力士 コロナ。 20代コロナ力士の部屋の場所はどこ?【勝武士】死因は持病の糖尿病とたらい回し?

20代コロナ力士の部屋の場所はどこ?【勝武士】死因は持病の糖尿病とたらい回し?

力士 コロナ

大相撲の境川部屋の力士約20人が10日朝に、川に転落した30代の女性を救助していたことが11日、分かった。 東京・足立区の部屋近くの毛長川に架かる橋から女性が飛び降り、通行人の男性が助けを求める大声に師匠の境川親方(元小結両国)が気付き、力士らが駆け付け、女性を川から引っ張り上げた。 関係者によると時間は同日の午前5時半ごろ、稽古前の出来事だった。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、最近の稽古は午前7時開始となっていたという境川部屋。 幕下以下の力士を指す「若い衆」も、大部屋で寝ている時間だった。 場所は部屋から徒歩30秒とかからない、毛長川にかかる「ふれあい橋」。 女性が橋から飛び降りた。 自殺を図ったとみられる。 通りかかった男性が助けを求める大声で、師匠の境川親方が事態に気づいた。 大部屋につながる内線をかけて、若い衆を起こし、救助に向かわせた。 稽古前だったため、まわしを締めていなかったという。 力士らは橋の下の一段低くなっている川岸から、女性を引き上げた。 女性は搬送時、意識があり命に別条はない。 劇的な人命救助だが、師匠は救助したときの状況について一切語らずに泰然としていた。 「(救助された女性を)そっとしておいてあげてほしい。 ぺらぺら語るのはかわいそう」と女性の心境を推し量った上で「いいことをしたとかはサラサラない。 男として当たり前のことをしただけ」。 謙虚な姿勢を崩さず、事もなげに話した。 大相撲は新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月に予定されていた夏場所が中止になるなど、本場所の土俵に立てない日々が続いている。 日本相撲協会が無観客開催を目指す7月場所(同月19日初日、東京・両国国技館)に向けて、調整を進める中で起きた救出劇。 「気は優しくて力持ち」で知られる大相撲の力士が、勇敢な行動で女性の命を救った。 98年に出羽海部屋から独立して「中立部屋」を興し、03年に名跡を交換し、年寄「境川」を襲名。 部屋の名称を「境川部屋」に変更、現在に至る。 弟子の元大関豪栄道(現武隈親方)が現役引退の際に「師匠の男っぷりの良さを見習いたい」と言うほど、義理人情に厚く、おとこ気あふれる性格で周囲からの人望もある。 現在の部屋付き親方は関ノ戸親方(元小結岩木山)、君ケ浜親方(元前頭宝千山)、山科親方(元前頭佐田の富士)、武隈親方の4人で、所属力士は幕内の妙義龍と佐田の海、幕下以下23人の計25人。 他に呼出1人、床山2人が所属。 東京・足立区舎人に部屋がある。

次の

28歳現役力士 コロナ感染死 小池都知事「受け入れ対応検証」

力士 コロナ

新型コロナウイルス、力士に初感染者? 新型コロナウイルスに力士の初感染者が出たとスポニチが報じました。 ついに日本相撲協会内にも新型コロナウイルスの感染者が出たもようだ。 ある相撲部屋で力士を含む複数協会員に感染の疑いがあることが8日、分かった。 PCR検査で陽性反応が出ていれば、相撲界で初めての事態となる。 関係者によると、感染者が出たとみられるのは複数の関取が在籍する相撲部屋。 協会は9日にも詳細を公表するとみられる。 相撲部屋で力士を含む複数協会員に感染の疑いであることが4月8日に判明したとのこと。 PCR検査の結果は4月9日に明らかになるそうです。 相撲界で初の感染者ということで、話題になりそうですね。 スポンサーリンク 新型コロナウイルス感染の力士は誰で相撲部屋はどこ? 新型コロナウイルス初感染の力士が誰かや相撲部屋がどこかはまだ発表がありません。 ただ「複数協会員」とあるので、どこかの相撲部屋全体での感染かもしれませんね。 同じ相撲部屋の力士の方に感染が広がってしまうのは仕方ないことだと思いますが、他のスポーツに比べて身体と身体が触れ合いやすいので、その他の相撲部屋の方に感染が広がっていないか心配ですね。 春場所は史上初めて無観客で開催した。 場所中に感染者が出れば即中止と決め、実施に踏み切った。 協会員に対しては場所前から不要不急の外出自粛を通達。 報道陣にも取材規制が敷かれ、朝稽古の取材は代表2社に限定し、場所中は支度部屋への出入りも禁じ、ミックスゾーンでの取材とした。 また、会場入りする際には、アルコール消毒と検温を義務づけるなどした。 とありますが、これで夏場所は中止になってしまうのでしょうか。 今までには千代丸が初のPCR検査をして陰性でしたが、今回はどうなるでしょうね。 やはり嗅覚がおかしくなるなどの初期症状が発表されているので、その症状が出た方がいらっしゃるのかも…。 相撲協会の柴田山広報部長によると…。 力士は4月4日から2日間発熱• 一度は回復したものの、再び高熱に。 更に息苦しさやせきの症状もあり• 4月8日に新型コロナの簡易検査を受診し、「陽性」の報告を1度は受けるも病院からの連絡は「陰性」• 現在本検査(PCR検査)を受けている• 4月8日に入院• 所属力士は全員部屋で待機している そうです。 【4月10日追記】 その後、4月10日に1人の力士の方が「陽性」だったという発表がありました! 現在まだ名前は発表されていませんが、都内の病院に入院したということです。 更に詳細が分かれば追記します。 スポンサーリンク 新型コロナウイルス感染の力士の感染ルートは? もし新型コロナウイルスに力士の方が感染していた場合、感染ルートが気になるところですね。 相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)はこのように語っているとのことです。 「大阪から帰ってくる道中で、どこかから感染したということも考えられる」と芝田山部長は話した。 新幹線など交通機関で感染してしまったのでしょうかね。 スポンサーリンク コロナ感染の力士は誰かとネットでも話題に 相撲部屋の場合、稽古でも食事でも濃厚接触の嵐。 夏場所は厳しいだろうね。 でも放送権料や各地有力者とのつながりで休めないんだろうな。 夏場所に暗雲が立ち込めてきた。 コロナ感染の力士が誰かはまだ未発表ですが、誰だとしても夏場所は開催できなくなってしまいそうですね…。 芸能界でも新型コロナウイルス感染者が後を絶たないので、相撲界で感染者がそろそろ出てもおかしくない気はします。 スポンサーリンク.

次の

勝武士(力士)の持病は糖尿病!コロナ重症化と関係は?感染経緯も調査

力士 コロナ

大相撲の境川部屋の力士約20人が10日朝に、川に転落した30代の女性を救助していたことが11日、分かった。 東京・足立区の部屋近くの毛長川に架かる橋から女性が飛び降り、通行人の男性が助けを求める大声に師匠の境川親方(元小結両国)が気付き、力士らが駆け付け、女性を川から引っ張り上げた。 関係者によると時間は同日の午前5時半ごろ、稽古前の出来事だった。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、最近の稽古は午前7時開始となっていたという境川部屋。 幕下以下の力士を指す「若い衆」も、大部屋で寝ている時間だった。 場所は部屋から徒歩30秒とかからない、毛長川にかかる「ふれあい橋」。 女性が橋から飛び降りた。 自殺を図ったとみられる。 通りかかった男性が助けを求める大声で、師匠の境川親方が事態に気づいた。 大部屋につながる内線をかけて、若い衆を起こし、救助に向かわせた。 稽古前だったため、まわしを締めていなかったという。 力士らは橋の下の一段低くなっている川岸から、女性を引き上げた。 女性は搬送時、意識があり命に別条はない。 劇的な人命救助だが、師匠は救助したときの状況について一切語らずに泰然としていた。 「(救助された女性を)そっとしておいてあげてほしい。 ぺらぺら語るのはかわいそう」と女性の心境を推し量った上で「いいことをしたとかはサラサラない。 男として当たり前のことをしただけ」。 謙虚な姿勢を崩さず、事もなげに話した。 大相撲は新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月に予定されていた夏場所が中止になるなど、本場所の土俵に立てない日々が続いている。 日本相撲協会が無観客開催を目指す7月場所(同月19日初日、東京・両国国技館)に向けて、調整を進める中で起きた救出劇。 「気は優しくて力持ち」で知られる大相撲の力士が、勇敢な行動で女性の命を救った。 98年に出羽海部屋から独立して「中立部屋」を興し、03年に名跡を交換し、年寄「境川」を襲名。 部屋の名称を「境川部屋」に変更、現在に至る。 弟子の元大関豪栄道(現武隈親方)が現役引退の際に「師匠の男っぷりの良さを見習いたい」と言うほど、義理人情に厚く、おとこ気あふれる性格で周囲からの人望もある。 現在の部屋付き親方は関ノ戸親方(元小結岩木山)、君ケ浜親方(元前頭宝千山)、山科親方(元前頭佐田の富士)、武隈親方の4人で、所属力士は幕内の妙義龍と佐田の海、幕下以下23人の計25人。 他に呼出1人、床山2人が所属。 東京・足立区舎人に部屋がある。

次の