ミルフィーユ 発祥。 ミルフィーユの上手な食べ方は?正しいマナーはある?パイくずの対処法も紹介

ミルフィーユの歴史と由来|Millefeuille

ミルフィーユ 発祥

2020. 11 2020. 18 2020. 13 2020. 04 2020. 08 2020. 01 以前の情報はこちら 2020. 01 2020. 25 2020. 25 2020. 13 2020. 27 2020. 25 2020. 27 2020. 10 2020. 10 2019. 24 2019. 20 2019. 20 2019. 20 2019. 2 2019. 5 2019. 1 2019. 31 2019. 31 2019. 11 2019. 30 2019. 6 2019. 28 2019. 26 2019. 26 2019. 17 2019. 28 2019. 10 2019. 3 2019. 7 2019. 26 2019.

次の

洋菓子のフランセ

ミルフィーユ 発祥

ミルフィーユの意味 ミルフィーユはもともとフランスで生まれたお菓子です。 ミルはフランス語で「千」という意味のmille。 フィーユは「葉」の意味を持つfeuille。 ミルフィーユ(Mille- feuille)で「 千枚の葉っぱ」という意味になります。 葉のようにパイ生地を何層にも重ねてその間にクリームなどを挟んで作られるので、このような名前が付けられたと言われています。 生地を伸ばしては折ってを繰り返して作る フィユタージュと呼ばれる折りパイを3段重ねる形がミルフィーユの基本形です。 このフィユタージュの断面が葉っぱの重なりに見える部分ですね。 ただミルフィーユには他にも様々な製法があり、形も一般的な円形のケーキ状ばかりではありません。 そのままの意味で苺を使ったミルフィーユの種類。 「ミルフィーユ・オー・フレーズ」は国内の洋菓子店などでもそのまま商品名に使っているところも多く見受けられます。 やはり苺のデザートは人気がありますね。 以前コンビニで購入して食べたミルフィーユも「ミルフィーユ・オー・フレーズ」に入りそうです。 ミルクレープとの違い 混同されがちな ミルフィーユとミルクレープとの違いは何でしょう。 ミルクレープとはフランス語で「 千枚のクレープ」を意味します。 何枚ものクレープをクリームと交互に挟んで作られるお菓子のことです。 ミルフィーユはパイ生地を重ねていますからサクサクの歯ざわり。 ミルクレープはしっとりとした食感なので全然違いますね。 また、フランス発祥のミルフィーユと異なり、 ミルクレープは日本で生まれたケーキと言われています。 なので2つの共通点は「千、たくさんの」という意味の「ミル」が名前に使われているだけですね。 余談ですが、昔「ミル・マスカラス」という覆面レスラーが活躍していました。 「千の顔を持つ男」なんて呼ばれていましたね。 フランスじゃなくメキシコ出身のレスラーでしたが。 スイーツ以外のミルフィーユ 今ではミルフィーユという名前がお菓子以外の料理に用いられることも少なくありません。 基本は多重層になっているメニューに付けられることが多いようです。 見た目が派手な割に作るのが簡単で、アレンジもしやすいことから非常に人気のある料理ですね。 チーズやしそ、梅などを挟んだりとバリエーションも豊富な料理。 柔らかい食感が人気の調理法で牛カツなどによく使われます。 ピザチェーン「ドミノ・ピザ」のものが有名ですね。 三層のトリプルミルフィーユという生地も選べます。 カロリーが凄そうです。 まとめ 色々なメニューに派生していますが、もともとは層を重ねたパイ生地で作ったスイーツです。 「ミルフィーユ」という語感がなんとなく柔らかいイメージを持つので、様々な料理に使われやすいんでしょうね。 ミルフィーユをフランス語で正式な発音にすると「 ミルフイユ」になるそうです。 こだわって「フイユ」という表記にしている店もありますね。 とはいえ、ここまでミルフィーユが広まってしまうと今更変えるのも難しいでしょう。 和製外来語だと開き直って、これからもミルフィーユで通していきます。

次の

【絶対喜ばれる!埼玉県の人気お土産12選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

ミルフィーユ 発祥

ミルフィーユの発祥の国へ旅行する場合はその言語を知っておこう ミルフィーユの発祥の国へ一度でも良いから行ってみたいと考えている人はいるのではないかと思われます。 この国も訪れる価値のあるスポットが存在しているので、このことを思うのは無理もないと思われます。 ただ、その国へ行く場合、旅行を楽しみたいというのであれば現地の言語をある程度話せるようにしておくのが大切です。 なぜならば、現地の人々は自らの言語に誇りを持っていて、その言葉で話しかければ良い印象を与えることになるからです。 また店のスタッフに声を掛ける際は、事前に挨拶をしてから要件を言うようにします。 カルチャーショックを受け、落ち込むという現象が起こることがありますが、言語を話せるようにするといったことを心がければ予防できると言えます。 また、言語だけではなくミルフィーユの発祥の国の人々の民族性などをよく知っておくというのも重要です。 もちろん、その国の人々全員が当てはまることではありませんが、最低限の言語を話せるようになって損はありません。 ミルフィーユの発祥の国だけに当てはまる話ではないですが、よその国へ行けばその国の風習やルールに従うのは自明のことだと言えます。 それを頭に入れて行動すればトラブルに巻き込まれなくて済むようになります。 Recommend•

次の