで済ませることも大切です。 とにかく、溜め込まれる脂肪の量を減らしておくことが大事です。 蓄積される前に使ってしまえ!ということですね。 ですので、1日1時間体を動かすとしたら、夜に取り入れるのが一番効果的と言えます。 例えば、夜の食後30分のウォーキング。 残りの30分は日中に意識して取り入れてもいいでしょう。 20分継続することで脂肪が燃え始めることを考えれば、夜のタイミングで時間をしっかり取ることが、10キロ痩せの近道になると思いますよ。 プチ断食は断食と言っても辛い修行のようなものではないので、気軽に行うことが出来ます。 休日の一日だけ、半日だけ、1食だけなど、ちょっと断食するだけでも効果があると言われています。 ダイエット効果はもちろん、デトックス効果や内臓を休めて疲れをとる効果、便秘解消、食生活の改善など様々なメリットがあります。 プチ断食の方法には様々ありますが、基本的には1日固形物はとらず、水分のみで過ごすことになります。 断食を行うのは1日だけですが、その1~2日前から食べる量を徐々に減らすなどの準備期間が必要です。 さらに、断食明けの2~3日間の食事も消化が良いものを食べることが重要になります。 断食の前後でも、断食を意識した食事と生活を心掛けることが必要です。 ですので、土日休みの方なら1~2日前から食事の調整をはじめて、土曜日に断食、日曜日は回復食を…といった感じて、週末をかけて体をリセットするようなイメージで行うといいでしょう。 また、いきなり1日断食するのではなく、まずは朝食だけ、半日だけなど徐々にハードルを上げていく方がいいかもしれませんね。 酵素ドリンクでプチ断食 プチ断食の場合は、固形物は取れませんが水分なら水だけに限らず野菜ジュースなどでも良いとされています。 とはいえ、市販の野菜ジューズは糖分たっぷりだったり、添加物も多かったりするので、なるべく避けておいたほうがいいでしょう。 でも、味のある飲み物の方ががんばれそうっていう方には、酵素ドリンクがオススメです。 酵素ドリンクを飲むことで、脂肪燃焼を効率的に行うことができるとされています。 さらに断食中に不足してしまう栄養を補うことが出来るので、健康面でもストレス面でも安心です。 酵素ドリンクを取り入れたプチ断食をおこなう場合は、1日3食の食事を酵素ドリンクに置き換えるつもりで飲みましょう。 それ以外の時間は、水をたっぷり飲むようにしておくことも大切です。 固形物を取らなければ、普段消化のために使っていた力が排泄に使われるようになり、便秘の改善やデトックスへと繋がります。 そうやって一日かけてリセットした翌日には、回復食と言って体に負担の少ない食事を心がけます。 消化しやすいものにしたり、脂っこいものは避けるなど、せっかくの断食の効果を無駄にしないようにしてくださいね。 無理なダイエットはしない そして、ダイエットをする時は何より無理は禁物です。 10キロ痩せたいとなると、短期集中で一気にやりたくなるとは思いますが、無理なダイエットをすると健康を害したり、肌荒れを引き起こしたりしてしまいがちです。 これまでじっくりと栄養を与え続けてあげてきた体ですから、急に栄養を絶ったら悲鳴を上げてしまうこともあります。 少しずつ体を慣らしながら、じっくりと取り組んでいきましょう。 それに、無理なダイエットをすると、その後にはリバウンドをしてしまうケースが多いです。 しかも次は、今よりもっと体重が増えてしまう可能性もあります。 食事の管理をしながら運動も取り入れて、痩せ体質をじっくり作っていくことで、ダイエット後のリバウンドも防げるようになります。 1キロの増減は当たり前だったとしても、それが積もり積もった10キロは、見た目にも影響しているはずですからね。 その焦りや、太っている事での自分への自信の無さなどで苦しんでいる人も多いと思います。 10キロ痩せるって結構大変なことだけど、10キロも痩せれば、見た目にも大きな違いがあるはずです。 だからこそ逆に、やりがいもありますよね。 ただここで気を付けておかなければならないのは、自分のベスト体重を把握しておくことです。 自分のベスト体重より2~3キロしかオーバーしていないのに、そこから10キロ落とそう!というのは無理があります。 今回ご紹介するのは、自分のベストな体重より10キロ増えちゃったっていう人に試して欲しい方法です。 長期に渡って少しずつ増えていったのなら、長期に渡って少しずつ減らしていくくらいのつもりで、焦らずに進めることです。 ダイエットを始めようと思っても、効果が見えてこないと挫折しがちですが、焦りは禁物。 無理なダイエットをすると、体調を崩したり肌荒れを引き起こしたりと、別の悩みを生み出す可能性もあるんです。 それにダイエットって、10キロ落としたらそこで終わりではありません。 そこからはベスト体重をキープしていく、長い旅が始まるんです。 それを考えても、生活習慣を見直して少しずつその生活に慣れることです。 そして、それを維持していくことが、何より大切なことだと思います。 10キロ痩せたいのなら、行動あるのみ! ダイエットは、行動すれば必ず結果となって表われます。 ダイエットの天敵は何よりも自分の心だと思います。

次の