アクアチム軟膏市販。 アクアチム軟膏1% 通販 販売 抗生物質 ニキビ 粉瘤

アクアチムクリーム1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

アクアチム軟膏市販

とびひの薬アクアチムについて アクアチム軟膏というのは、とびひなどで病院に行くと処方されるお薬ですね。 実はこのアクアチム軟膏はとびひにはとても 効果が高いと言われています。 その理由をいくつかご紹介していきましょう。 炎症を抑える事ができる抗菌薬 アクアチム軟膏は細菌が増えてしまった事による皮膚の炎症を治療する目的で使われる 抗菌薬です。 表皮ブドウ球菌(黄色ブドウ球菌など)が繁殖してしまったために起こる皮膚炎などの、炎症や赤みなどを治療していきます。 もちろんとびひにもとても効果を発揮してくれます。 アクアチム軟膏の特徴 アクアチム軟膏が抗菌薬である事はわかりましたが、他にもとびひの治療薬として使われる理由があるのです。 その理由は アクアチム軟膏は非常に粘性が高い軟膏で、つけるとベタベタとしてしまうため、他の皮膚炎に使うのは喜ばれません。 ですが、この粘性の高さがとびひにはぴったり! ねっとりとしているため、汗で薬が流れ落ちにくくなっているので効果が持続するわけです。 主成分がとびひの治療にピッタリ アクアチム軟膏の主成分はナジフロキサシンでキノロン系のお薬なのですが、このナジフロキサシンは強い殺菌作用があります。 細菌が増殖する事ができないように、細菌のDNAのコピーを防ぐ働きがあるのです。 とびひが広がらないようにしながら患部の治療をする事ができるので、とびひといったらアクアチムになってしまうのかもしれません。 アクアチムは市販されているのか? アクアチムはとびひにはとてもよく効く薬なのですが、 残念ながら市販はされていないもののようです。 このお薬が欲しい場合には病院に行きましょう。 とびひだと診断されたらすかさずアクアチムの処方をお願いしてみるといいですね。 アクアチム軟膏を塗る時には十分に注意をして、正しい用法用量でお使いいただけると治療効果を得やすいと考えられます。 アクアチムの副作用は? アクアチムもお薬ですから効果が高い反面副作用の報告が無い事はありません。 簡単に説明すると、かゆみが余計に強く感じてしまったり、かぶれてしまったりする事があるようです。 何か刺激を感じたらすぐに病院に連れて行き、アクアチムを見せて診察を受けて早めに薬を変えるなどをしてもらうといいですね。 カテゴリー•

次の

【ニキビの薬】アクアチムクリームを皮膚科医がわかりやすく解説

アクアチム軟膏市販

ざ瘡治療薬 この薬をファーストチョイスする理由(2019年9月更新)• ・ステロイドざ瘡によく使用しているが患者さんからの評判も良い。 自分自身も不摂生でざ瘡ができてしまった際は、使用していて効果を実感しています。 寝る前にベッタリ塗ると良く効きます。 ピーリングの系統は内科医がサッと処方するには少し敷居が高く感じます。 (30歳代病院勤務医、腎臓内科)• ・今まではアクアチムなど抗生物質の外用剤を出していたが、最近ガイドラインでアダパレンや過酸化ベンゾイルが推奨されていることを知り、アダパレンを使い始めた。 (40歳代診療所勤務医、循環器内科)• ・容量も適量で、塗布しやすく、効果も安定して得られる。 (70歳代開業医、一般内科)• ・思春期のにきびに対しては第一選択で処方しています。 (50歳代病院勤務医、整形外科)• ・発赤があって感染が疑われる症例にはアクアチムを処方する。 (50歳代病院勤務医、血液内科) ざ瘡治療薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年2月更新)• ・アダパレンを治療のベースにしているが、炎症性皮疹には抗菌薬を使用する。 軽症の患者には抗菌薬を使うため、処方は最も多くなる。 (50歳代開業医、皮膚科)• ・なるべく抗菌薬の乱用は避けたいのですが、前医から処方されていたと言われてやむを得ず出す場合があります。 基本的には皮膚科へ行ってほしい。 (50歳代病院勤務位、一般内科)• ・ベピオで疼痛と掻痒を伴う顔面紅斑という強烈な副作用を経験してから、アクアチム軟膏の処方に戻ってしまった。 私は皮膚科医ではないので、アクアチムで効果が出ない場合は皮膚科の受診を勧めている。 (60歳代病院勤務医、外科系専門科)• ・アダバレンの効果は高いが、患者が保湿を面倒がってきちんと使用できていない場合が多い。 耐性菌の懸念はあるが、アクアチムは使用方法が簡便で良い。 (50歳代診療所勤務医、代謝・内分泌内科)• ・アクアチム軟膏の患者さんからの評判は良いようです。 しかし女性の顔面皮膚疾患に関しては出来るだけ皮膚科へ紹介しています。 (50歳代病院勤務医、一般内科) ざ瘡治療薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年4月更新)• ・そこそこ効果はある。 ディフェリンゲルは若者にはやや煩雑。 (50歳代開業医、一般内科)• ・アクアチムローションは外用後色がつかないので使いやすい。 ただ、アルコール臭が少し気になる。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・ベピオで激しいアレルギー反応を経験したので、従来からのアクアチムを処方している。 (50歳代病院勤務医、その他の内科系専門科)• ・アダバレンと併用することも多いが、副作用の少なさからアクアチムクリームを使用することが最も多い。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・キノロン系抗菌薬であり、アクネ桿菌殺菌作用が強い。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・副作用(局所刺激など)が極めて少ない。 (60歳代病院勤務医、皮膚科)• ・外用時の刺激感が少ないことが一番の長所。 効果もそれなりにあります。 1日1回塗布のゼビアックスは今後症例が増えてくると思います。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・ディフェリンが最も効果あると思いますが、使いこなせません。 (30歳代病院勤務医、一般内科)• ・効果はそれほど強くないが副作用が少なく、初診患者への処方に適している。 (30歳代病院勤務医、皮膚科) 使用上の注意 (添付文書全文) (慎重投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児。 (重要な基本的注意) 本剤の使用にあたっては、ざ瘡は4週間で効果の認められない場合は使用を中止し、表在性皮膚感染症及び深在性皮膚感染症は1週間で効果の認められない場合は使用を中止する。 また、ざ瘡においては炎症性皮疹が消失した場合には継続使用しない。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 投与時:皮膚のみに使用し、眼科用として角膜・結膜には使用しない。 (その他の注意) 1.キノロン系合成抗菌剤の経口剤で光線過敏症が報告されている。 2.微生物による復帰変異試験、チャイニーズハムスター由来培養細胞による遺伝子変異試験及び染色体異常試験は陰性であった。 培養ヒト末梢血リンパ球による染色体異常試験は陽性であったが、マウスを用いる小核試験は陰性であった。 なお、他の新キノロン剤でも染色体異常誘発性が認められるとの報告がある。 (保管上の注意) 他の容器に移す場合には、遮光する。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

アクアチムローションの代替品

アクアチム軟膏市販

Index• この抗菌薬は殺菌効果があり、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌して除去することにより、赤みや腫れを改善してくれます。 「アクアチム」には化粧水タイプの「アクアチムローション」とクリーム状の「アクアチムクリーム」、半固形状の「アクアチム軟膏」の3種類があります。 ニキビ治療薬としてはクリームタイプが多く処方されています。 2.アクアチムクリームの効果 アクアチムクリームは、細菌の増殖を抑制して殺菌作用を示す薬です。 「抗菌作用」ということは、細菌による炎症ニキビに効果があるということです。 逆に、ニキビのでき始めや、ポツポツとした白ニキビなどにはあまり効果が期待できません。 3.使用方法 使い方は、適量を1日に2回、患部に塗るというシンプルです。 ニキビに使用する場合は、使用する前に洗顔し、肌の皮脂汚れを落とし薬が浸透しやすいようにします。 忘れた場合は、2回分を一度に塗るのではなく、次回使用時に1回分だけを使用します。 誤って多く使用した場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。 用法・用量を守り、医師の指示なしに使用をやめないようにします。 ただし、乾燥がひどい場合には、先にスキンケアをして保湿をした後にクリームを塗りましょう。 4.アクアチムクリームの副作用 アクアチムクリームの副作用としてあげられるのは、かゆみや乾燥、刺激感があります。 その他にも、赤み・ブツブツ・ほてり・かぶれもあるようです。 もしアクチアムクリームを肌に塗ってかゆみや赤み、かぶれなどが生じた場合は、すぐに使用を中止して医師に相談しましょう。 また、日光に当たると皮膚の赤みや腫れ、かゆみが起こる「光線過敏症」などがまれに起きることもあります。 4-1.使用上の注意 アクチアムクリームは、乳幼児への使用は慎重に行なうこと、妊娠中の女性の使用に関しては安全性が確立されていないということが指摘されています。 妊娠中・授乳中・妊娠の可能性がある場合は、なるべく使用したくないですが、他に選択肢がない場合は、使用することもあります。 4-2.使用期間 アクアチムクリームは、長期間使い続けると、効果が薄れることがあります。 抗生物質は使い続けることによって体の中に「耐性菌」ができた場合、その抗生物質が効かなくなったり、効果が少なくなります。 医師に言われた期間を使って効果がないようなら、違う治療薬や治療法に替えてもらいましょう。 ~注意~ 厚生労働省では、2009年に「医療用医薬品の有効成分の一般用医薬品への転用について」というお知らせのなかで、「薬剤師は、本剤の使用にあたっては、重症な化膿性疾患には使用しないことを指導す る。 また、5~6 日症状の改善が認められない場合は本剤を中止するよう指導し、医療機 関等へ受診勧奨する。 耐性菌の発現を防ぐため、治療上必要な最小限の期間(2 週間以内) の使用にとどめることについても指導する。 」 としています。 厚生労働省がいうことがいつも正しいわけではありませんが、西川も患者さんへの長期使用は極力避けています。 5.まとめ ニキビはいちど化膿して悪化すると、自分では治すことが難しいものです。 市販薬では治せない段階まで進行してしまうと、皮膚科での治療が有効でしょう。 ただ、大人のニキビは菌だけが原因ではありません。 ストレスや疲れ、偏った食生活やアルコール、喫煙などの自律神経やホルモンバランスの乱れも関係して発症します。 スキンケアや生活習慣の見直しも同時に行い、改善に努めましょう。 関連記事 薬の効きにくいニキビの治療例 西川先生の治療日記.

次の