ビーフシチュー レシピ。 ビーフシチューの献立40選!付け合わせの副菜をご飯/パン別に紹介

簡単!本格ビーフシチュー|おいしいレシピ|ハインツ日本株式会社

ビーフシチュー レシピ

1.大量の食べ歩きや取材等で触れた新しい知見や情報を盛り込む。 2.裏付けのある理にかなった調理法で組み立てる。 3.昔ながらのやり方でも意味のある手法は大切にする。 というスタンスでレシピを組み立てるようにしています。 については、これまでの「意味のない手順や素材、調味料は見直す」から思い切ってリニューアル! 最近、目先の新しさを追いかけて、調理を「正解」「不正解」で切って捨ててしまうレシピが増えているからです。 調理法をアップデートするのは当たり前。 しかし長く愛されてきた昔ながらの手法でも残すべきは残し、上書きすべきは上書きする。 というわけで、今回から3. は上書きしてみました。 春も間近ですが、まだまだ寒の戻りもある季節。 今こそ、すべてのうまみを凝縮した男の煮込み料理、ビーフシチューをきっちり押さえておきましょう。 「すべてのうまみ」というのは大げさな話ではありません。 ビーフシチューの代表的な素材は、玉ねぎ、にんじん、セロリ、マッシュルーム、牛すね肉などうまみを生むものばかり。 グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸という、それぞれのうまみが相乗効果で数十倍になる成分が含まれているのです。 さらに玉ねぎ、にんじん、セロリなどの野菜や牛すね肉は、炒めたり焼き目をつけることで、メイラード反応という"おいしくなる"反応を起こします。 この反応は小麦粉などの他の素材にも起きるので、すべての材料に一定の焼き目をつけることで、うまみが加速度的に増していくのです。 さて本日のお肉。 すでに紹介していますが、 牛すね肉です。 実は牛すね肉自体、非常にうまみの濃い部位です。 牛肉は運動する部位ほど赤身の味が強くなりやすい。 おまけにすね肉にはコラーゲンもたくさん含まれています。 コラーゲンは加熱されると、おいしさを補強するゼラチン質になるのでこのシチューは本当にうまみ最強と考えていいでしょう。 焼き目をつけた肉の方はシチューソースまで含めて味もギュッと濃縮されたうまみがありましたが、焼き目なしにそのまま煮込んだ煮汁は、平板というか味気ないものに。 プロならばドミグラスソースに10日間かけるなど、味を乗せる方法もありますが、家庭でそんな時間はかけていられません。 特にビーフシチューのような料理では、乗せられる味は逐一乗せていきましょう。 もちろん野菜もです。 まず玉ねぎをしっかり炒めるのは大前提。 よく「あめ色になるまで」と言われますが、メイラード反応で、茶色にてらてらと色づいた玉ねぎの風味は甘く香り立ちます。 味わいも濃縮されますし、含まれる糖分がカラメル化することで味はさらに深みを増します。 このタイミングで、コクを加えるにんにくや香りをプラスするセロリも一緒に炒めましょう。 玉ねぎの炒めが中盤に差し掛かったら、にんじんの投入です。 にんじんも炒めると香ばしい香りと深い味わいを付与してくれます。 そして炒めることで表面がメイラード反応を起こし、独特の香りと甘みが引き出されます。 マッシュルームなどきのこ類の入れるタイミングは少し後。 また今回のレシピでは、煮崩れたときにざらりとした食感になるじゃがいもは入れません。 お好みの方は煮込み過程の後半で入れ、柔らかくなるまで煮たらいったん冷まし、温めてお召し上がりください。 煮込み料理は冷めるときに味がしみていきます。 数年前、オリンパスの主催する自然科学観察コンクールで愛知県の中学生が「冷めるとき味がしみこむのはなぜか?」というテーマで特別賞を受賞しました。 中学生だからといって侮ってはいけません。 食材に味を入れるなら人肌くらいまでいったん冷ましましょう。 最後のポイントはブラウンソース。 ビーフシチューはあの濃厚な色があってこそ、味わいに深みが出ます。 バターと小麦粉をしっかりチョコレート色になるまで炒めましょう。

次の

ビーフシチューは炒めが9割。すね肉の極上ビーフシチューのレシピ【ほぼ牛一頭まるごと食べつくしクッキング】

ビーフシチュー レシピ

作り方• 玉ねぎはくし形切り、じゃがいもは大きめの一口大に切り、にんじんは乱切りにします。 ブロッコリーは小房にわけ、牛肉は一口大に切り、分量の塩、こしょうを振り軽く揉み込みます。 鍋にバターを熱し、牛肉に焼き色がつくまで強火で焼きます。 玉ねぎ、にんじんを加え、玉ねぎがしんなりするまで中火で炒めます。 赤ワイン、水を加え沸騰したらアクをとり、フタをして弱火で1時間30分ほど煮込みます。 じゃがいも、デミグラスソース、トマトケチャップを加え、フタはしないで弱火で20分ほど時々かき混ぜながら、じゃがいもがやわらかくなるまで煮込みます。 皿に6を盛り、ブロッコリーをトッピングして完成です。 料理のコツ・ポイント 牛肉をバターで焼くことでソースにコクが出てより美味しくなります。 2缶で作る場合は、水の量を400〜450mlにしてください。 煮詰まった際は、水を加えて調整してください。 圧力鍋で作る際は手順4の煮込みを加圧してから15分ほど煮込んでください。

次の

ビーフシチュー レシピ 上柿元 勝さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

ビーフシチュー レシピ

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム• 作り方• 1 牛スネ肉は塩、こしょうをして下味をつける。 にんじんは皮をむいて1cm幅の輪切り、太い部分はさらに十字に4等分にする。 じゃがいもは皮をむき、新芽を除いて半分に切る。 マッシュルームは軸を除く。 2 フライパンにオリーブ油とつぶしたにんにくを入れて加熱し、香りがたったら牛スネ肉を加えて両面を焼きつける。 3 鍋に水、[2]の牛肉、ローリエを入れてふたをして25分中火で加熱する。 赤ワイン、じゃがいも、にんじんを加えて中弱火で20分ふたをして加熱する。 4 ブラウンソースを作る。 フライパンにバターを溶かし、薄力粉を加えて混ぜ、弱火で茶色くなるまで炒める。 5 [3]にマッシュルーム、[4]のブラウンソース、ケチャップ、中濃ソースを加えてふたをして中弱火で8分加熱する。 器に盛り、好みで生クリームをかけていただく。

次の