自由な バイト。 【バイトル】でバイト選び!アルバイト・パートの求人・仕事探しならバイトル

金髪モヒカンあたりまえ!?『髪型自由』なバイト特集|スタンバイ

自由な バイト

時給1,100円~• 時給1,050円~• 時給1,050円~• 時給1,050円~• 時給1,600円~• 時給1,470円~• 時給1,200円~• 時給1,050円~• 時給1,360円~• 時給970円~•

次の

自由シフトで融通の利くバイトおすすめランキング7選

自由な バイト

コンビニバイトの服装は自由なの? コンビニバイトの服装について紹介します。 コンビニバイトでは制服が支給されますから、上着はそれを着れば大丈夫です。 でも、制服の下には何を着ればいいのか? また、ズボン(パンツ)や靴は何を履けばいいのか? 時計やネックス、ピアスや指輪は付けていいのか? そんな疑問にお答えしていきますね。 コンビニバイトの服装は自由です コンビニバイトの服装は基本的には自由です。 「働きやすい、又は、動きやすい」服装であれば基本的に自由なのです。 コンビニバイト服装、上着 コンビニバイトの服装で、上着に関してはご存知でしょうが 「制服」があります。 なので、それを羽織れば良いだけです。 上着の下は? 上着の下、又は中とも言いますが、これも 基本的に自由です。 Tシャツ、ヒートテック、長袖Tシャツ、Yシャツなどで皆さん働いています。 2年位前まではファミマだけYシャツにネクタイという規定がありました(夏以外)。 でも今では、セブンやローソン、デイリーヤマザキと同じで規定はありません。 コンビニバイトの服装、ズボン(パンツ) コンビニバイトの服装で、 ズボン(パンツ)に関しても基本的に自由です。 チノパン、ジーンズ、スキニーパンツなどで働いています。 でも、ジャージや短パンはNGです。 なぜなら、お客様目線では、綺麗に見えないからです。 また、スカートを履いている方も見かけませんよね? なぜなら、品出し廃棄業務でかがむことがありますから、パンチラの原因になってしまうからです。 ローカルルールがある店 お店によっては店長やオーナー独自のローカルルールが制定されている場合があります。 ズボン(パンツ)は黒だけ、とか、ベージュのチノパンだけ、とかです。 なので、バイトをする前に事前に確認しておきましょう。 コンビニバイトの服装、靴 コンビニバイトの服装で、 靴に関しても基本的に自由です。 ほとんどの方が、 スニーカーで働いています。 なぜなら、一番疲れないし動きやすいからです。 革靴を履いている方もいますが、足が蒸れて大変ですから、おすすめはしません。 ただし、サンダルやクロックスはダメな場合があります。 これまた、お客様目線で見ると綺麗には見えませんからね。 またもやローカルルールがある ただし、これまたローカルルールが制定されているお店もあります。 靴は何でもいいが黒に統一、とか、スニーカーだけOK、とかです。 なので、働く前に店長に聞いておきましょう。 時計やネックス、ピアスは? 時計やネックス、ピアスや指輪は原則自由ではありません。 ただし、これもローカルルールがありますから、店長に確認して下さい。 詳しくはこちらの記事>> まとめ コンビニバイトの服装は、基本的に自由です。 ただし、動きやすくて働きやすい服装が原則です。 奇抜なズボン(パンツ)や靴はNGです。 お客様目線(全ての年代)で見た時に、綺麗ではない、清潔感のない服装以外なら何でもOKです。 どちらのエピソードも、「あるある!」とは思えない衝撃的な内容になっています。 まさかのTシャツにネクタイ。。。 私は、以前オフィス街にあるファミマでバイトしていましたが、そこを辞めて他のファミマで働く事になりました。 新しく働く事になったファミマは直営店で、夏もポロシャツではなくかっちりとした制服でした。 その制服は首元が見えるのでYシャツにネクタイをしなくてはいけません。 面接では、何も言われなかったので私はてっきりポロシャツで働くんだろうな、と思い込み、Tシャツとジーンズで出勤。 仕事用のベージュのチノパンを持って行きました。 すると、サブマネージャーO氏が「あれ、Yシャツは?」と言ってきたので、 「聞いてないよ~」とダチョウ倶楽部なみのツッコミを入れましたが、 「ネクタイを締めないといけないので、これを着けて下さい。 」 と言って渡されたのが、簡易式ネクタイです。 ホックで留めるあれです。 私はTシャツにネクタイというわけのわからない格好でレジに立たされました。。。 もちろん、制服を上に着ているので全部が見える訳ではありませんが、 「こいつバ〇じゃねの?」と思いましたね。 そんな変な格好は、お客様目線で考えると余計におかしいですよね? そいつもバ〇なんですが、面接をした店長も説明不足です。 ただ、私がポロシャツで働いていたことは知らなかったのでしょう。 当然Yシャツとネクタイを持って来ると思ったのでしょうね。 それにしても、店としてTシャツにネクタイをさせるほど、ネクタイにこだわっているなら、確認はした方がいいですよね? なので、あなたがコンビニバイトを始める時は、店長に服装の事を確認してから仕事を始めた方が良いと思います。 ワイドパンツを履き替えさせられる このエピソードは、私ではなく一緒に働いていた女子大生Sさんの体験談です。 ある日、私と女子大生Sさんは夕勤で入っていました。 私が16時から、Sさんは17時からです。 私がレジに立っているとSさんが、今流行りの袴みたいなワイドパンツを履いて出勤して来ました。 と、思ったらいきなり店を出てどこかへ消えていきました。。。 気になったので、サブマネージャーのO氏に尋ねました。 「Sさんどうしたんですか?」 すると、O氏が、 「制服のズボンを忘れてワイドパンツしか持ってないので取りに帰ってもらいました。 」 おまえバ〇かっ!? と、私は心の中で叫びました。 そんなもんSさんをレジに入れとけば見えないだろうが?人いないのに、店はどうすんだよ!? 案の定、Sさんが戻ってきたのは3時間後の20時。 その間私一人でレジ業務。 O氏は事務所で発注をやりながらスマホゲーム。。。 いや、スマホゲームをやりながらの発注だな(笑) その日、Sさんは22時までのシフトだったので2時間だけ働いて帰りました。 じつは、これには後日談がありまして。 なぜ、O氏はSさんにズボンを取りに帰らせたかというと、自分の抜き打ち査定があったからです。 抜き打ち検査とは、彼はコンビニオーナーになるために店で実務をこなしながら研修を重ね、検査に合格するとオーナーになれます。 最終的には試験を受けるのですが、地獄のコンビニオーナーになろうというありがたい人を本部は滅多な事では不合格にはしません。 でも、世間知らずのO氏は、バイトのズボンが変だという事が抜き打ち検査員にバレるのを恐れたのです。 本当にバ〇ですよね(笑) そんな事より、店が回っていないのに裏で発注しているふりをして、スマホゲームをやっているほうが、よっぽどヤバイと思いますが。。。 コンビニのアルバイトや社員には変な人が沢山いますよね。 誤解を招くといけないので言っておきますが、真面目に一生懸命やっている人の方が多いですよ。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の

時給が高くて自由時間が長いバイトがしたい・・・ならバイトはするな!

自由な バイト

目次 [非表示] [表示]• 服装自由のバイトとは 制服を着て働くバイトと、私服のまま働くバイトがあります。 接客業では、コンビニ、塾講師、個人経営の飲食店、アパレル店員などは私服で働くことが多いです。 接客業以外だと、工場の軽作業、イベント設営、郵便局の仕分けなどは私服のまま働くことが多いです。 どこまで自由なのかはバイト先によって異なります。 どんな格好でもOKな場合もあれば、髪は染めてはいけないとか、アクセサリーは時計のみという場合もあります。 大まかなルールは決められているものの、「こんな格好をしてください」と言われることが少ないため、どんな服装でバイトに行けば良いか悩むでしょう。 服装自由と言っても何でも良いわけではないので、注意しましょう。 服装自由のメリット 服装自由なバイトのメリットは「 お金がかからない」ということです。 服装指定があればそれを揃えるためにお金が必要です。 お金が欲しくてバイトを始めるのに、何かと費用がかかるのは嫌ですよね。 その点、服装自由のバイトであれば、自分が普段着ている服装をすれば良いので、基本的にお金はかかりません。 また、服装自由であれば着替える時間も必要ありません。 通勤時の服装のまま働くことができます。 遅刻する可能性も減るでしょう。 自分の好きな服装で働けるとテンションが上がるし、やる気にもなります。 センスの良い服装をしていれば、バイトで注目を浴びること間違いなしです。 服装自由なバイトは気軽に働けるため、求人で「服装自由」とアピールしているバイト先も多いです。 服装自由のデメリット 一方、服装自由のバイトにはデメリットもあります。 それは「 服の選択が難しい」ということです。 白いワイシャツのみとか、革靴を履くなどある程度指定があれば別ですが、自由だと毎回どういう服装をすれば良いか悩みます。 いつも同じ服を着るわけにはいかないし、変な格好をしてバイト仲間にダサいと思われるのは嫌です。 かといって、バイトをするための服を買うのはもったいないです。 いくらお金があっても足りなくなります。 お気に入りの服を着て行っても汚れる可能性があるし、 毎日となれば選ぶのも大変です。 そのため、服装自由と言われても、逆に困るという人も多いのではないでしょうか。 服装自由でも何でも良いわけではない 服装自由とアピールされているバイトでも、何でも良いわけではありません。 バイト先の TPO(時と所と場所)に応じた服装が求められます。 接客バイトはお客さんから見てふさわしいと思う格好をしなければいけません。 大きなアクセサリーを付けていたり、短いスカートを履いたりしていると、「チャラチャラしている」と思われ、避けられる可能性があります。 また、肌の露出が多い服やダメージジーンズのような汚れた服を着るのも良い印象を与えません。 不必要なアクセサリーは避け、できるだけ 清潔感を感じさせられるような服装を心がけましょう。 接客以外のバイトなら服装はさらに緩くなりますが、作業をするのにふさわしくない格好はNGです。 品を傷つけてしまわないようにアクセサリーは控え目にして、動きやすい服装にしましょう。 人目に触れないからといって、 ラフすぎる格好も考えものです。 ノースリーブではなく袖のある服にしたり、サンダルではなく靴を履くなどしましょう。 このように服装自由といっても文字通り受けると大失敗する可能性があります。 バイトの種類に応じた服装ができるように考えていきましょう。 接客バイトにおすすめの服装とは 接客が必要なバイトでは、お客さんの目を気にした服装をしなければいけません。 明るい色や派手に見える服装は控え、できるだけ 清潔感を感じさせる服装を心がけましょう。 例えばトップスは白(または淡いブルー)の襟付きシャツがおすすめです。 白いシャツは清潔感を感じさせるので、男女ともにおすすめです。 ボトムスはジーンズやストレートパンツ、女性ならロングスカートでも構いません。 色は黒、茶、紺などが無難です。 コンビニ店員の場合、上にはおるユニフォームがあり、中に着る服とズボンが自由です。 中に着る服は見えることがないので何を着てもOKですが、パーカーなどフード付きで厚みのあるものだとごわついてしまいます。 見栄えが悪く、動きにくくなるため、薄手のTシャツなどシンプルなものにしておいた方が良いでしょう。 また、掃除や品出しで汚れてしまうことがあります。 白い服だと汚れが目立つ可能性があるため、作業によって暗めの色にしましょう。 アクセサリー類は付けない方が無難です。 ピアスやネックレスをしていると、「チャラチャラしている」と不快感を持つお客さんもいます。 靴はスニーカーだと動きやすいです。 女性ならパンプスでも良い場合もありますが、動きやすさを重視して、スニーカーの方が良いでしょう。 少しオシャレにこだわりたいなら、靴屋さんに売っているブランドもののスニーカーだとテンションが上がること間違いなしです。 靴元は案外見られていますので、ボロボロな靴は止めておきましょう。 接客以外のバイトでおすすめの服装とは 接客が必要ではないバイトの場合、お客さんの目を気にしなくても良いので、自由度は高まります。 例えば工場や荷物の仕分けをするバイトは、服装をうるさく言われません。 髪型やアクセサリーも自由な場合が多いです。 ただし、あまりにも個性的な格好だと動きづらいかもしれません。 髪が長い人は結んだ方が良いし、ピアスも小ぶりな方が良いでしょう。 重たいものを持ったり危険な作業をする時は、 露出が少ない服にしておいた方が安全です。 半袖ではなく、長袖を着ましょう。 作業場所や作業内容によっては、温度が極端に高かったり低かったりすることもあります。 どのような環境で働くのか事前にチェックして服装選びをするようにしましょう。 作業しやすい服装だと、Tシャツやカットソー(冬ならスウェットなど)にジーンズやストレッチパンツが無難です。 もし、地味に感じる時は部分・部分でこだわりましょう。 女性なら、髪をポニーテールにすると、すっきり可愛く見せられます。 トップスを少し大きめにして、ボトムスはスキニーなど細身のパンツにすると、イマドキでオシャレです。 アパレルバイトは先輩の服装を参考にする 服装自由なバイトの中でもアパレルは特に難易度が高いです。 アパレル店員はお店の顔であるため、ダサい格好はできません。 お店の雰囲気やターゲットとする年代に合わせた服装が求められるでしょう。 とはいえ、どんな服装にすれば良いか悩みますよね。 お金があればお店に飾っている服をマネキン買いしても良いですが、毎日のことになると大変です。 そんな時は 先輩の服装を参考にしましょう。 先輩はこれまでバイト先に勤務していたわけですから、どんな服装をすれば良いかポイントを理解しています。 先輩に直接「どんな服を着れば良いですか?」とか、「いつも可愛い服を着ていますが、どこで買ったのですか?」と聞けば、教えてくれるでしょう。 ただし、先輩の真似をするのではなく、 少し外すのがポイントです。 服装が被ってしまうと先輩に迷惑をかけてしいまいます。 先輩がピンクや黄色の服を着てくる時が多い場合、オレンジや赤系など少し色味が違う服を選びましょう。 白系の服はどんなシーンでも清潔感がある一方、被りやすくなります。 トップスは白でもボトムスは黒など、上下で変化をつけると無難にまとまります。 アパレルバイトは個性的な服装をすると目立ちますが、あくまで主役はお客さんです。 お客さんを引き立てるためにも、派手すぎない服装を心がけましょう。 高校生なら学生服でもOK 高校生であれば学校の行き帰りは学生服になります。 学校が終わってから学生服のままバイト先に行き、そのまま働くということもあるでしょう。 学生服であれば校則の関係から無難な見た目であるはずです。 接客バイトでもお客さんから非難されることはないでしょう。 学生服でバイトをする場合、汚れには気をつけてください。 汚れやすい仕事をすると、明くる日の学校に着ていく服がなくなります。 上着は脱いでシャツやブラウスで働くとか、女性ならスカートからズボンに履き替えるなどして、できるだけ学校に影響が出ないようにしましょう。 学生服の 着方にも注意しましょう。 シャツがズボンから出ていたり、スカートが短すぎると不格好に見えます。 学校で流行っている着こなしがあったとしても、バイト先では違います。 学生服でバイトに行く際は、一旦服装を整えてから出勤しましょう。 まとめ 服装自由のバイトについて、どのような身だしなみをすれば良いかご紹介しました。 服装自由であっても、なんでも良いわけではないため、清潔感を重視して他人に不快な思いをさせない身だしなみを心がけましょう。 どんなバイトでも清潔感を意識した方が良いね 接客バイトなら襟付きシャツやストレートパンツなどシンプルな服装にすると無難です。 お店のイメージを壊さないように、派手な服装は避けましょう。 接客ではないバイトなら、動きやすさを重視して、Tシャツやジーンズなど作業のじゃまにならない服装を選びましょう。 オシャレをしたい気持ちもわかりますが、「仕事をしに行っている」ということを忘れないようにしましょう。 清潔感を意識していれば、極端に奇抜な服やボロボロの服でない限り、仕事中にダサいと思われることはありません。 服装自由と言ってもある程度そのバイトに相応しい格好は決まっています。 お気に入りの格好を見つけて、気持ちよく働けるといいですね。 今回のポイント.

次の