に ちゃんねる 検索。 5ちゃんねる(6tag.sixdegrees.org、旧2ちゃんねる)掲示板

[B! 検索] ★2ちゃんねる検索★6tag.sixdegrees.org

に ちゃんねる 検索

2ちゃんねるに投稿された誹謗中傷の書き込みは、その性質上、1000に到達した段階で「過去ログ」に保存されることになります。 いわゆる「過去ログ倉庫行き」や「dat落ち」と呼ばれるものです。 ただ、過去ログ倉庫行きになった書き込みでも、閲覧することは可能です。 具体的には、2ちゃんねるのコピーサイト(ミラーサイト)を利用する、2ちゃんねるまとめサイトを利用する、その他2ちゃんねるの過去ログを閲覧できるサイトを利用する、などの方法があります。 どれも専門的な知識は不要なので、基本的には、誰にでも閲覧できることになります。 つまり、誹謗中傷や個人情報などの情報を拡散させないために、書き込みを1000に到達される「埋め立て」などの対策をしても、必ずしも抜本的な解決につながるとは限らないのです。 2ちゃんねるにおける情報流出対策は、さまざまな視点からとらえなければなりません。 その点について、こちらの記事でより深く考えていきましょう。 2ちゃんねるにおける「過去ログ」とは そもそもなぜ、過去ログ倉庫に入ってしまえば、情報の拡散を防ぐことができるのでしょうか。 それは、スレッドが過去ログに入ることで、検索エンジンにヒットしなくなるためです。 厳密には、スレッドタイトルのみ検索エンジンに引っかかることになります。 検索エンジンで検索しても情報が閲覧できないのであれば、誹謗中傷に関する書き込みも、個人情報の流出も、心配することはありません。 誰かが故意に保存しているなどしていなければ、それ以後は、特別な対策をする必要がないと考えられるのです。 ただし、冒頭に述べているとおり、2ちゃんねるの過去ログを閲覧することは不可能では無いのです。 しかも、その方法についてはインターネット等で簡単に調べることができます。 つまり実情としては、過去ログを閲覧することは誰にでも可能ということなのです 悪質な書き込みが保管されている場合も もし、悪質な誹謗中傷の書き込みがなされており、それが過去ログに保管されているとしたら。 その書き込みをきっかけとして、たとえばコピペにより拡散されてさらなる被害が発生してしまう可能性もあります。 該当するスレッドが1000に到達していたとしても、油断してはいけないのです。 ただし裏を返せば、過去ログにおいても自らチェックし、対策することができるということです。 自分に関する誹謗中傷の情報が書き込まれてしまったが、過去ログに入っているために閲覧できない。 このようなことも、過去ログの閲覧方法があることによって、対処できるのです。 あとは、どこで閲覧できるのか、ということがポイントとなります。 それが2ちゃんねるそのもので読めるのか、それとも過去ログを保存しているサイトなのかということです。 過去ログであっても2ちゃんねるの運営に削除依頼することは可能です。 また、過去ログを保存している閲覧サイトに削除要請をすることも可能となります。 5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)本体だけの対策では不十分 このように、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に過去ログ行き(1000までの書き込み上限)という特性があり、さらに過去ログも閲覧できる方法が確立されているということから、誹謗中傷および個人情報の流出対策は、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)本体だけを対象としていては不十分なのです。 意識しておきたいのは、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に書き込まれているかどうかではなく、どこで閲覧できるのか、そしてどこに依頼すれば削除ができるのかということです。 この2点を加味したうえで、対策を講じるようにしてください。 いずれにしても、広く拡散してしまう前に、素早く対応することが大切です。 とりあえず過去ログに入っているからと安心せず、過去ログを閲覧できるあらゆる方法を実施し、内容をチェックするべきです。 その内容を保存して、すぐに対策をとりましょう。 2ちゃんねるの過去ログを検索できるサイト とくに、2ちゃんねるの過去ログを閲覧できるサービスを展開しているサイトがいくつか存在しています。 代表的なものは次の通りです 「ログ速@2ちゃんねる過去ログ検索」 過去ログ倉庫行きとなったスレッドは、スレッドタイトルしか検索エンジンにはヒットしません。 裏を返せば、特定の書き込みを閲覧するための鍵となるのは、スレッドタイトルということになります。 「ログ速@2ちゃんねる過去ログ検索」では、スレッドタイトルから過去ログを検索することが可能です。 2ちゃんねるの過去ログ保存サイトにリンクしているため、キーワードから割り出した過去ログを閲覧することができます。 「2ちゃんねる 過去ログ倉庫」 スレッドタイトルもキーワードも特定できないのであれば、2ちゃんねる公式の「2ちゃんねる 過去ログ倉庫」を閲覧してみるのもひとつの方法です。 ジャンルやタイトルから、2ちゃんねるにどのような書き込みがなされているのかを知るのにも役立ちます。 過去の情報までさかのぼって検索してみよう くり返しますが、2ちゃんねるの過去ログを閲覧することは可能です。 そのため、書き込みに対する抜本的な解決を実現するには、過去ログを閲覧できるサイトに対しても対処しなければなりません。 その点をよく理解しておきましょう。 もし、自分への誹謗中傷などを発見してしまったら、慎重に対応を進めることをおすすめします。

次の

5ちゃんねる(6tag.sixdegrees.org、旧2ちゃんねる)掲示板

に ちゃんねる 検索

2ちゃんねるに投稿された誹謗中傷の書き込みは、その性質上、1000に到達した段階で「過去ログ」に保存されることになります。 いわゆる「過去ログ倉庫行き」や「dat落ち」と呼ばれるものです。 ただ、過去ログ倉庫行きになった書き込みでも、閲覧することは可能です。 具体的には、2ちゃんねるのコピーサイト(ミラーサイト)を利用する、2ちゃんねるまとめサイトを利用する、その他2ちゃんねるの過去ログを閲覧できるサイトを利用する、などの方法があります。 どれも専門的な知識は不要なので、基本的には、誰にでも閲覧できることになります。 つまり、誹謗中傷や個人情報などの情報を拡散させないために、書き込みを1000に到達される「埋め立て」などの対策をしても、必ずしも抜本的な解決につながるとは限らないのです。 2ちゃんねるにおける情報流出対策は、さまざまな視点からとらえなければなりません。 その点について、こちらの記事でより深く考えていきましょう。 2ちゃんねるにおける「過去ログ」とは そもそもなぜ、過去ログ倉庫に入ってしまえば、情報の拡散を防ぐことができるのでしょうか。 それは、スレッドが過去ログに入ることで、検索エンジンにヒットしなくなるためです。 厳密には、スレッドタイトルのみ検索エンジンに引っかかることになります。 検索エンジンで検索しても情報が閲覧できないのであれば、誹謗中傷に関する書き込みも、個人情報の流出も、心配することはありません。 誰かが故意に保存しているなどしていなければ、それ以後は、特別な対策をする必要がないと考えられるのです。 ただし、冒頭に述べているとおり、2ちゃんねるの過去ログを閲覧することは不可能では無いのです。 しかも、その方法についてはインターネット等で簡単に調べることができます。 つまり実情としては、過去ログを閲覧することは誰にでも可能ということなのです 悪質な書き込みが保管されている場合も もし、悪質な誹謗中傷の書き込みがなされており、それが過去ログに保管されているとしたら。 その書き込みをきっかけとして、たとえばコピペにより拡散されてさらなる被害が発生してしまう可能性もあります。 該当するスレッドが1000に到達していたとしても、油断してはいけないのです。 ただし裏を返せば、過去ログにおいても自らチェックし、対策することができるということです。 自分に関する誹謗中傷の情報が書き込まれてしまったが、過去ログに入っているために閲覧できない。 このようなことも、過去ログの閲覧方法があることによって、対処できるのです。 あとは、どこで閲覧できるのか、ということがポイントとなります。 それが2ちゃんねるそのもので読めるのか、それとも過去ログを保存しているサイトなのかということです。 過去ログであっても2ちゃんねるの運営に削除依頼することは可能です。 また、過去ログを保存している閲覧サイトに削除要請をすることも可能となります。 5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)本体だけの対策では不十分 このように、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に過去ログ行き(1000までの書き込み上限)という特性があり、さらに過去ログも閲覧できる方法が確立されているということから、誹謗中傷および個人情報の流出対策は、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)本体だけを対象としていては不十分なのです。 意識しておきたいのは、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に書き込まれているかどうかではなく、どこで閲覧できるのか、そしてどこに依頼すれば削除ができるのかということです。 この2点を加味したうえで、対策を講じるようにしてください。 いずれにしても、広く拡散してしまう前に、素早く対応することが大切です。 とりあえず過去ログに入っているからと安心せず、過去ログを閲覧できるあらゆる方法を実施し、内容をチェックするべきです。 その内容を保存して、すぐに対策をとりましょう。 2ちゃんねるの過去ログを検索できるサイト とくに、2ちゃんねるの過去ログを閲覧できるサービスを展開しているサイトがいくつか存在しています。 代表的なものは次の通りです 「ログ速@2ちゃんねる過去ログ検索」 過去ログ倉庫行きとなったスレッドは、スレッドタイトルしか検索エンジンにはヒットしません。 裏を返せば、特定の書き込みを閲覧するための鍵となるのは、スレッドタイトルということになります。 「ログ速@2ちゃんねる過去ログ検索」では、スレッドタイトルから過去ログを検索することが可能です。 2ちゃんねるの過去ログ保存サイトにリンクしているため、キーワードから割り出した過去ログを閲覧することができます。 「2ちゃんねる 過去ログ倉庫」 スレッドタイトルもキーワードも特定できないのであれば、2ちゃんねる公式の「2ちゃんねる 過去ログ倉庫」を閲覧してみるのもひとつの方法です。 ジャンルやタイトルから、2ちゃんねるにどのような書き込みがなされているのかを知るのにも役立ちます。 過去の情報までさかのぼって検索してみよう くり返しますが、2ちゃんねるの過去ログを閲覧することは可能です。 そのため、書き込みに対する抜本的な解決を実現するには、過去ログを閲覧できるサイトに対しても対処しなければなりません。 その点をよく理解しておきましょう。 もし、自分への誹謗中傷などを発見してしまったら、慎重に対応を進めることをおすすめします。

次の

2ちゃんねるとは (ニチャンネルとは) [単語記事]

に ちゃんねる 検索

5ちゃんねる(5ch. net)とは は、日本最大の掲示板サイトである 旧2ちゃんねる(2ch. net)が、 2ちゃんねるは乗っ取られたと主張する前管理人の西村博之氏(ひろゆき)との紛争を理由に改名したサイト。 運営はレースクイーン社(Race Queen, Inc)からロキテクノロジー社(Loki Technology, Inc)に譲渡されたということになっている。 サイトの名前とドメインは変更されたものの、利用者は従来通りの方法で掲示板「5ちゃんねる」を利用できる。 Googleで5ちゃんねるの掲示板を検索 5ちゃんねる以外の2ちゃんねる系掲示板サイト 新2ちゃんねる(2ch. sc) は、旧2ちゃんねるを乗っ取られた西村博之氏が新たに開設した掲示板サイト。 旧2ちゃんねるのスレをコピーする機能があった。 おーぷん2ちゃんねる(open2ch. net) は、矢野さとるが開設した転載自由な2ちゃんねる風掲示板で、お絵かき機能、komeなど独自機能もある。 専ブラ(2ちゃんねるブラウザ)に対応していて、専ブラから読み書きするすることができる。 画面右上に検索ボックスがあり、スレタイ、全文検索、Google検索、画像検索ができる。 書き込みは著作権が放棄され全てパブリックドメインになる。 5ちゃんねるの主な掲示板リスト ニュース• 会社・職業• 政治経済• 食文化• 実況ch• アイドル• 旧2ちゃんねる(2ch. net)乗っ取り騒動 2ちゃんねる(2ch. net)のサーバーを管理していたレースクイーン社(代表ジム・ワトキンス)が、2ちゃんねるの開設者で管理人だった西村博之氏(通称:ひろゆき)を追放して、2ちゃんねるを乗っ取った事件。 その後、西村博之氏は新2ちゃんねる(2ch. sc)を立ち上げたが、現在でも掲示板への書き込み数が最も多いのは旧2ちゃんねる(2ch. net)となっている。 なお、2ちゃんねるの商標は西村博之氏が保有している。 net、. sc、open. net等 のスレッドタイトルや本文を全文検索する方法を解説しています。 Googleで2ちゃん... ログ速(ろぐそく、logsoku)とはログ速(ろぐそく、logsoku)は、スレタイ検索、全文検索、URL検索、ID検索に対応した日本最大のサイト「2ちゃんねる()」ミラーサイト。 のスレッドUR... 「2ch News Navigator 2NN 」は、日本最大級のサイト「2ちゃんねる 2ch 」のニュース速報+系の投稿を自動解析して、人気の高いニュース及び最新のニュースをリアルタイムで計算してスレッドのタイトルや... 旧2ちゃんねる(2ch. net)が5ちゃんねる(5ch. net)に変更されたことで、ログ速など現行スレや過去ログの検索を提供していたサイトでは5ちゃんねるの検索ができなくなっています。 が提供している公... トラックバックURL :.

次の