個人ピアノ教室 コロナ。 😰新型肺炎コロナウィルス……この1〜2週間が正念場!皆で出来ることから1つずつ😷🤒

コロナで、個人ピアノ教室行かせてますか?

個人ピアノ教室 コロナ

ずっと家にいると、時間の有効活用ができそうで、難しいのが現実では無いでしょうか。 もし、鍵盤ハーモニカやリコーダーが苦手だから、お子様に練習させたいな、と考えていらっしゃる方が いらっしゃいましたら、休校措置が取られている間、オンラインレッスン致します。 鍵盤ハーモニカや、キーボードなどの鍵盤楽器利用して教科書の曲をレッスン致します。 講師はレッスン室のピアノを使ってご指導致します。 リコーダーや楽譜を読む授業は小学校だけでなく、中学校になっても続きます。 マンツーマンのオンラインレッスンで、休校中に苦手を克服するお手伝いを致します。 料金は1回30分2,000円です。 1回だけ1時間レッスンをすることも可能です。 お気軽にお問合せ下さい。 新型コロナウイルスの影響で毎日憂鬱な気持ちで過ごしていらっしゃる方が 少しでも音楽の力で明るい気持ちになれますよう、微力ながらお手伝いができれば、と考えております。

次の

新型コロナで、ピアノ教室(個人)が休講しないのはなぜですか?

個人ピアノ教室 コロナ

コロナ法律相談 回答:谷真介弁護士 新型コロナウイルスが、社会や経済をも急速にむしばみ始めています。 新型コロナによって身の回りで起きる様々な問題について、各分野の専門家に記者が解決策を聞きました。 (聞き手・平賀拓哉) Q ある音楽教室で音楽講師として働いてきましたが、新型コロナウイルスの影響で生徒が減り、教室が閉まりました。 休業手当を求めたところ、教室から「あなたは『個人事業主』だから休業手当はもらえない」と言われました。 A 今回のケースでは、教室側が講師と「業務委託契約」を交わし、「個人事業主」という形式をとっていると思われます。 しかし同法が適用されるには、使用者(この場合は音楽教室の経営者)のもとで働く「労働者」でないといけません。 「労働者」でなければ最低賃金の保障はなく、社会保険にも加入できません。 仕事でけがをしても労災にはなりませんし、仕事を辞めても失業保険も受給できません。 しかし、「労働者」か「個人事業主」かは、契約の形式ではなく、働く実態で判断されます。 そのため講師が教室と業務委託契約を交わしていたとしても、教室側の指示でシフトや授業内容が決められるなどの場合は「労働者」と認められる可能性があります。 ですからこうした働き方をしていたら、自身は「労働者」だとして休業手当を求めましょう。 同僚と組合を結成したり、一人でも外部の個人加入のユニオンに加入したりして団体交渉を申し入れ、休業手当だけでなく社会保険への加入手続きを求めるなど、更なる待遇改善を要求すべきです。 大阪弁護士会の労働問題特別委員会前副委員長で、日本労働弁護団常任幹事。 労働者側の立場で労働問題に取り組む。 個別の事情によっては、回答内容があてはまらないことがあります。 ご質問はにメールでお寄せください。

次の

ピアノ教室コロナウィルス対策。衛生管理の徹底で防ぐこと!

個人ピアノ教室 コロナ

永井です。 昨夜(2020年3月19日夜)、新型コロナウイルス対策について政府の専門家会議から見解が発表されました。 テレビやネットのニュースでご覧になった方も多いかと思います。 今回は、この専門家会議の見解を受けて、町の個人ピアノ教室の先生向けに、いつまでピアノレッスンを自粛(休講)するか、いつからレッスンを再開するか、その判断と今後のコロナ対策について、現時点(2020年3月20日)で改めて考えてみたいと思います。 経済面でも、日経平均や米株式市場が急落したりして、リーマンショックの再来(コロナショック?)かのようなムードも漂い始めていますよね。 そんな中、全国の小中高校の一斉休校が始まってから、もうすぐ3週目が終わろうとしています。 [2020年3月21日 追記] 今回の専門家会議の見解を受けて、3月20日、萩生田文部科学大臣がこの春休みまでの小中高校の一斉休校を延長しないことを表明しました。 「コロナ疲れ」なんて言葉も言われるようになり、大人達だけでなく、子供達にも大変なストレスが溜まってきていることでしょう。 学校に行けないというストレスもあり、ピアノ教室の個人レッスンは、子供達の貴重な息抜き、心のオアシスのような社会的機能を果たしている側面も、私には見えます。 ここまでピアノ教室をお休み(自粛)にしてきた先生の中には、いつからピアノレッスンを再開できるか、再開して大丈夫なのか、ということは非常に大きな関心事でしょうから、昨夜の専門家会議の発表に注目していた方もきっと少なくないかと思います。 さて、ではその専門家会議の見解がどうだったか?ということですが、まずは 「何とか持ちこたえられている」とのことでしたね。 イタリアやスペイン、フランスといった国々のように感染者が爆発的に増える状態(オーバーシュート)には何とか至っておらず、医療体制が崩壊し、社会機能が停止する「ロックダウン」という状態も回避できている、という見方のようです。 ではピアノ教室ももう自粛を解除して、ピアノレッスンを再開できるのかと言うと、そこは地域によって異なるようです。 要は 「感染リスクが低そうな地域であれば、クラスター感染などの発生リスクが低い活動であれば、注意しながら活動再開を検討してね」というようなことかと私は解釈しています。 それにしても、「感染が収束に向かい始めている地域」とか「感染が確認されていない地域」の「地域」って、一体どの範囲を指してるんでしょうか、、、 都道府県単位? 市区町村単位? 感染者の市区町村が公表されてない「地域」はどう判断したらいいの? と、何とも歯切れの悪い表現ですよね(そもそもキレイに線引きなんてできないんでしょうけど)。 会見の中では、都道府県や市区町村などの「行政単位の区分」というよりも「人の動き・流れによる区分」というようなことも言われていました。 この3連休での往来自粛要請が出た、大阪と兵庫間という「地域」区分もこれにあたるということでしょうか。 「感染拡大のリスクの低い活動」については明確な指針が出されています。 やっぱりここは引き続き注意しながら、慎重に活動を再開していってください、ということなのでしょう。 このコロナ対策シリーズ記事でも書いてきたように、 手洗いうがい、マスクの着用、 ピアノ鍵盤をはじめドアノブや教室備品などの除菌消毒、そして熱や咳などの症状のある子はお休みいただくなど、これまでの感染防止策はしっかりとやった上であれば、感染拡大が落ち着いてきている地域であれば、ピアノレッスン再開(自粛解除)も検討してね、ということかと思います。 この 「3つの条件」については今回の専門家会議からも もし大多数の国民や事業者の皆様が、人と人との接触をできる限り絶つ努力、「3つの条件が同時に重なる場」を避けていただく努力を続けていただけない場合には、既に複数の国で報告されているように、感染に気づかない人たちによるクラスター(患者集団)が断続的に発生し、その大規模化や連鎖が生じえます。 そして、ある日、オーバーシュート(爆発的患者急増)が起こりかねないと考えます。 また、ピアノ教室に出入りする生徒さんは、小さなお子さんや小中高生が多いかと思いますが、今回の専門家会議からの提言では 「若者世代の皆様へのお願い」として次のようなことも言われています。 若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは高くありません。 しかし、無症状又は症状が軽い方が、本人は気づかずに感染を広めてしまう事例が多く見られます。 このため、感染の広がりをできるだけ少なくするためには、 改めて、3つの条件が同時に重なった場に近づくことを避けていただきますようにお願いします。 お子さんや若い方を生徒さんとしてを受け入れるピアノ教室としては、 一見元気そうな子であっても、誰が感染しているか分からない、という可能性を念頭に、感染拡大防止策を引き続き徹底することが大事かと思います。 そして今回、 「高齢者や持病のある方に接する機会のある職業ならびに家庭の方へのお願い」として、こうも言われています。 高齢者や持病のある方に接する機会のある、医療、介護、福祉ならびに一般の事業者で働く人は一層の感染対策を行うことが求められます。 発熱や感冒症状の確認ならびに、感染リスクの高い場所に行く機会を減らすなどの対応が当分の間求められます。 これまでの国内外の感染例でも、家庭内での感染の拡大はよくみられています。 同居の家族、特に、そのご家庭の高齢者を訪問される際には、十分な体調確認を行った上で、高齢者の方と接していただくようにしてください。 前回の「」でも触れましたが、ご高齢の方が同居されている自宅ピアノ教室さんは、事態が収束するまでお休みを続けるという決断も、社会的に理解されるべきことでありますので、どうぞご無理をなさらないでくださいね。 以上、今回は昨夜(2020年3月19日夜)行われた、政府の専門家会議の発表を受けて、現時点での、町の個人ピアノ教室のレッスン再開の判断と、行うべきコロナ対策について、改めて考えてみました。 休校してきた小中学校などで、登校を再開したり卒業式を行うところが出てきている点を見ても、お休みにしてきた個人ピアノ教室さんも、地域によってはそろそろレッスン再開を考え始めても良いのかな?、というのが、今回の専門家会議の見解を受けて私が思ったところです。 正直、それほど意外な見解ではなかったですが、今回、専門家の方々からこうして、地域により注意しながらではあっても、少しずつ活動再開を考えてもいいよ、と言ってもらえたことは、1つの希望の兆しでもあるのかな、というように私は捉えたいと思います。 ・ ・ ・.

次の