パンデミック 予言。 ビル・ゲイツがパンデミックを予言|racoco|note

『アンドロメダ…』パンデミックを予言!?未知の病原体と対峙するハードSF (後編)(CINEMORE)

パンデミック 予言

画像は「 」より 中国を中心に世界中で感染が拡大している。 すでに中国全土で2700人以上が感染、 80人以上の死亡が確認されている。 で日本に訪れる中国観光客が増える中、日本国内での感染拡大も懸念されるが、実はもう我々は絶滅のとば口に立っているのかもしれない。 英紙「Express」(1月24日付)によると、なんと世界最高の予言者が 世界の終末に伴う感染病のを予言していたというのだ。 1999年人類滅亡予言を外したことで、世間から顧みられることが少なくなったであるが、人類滅亡予言には異論もあり、決して予言が外れたわけではないと解釈する者もいる。 また、彼の予言は 最近でも的中している。 たとえば、 の出現、火災などだ。 今回ののことを指しているとされるの予言は、『百』第2巻第53節のものだ。 (「」より) 画像は「getty images」より 「ペスト」と訳されている部分は英語訳では「plague(疫病)」となっているため、いわゆるペストだけでなく伝染性の病気を指していると考えて良いだろう。 この予言は2002年11月にしたの時にも言及されたことがあり、海辺の都市は香港、偉大な夫人は予防部総指揮の(ごぎ)氏を指すとされた。 一方、「International Business Times」(1月27日付)によると、今回のウイルスは反トランプ派の影の政府が人為的に作り出したものだというも囁かれているという。 特にトランプ政権に通じている人物だとされる匿名投稿者Qアノンは同説の熱心な支持者であり、その証拠として2015年にイギリスの研究所が取得したに人為的な操作を加える特許を挙げているそうだ。 また、この他にも 製薬会社が自社の利益のために新型ウイルスを流行らせたという見方もある。 というのも、 新型ウイルス出現後、中国国内の製薬会社の株価が上昇しているからだという。 確かに、世界中に新型ウイルスが拡大した後に、 中国の会社が特効薬を開発したことにすれば、莫大な利益を得られるだろう。 画像は「Daily Mail」より 英紙「Daily Mail」(1月25日付)は、の路上で昏倒した新型ウイルスに感染者と思しき人々を紹介しているが、その光景はまるでこの世の終わりだ。 今回のウイルスの出現は本当に世界の終末を告げる出来事になのかもしれない……。 今後も注意深く見守っていく必要がありそうだ。 dream-kb.

次の

【都市伝説】イルミナティカードの予言まとめ13選

パンデミック 予言

そんな松原照子さんは、2019年の月刊ムー2月号のなかで「新型インフルエンザが発生しパンデミックが宣言される!?」という記事を載せており、現在、世界規模で起こっているパンデミックを予言していたと話題になっています。 松原照子さんのパンデミックの世見 2019年の月刊ムー2月号に記載された松原照子さんの記事の一部を抜粋してご紹介します。 インフルエンザといえばウイルスですが、このウイルスが変異しやすくなっています。 「温暖化の影響かな…」ふと、そんなことを思ってしまいます。 いつもながら原稿用紙に向かうと、ごく自然に鉛筆が動いていきます。 例えば、こんなことも書きたくなるのです。 「この数十年間、私たちが経験したことのなかったようなウイルスが発生し、人から人へと感染して大流行する」でも、パンデミックなどという言葉は、できれば聞きたくないものです。 免疫を持っている人がほとんどいない新型インフルエンザの感染力は とても強く、もしも日本に感染者が出たら、本当に大変なことになると思われるのです。 (中略) 「フェーズ6」この数字が見えています。 それほど遠くない未来、パンデミック宣言が出されて、世界中を震撼させるでしょう。 皆様を怖がらせたいわけではありません。 これが現実の世界であり、人間の生活習慣が変化していくのに合わせて、ウイルスもまた、生き残りをかけて進化し続けているのです。 豚由来のウイルスが変異するだけではなく、その他の生物に由来するウイルスも、進化しようとしているように思います。 是非とも大成功を収めてほしい東京オリンピックが2020年に迫っています。 夏に発生しやすいように思えるこうした新型ウイルスが、2020年に発生しないことを願います。 リンク まさに新型コロナのことを予知していたとしか思えませんね。 これからの未来に起こることは? 実は、松原照子さんは、30年以内に80%の確率で起こるであろうと話題になっている南海トラフ地震についても、いくつかの予言をしているのです。 日本列島が糸魚川-静岡構造線で分断されるほどの地震が発生• 伊豆地方にて秋になっても紅葉しない、あさりなどの貝漁が不漁• 富士五湖で水位が下がる• 大地震の前兆としてM6程度の地震が伊豆で起きる• 起きるのは水曜日、その日がカレンダーに赤色のイメージがある• 次の大地震の前兆は空に発光現象が起きる とくに、大地震の発生するの水曜日のカレンダーが赤色、すなわち祝日の水曜日と予測されていることは有名で、オカルト好きの間では「魔の水曜日」と呼ばれています。 ちなみに2020年で祝日と水曜日が重なるのは…• 4月29日• 5月6日 のいずれかです。 今のこの状況で大地震が起きたら、とんでもない大惨事になってしまいます。 何も起こらないことを祈るだけです。 最近長野県辺りで地震が続いて ますよね 😿 私が南海トラフ巨大地震について 調べたところ 4月29日 ・ 5月6日 ・ 5月11日 に発生する可能性が高いことを 知りました。 ただの予測 ・ 予言に過ぎない のですが、いつ地震がきても 問題ないようにみなさんも注意 して下さい 🙌🏻 — hina hina43872016 因みにスペイン風邪のすぐ後にも関東大震災来てるからね。 この後三年の間くらいに、大地震が来ると予言しておく 笑 次は、南海トラフあたりじゃないかな? 笑 歴史とか世界の状況を俯瞰して見てると、何となく法則性が見えてくる。 — 真理寺 100日後に何か起きそうな気がしてるだけの変人。 後71日 u613F5nlxgcKSRD.

次の

「パンデミックの終焉は近い」中国の終息を言い当てたノーベル賞科学者が予言

パンデミック 予言

占星術師のアビギャ・アナンド(Abhigya Anand)君は昨年8月22日、YouTubeに『2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画を投稿。 その映像の中で「世界各国を脅かす災難(ウイルスパンデミック)が2019年11月から発生し、3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」と予言した。 ただ、5月29日で完全に終わるわけではなく、徐々に減少していき、本格的に収束するのは7月からだという。 また、年末の12月に、より深刻なパンデミックが発生するとも予言している。 「アナンド少年は占星術で新型コロナウイルスの出現を占ったといい、6月末までは良い知らせがないと予言。 また、人類は最終的にワクチンを開発するかもしれないが、今後、また別の種類のウイルスがやって来て、どんな抗生物質も効かないスーパーバグ(超多剤耐性菌)が現れるとも語っています。 より大きな災害は、今年12月20日から来年3月31日まで続くといい、新型コロナウイルスよりも深刻になるといいます。 免疫力アップには、有機野菜などの他、特にウコンを勧めている。 「結局、最後はメンタルマネジメントが大切で、栄養と睡眠をたっぷり取り、個人個人が免疫力を高めていけば、おのずと未来が開けるということでしょう。 不摂生な生活を送っていた人は、今回のコロナ騒動を機に生活習慣を変えた方がいいかもしれませんね」(同・ライター) アナンド君の予言はあくまでも占いによるもの。 悪い予想は外れることを期待したいが、未来がどうなるかは誰も分からない。 まずは、個人でできることから始めてみることが大切なようだ。

次の