暁のヨナ カシ。 暁のヨナ【最新192話ネタバレ】ヨンヒが緋龍王の末えいだとバレてしまい…

「暁のヨナ:193話」最新話ネタバレと感想!激動の大河ファンタジーロマン!

暁のヨナ カシ

暁のヨナ最新193話ネタバレ「籠遇の代償」 神官共は全て処刑したとユホンから知らされたヨンヒは、目の前が真っ暗になります。 ヨンヒが緋龍王の血筋だと知った大神官たちは、一族の屋敷に押し入りました。 その事に激怒したユホンは、大神官たちを処刑し、神殿も焼き払います。 ジュナム陛下は激しく叱責しましたが、民衆は神官側が常軌を逸した政治介入をしたのではとユホンを支持することになったのです。 ヨンヒは、神官見習いであったカシとイクスを探していましたが、一緒に処刑されたのではないかと女官に言われてしまいます。 まだ子供です・・・とヨンヒは言いますが、女官はユホンは戦においては敵を非情な拷問にかけることもある、 それが女子供であってもですと聞かされるのでした。 神官弾圧から一月、一族の屋敷を訪れたヨンヒは、母が自害したと知らされます。 ヨンヒは突然の知らせに驚きを隠せません。 一族の男性は、大神官様は私達に最大限の礼を尽くしてくれたと話します。 歴史を憂い、命の短さに涙し、自分にとっていかに希望であるかということを語ってくれたというのです。 そんな人が生きながらに火あぶりにされたと知り、ヨンヒの母は自分がユホンに全てを打ち明けたからだと泣いていたと言います。 男は、なぜ大神官様は処刑されたのかとヨンヒに聞きます。 ヨンヒは、詮索を禁じたのに家に踏み入ったからではとヨンヒは言いますが、それは火あぶりにされるような事なのかと聞かれ、ヨンヒははっとします。 ヨンヒの血を見抜いた、それこそ本物の神官である証だったのにと男をはじめ、一族の人達はなんと酷いことを・・・とヨンヒの前で頭を抱えたのでした。 ヨンヒは、大神官には非があったのではないかと自分を納得させようとしていたが、ただ純粋に緋龍王の血族がいたことに喜んだだけなのだと、思い知らされるのでした。 迎えに来たユホンは、泣いているヨンヒにどうしたのかと聞きます。 母が死んだことを聞かされユホンは怒り、原因を突き止めようと言います。 ヨンヒはそれはあなたが・・・とユホンを止めるとユホンはヨンヒを抱きしめるのでした。 ヨンヒは、ユホンを恐ろしいし愛しいと思いながら抱きしめかえします。 あれから9年、ユホンは数々の他国との戦に勝利し英雄と称され、スウォンもうまれていました。 ユホンは、スウォンをこいつは聡い、歴史に名を残すだろうと話します。 そして、イルが妻を娶ったとヨンヒに告げると、ヨンヒも驚きます。 ユホンにとっても突然の出来事です。 顔に大きな傷があるので、他人に見せたくないと婚礼の儀も大々的にはやらないらしいと言うのです。 あれ以来、イルとは疎遠になってしまい、イルは城の中で孤立していました。 庭を散歩していると、具合いの悪そうな女性が座り込んでいたのをスウォンとヨンヒがみつけます。 見かけない女性に、庭には王家か特別な許可が下りた人しか入れないのだけどとヨンヒが思っていると、体調の悪そうなその人をスウォンが扇ぎはじめます。 顔に大きな傷が見え、イルの婚約者だと気が付きます。 会えて嬉しいとヨンヒは言い挨拶をすると、あの時とは逆ですねと女性が言います。 ヨンヒがその女性がカシであることに気づくと、イルが二人の間にやってきて、あの子はあの日の神殿で死んだのだと声をあげます。 ヨンヒは誰にも言わない、約束する、全ては自分のせいなのだとイルに訴えます。 イルは、もういい、私は幸せだからと言い、カシと共に行ってしまいます。 その背中を見ながら、時間をかけても歩み寄れる日が来たらいいと、ヨンヒは甘い考えをもっていたのでした。 暁のヨナを無料で読むには? 「暁のヨナ」をなるべくお得に読みたい場合、無料で読みたい場合は 以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するのがおすすめです。 サービス名 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。 動画配信サービスは月額制ですが、初回は無料でお試しができるので無料期間中に解約をすればお金はかかりません。 しかしポイントはそのままもらえるので、 もらったポイントを使って漫画を読むことができちゃいます。

次の

暁のヨナ【193話】最新話ネタバレ!噛み合わず進み出す歯車|女性まんがbibibi

暁のヨナ カシ

暁のヨナ【第193話】のネタバレ 寵遇の代償 あの日、ヨンヒの血筋を知った大神官はヨンヒの一族の屋敷。 推し入りました。 それに激怒したユホンは大神官を始め、多くの神官を処刑し神殿も焼き払ったのです。 ユホンの行為しジュナム陛下は激しく叱責しましたが民衆は神官側が常軌を逸した政治介入をしたのではないかとユホンを支持したのでした。 ヨンヒは召使いに神官見習いであるカシとイクスを探して欲しいとお願いします。 しかし召使いは 「ヨンヒ様は幸せですね」 と話します。 ユホンは戦においては敵を非情な拷問にかけることも女子供を火炙りにすることも厭わない。 だからこそ他国を圧し民は平和という恩恵を受けていたのでした。 神官は王の上にたとうとしたから制裁を受けた、ユホンは守るべき物の為に動いたのだと民は理解していることを召使いは重い面持ちで説明しました。 新歓弾圧から一月、空都の外れにある一族の屋敷に訪れたヨンヒ。 そこでヨンヒは一族から母が亡くなったことを伝えられます。 大神官が一族の家にやってきた時、大神官は最大限の礼を尽くしていたのです。 これまで一族が耐え忍んできた歴史を憂い、命の短さに涙し、一族の存在がいかに神官にとって希望であるかを語っていたのです。 これまでの苦しみが浄化されるような気持ちでいた一族の元に届いた報せはそんな大神官が生きながら火あぶりにされたということ。 ヨンヒの母は自分が一族の秘密をユホンに打ち明けたからだと嘆き悲しみ自責の念に囚われ首をつったのでした。 何処刑されなければならなかったのか、処刑されるほどの罪を犯したのか、血を見抜いたことこそが大神官の証であるにも関わらず、大神官のおかげで救われていたのにも関わらず何故こんなに惨いことが行われたのか… 一族は深い悲しみに陥っていたのです。 ヨンヒは印象だけで疑い恐れ大神官に何か非があると自分を納得させようとしていたことに気付き自分を涙を零し責めます。 そんなヨンヒを見たユホンは母が亡くなったと言うヨンヒを置いて一族に理由を訪ねに行こうとしました。 しかしそれはあなたが原因であると伝えようとしたヨンヒ。 一瞬にして自分の過去と彼と出会ってしまったことを悔やみ同時に恐れを抱きながらも彼を愛している事実に呆然とするのでした…。 イルの婚約者 あれから約9年 ユホンは英雄と称されるようになり、ヨンヒとユホンの間にはスウォンという男の子が産まれていました。 そしてその頃イルが顔に傷を負った平民の女を婚約者に迎えたという話が伝わってきます。 あれからイルとは疎遠になりユホンからも離れイルは城の中で孤立していました… 庭を散策中に偶然目の前で具合を悪くしている女性を発見したヨンヒ。 すぐに日陰に連れていきスウォンと共に団扇で仰いでいると顔の火傷が顕になります。 彼女はイルの婚約者でした。 そして…彼女はあの「カシ」だったのです。 突然現れたイルはカシの前に立ち塞がりカシを守るように「あの子は死んだ!」と答えます。 誰にも言わないと話しかけるヨンヒにイルはもう私は幸せだからいいと力なく許しの言葉をかけました。 時間をかけてでも歩み寄ろうとするヨンヒにいつかの女官は「あなたは甘い」そう告げます。 花とゆめのネタバレ記事 —• 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 暁のヨナを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

暁のヨナ 193話【寵遇の代償】(33巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

暁のヨナ カシ

従兄に父を殺された主人公が、幼馴染と伝説の四龍と共に旅し、出会った人々を助けながら成長していく感動作、暁のヨナ! スウォン母の手記から明らかになる過去、神官弾圧の真相は? 前回までのあらすじ ユホンに一族の秘密を話し、婚約して城に入ったヨンヒ。 血筋のことは王や城の誰にも秘密にしていましたが、神殿で、大神官・イル・見習い巫女のカシに緋龍王の末裔であるとバレてしまいます。 隠し通そうとするユホンとイルには軋轢が生じ、 神官たちにも血族が知られることとなり、神官弾圧が始まってしまう、というところで192話は終わりでした。 この記事では暁のヨナ193話のネタバレを紹介します! もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ! \ 600円分のポイントがもらえる/• 暁のヨナ193話ネタバレ 寵遇の代償 ユホンがヨンヒに、 「神官共は全て処刑した」と告げるところから始まります。 秘密を見抜く者はもういないし、イルには口止めするので、安心していい、というのです… 血筋を知った大神官達は、一族の住処を突き止めて押し入り、それに激怒したユホンは大神官たちを処刑、神殿も焼き払いました。 ジュナム王は激怒したものの、民衆は神官側が常軌を逸していたのでは、と支持しました。 ヨンヒは、見習い巫女のカシとイクスの行方を探そうとし、いくらなんでも子供を処刑はしないだろうと考えますが、ユホンは戦では非情で女子供を火あぶりにすることも厭わない、神官は国民ではあるけれど王の上に立とうとしていたから、と聞かされてショックを受けます。 それでも、 ユホンを信じたいので、神官側にも非があったのではないかと考えていましたが、一族の屋敷を訪ねると、さらに非情なことを知らされます。 大神官たちは屋敷にやってきたものの、一族のこれまでの歴史を憂い、一族の存在が希望だと語り、何も悪いことはしなかった。 詮索を禁じられた一族の家を突き止めて訪問しただけで、生きたまま火あぶりにされるほど悪いことをしたのか? 自分が秘密を話したせいで神官たちを死に追いやったのだと責めたヨンヒの母は耐えきれずに自殺した、と聞かされます。 自分たちが出逢わなければ傷つくことは止められたのか?と自問し、 怖いと思いながらも、愛しさも止められないのでした。 愛した男の非情さに慄きながら、母へ対する思いと、とても葛藤したのでしょうね… それから9年後。 二人の間に産まれたスウォンは、 頭も運動量も人の三倍、とても明るく好奇心旺盛に育っていました。 そして イルが妻を娶り、顔に傷があって他人に見せたくないから婚礼の儀はやらないと聞きます。 相手は平民なので貴族は反発しているけれど、 ジュナム王は承諾している、と。 兄弟の間は疎遠になってしまったものの、 自分たちの結婚の時にイルは祝福してくれたから、力を貸したい、というユホン。 溝が深まってしまっても、ユホンの弟への情は消えていないのがわかる、切ないシーンでした。 庭を散策していたヨンヒとスウォンは、具合が悪そうな女性に出会います。 スウォンがうちわであおぐと 顔のやけどが露わになり、イルの婚約者で、成長したカシだということが判明します。 カシとイクスのことを心配していたヨンヒは歩み寄ろうとしますが、割って入ったイルに、あの子は神殿で死んだのだと遮られ、去られてしまいました。 この時はまだ、時間をかけて歩み寄れる日が来ることを願っていた、というところで193話は終わりでした。 暁のヨナ193話口コミ・評価 「暁のヨナ」最新話読んだ。 ヨンヒ様が神官弾圧に気を病んで発狂し、隔離されたと予想してたけれど、体調を崩す程度だった。 「幸せな方ですね。 」目の前で、大神官が火刑になり、自身も顔に大きな傷を負ったカシ様。 9年前と逆になり、皮肉を言いたくなるのも分かる。 その芯の強さがスウォンに受け継がれている気がします。 神官弾圧があったことで、イルも心に大きな傷を負って、変わってしまったのでしょうね… 暁のヨナ193話まとめ 前回の話のなかで、非情だと思っていたユホンの強い愛や熱情が垣間見え、イルや神官の信仰が行き過ぎていて怖いと感じましたが、元の印象が間違っていたわけでもなく、どちらの面もあるのだと思えてきました。 ユホンはヨンヒやスウォンへの愛は偏り過ぎているくらい強くて、愛する人を守るには何でもする。 それはそれで情熱的でいいのでしょうけれど、敵とみなしたものについては、全く容赦ないのが、どこかいびつな気がします。 それまで知らなかった愛を知ったのなら、他への慈しみの気持ちも育ってほしかったと思ってしまいます。 少女の頃のソバカスも消えて美しく成長して、でも顔のやけどは、神官弾圧の際に逃げられたわけではなく、危うくのところを助け出されたのでしょうね。 カシの心にも傷はもちろんあるでしょうけれど、恨みなどを残していないことを願っています。 イルがやけどを負ったカシを助けたのか、命辛々逃げ出したところを匿ったのか、どちらかはわかりませんが、妻にするほど大切な相手を弾圧したのは兄なのだから、禍根が残るのも納得です。 終わり方がとても気になりました。 時間をかけて歩み寄りたいと思っていたヨンヒが甘かった、というのであれば、歩み寄れなかったということ。 以前にユホンはイルに殺されたと描かれていましたが、優しそうに見えて実は残忍だということではないと思うので、そうしなければならないほどの理由があったのだとしたら… そうすると、ヨナ母が賊に襲われて亡くなったのも何か関係があるのかな、というのは考えすぎでしょうか? 過去の残酷な運命があって、今のヨナやスウォンがあるのが、切なくなった最新話でした。

次の