ヤマハ 発動 機。 レンタルボートはマリンクラブ・シースタイル

ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ 発動 機

概要 [ ] 前身のヤマハ発動機磐田工場サッカー同好会が発足したのは。 一般的にはサッカー部となった1972年が創立年とされている。 1974年に当時日本リーグ1部のでプレーしていた元のを監督兼選手として迎え本格的な強化が始まる。 荒田忠典(株式会社ヤマハフットボールクラブ元社長)を中心に環境整備や静岡県内の有望な高卒選手の補強を進めた。 杉山に率いられた同サッカー部は着実に力を付け、1978年には自前の(現:ヤマハスタジアム)が開設。 1979年に(JSL)1部へ初昇格した。 1982年にオランダ人のをコーチに迎えで優勝。 1987年にはブラジルのからとが加入。 、ら日本代表選手を擁した堅守とコンビの攻撃で同シーズンにJSL初優勝を成し遂げた。 その後はタイトル獲得は成らなかったものの、やに継ぐ3番手のクラブとして1980年代中盤から1990年代初頭のJSLを盛り上げる存在であった。 また隣接するを本拠地としたとはライバル関係にあり、その一戦は「天竜川ダービー」、「天竜川決戦」と呼ばれリーグ屈指の好カードとなった。 1990年のプロリーグ参加へのヒアリング調査の際には名乗りを挙げ、最終選考まで残ったが、スタジアムの問題だけは解決できず、に新スタジアムを建設する案やを改修する案は自治体の合意を得られず断念。 また、から遠く離れたのを使用する案も認められず、またとの統合案も検討されたが、結局は初年度のJリーグ参加は見送られることになった。 スタジアムはヤマハ磐田サッカー場を改築してJリーグ規格にすることで対応することになった。 1992年にへ参加し優勝。 同年に運営会社の株式会社ヤマハフットボールクラブが設立。 1993年にはJFL2位となり昇格決定。 名称も「ジュビロ磐田」と改称して、1994年にJリーグに参加することとなった。 略歴 [ ]• 前身のヤマハ発動機磐田工場サッカー同好会発足• ヤマハ発動機サッカー部創部• 1部優勝• (JSL)2部昇格• JSL1部昇格• JSL2部降格• JSL1部昇格 成績 [ ] 年度 所属 順位 勝点 勝 分 敗 得点 失点 監督 1974 静岡県2部 優勝 17 8 1 0 38 3 杉山隆一 1975 静岡県1部 優勝 29 14 1 0 61 3 1976 優勝 30 14 2 0? 東海 優勝 23 11 1 1 43 6 優勝 26 13 0 0 60 4 JSL2部 2位 47 10 2PK勝 3PK敗 3 33 19 JSL1部 9位 13 5 3 10 28 39 10位 10 2 6 10 11 28 JSL2部 優勝 29 12 5 1 35 11 JSL1部 4位 19 7 5 6 25 20 3位 24 10 4 4 28 16 6位 23 9 5 8 20 21 10位 17 3 11 8 11 22 優勝 34 12 10 0 27 10 小長谷喜久男 3位 39 12 3 7 31 21 5位 34 9 7 6 23 19 8位 25 6 7 9 21 22 3位 36 11 3 8 30 31 長澤和明 JFL1部 優勝 44 13 5 0 37 6 2位 - 14(2延長 3PK) - 4(0延長 0PK) 31 15 タイトル [ ] リーグ戦 [ ]• 優勝(1回):• 日本サッカーリーグ2部• 優勝(1回):• 優勝(1回):• 優勝(2回):第12回(1977年)、第13回(1978年)• 優勝(2回):1975年、1976年• 静岡県社会人サッカーリーグ2部• 優勝(1回):1974年 カップ戦他 [ ]• 優勝(1回):(1982年)• 優勝(2回):第1回(1977年)、第2回(1978年) 歴代監督 [ ]• 1972-1973• 1974-1987• 1987-1991• 1991-1993 ヤマハ発動機サッカー部に所属していた主な選手 [ ].

次の

ヤマハ発動機サッカー部

ヤマハ 発動 機

ヤマハ発動機子会社のヤマハモーターロボティクスホールディングス(YMRH)は2019年8月7日、東京都内で会見を開き、2019年4〜6月期の業績とともに、2019年7月〜2021年末まで2年半の中期経営計画を発表した。 2020年上期までに生産拠点再編を行うとともに、調達の一本化や商品力の向上、クロスセルの拡大を進めて、足元で営業赤字に陥っている業績を、2021年に売上高351億円、営業利益21億9000万円のV字回復を目指す。 YMRHは、2019年2月にヤマハ発動機が事業統合を発表した、ボンディング装置大手の新川とモールディング装置大手のアピックヤマダを傘下に置く持ち株会社である。 ヤマハ発動機の表面実装機と産業用ロボットの事業、新川のボンディング装置、アピックヤマダのモールディング装置という、各社の有力な技術を統合し、半導体後工程におけるターンキープロバイダーとして顧客の期待を超えるトータルソリューションを提供することを目的としている。 YMRHの設立は2019年7月1日で、同年7月末にアピックヤマダが傘下に加わることで事業統合が完了した。 YMRHは半導体後工程のトータルソリューションプロバイダーを目指している(クリックで拡大) 出典:YMRH YMRHの2019年4〜6月期業績は、アピックヤマダが加わる前ということで、新川単独の業績と連動している。 売上高は前年同期比5. 2%増の19億6200万円、営業損失は同3億3000万円悪化の11億7900万円、経常損失は同2億9700万円悪化の11億8700万円、当期純利益は同2億9100万円悪化の12億3000万円。 ヤマハ発動機による事業統合前に決定していた、パイオニアFAの子会社化で売上高は増加したものの、半導体業界の設備投資抑制が想定を上回り「新川単体では減収減益。 販売価格の低下もあり、極めて厳しい業績だ。 2019年下期に構造改革を断行し、速やかな業績改善を目指す」(YMRH 社長の石岡修氏)という。

次の

ヤマハ発動機、最終赤字28億円…コロナ禍で二輪車販売減少 2020年1

ヤマハ 発動 機

概要 [ ] 前身のヤマハ発動機磐田工場サッカー同好会が発足したのは。 一般的にはサッカー部となった1972年が創立年とされている。 1974年に当時日本リーグ1部のでプレーしていた元のを監督兼選手として迎え本格的な強化が始まる。 荒田忠典(株式会社ヤマハフットボールクラブ元社長)を中心に環境整備や静岡県内の有望な高卒選手の補強を進めた。 杉山に率いられた同サッカー部は着実に力を付け、1978年には自前の(現:ヤマハスタジアム)が開設。 1979年に(JSL)1部へ初昇格した。 1982年にオランダ人のをコーチに迎えで優勝。 1987年にはブラジルのからとが加入。 、ら日本代表選手を擁した堅守とコンビの攻撃で同シーズンにJSL初優勝を成し遂げた。 その後はタイトル獲得は成らなかったものの、やに継ぐ3番手のクラブとして1980年代中盤から1990年代初頭のJSLを盛り上げる存在であった。 また隣接するを本拠地としたとはライバル関係にあり、その一戦は「天竜川ダービー」、「天竜川決戦」と呼ばれリーグ屈指の好カードとなった。 1990年のプロリーグ参加へのヒアリング調査の際には名乗りを挙げ、最終選考まで残ったが、スタジアムの問題だけは解決できず、に新スタジアムを建設する案やを改修する案は自治体の合意を得られず断念。 また、から遠く離れたのを使用する案も認められず、またとの統合案も検討されたが、結局は初年度のJリーグ参加は見送られることになった。 スタジアムはヤマハ磐田サッカー場を改築してJリーグ規格にすることで対応することになった。 1992年にへ参加し優勝。 同年に運営会社の株式会社ヤマハフットボールクラブが設立。 1993年にはJFL2位となり昇格決定。 名称も「ジュビロ磐田」と改称して、1994年にJリーグに参加することとなった。 略歴 [ ]• 前身のヤマハ発動機磐田工場サッカー同好会発足• ヤマハ発動機サッカー部創部• 1部優勝• (JSL)2部昇格• JSL1部昇格• JSL2部降格• JSL1部昇格 成績 [ ] 年度 所属 順位 勝点 勝 分 敗 得点 失点 監督 1974 静岡県2部 優勝 17 8 1 0 38 3 杉山隆一 1975 静岡県1部 優勝 29 14 1 0 61 3 1976 優勝 30 14 2 0? 東海 優勝 23 11 1 1 43 6 優勝 26 13 0 0 60 4 JSL2部 2位 47 10 2PK勝 3PK敗 3 33 19 JSL1部 9位 13 5 3 10 28 39 10位 10 2 6 10 11 28 JSL2部 優勝 29 12 5 1 35 11 JSL1部 4位 19 7 5 6 25 20 3位 24 10 4 4 28 16 6位 23 9 5 8 20 21 10位 17 3 11 8 11 22 優勝 34 12 10 0 27 10 小長谷喜久男 3位 39 12 3 7 31 21 5位 34 9 7 6 23 19 8位 25 6 7 9 21 22 3位 36 11 3 8 30 31 長澤和明 JFL1部 優勝 44 13 5 0 37 6 2位 - 14(2延長 3PK) - 4(0延長 0PK) 31 15 タイトル [ ] リーグ戦 [ ]• 優勝(1回):• 日本サッカーリーグ2部• 優勝(1回):• 優勝(1回):• 優勝(2回):第12回(1977年)、第13回(1978年)• 優勝(2回):1975年、1976年• 静岡県社会人サッカーリーグ2部• 優勝(1回):1974年 カップ戦他 [ ]• 優勝(1回):(1982年)• 優勝(2回):第1回(1977年)、第2回(1978年) 歴代監督 [ ]• 1972-1973• 1974-1987• 1987-1991• 1991-1993 ヤマハ発動機サッカー部に所属していた主な選手 [ ].

次の