デス スト ランディング エルダー。 血尿立ちションをBT達に掛けるとどうなるか試してみました【デス・ストランディング】

【デススト】メモリーチップ入手場所一覧【デスストランディング】|ゲームエイト

デス スト ランディング エルダー

UCA加盟施設の確認方法 UCAに加盟している施設とブリッジズ契約止まりの施設はマップ画面を開いてR3を押し込むことで確認出来ます。 メール進行が条件のようなので、UCA加盟目的であれば対応する施設の依頼or落とし物を届けた後に毎回プライベート・ルームで休んでメールが届くか確認しておくと効率良く加盟出来ると思います。 全ての施設をUCAに加盟させると トロフィー「信頼された配達人」を獲得出来ます。 メモ書き程度ですが、依頼発生場所と私が加盟させた時の流れも書いておきます。 エルダー 依頼 発生場所 依頼No. 448「高たんぱくの食用植物を届けろ」 K4南配送センター 依頼No. 449「盆栽育成用の特製有機肥料を届けろ」 K4南配送センター 依頼No. 190「ミュールに盗まれた細胞活性薬の錠剤を取り戻せ」 エルダー 上記3つの依頼を達成した時にUCAに加盟 コスプレイヤー 依頼 発生場所 依頼No. 262「[壊れもの]カイラル塗料調合用の特殊溶剤を運べ」 カイラル・アーティスト工房 依頼No. 508「メイクを劇的に肌になじませる高品質美容品を運べ」 サウス・ノットシティ 依頼を1つ達成した時点でUCAに加盟 映画監督 依頼 発生場所 依頼No. 379「配送中に川で流された巨大なゴリラのフィギュアを見つけ出せ」 映画監督 依頼No. 380「毒ガス地帯で紛失した年代物の怪獣フィギュアを回収せよ」 映画監督 依頼No. 244「[壊れもの]20世紀の記録映像を収めた古い記録触媒を届けろ」 ジャンク屋 上記の依頼を上から順番に達成すると「あんたはほんとに一人しかいないのか?」のメールが届いて、その後に依頼達成or落とし物を届けるとUCAに加盟します。 全ての施設の場所と私が加盟させた時の流れを別記事にまとめているので詳細はリンク先を参考にして下さい。 関連記事はコチラ 以上、『デス・ストランディング』の本編で加盟しない施設まとめについてでした。

次の

GOTY2019受賞数レース、デスストランディングがSEKIROに二倍差をつけて独走中

デス スト ランディング エルダー

日本が世界に誇るゲームデザイナー小島秀夫監督による待望の新作『デス・ストランディング』が2019年11月8日にいよいよPS4用で発売されます。 デス・ストランディングは小島監督がコナミを退社・独立してからの初めての作品であり、4年ぶりの新作ということで世界的に注目されているんですよね。 【追記】 私も購入し、現在25時間ほどプレイしてようやくストーリー終盤といったところです。 詳しいレビューは後日投稿しますが、個人的には 今年のゲームTOP3に入る神ゲーですね。 ゲーム前半は(レッドデッドリデンプション2)に近い感覚でのんびり世界観に浸りながらミッションを進め、 後半からは色々とメタルギアっぽくなります 笑 好みは分かれる作品ですが、個人的にはかなりオススメです。 デス・ストランディングが世界的に注目されている理由 まず、デス・ストランディングがこれだけ注目されている理由について説明します。 メタルギアシリーズの小島秀夫監督による待望の新作 これだけ注目されているのはシンプルに小島秀夫監督の新作だからです 笑 小島監督の代表作メタルギアシリーズは世界的人気を誇るので、注目されないわけが無いんですよね。 私も初代プレステのメタルギア・ソリッドからプレイしていますが、やはり無条件に小島作品の新作を期待してしまうんですよね。 あとで詳しく書きますが、デス・ストランディングでは 『歩行』そのものを再定義しているんですよね。 本来、ゲームにおける歩行はとても退屈なものですが、デス・ストランディングでは ただの歩行ですら楽しめるようにデザインされているんです。 また、 ソーシャル・ストランド・システムと呼ばれる新たな取り組みも導入しています。 これについても後述します。 小島監督が作り出すイノベーションに世界中が期待しているのです。 主役にウォーキング・デッドでお馴染みノーマン・リーダスを起用 主役には 超人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』でお馴染みノーマン・リーダスを起用しています。 独立後、初の作品で超大物俳優を起用するとか凄すぎですよね!でも実は小島監督がノーマンを起用するのは初めてではないんです。 2014年にPS4で配信された幻のホラーゲーム『P. 』にもノーマンは出演しているんですよね。 幻と言われる理由は、早々と配信が終了してしまった事もありますが、この本編とも言える作品『Silent Hills』の発売が中止になってしまったからなんですよね(小島監督とコナミの間にいざこざがあり…)。 そして2回目の起用となったデス・ストランディングではノーマンがゲーム内で様々な演技をするわけですが、アドリブで小ネタを色々と仕込んでいるようなんです。 1日あたりわずか30円程度で5,0000本の動画が見放題なのでコスパ最強です。 も利用できるので気になる方はまずは登録してみると良いかと思います。 メタルギアシリーズを彷彿とさせる演出・声優陣 デス・ストランディング日本語版のプロモーション映像を見ると分かりますが、メタルギア・ソリッドの主役である スネークの声優を務める大塚明夫さんが今回も起用されているんですよね。 私の中では『小島作品=大塚明夫さん』というイメージなので、このキャスティングはかなり嬉しいですね。 また、映像的な演出にはメタルギア・ソリッドで培ったノウハウが生かされているように感じました。 メタルギアとは全く違う世界なのにどことなくメタルギアを感じてしまう、それだけ小島監督の色が強く反映されているという事なんだと思います。 Horizon Zero Dawnのゲリラゲームズと共同開発 個人的には技術的な面でも期待が大きいです。 デス・ストランディングは名作『』のゲリラゲームスと共同開発なんですよね。 正確には Horizon Zero Dawn で使ったゲームエンジンを独自にチューニングし提供してもらっているという感じです。 元々は小島監督がゲームエンジンの提供をお願いしただけだったらしいんですが、ゲリラゲームスの方が「ぜひ、一緒に作りましょう!」と協力を申し出たそうなんですよね。 それだけ、ゲームファンに限らずゲーム業界までもが小島監督に期待しているという事なんだと思います。 この世界には『時雨(タイムフォール)』と呼ばれる生物の寿命を急激に進めてしまう雨が降るため、地上で生物が生き続けることは出来ません。 なので人々は地下で生活をしています。 これに抵抗出来るのは『死から帰還できる能力』を持つ主人公のサムのみ。 必然的にサムが運び屋となりその役割を果たすことになります。 バラバラに分断された都市と人々を再び繋ぎ合わせた先に何が待っているのか? そもそも、デス・ストランディングとは何なのか? 小島監督のことですから、我々が予想もしない展開が期待できるのではないかと思います。 デス・ストランディングのゲーム性 続いてデス・ストランディングのゲーム性について説明していきます。 ゲームにおける『歩行』の再定義。 奥が深すぎる『荷物運び』 先ほど簡単に触れましたが、デス・ストランディングでは『歩行』を再定義しています。 ゲーム開始時は都市は分断された状態なので道路は整備されていません。 なので、草木に覆われた 荒れた地を歩いて物資を運ばないといけないんですよね。 また、効率的に物資を運ぶ為に、なるべく多くの荷物を背負って歩く必要があります。 面白いのが 背負う荷物の積み方はプレイヤーが自由に決められて、 積み方によって歩きやすさが変わってくるんです。 プレイヤーは荷物を落とさないようにLボタン・Rボタンを使って バランスを取りながら歩く必要があります。 また、 地形にも注意が必要です。 近道をしようと川を渡ったり、岩場を登ったりすることも出来ますが転倒のリスクが伴います。 「じゃあ、近道しなればいいのでは?」と思うかもしれませんが、荷物は雨にさらされることで劣化し、 ミッションクリア後の報酬・評価が低下します。 だから、人間心理として近道がしたくなるんですよね。 今までのゲームは歩行は『ただの移動』でしかありませんでしたが、デス・ストランディングでは歩行に『 戦略的要素』が盛り込まれているんです。 しかし、この爆走感、たまらんな。 これによりマルチプレイとは違った 間接的な繋がりを実現しています。 プレイヤーには他のプレイヤーの姿は見えませんが、 プレイヤーの行動によって他のプレイヤーの世界に影響を与えることが出来るんですよね。 また、プレイヤーが捨てたアイテムが他のプレイヤーの世界では何かの役に立つかもしれません。 他のプレイヤーが川に橋を架ければ、自分もそれを利用することが出来ます。 見えないプレイヤーと協力して大きな建築物を作成することも可能です。 一人だけど一人じゃない。 プレイヤーの何気ない行動が他のプレイヤーに影響を与え、多様なゲーム体験が可能。 これがデス・ストランディングなんです。 戦闘もあるが基本的には「いかに効率的に荷物を運ぶか」が求められる デス・ストランディングにも戦闘はあり、メタルギア・ソリッドシリーズでもお馴染みのTPSによる銃撃戦が楽しめるようです。 物資を奪ってくる配達症候群の元配達員、容赦ないテロリスト、BTと呼ばれる異形の怪物との交戦があります。 しかし、サムの目的は『荷物を無事に届けること』なので、極力戦闘は避けることが望まれます。 避けようと思っても最短ルートには敵の拠点があるはずです。 そこで、以下のような決断を迫られるわけです。 迂回して遠回りするか• ステルスで上手くやり過ごすか• リスクを覚悟して強行突破するか• ミッションを受注する前に敵を殲滅しておくか こういった選択肢で頭を悩ませるのも本作の魅力だと思います。 上の項目の4つ目にさらっと書きましたが、本作では『ミッション受注前に敵の拠点を壊滅させておき安全な状態で荷物を運ぶ』という手段も取れるんですよね。 多種多様な選択が取れるのはホント魅力的だと思います。 雪山登山がメチャクチャ楽しいらしい デス・ストランディングは広大なオープンワールドです。 小島監督いわく「雪山登山が病み付きなるぐらい楽しい」らしいです。 復旧が進むと新たな問題も… プレイヤーは物資を運ぶ以外にも『国道を復旧する』という役目もあります。 国道の復旧が進むと乗り物を快適に走らせることが出来るようになり、ゲームの進行もスムーズになるはずです。 異文化・異人種交流も盛んになります。 ただし、人と人が繋がり始めると同時に 争いも生まれます。 こういった部分もデス・ストランディングでは描いていると小島監督が言っていました。 「良かれと思ってやったことが、必ずしも良い結果を招くとは限らない」といった感じでしょうか。 人気ゲーム実況者の2BRO. のおついちさんはストーリーそっちのけで国道復旧に専念しているようです。 笑 デス・ストランディングの海外メタスコア デス・ストランディングが海外ではどう評価されているか見てみましょう。 Metacriticが公表している海外レビューを総合的に数値化したメタスコアでは84点を獲得しています。 平均点はかなりの高水準となっていますが、レビュー誌各社の 点数は大きくバラツキがありました。 一方で、68点を付けたIGNや、35点をつけたStevivorはゲームの単調さについてマイナス評価をしていました(言ってしまえばこのゲームでやることは荷物運びですからね…)。 なお、IGN Japanのレビューは9. 5(10点中)をマークしているので、同じIGNという名の企業でもレビュアーによって評価が大きく変わる作品であると言えますね。 デス・ストランディングの口コミ・評判 デス・ストランディングについて世間の口コミ・評判・期待の声などをまとめました。 メタルギアの小島監督の新作、デス・ストランディングのデモプレイの映像観たんだけど、これ凄まじいな…。 とにかくグラフィックが綺麗!そしてこの世界観好きだな。 思わず最後まで見惚れてしまったよ…。 これは買うしかねぇな! — ショーマ Shomachan 映画のような世界観。 実写かと見紛うクオリティ。 マッツ・ミケルセンなんてそのまま。 ノーマン・リーダスを主人公にレア・セドゥ、マーガレット・クアリー、デル・トロ監督にレフン監督…多彩な登場人物。 ホラー色も強めな印象受けるけどどうだろか。 デス・ストランディング楽しみなゲームです。 しかし、この爆走感、たまらんな。 全体的な評価としてはグラフィックのクオリティの高さを評価する声が非常に多い印象ですね。 海外メジャータイトルに引けを取らないレベルという意見もありました。 また、『歩行』を再定義したゲームシステムについては、「面倒くさそうだけど面白そう」といった作品の奥深さを評価する声が多いですね。 一方で辛口意見には「(監督が中盤から面白くなってくると言ったことに対し)最初から最後まで楽しませてくれ」というような指摘がありました。 確かに、私が最高にハマったという作品は、最初の5時間は何をしたらいいか分からず、十分に楽しめませんでしたからね…。 それでユーザーが離れてしまっては元も子も無いわけですから、全く新しい革新的な作品であっても、最初から楽しさを感じられるように作るのがゲームクリエイターの役割だと思います。 また、人気ゲーム実況者の2BRO. デス・ストランディングの初週売上本数は? デス・ストランディングが発売されてから1週間が経過したので追記します。 気になる初週売上本数ですが 18万6,000本という事でした。 DL版を含め30~35万本ぐらいと割と順調な売上だと思います。 今年大きな話題になった死にゲー『』が初週15万本、昨年発売された広大なオープンワールドを舞台にした超大作『』が初週13万本ということを考慮すれば予想以上の売上ですね(ただ、豪華ハリウッド俳優を多数起用しているので利益が出るのか微妙なところですが…)。 デススト発売から1週間が経過してAmazonの評価に変化があった模様 デス・ストランディングが発売されて2、3日目ぐらいはAmazonのレビューがかなり賛否両論だったんですよね。 星5つの高評価が40%ぐらい、星1つの低評価が20~30%ぐらいあったかと思います。 ところが、発売されて1週間が経ち、Amazonレビューを確認して見たところ評価はこうなっていました。 星1つの低評価が10%まで減り、星5つが50%にまで増えています。 この逆転現象は上で紹介したRDR2でも起きています。 「チュートリアルが長すぎる」という事で発売当初は低評価が多かったんですよね。 でも、発売から時間が経ち評価が見直され神ゲー認定されています。 要するにデス・ストランディングも発売から時間が経ったことで「 本来の面白さが分かってきた」という人が多いのではないでしょうか。 デス・ストランディングはオススメ?発売日は? デス・ストランディングは小島監督いわく 賛否の分かれる作品であり、 面白さが分かるまで少し時間がかかります。 ゆったりと世界観に浸ったり、コツコツと積み上げることが好きならオススメです。 逆に「さっさとクリアしたい」と最短攻略を目指す人には合わない作品だと思います。 なぜなら、本作でも様々なアプローチによる攻略が可能だったり、攻略以外にも多種多様な遊び方が出来ますし、映画的な演出やキャスティングの豪華さにも、どことなくメタルギアソリッドっぽさを感じるからです。 個人的に特に惹かれた部分は、「 他のプレイヤーの行動によって、世界に変化が起こり攻略方法が変わってくる」という事ですね。 小島監督率いるコジマプロダクションによる待望の新作『デス・ストランディング』PS4版の 発売日は11月8日です(PC版は2020年夏頃発売予定)。

次の

レビューサイトが「デス・ストランディング」への「疑わしいユーザー評価」を大量削除してスコアが一気に急上昇

デス スト ランディング エルダー

GOTYは何個あるの? 現時点で300個以上存在します。 ゲームメディアが乱立した2013年には522個ものゲームオブザイヤーが存在しました。 当時のメディアはもうほとんど生き残っていません。 メタスコアを計測するmetacriticはレビューサイトを審査して不適格なメディアを排除していますが、GOTYを発表するメディアは世界中にたくさん存在します。 なので、無名メディアのGOTYも大手メディアのGOTYも同じ1票として扱われてしまいます。 そういう意味ではただGOTYを数えるだけでなく、主要なGOTYはどのゲームを選んだのか、という点に注目してみるべきかもしれません。 SEKIRO票が増えたぞ IGN JAPAN ゲームオブザイヤー2019 今年のベストゲームTOP 10 1. SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 2. バイオハザード RE:2 3. 還願 DEVOTION 4. DEATH STRANDING 5. シェンムーIII 6. 十三機兵防衛圏 7. Apex Legends 8. Baba Is You 9. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 10. Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー 始める前に、IGN JAPAN GOTY 2019の対象範囲と注意点を再度確認してほしい。 ・2018年12月1日~2019年11月30日に発売されたゲームが対象 ・2018年のゲームであっても、12月発売のタイトルは対象となり、これらには『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』や『JUDGE EYES:死神の遺言』などが含まれる。 ・海外のゲームはローカライズ版の発売日を基準とする ・例えば、今年日本語版が正式発売した『Cuphead』や『ナイト・イン・ザ・ウッズ』が対象となる。 だが『Indivisible』のように期間内に日本語が追加されたが、公式にアナウンスされていないものは除外する。 ・日本語版が存在するゲームのみ ・残念ながら日本語版のリリースが対象期間外である『CONTROL』や、まだ日本語版が存在しない『Disco Elysium』などは対象外となる。 ・選出・結果はIGN JAPANのチーム全体で考えてものであり、レビューのスコアと一致するとは限らない.

次の