猫 おしり 臭い。 猫の体臭が気になる時はどうしたらいいの?|猫のニオイ対策|教えて猫ノート 猫のお悩みスッキリ解決!

猫のおなら、臭いときの原因と対策は?病気なの?

猫 おしり 臭い

猫の肛門腺とは? 犬では、肛門腺の存在は比較的よく知られていますが、猫の場合は「肛門腺って何?」という飼い主さんも多いと思います。 スカンクが有名ですが、肛門腺をもつ動物は興奮したりパニックになったりすると、独特のにおいのする分泌液をビュッと出します。 もともとは動物たちのコミュニケーションツールで、個体識別をしたり、排便時に一緒に出してにおいのコミュニケーションに使っています。 分泌液は肛門のうという袋に溜まっていきますが、自然排出できなかったり、溜まりやすい子は、肛門腺を絞ってあげる必要があります。 猫の場合は自分でグルーミングする動物なので、一般にサロンに連れて行く習慣もないし、肛門腺を絞ろうという意識もないでしょう。 でも、なかには「お尻からうんちとは違うにおいが漂うんだけど、何だろう?」と感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。 この分泌液は、 形状も水っぽかったり粘りがあったり、色やにおいもかなり個体差があります。 スムーズに出ないと、肛門のうが破裂することも 分泌液は通常、肛門のうから導管を伝ってお尻の開口部から外へ排出されます。 ところが、その管が詰まってしまうと、分泌液が溜まりすぎて「肛門のう炎」になったり、「肛門のう破裂」を引き起こすこともあります。 破裂すると、皮膚に穴が開いて血や膿が流れ出します。 ひどい場合は組織が壊死して、肛門のう自体を取り除かなければならなくなることも。 お尻まわりは細菌感染しやすく、炎症が広がりやすいです。 分泌液の詰まりやすさは、性差や猫種による差はなく、個体差です。 液体の質感が水っぽければ排出されやすいし、カッテージチーズみたいな固形系だと詰まりやすくなります。 避妊・去勢も直接関係はありませんが、肥満したり筋力が落ちると排出されにくくなります。 猫の場合は、犬ほど詰まるケースは多くありませんが、肛門のうが炎症を起こすと痛みますし、排便障害を来すこともあるので、気をつけてあげてください。 猫がお尻を気にしてしきりに舐めたり、床にお尻をこすりつけて歩いたりするときは要注意です。 お尻を触ってみてポコッとしたふくらみを感じたら、肛門のうに分泌液が溜まっていると考えられます。 破裂させると本当にかわいそうなことになるので、その前に気づいて対処してあげることが大切。 一度、肛門のう炎や肛門のう破裂を起こすと、かなりの確率で再発します。 詰まりやすい体質の猫は、定期的に肛門腺絞りをしたほうがいいでしょう。 猫の肛門腺の絞り方 肛門腺を絞るときは、肛門のうがどこにあるかを確認してからのほうがやりやすいです。 猫を立たせてしっぽを持ち上げ、お尻を触ってみます。 分泌液がある程度溜まっていれば、ころんと手に触ります。 左右の肛門のうの位置がわかれば、そこに親指と人差し指を当てて、押し上げるようにして絞ります。 肛門腺絞りにはコツがいるので、慣れないうちは難しいかもしれません。 猫がストレスなく動物病院に行けるように慣らしておくと、病院でお願いすることもできて安心です。 それが「肛門のうアポクリン腺がん」で、リンパに飛ぶことが多く、あまり予後がよくない病気です。 肛門近くに腫瘍ができると、直腸を圧迫してうんちが出なかったり、平たいうんちになったりするので、便の異常に注意してください。 手術で腫瘍を取り除き、良性でなければ放射線治療や抗がん剤治療を行うことになります。 便秘をくり返して力みすぎると、お尻からぷくっとピンク色のものが出てくることがあります。 初めのうちは、脱出部分にグリセリンや潤滑剤を塗って指で押し戻したりしますが、また出てきます。 結局、手術しないと治らないことが多く、肛門周囲の皮膚を縫い縮めたり、腸を引っ張ってお腹のなかに固定するなどして、腸が出てこないようにします。 犬ほどではないけれど、猫にもあるお尻まわりのトラブル。 普段、ウンチは確認しているけれど…という飼い主さん、ぜひお尻まわりのチェック&ケアも忘れずに。

次の

猫のおしりが臭いのはなぜ?その原因と効果的な対策方法をご紹介!

猫 おしり 臭い

健康な猫に体臭があるとすれば 猫ちゃんは、獲物に気づかれないように自分のニオイを抑えて待ち伏せする動物ですから、健康な猫ちゃんの場合はほとんど無臭です。 さらに、猫ちゃんには肉球にしか汗腺がないので、全身から汗がでるわけではないのでニオイはほとんどありません。 健康な猫ちゃんに体臭があるとすれば、皮膚にある皮脂腺とアポクリン腺から出る分泌物が細菌に分解される時に臭いニオイを発生させますが、定期的にグルーミングしていれば体臭になるほどではありません。 病気やケガでグルーミングできない時などは、体臭がひどくなる時がたまにあります。 そんな時は特に尻尾の付け根、肛門周辺、足の裏、耳の周りなどは、皮脂腺とアポクリン腺が多く集まっているので、体臭が強くなってきた場合には、この部分を念入りにお手入れしてあげましょう。 また、排便時に自ら肛門腺の分泌物を排出できない猫がいますが、このような猫は肛門腺に溜まった分泌物によって、肛門周辺から強い臭いを発するようになります。 そのような場合には、定期的に肛門腺の分泌物を絞り出してあげる必要があります。 猫にシャンプーが必要な時って? 猫ちゃんは体臭が少なく、グルーミングもするのでシャンプーの必要はありませんが、長毛猫の場合、ウンチやおしっこが毛についたり、皮膚から出る油で毛が固まってしまうことがあるのでシャンプーをしてあげる必要があります。 頻度は多くても2ヶ月に1回が目安です。 シャンプーのしすぎは毛が傷んだり、皮膚トラブルの元になったりすることがあるので要注意です。 太った猫ちゃんや年老いた猫ちゃんは自分でグルーミングをしなくなることがあるので、その場合は月に1度のシャンプーが目安です。 濡らしたタオルでふいてあげてもよいでしょう。 また去勢手術していないオス猫がおしっこを勢いよくまき散らすスプレー行為をした時などは、おしっこがついてしまうことがあります。 このスプレーのおしっこをそのままにしておくと、とても臭いのですぐにシャンプーしてあげましょう。 フケや抜け毛が気になる場合も、シャンプーやブラッシングで解決できる場合もありますが、シャンプーのしすぎもよくないので、様子を見ながらきれいにしてあげましょう。 口内炎や歯周病の場合、クサイお口で体をなめると、体中が臭くなってしまいます。 そんな時も状態をみながらシャンプーしてあげるとよいでしょう。 お湯やシャンプーを受けつけない場合は水のいらないドライシャンプーを試してみては。 ただ、体をなめるので害のない物を選んであげる必要があります。

次の

【獣医師監修】猫が臭い。ニオイの原因や考えられる病気、治療法、予防法について

猫 おしり 臭い

ペットとして可愛い子猫を迎えたなら、 きっと日常が今までよりも楽しくなるでしょう。 しかし、 そんな子猫のおしりや口、 おならが 『 突然臭うようになってしまった!』 そんなときは、もしかしたら子猫自体に 何か悪い変化が起こっているのかもしれません。 子猫の臭いの原因はたくさんあり、 中には 飼育環境に問題がある場合も考えられます。 そこで今回は、子猫のおしりや口、 おならの臭いの原因、そして対処法をお伝えします! スポンサーリンク 子猫のおしりが臭い原因って? 飼っている子猫のおしりが臭いとき、 どんな原因があると思いますか? まずひとつ考えられるのが、 『子猫が糞をした後に おしりを舐めていない』可能性です。 普通だと子猫のうちは親猫に おしりを舐めてもらいます。 ですが、小さいうちに親猫と離されると そのことを知らないままでおしりを舐めないのです。 ただ、成長するにつれおしりを舐めることは 自分で覚えていくことが多いようですね。 これ以外に子猫のおしりが臭い原因として、 『肛門腺から分泌物が出ている』可能性があります。 この肛門腺は普通の猫も分泌するのですが 猫によっては量が多い、またところかまわず 出てしまっていることもあるみたいです。 子猫のおしりが臭い時の対処法って? もし子猫が糞の後におしりを舐めず、 その結果臭いが気になるというのなら、 下記のような 厚手のウェットティッシュなどで おしりを拭いてあげると良いでしょう。 先ほどお伝えしたように、子猫は成長するにつれて 自分でおしりを舐めることを覚えていくので 心配はありません。 ですが早めに対処したいという場合、 飼い主が親猫代わりになって、 『子猫が糞をした後におしりを拭いてしつけしていく』 というのも方法のひとつです。 そして分泌液が原因でおしりが臭い場合は、 分泌液を人間の手で出してやる必要があります。 肛門腺絞りの際は子猫の肛門付近を 指でぎゅっとつまむようにして行います。 肛門腺を絞る際は風呂場など、 汚れても洗い流せる場所で行いましょう。 この時、暴れてしまう子猫も多いので 自分で行うのが難しい場合は 無理をせず動物病院かトリマーにお願いしましょう。 スポンサーリンク 子猫のおしりが臭くならないための対策方法って? もし子猫がトイレの後に おしりを舐めていないようであれば 早いうちにおしりを拭いてあげるようにしましょう。 飼い主がトイレのたびにおしりを拭いてあげるうちに、 子猫がおしりを舐めることを覚えてくれるかもしれません。 ですが、原因が肛門腺にある場合は 体質の問題なので対策は難しいです。 なので子猫のおしりを常に確認し、 分泌液が溜まってきていると感じたら 早めに絞ってあげるようにしてあげてくださいね。 子猫の口が臭い原因って? 続いて、子猫の口が臭い場合です。 大人の猫の場合、口の臭いの原因は ほとんどが歯周病にあるといわれています。 ですが子猫の場合は 歯周病の危険性はほとんどないので、 原因は違う部分にあるでしょう。 では、子猫の口の臭いの原因は何かというと 『歯が生え変わる』ことが挙げられます。 子猫はある程度成長すると、 乳歯から永久歯へと生え変わります。 具体的に言うと生後3ヶ月から生後6ヶ月の間に 歯は生え変わるとされています。 その過程では、 歯と歯の間に 食べ物のカスが詰まりやすくなることから そのカスや歯についた歯垢が 口の臭いの原因になる場合が多いのです。 子猫の口が臭い時の対処法って? 子猫の口の臭いの原因が生え変わりの過程においての 食べカスの詰まりである場合は 歯が完全に生え変われば、落ち着くことが多いでしょう。 では、歯が生え変わるよりも 『早く口の臭いをなくしたい』という場合はどうでしょうか。 そんな方は 子猫に下記のような『歯ブラシ』を してあげることを おすすめしますよ。 上記の紹介する商品は、飼い主の指にはめて 磨けるタイプなので歯ブラシを嫌がる子猫でも 簡単に行うことができますよ。 猫の歯周病を防ぐ為には、 大人の猫にも 毎日してあげた方が良いとされていますので 健康に生活するためにも 歯のチェックも欠かさずにしてあげましょうね。 スポンサーリンク 子猫の口が臭くならないための対策方法って? 先ほどお伝えしたように、 子猫に毎日歯ブラシをしてあげることが 子猫の口の臭いを改善するポイントです。 ですが、 子猫は慣れないうちは 歯ブラシを嫌がる子が多いでしょう。 ですからいきなり口の中を磨こうと思っても、 なかなかうまくいきません。 そんな時は、まずは 口の周りを触ることから始め、 段階的に歯磨きに慣れさせていきましょう! そして口の中の歯を磨く際にも いきなり歯ブラシを使用するのではなく、 先ほど紹介した指ブラシやガーゼなどの指に巻きつけて 拭いていってくださいね。 その際は、子猫の歯を優しくさするように 磨いていきましょう。 それでも嫌がる子には下記のような スプレータイプの歯磨き用グッズをおすすめ! 紹介する デンタルスプレーは、 名の通りストレート状に噴射されるので 口の小さい子猫にも歯に吹き付けるだけなので簡単。 また口臭効果のある緑茶乾留エキスや エリスリトール、ビタミンB6を配合して いるので、口の中もスッキリですよ! このように毎日の歯磨きの習慣で、 少しずつ子猫の口の臭いは改善されていくでしょう。 子猫のおならが臭い原因って? いくら可愛い子猫でも、臭いおならをされてしまうと げんなりしてしまいますよね。 そこで、ここからは 子猫の臭いおならの原因について 探っていきましょう! まず、 猫は肉食性の動物ですから もともとおならは臭いです。 ですが普段よりも臭いおならをしたという場合には 腸などの内臓に問題があるか、 あ るいは食生活が適していない可能性があります。 子猫のおならが臭い時の対処法って? 子猫のおならが臭い場合に 手っ取り早く改善するにはキャットフードを変えることです。 おならの臭いの理由は、 多くの場合は 普段食べる物が原因となっています。 子猫の体質によっては、 与えているキャットフードが 体に合わないこともあるのです。 そのようなケースでは子猫は 臭いおならをしてしまうことがあるとのこと。 もし今まで成猫用などの 年齢に合わないキャットフードを与えていたなら 子猫用のキャットフードに変えるなどの 対策をしてあげましょうね。 子猫のおならが臭くならないための対策方法って? 先ほどお伝えしたように、 フードが合わないで おならが臭い場合は 別のキャットフードに変更しましょう。 また、それ以外にも考えられるのは 猫はストレスがたまると腸の働きが鈍くなり、 結果的に臭いおならをすることがあります。 今の環境に騒音などの問題がある場合は、 それが臭いおならの原因となっている可能性もあるのです! また、子猫は特にたくさんの運動を必要としますから 腸を活発化させ臭いおならをなくすために よく遊ばせてあげる必要もあるでしょう。 これらを踏まえて、 子猫に合ったフードを選び、 飼育環境を見直して ストレスがかからないように注意しましょう。 猫じゃらしなどの、オモチャを使って 適度な運動もさせてあげれば、 子猫の臭いおならは、改善されていくことが 多いので、ぜひ試してみてくださいね。 スポンサーリンク この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事>.

次の