リクナビ薬剤師。 「リクナビ薬剤師」の評判ってどう?利用者の評価・口コミを徹底分析| 転職HAKASE

【マイナビ薬剤師vsリクナビ薬剤師比較】どっちがおすすめ?

リクナビ薬剤師

薬剤師は大手社が運営している転職サイトです。 グループと同様に転職業界大手の企業であり、CMや広告で名前を目にすることも多いと思います。 では薬剤師の特徴や強みについて見ていきましょう。 ・35000件以上の求人を 全国の、病院、ドラッグストア、企業の求人をしています。 派遣求人の取り扱いはありません。 ・企業の求人が豊富 大手企業とのパイプが強く、企業の求人を数多くしています。 ・高額求人が多い 年収600万円以上の高額求人数も多く、年収アップを考えている人におすすめ。 ・対応が素早い スピーディーな対応で、転職成立までの早さも魅力です。 もちろん落ち着いて検討することもできます。 ・優秀なが多い 人材会社のノウハウを熟知したスタッフが数多く在籍しています。 レスポンスは素早く、希望する条件に合った求人を提案してくれます。 ・独占案件もあり 業界の信頼も厚い社だけに集まった求人もあります。 これらの点から薬剤師は ・への転職を希望している ・企業への転職を希望している ・年収をアップしたい ・素早い転職活動をしたい ・有能なに担当して欲しい といった方に向いている転職サイトです。 kusuriya3.

次の

薬剤師、管理薬剤師の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

リクナビ薬剤師

求職者の希望に合わせて、労働環境や収入面などの交渉をおこないます。 自分では言い出しづらい条件交渉も担当のキャリアアドバイザーが代行してくれるので、余計なストレスをかけずに転職活動を進められます。 またリクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーは、「職場の雰囲気」や「教育制度」などの企業調査も徹底的に実施。 「どんな人が働いているのか?」「スキルアップできる環境なのか?」など、求人票だけではわからない、現場のリアルな情報を得られますよ。 リクナビ薬剤師は最短3日で転職可能!急を要する転職にもおすすめ リクナビ薬剤師は「現職の退職期日が迫っていて、なるべく早く転職先を決めたい」という薬剤師にもおすすめの転職エージェントです。 利用者の転職日数「最短3日」という実績を持つリクナビ薬剤師では、希望の転職時期に合わせたサポートが受けられます。 キャリアアドバイザーとの面談後に紹介される求人情報は、平均5件。 求職者の働きたい職場や希望収入、経歴などを考慮して、その人だけに向けたおすすめの求人情報を紹介してくれます。 キャリアアドバイザーと直接面談できなくても、リクナビ薬剤師を使う大きなメリットはありますよ。 リクナビ薬剤師では、自社だけしか紹介できない「非公開求人」を全国各地に多数保持。 そのため東京以外の人でも、転職サービスを利用する価値は十分にあります。 ただ単に転職する目的ではなく、情報収集のためにリクナビ薬剤師を利用する薬剤師もたくさんいるのです。 さらに、リクナビ薬剤師とそのほかの転職エージェントを上手く使い分けることで、効率よく転職活動を進められます。 薬剤師に特化したそのほかの転職エージェントは「」の章を、参考にしてください。 大手転職サービスが運営する「リクナビ薬剤師」の基本情報 リクナビ薬剤師は「リクルートホールディングス」のグループ企業である「リクルートメディカルキャリア」が運営する、薬剤師専門の転職エージェントです。 リクルートメディカルキャリアでは、長年医療業界の転職市場に携わってきたノウハウと実績を活かした、薬剤師の転職サポートを実施。 そんなリクルートメディカルキャリアの運営する、「リクナビ薬剤師」の「求人数」「拠点場所」などの基本情報を見ていきましょう。 jp 総求人数35,000件以上を保持するリクナビ薬剤師。 登録後は、求人全体の7割を超える非公開求人を合わせたなかから転職先を紹介してもらえます。 リクナビ薬剤師では「地域別」「業種別」で、どのくらい求人を取り扱っているのか、筆者が公式HPの求人検索を使って調べてみました。 まず「北海道・東北」~「九州・沖縄」まで7つの地域に分けた、リクナビ薬剤師の求人数を見ていきましょう。 リクナビ薬剤師なら、大手企業の転職に成功する可能性が高いですよ。 リクナビ薬剤師では「イオンリテール株式会社」「株式会社スギ薬局」「株式会社マツモトキヨシホールディングス」など、大手調剤薬局や優良企業の求人を多数保持。 企業情報と一緒に、職場の労働環境や社員のインタビュー記事もチェックできます。 リクナビ薬剤師は大手企業への転職を検討する薬剤師にも、おすすめの転職エージェントなのです。 リクナビ薬剤師以外におすすめの薬剤師専門転職エージェント この章ではリクナビ薬剤師との併用におすすめしたい、薬剤師の転職に特化したエージェントを9つ紹介。 自分の地域や希望する雇用形態に合わせて、複数の転職サービスを上手く活用してみてください。 各転職エージェントを選択すると、それぞれの詳細記事へ移動できます。 便利な会員専用アプリ「my CarrY」では、移動中の求人チェックやキャリアアドバイザーへの相談が可能です。 全国各地の求人を取り扱うリクナビ薬剤師ですが、担当者と直接会って面談できるのは東京オフィスのみ。 そのほかの地域の人は「転職相談」から「内定」までの間、電話やメールでの転職サポートが受けられます。 リクナビ薬剤師では、全国各地の非公開求人を多数保持しているので、東京以外の人でも登録しておくのがおすすめです。 そのほかの転職エージェントと上手く併用して、希望条件に合った転職先を効率よく見つけていきましょう。

次の

転職大手『リクナビ薬剤師』の特徴から注意点、退会方法までを解説!

リクナビ薬剤師

自分にピッタリの求人が見つかりました 条件面を精査したのち、実際に20件以上ご紹介いただきました。 私は勤務時間や休暇を重視した転職先を望んでいましたので、正社員の求人にこだわらず準社員の求人なども柔軟に紹介していただききました。 最後に面接まで進んだ数企業は、コンサルタントの方としっかり相談して、条件に相違のないことを確認したうえでの紹介でした。 リクナビ薬剤師の口コミをもっと見たい方は リクナビ薬剤師の評判まとめ 口コミを調査した結果、求人、コンサルタントなど多くの項目で高評価をつける薬剤師が多く、リクナビ薬剤師の評判は総じて良くなっています。 特に 「レスポンスの速さ」への満足度はひときわ高く、「早く転職したい」という人にピッタリの特徴といえます。 一方で、「電話がしつこい」という声も一部であったようです。 もちろんコンサルタントによって差はありますが、 「なるべく慎重に転職活動を進めたい」「自分のペースで転職活動をしたい」方にはあまり向いていないでしょう。 2.リクナビ薬剤師のメリットとデメリット・おすすめの人 リクナビ薬剤師にはさまざまなメリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。 メリット・デメリットを確認したうえで リクナビ薬剤師の利用が自分に合っているかどうか判断するとよいでしょう。 リクナビ薬剤師の3つのメリット リクナビ薬剤師のメリットについて以下で一つ一つ解説していきます。 好条件な非公開求人を多数保有しており、条件の良い職場への転職がしやすい• 短期での転職を可能にするサポート体制が整っている• 大手企業とのパイプが太く、有利に転職を進められる 好条件な非公開求人を多数保有しており、条件の良い職場への転職がしやすい リクナビ薬剤師の大きなメリットの一つが、非公開求人を多く取り扱っている点です。 非公開求人とは、一般向けに公開していない求人情報のことを指します。 ハローワークや求人サイト、企業の採用ページにも掲載されておらず、転職サイトに登録することで具体的な求人の内容を見ることができます。 非公開求人は知名度の高い企業の求人や幹部クラスの求人など、 一般に公開すると応募が殺到してしまうような好条件で募集がされている場合が多いです。 リクナビ薬剤師は非公開求人の割合が他のエージェントに比べて非常に高く、条件のいい求人が紹介される確率が高いのです。 ココファーマ調べ。 短期での転職を可能にするサポート体制が整っている リクナビ薬剤師では他の薬剤師転職サイトとくらべ、スピーディーな転職が可能です。 大手人材紹介会社として培ったノウハウがあるため、担当コンサルタントから登録した翌日には、平均5件の求人を紹介してもらえます。 希望を伝えてからすぐに求人を紹介してくれるので、 転職先を選びやすく、転職活動の期間をなるべく短く済ませたいと考える薬剤師におすすめです。 加えてリクナビ薬剤師は「myCarrY」というアプリをリリースしています。 このアプリはコンサルタントから紹介された求人をアプリで管理でき、ワンタップで応募ができる機能がついています。 そのためmyCarrYのアプリで求人紹介から応募まで、スムーズに進められます。 中には最短3日で転職ができたという驚きのケースも存在するようです。 今すぐにでも職場を辞めたい方、できるだけブランク期間を短くして転職をしたい方にとっては大きなメリットになるでしょう。 もちろんリクナビ薬剤師が重視しているのはスピードだけではありません。 あくまでも求職者の希望を最優先としており、決して無理に転職をすすめてくるようなことはありません。 求人数も多く、またコンサルタントから自分におすすめな求人を多く紹介してもらえたので、転職先を選択するのに役立ちました。 コンサルタントからの連絡も早くて転職の手助けになりました。 大手企業とのパイプが太く、有利に転職を進められる 数ある転職サイトの中でも、 リクナビ薬剤師は大手企業に特に強いといわれています。 リクナビ薬剤師を運営しているリクルートは、古くから転職市場で実績を積んできたため、企業側から厚い信頼があります。 そのため、大手企業が求人を出す際もリクナビにお願いするケースが多いのです。 大手の製薬会社や病院、調剤薬局、ドラッグストアチェーンへの転職を考えている方は、必ず登録するべきサイトといえるでしょう。 他の転職サイトと並行して利用していましたが、 大手企業の求人は他の転職サイトと比べ、多かったです。 また大手で年収の良い求人もあり選択の幅が広がりました。 リクナビ薬剤師の2つのデメリット 上述したメリットがある一方で、他社に比べて弱い部分もいくつか存在します。 以下で一つ一つ解説していくので自分が許容できるかどうか判断してみてください。 派遣の求人がない• コンサルタントからの電話が多め 派遣の求人がない リクナビ薬剤師では派遣の求人を扱っていません。 派遣で働きたいと思っている方は注意が必要です。 もし派遣で働きたい場合は、・などの派遣に力を入れている薬剤師転職サイトの利用がおすすめです。 自分に合った薬剤師転職サイトを見つけるには? 「リクナビ薬剤師が本当に自分に合っているかわからない…」という方は、以下の無料でおすすめの転職サイトがわかる 「転職サイト診断テスト」を利用するとよいでしょう。 3.リクナビ薬剤師が扱っている求人の内訳 リクナビ薬剤師が扱っている求人を雇用形態・業種・希望別で分けて調べました。 自分の希望する求人を多く保有しているか確認するとよいでしょう。 業種別 他の転職サイトと比べ、特に調剤薬局と病院の求人数が多いことが特徴です。 そのため年収アップを目的に転職をしたいと考えている人は一度リクナビの求人を確認しておくとよいでしょう。 転職サイトのコンサルタントは、その能力や持っている情報に差があるため、自分に合わないコンサルタントが担当になってしまう場合があります。 複数登録をし、比較をすることで 自分に合ったコンサルタントに巡り会える可能性も高まり、転職成功の可能性も上げることができるでしょう。 転職エージェントを利用する際に、ひとつの転職サイトしか使ってはいけないというルールはありません。 むしろ特色の違う転職サイトをうまく組み合わせて複数登録し活用したほうが良いでしょう。 転職サイトのコンサルタントは実際に利用して比較してみないと自分に合っているかどうか判断しづらいためです。 また自分に合わないコンサルタントが担当になった場合、転職がうまくいかない可能性も高くなります。 複数登録をすることで 能力の高いエージェントに巡り会える可能性も高まり、また転職成功の可能性を上げることができるでしょう。 おすすめ転職サイト ここまでリクナビ薬剤師について記載してきましたが、当サイトおすすめの転職サイトの特徴をわかりやすく一覧にしました。 参考にしてみてください。 圧倒的な求人数を保有しているため、駅チカ家チカ要望に対応可能• 全国15ヵ所に支店があり地方でも対面面談を実施• 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートに自信 調剤薬局 対面• 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が毎日更新• 日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実• 派遣求人が豊富 病院 製薬会社 電話対応• 登録者数No. 1!登録して間違いのない王道派遣会社!• 3か月の就労期間で育休が取得できるためママ薬剤師におすすめ(他社は基本6ヵ月)• 即日で求人を紹介してくれ、最短3日で派遣が始められる 合わせて読みたい 5.リクナビ薬剤師に登録から転職するまでの流れ リクナビ薬剤師に登録してから転職するまでの流れをご紹介します。 Webかフリーダイヤルで無料登録 Web登録は簡単な必要事項を記入するだけなので、 60秒ほどで済みます。 <Web登録に必要な入力項目>• 現在の就業状況• 希望の働き方• 希望の勤務先• 希望する転職時期• 名前(フリガナ)、生年月日、性別• 住所、連絡先(電話番号、メールアドレス) 登録フォームは 対面か電話で希望をヒアリング 登録後、コンサルタントから電話がかかってきて、対面面談、もしくは電話面談の日程を調整します。 面談では、希望条件(職種、職場、エリア、勤務時間、資格取得など)のヒアリングが行われます。 求人紹介 面談後、希望条件に合った求人案件を紹介してくれます。 遠慮せずに自分の希望を伝えましょう。 職務経歴書作成 リクナビ薬剤師ではコンサルタントが職務経歴書の添削だけでなく、応募先の企業と給与などの条件交渉までしてくれます。 面接アドバイス・面接 事前にコンサルタントが面接アドバイスをしてくれるので安心です。 内定・入社 転職が決定してもサポートは続きます。 入社日の調整や手続きなど、入社するまでサポートをしてくれます。 6.リクナビ薬剤師に関するQ&A Q. 登録したら電話連絡がしつこいって本当? A. 薬剤師転職サイトというと、従来は既卒で社会人経験を積んだ転職者のみが利用できるというイメージが強かったのですが、 最近では新卒や薬学生でも人材紹介会社サイトとして転職サイトを利用して就活をするケースも出てきています。 社会人経験のない新卒であっても転職サイトを利用することは可能ですし、実は転職サイト内にある求人の中には、「新卒可」で募集している求人もあるのです。 では新卒薬剤師が転職サイトに登録をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。 大きなメリットは、 1. 多くの情報を得られるということと、さまざまなサポートが受けられるということです。 地方に住んでいても面談してもらえるの?.

次の