美味しい ハンバーグ の 作り方。 コツと絶品レシピ集

得する人!損する人!【肉汁出ないハンバーグ】竹内シェフの日本一美味しい神レシピ作ってみた!得損

美味しい ハンバーグ の 作り方

ジューシーなハンバーグを作る3つのポイントとは? 4月1日放映「あさイチ」 NHK をご覧になった方はいらっしゃいますか?今回の「解決!ゴハン」のテーマは、クックパッドニュースでも何度か取り上げられたことがある人気の 「ハンバーグ」でした。 今回、目からウロコのテクニックを教えてくれたのは、料理の基本をわかりやすく丁寧に教えてくれる料理研究家で栄養士の小田真規子さん。 小田さんによれば、美味しいハンバーグを作るポイントは次の3つ。 通常は合いびき肉を使うことが多いハンバーグですが、今回は牛ひき肉に豚バラ肉の薄切りを刻んだものをプラス。 割合は牛ひき肉2に対して豚バラ肉は1。 上記の材料に塩コショウを入れて粘りが出るまでよく混ぜます。 このとき、塩を入れないと豚肉と牛肉の繊維がきちんとくっついてくれないのだとか。 混ぜ方にもポイントが。 豚肉や牛肉に含まれる脂分は、体温に非常に近い温度で溶け出す性質があり、手の平など体温が感じられる部分でかき混ぜると脂が溶け出して、ベタベタになってしまうというからビックリ! 小田さんは、それを防ぐため、体温が低い指先でザクザクと混ぜる方法を勧めていましたよ。 自分の指先が泡立て器になったような感じで、よくスナップをきかせてかき混ぜるのがポイント。 1分ぐらい混ぜると糸を引くように粘りが出てくるので、さらにみじん切りにした玉ねぎ、卵、パン粉を加えて混ぜます。 「炒めた玉ねぎじゃなくていいんだ」とゲストの山口もえさんが驚いていたように、使っていたのは生の玉ねぎ。 実はこれが、美味しさの秘密。 焼きあがったときシャキシャキとしてジューシーさをより際立たせてくれるというから脱帽です。 2分ぐらいしっかり混ぜて、玉ねぎがお肉に馴染んできたらOK。 よく混ぜたら、今度はしっかり空気を抜こう! お次は2つ目のポイント 「空気を抜く」の説明を。 よく混ぜたときに空気が入ってしまったハンバーグのタネから、今度は手の平に打ち付けながら最低10回以上空気を抜きます。 手の平の温かさで脂が溶け出さないよう、あまりしっかり握らないのがコツ。 空気が抜けたらラップをして、冷蔵庫で30分ぐらい休ませます。 ここで大事なのは、油を引かないこと、そして火をつける前にフライパンにハンバーグのタネを置くこと。 低温から中火にかけ、ジワジワと焼いていくのが、ジューシーなハンバーグにする秘訣というからビックリです。 裏表それぞれ5分ぐらい焼いたら、ふたをして弱火で10分ほど蒸し焼きに。 本当に、とても勉強になりますね!クックパッドにも蒸し焼きするハンバーグのレシピが。 こちらにもハンバーグをふわふわにするとっておきのテクニックがいっぱい。 要チェックです。 焼酎でふんわり度アップ!.

次の

ためしてガッテンの美味しいハンバーグの作り方。焼き方も紹介!

美味しい ハンバーグ の 作り方

ハンバーグに使う「ひき肉」。 牛を始め、豚、そして合いびき肉など種類が多く迷いますよね。 用意するひき肉によって当然仕上がりの味が変わってきます。 それぞれの特徴を知り、好みのものを選びましょう。 牛ひき肉肉の旨味が強く弾力性があります。 比較的水分が少ないのが特徴。 まとめやすく香辛料とも相性がいいので、ハンバーグのメインとして使われます。 牛肉100%のひき肉で作る場合は、脂肪が適度に2割くらい混ざっているもののほうが好まれるようです。 豚ひき肉脂肪が多く味にコクがあります。 また、豚の脂は牛の脂に比べて、溶ける温度が低く、口の中でもとろけます。 そのため、ハンバーグに入れると、口当たりが良くなります。 鶏ひき肉淡白な味わいが特徴。 さっぱりとしたハンバーグに仕上がります。 合いびき肉 挽き肉、塩、玉ねぎ、パン粉など基本の材料に加えて、入れると更にうま味を引き立てる材料をご紹介します。 お好みでお試しください。 「ナツメグ」で肉の臭みを取るハンバーグに入れるスパイスとして有名ですが、なぜ入れるのかご存知ですか? ナツメグは肉の臭みを取ります。 玉ねぎと併用すると更に効果が高まるそう。 一緒に練り込み加熱する事で力を発揮するので、ハンバーグにピッタリなスパイスなんですね。 「マヨネーズ」でふんわりと仕上げるマヨネーズを一緒に練り込むと、ふんわりジューシーに仕上がるってご存知でしたか? マヨネーズの中の植物油が肉のたんぱく質の結合を和らげ、結果としてジューシーに仕上がるそうです。 ひき肉に対して、5%の量が目安ですよ。 こねる前の準備まずひき肉は、使う直前に冷蔵庫から出しましょう。 室温に長く置くとやわらかくなり、脂が溶け出しやすくなってしまいます。 最初はひき肉と塩だけでよくこねるまず肉と塩だけをボウルに入れこねます。 塩を入れると肉に粘りが出て、肉汁を包み込む膜ができます。 他の材料を先に入れると、塩の効果が発揮される前に、脂が溶け出してしまうのでご注意ください。 手早く・こねすぎはNGこねるのが足りないと、加熱時に肉汁が流れ出す「身割れ」の原因になります。 ただし、こねすぎると焼いたときに硬めになってしまいがちです。 こねる時のコツは、最初は肉を握り込むようにして、粘りが出てきたら指先でグルグルとかき混ぜる事。 時間をかけず、手早く行いましょう。 次に調味料、その他材料の順に入れて練るナツメグなどの調味料を入れ、再び練ります。 肉に馴染んだら、玉ねぎやパン粉などの材料を入れましょう。 赤身に脂をなじませるよう、しっかりと練ります。 肉ダネができたら、お好みの大きさになるよう手に取ります。 そして片手から片手に、キャッチボールするように短い距離で10回ほど往復させましょう。 空気をしっかり抜く事で、加熱の際に膨張して型崩れするのを防ぎます。 最後は小判型にまとめて、中央をくぼませましょう。 ハンバーグの厚みはどれくらい? 実は「ハンバーグを厚くしすぎない」のがコツ! ハンバーグは加熱すると膨張し、高さが出てきます。 お店のように厚めにまとめると、生焼けの原因になるので注意です。 美味しく仕上げ、しっかりと火を通すには厚さ「1センチ」に仕上げ、真ん中をくぼませましょう。 きれいにまとめるコツハンバーグのタネをまとめる時に、手のひらにサラダ油を薄くつけてからまとめてみましょう。 タネの表面がきれいに仕上がりますよ。 フライパンを熱しておき、油をひいてハンバーグのタネを入れます。 レシピによって加熱時間が違うことも多いですが、焼き色や肉汁の色に注意しながら、蓋をしてじっくりと中まで火を通し、生焼けを防ぎましょう。 ひっくり返すタイミングを見極めるコツは? レシピによって加熱時間が違う場合、何を目安にすればいいでしょうか? 裏返す目安は「タネの周囲が白っぽいピンク色」になったタイミング。 ひっくり返したら再び蓋をし、蒸し焼きにしましょう。 焼き上がりの目安は? 中までしっかり火を通す事が重要! 軽く表面を押して、弾力があるか確認します。 また竹串で刺してみて、肉汁が透明である事も重要です。 ひき肉は病原体が付着しやすいので、しっかりと中心まで加熱する必要があります。 (一番確実なのは、試しに断面を割ってみる事。 中心部にピンク色が残っていないか確認してくださいね。 ) おススメの焼き方厚さ1センチのハンバーグの場合、強火で表裏1分ずつ両面に焼き色をつけます。 そのあとは、ふたをして弱火で8分ほど蒸し焼きにします。 ふんわりしたハンバーグに仕上がります。

次の

絶対美味しい作り方 節約 超簡単 至高 ハンバーグ作り方 筋肉と喜ぶルーティン 肉 肉汁たっぷり easy cooking Hamburg ルーティン Vlog スポーツ選手

美味しい ハンバーグ の 作り方

【美味しいハンバーグの作り方が知りたい!】 子供も大人も大好きな定番料理といえば、『ハンバーグ』。 中はしっとり、肉汁があふれる美味しいハンバーグを作りたい。 しかしながら、美味しいハンバーグを作るのって結構難しいですよね。 まずタネ作りが手間ですし。 なんといっても焼きの作業! 焼いてる途中で爆発したり外はこげこげで、中は生焼けといった悲惨なものになったり、焼きすぎてパサパサになったり。 問題が続出しますよね……。 ここでは、いくつかのポイントを踏まえた美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。 さぁ、美味しいハンバーグを作りましょう! 【玉ねぎが旨味のポイント!】 美味しいハンバーグの作り方で重要なポイントは、玉ねぎにあります。 ハンバーグ4個分に対し、玉ねぎを半分~1個ほど用意します。 大きさが均等になるようにみじん切りにして、フライパンに油を引いて炒めます。 弱火と中火の間くらい。 じっくり焦らず、あめ色になるまで炒めてください。 少し手間かもしれませんが、このあめ色玉ねぎが、美味しいハンバーグの旨味や香ばしさとなるのです。 このあめ色玉ねぎさえあれば、ナツメグなどの特別なスパイスがなくても大丈夫です。 おうちにナツメグや、スパイスミックスがある場合は、適宜使ってください じっくり炒めるのが面倒な方は、みじん切りの玉ねぎを少しレンジでチンして、しんなりさせてから炒めると時短できます。 あんまりチンしすぎるとパサパサの玉ねぎになるので注意しましょう。 また、炒めるの自体が面倒くさい方はレンチンした玉ねぎをそのままハンバーグのタネに入れても、甘味と食感があって美味しいです。 いずれにせよ、熱した玉ねぎを直ぐにハンバーグのタネにいれてはいけません。 熱々の玉ねぎと生地は馴染みにくいのです。 少し冷ましておいてから玉ねぎを使いましょう。 美味しいハンバーグの作り方とは、玉ねぎをしっかり下準備することにあるのです。 【生地はクールに扱いましょう】 さて、重要なハンバーグのタネの作り方です。 美味しいハンバーグを作るには、熱を制することが大切です。 手を使うのは、捏ねる時、ハンバーグを成形する時の、最低限に抑えましょう。 手の熱がハンバーグのタネに伝わると、肉の脂が溶け出してしまい、焼いた時ジューシーさが半減してしまうのです。 肉は、牛豚の合いびき肉、あるいは豚挽き肉がおすすめです。 前者はほどよい肉の食感と牛独特の旨味が感じられます。 後者はしっとりした食感とあっさりした味わいを感じられます。 ひき肉は、冷蔵庫で冷やしていたものを手早く扱います。 凍っていた場合は適度に解凍してください。 4人分で300g程度です。 ボウルにひき肉と小さじ一杯の塩だけを入れて、大きなスプーンなどで練り混ぜます。 最初に練っておくと、捏ねる時間が短縮できて、肉ダネに余分な熱が加わらずに、済みます。 ここで、肉を練る前に、別の器に、大さじ1~1. 5パン粉に牛乳を少々浸して、しっとりさせておいてください。 練った肉の中に、パン粉と炒め玉ねぎを入れます。 少し塩こしょうもしてください。 いよいよハンバーグのタネを捏ねます。 ハンバーグのタネを扱う時は、なるべく手を冷やしましょう。 少し辛いですが、氷水で手を冷やし、タオルで水分を拭き取ってから行うのがベストです。 そして、肉と玉ねぎとパン粉が馴染むように丁寧に素早く捏ねます。 これが美味しいハンバーグの作り方における、ハンバーグのタネの作り方です。 【成形は手早く行おう】 さて、ハンバーグの成形をしましょう。 美味しくハンバーグの作り方では、この工程も重要です。 タネを4等分にしたら、冷した手にサラダ油を塗り、生地を小判型に成形します。 厚さは2. 5センチメートル位です。 成形したら、空気を抜くために、手から手へ、ポンポンとタネを上下させます。 形を崩さないようにしつつ、あまりダラダラ続けないようにしてください。 ここでもたもたすると、生地がだれて、肉汁が逃げてしまいます。 空気を抜いたら、タネの真ん中に窪みを作ります。 窪みを作ることで、焼きムラやタネの爆発を防ぎます。 時間がある方は、成形後のタネをラップをしいたバットなどに乗せて冷蔵庫で冷やしておくと、より肉汁の流出を防ぐことができます。 さらに、肉汁を閉じ込めるための裏技をお教えします。 このまま焼いても美味しいハンバーグの作り方としてはOKなのですが、ひと工夫したい方へ。 焼く直前に、成形したタネ全体に片栗粉をまぶします。 たったそれだけです。 焼くと少し周りにとろみがつきますが、肉汁がより逃げにくくなります。 ハンバーグの周りのぷるぷるが気にならない方だけどうぞ。 【さぁ、ハンバーグを焼きましょう!】 いよいよ、美味しいハンバーグの作り方のメインの工程です。 フライパンに油を引いて、中火で熱します。 ハンバーグを焼きます。 両面がこんがりするように焼いて肉汁を閉じ込めるようにします。 一旦火を止めます。 酒を大さじ3程度フライパンに入れて、蓋をして少し強めの弱火で5分ほど蒸し焼きにします。 時折蓋を開けてハンバーグが焦げ付いてないかチェックしてください。 でも、あまり高頻度で蓋を開けると、蒸し焼きの蒸気が逃げてしまうのでほどほどに。 また、酒が熱されて跳ねるので、やけどにも注意してください。 竹串を刺して透明な肉汁が出てきたら完成です。 生っぽい肉がついてきたり、濁った肉汁が出てきたら、もう少し蒸し焼きましょう。 【ハンバーグのソースも美味しく!】 美味しいハンバーグを食べるためには、ハンバーグのソースも重要です。 ここでは簡単なハンバーグソースの作り方を紹介します。 ハンバーグを焼いたフライパンからハンバーグを取り出します。 フライパンに残った油には肉の旨味があるので、これを利用します。 焦げがある場合は取り除いてください。 ケチャップ大さじ3、中濃ソース大さじ1、醤油小さじ2、砂糖小さじ1、酒大さじ1、をよく混ぜ、フライパンでとろみがつくまで熱して完全です。 ハンバーグの上からかけたり、絡めたりして召し上がってください。 つけそえに、にんじんグラッセや、ベイクドポテトをつけても美味です。 【さぁ、今日からハンバーグを得意料理にしよう!】 いかがでしたか? ハンバーグはきちんとした手順を踏めば、誰でも美味しく作ることができます。 今日から、美味しいハンバーグで食卓をハッピーにしましょう!.

次の