ヘルパンギーナ 発疹。 【小児科医監修】子供がヘルパンギーナにかかったら?症状や治療法、抗生物質など

ヘルパンギーナとは?症状・出席停止期間・治療法 [子供の病気] All About

ヘルパンギーナ 発疹

疫学 [ ] 熱帯では一年中、温帯では夏と秋に流行する。 日本では5〜9月頃にみられ、7月がピークとなる。 例年、西から東へと推移する。 感染者の年齢は5歳以下が9割以上で、1歳代がもっとも多い。 感染経路は、感染者の鼻や咽頭からの、などによる糞口感染、とである。 ウイルス排泄が盛んな急性期の感染力が最も強く、回復後も2〜4週間にわたり便から検出される。 症状 [ ] は2〜4日程度で、初期症状として突然のと咽頭痛がある。 その後、咽頭粘膜が赤くなり、口腔に1〜5mmの小水疱が数個出現する。 小水疱が破れて潰瘍になると痛む。 熱は1〜3日間程度続き、粘膜疹はそれよりも長引く。 口の中が痛むことから不機嫌、拒食、哺乳障害が起きやすいが、ほとんどは予後良好である。 発熱時に熱性けいれんを伴うことがあり、まれに、などを合併することがある。 治療 [ ] 特効薬など特異的な治療法はなく、によって症状を緩和する。 また、拒食や哺乳障害によるを警戒する。 無菌性髄膜炎や心筋炎の合併例では入院治療が必要となる。 予防 [ ] など特異的な予防法はなく、感染者との密接な接触を避け、流行時はや手洗い、手指の消毒を励行する。 出典 [ ] [].

次の

[写真で解説]エンテロウイルス感染症(手足口病、ヘルパンギーナなど)|写真で見る子どもの病気

ヘルパンギーナ 発疹

-目 次-• 臨床的特徴 それぞれのエンテロウイルスが種々の臨床像を呈するので、症状からウイルスを推測することは困難です。 手足口病がコクサッキーA16で起こるのではなく、コクサッキーA16感染症の一つの症状として手足口病があります。 また今流行しているエンテロウイルスが何か知っておくと診断の参考になります。 たいてい数種類が流行しており、夏だけでなく春から冬にも多く発生しています。 感染の成立 主要な感染経路は糞口感染であり、飛沫感染もあります。 咽頭で感染成立の後、消化管で増殖します。 この時期は無症状か発熱ていどにすぎません。 リンパ節で増殖後ウイルス血症をきたし、標的となる髄膜、心筋などを襲い二相性の病像をとることがあります。 ウイルスは糞便中に長期間排泄されますが、咽頭からは初期の短期間しか検出されません。 通常は一過性の経過で、予後は良好です。 不顕性感染が多く60~80%に達すると言われます。 疫学 年ごとにいろいろなコクサッキーA、コクサッキーB、エコー、エンテロウイルスの各型が次々と発生し大小の流行を起こします。 温帯地方でエンテロウイルスは一年中発生していますが、4月から12月の間に多発します。 髄膜炎が多発する年、手足口病の流行が大きい年、発疹症、口内炎、ヘルパンギーナ、扁桃炎などさまざまなかぜ症候群の多い年などがあります。 髄膜炎を伴う手足口病はエンテロ71によります。 急性上気道炎、発熱性疾患 大多数のエンテロウイルス感染症は発熱を主徴とし、倦怠感、筋肉痛、食欲不振などの非特異的な症状を呈するいわゆるかぜ症候群の一つです。 胃腸症状はあっても軽度です。 扁桃炎を起こして扁桃に膿栓が付着することがあります。 高熱が5~7日続くこともあります。 肺炎はまれに起こります。 冬インフルエンザやアデノウイルスと同時にエンテロウイルス感染が発生すると、診断はまぎらわしくなります。 発疹性疾患 1)手足口病 病原ウイルスはコクサッキーA16あるいはエンテロ71であり、まれにコクサッキーA4、5、6、8、9、10、B、エコーなどの報告があります。 エンテロ71の手足口病は無菌性髄膜炎を起こすことがあります。 向神経性の強さはその時の流行株によって異なります。 潜伏期は2~5日、乳幼児に好発しますが、学童、成人も感染します。 毎年流行するようになってから罹患年齢が低下してきました。 集団保育の場などではすぐに感染しますし、ウイルスは長期間消化管から排泄されるので隔離の意味はなく、登校・登園停止しても流行は阻止できません。 患者の症状に応じて休ませるようにすればよいでしょう。 発熱は10~20%で38度程度が多く持続しません。 まもなく特徴的な皮疹と口内粘膜疹が出現し、次第に数を増してきます。 5~7日で治癒します。 皮疹は手掌、手背、指の間、足底、足背、膝、肘関節部、殿部にみられます。 写真をクリックすると拡大します 平たい楕円形の1~5mm大の赤みを伴う灰白色の水疱が主に手掌、足底、指間にまたその他の部にも出現します。 また赤い少し盛り上がった大小の丘疹が多数見られます。 皮疹のかゆみはなくおおむね無痛ですが、年長児、成人ではちくちくする、さわると痛いと訴えることもあります。 次第に赤みがうすれ、色素沈着を残して水庖内容は吸収され消失します。 粘膜疹は皮疹に先立ってまたは同時に出現します。 頬粘膜、舌、口峡部、口蓋部、口唇粘膜など口内すべてに見られます。 赤みを伴う大小の粘膜疹で、水痘びらん、潰瘍となり、よだれがみられ、痛みのため摂食できないのが一番つらい症状です。 皮疹と粘膜疹のいずれか一方の場合があります。 また皮疹の部位も全部そろうものから一部しか出ないものまで様々です。 ときに全身に発疹が出現し、いわゆるウイルス性発疹症と区別がつかないものがあります。 予後良好ですが無菌性髄膜炎に注意します。 2回目の手足口病は前回と異なったウイルスで起こっている可能性が大です。 年によってコクサッキーA16、エンテロ71のいずれかが主な流行ウイルスとなりますが、最近は双方検出される年が多く、同じ年に2回かかることがあります。 治療は対症的であり、皮疹は刺激を避けるようにし、乳児で全く乳を飲めない場合脱水に注意します。 薄味のしみない飲料、軟かい食べ物を冷たくして与えます。 2)ヘルパンギーナ コクサッキーA群でしばしば見られる病像で、B群、エコーによる報告もあります。 突然の高熱で発症し3日前後の有熱期間で、乳幼児に春から秋にかけて流行します。 痛みのため摂食できなくなるのが主症状で、年長児はのどが痛いと訴えます。 嘔吐・腹痛が一時的に出現することがあります。 特徴的な口内疹で診断されます。 (ヘルパンギーナ) すなわち口峡部にほぼ限局してごく小さな水疱、それが破れた2~5mm位の大きさの小さな潰瘍があり赤みをおびます。 咽頭発赤が著明で病変は2、3日間拡大し、痛みが増しますがまもなく治癒します。 へルペス性歯肉口内炎(へルペス初感染)と類似して鑑別しにくい場合がありますが、ヘルパンギーナでは歯肉に少なく痛みも軽度です。 (ヘルペス性歯肉口内炎) コクサッキーA群の分離された症例で、口峡部にとどまらず、頼粘膜、口唇粘膜、舌、歯肉などに口内疹の出現する例があるため、発疹がなく口腔内病変があれば広くヘルパンギーナと呼ばれます。 治療は対症的であり、乳幼児で高熱と摂食できない場合は脱水への対策を講じます。 手足口病と同様にしみない食べ物を与えます。 3)発疹症 いろいろのコクサッキーウイルス、エコーウイルスにより全身性の発疹がみられます。 地域でまた全国的に流行します。 エコーウイルス16による発疹症は、風疹、突発性発疹類似の皮疹と2、3日の発熱をきたしときに口内疹がみられます。 発疹の性状は多彩で年齢が幼いほど発疹が出やすくなります。 赤色の斑状丘疹、風疹様、ときに紫斑、じんま疹様、多形紅斑様などの全身発疹がみられます。 かゆみはありません。 1、2日でピークに達し次第に退色し数日で消失します。 発疹のみられる時期は発熱と同時、下熱後または無熱のこともあります。 粘膜疹、下痢、髄膜炎などのエンテロウイルスによるほかの症状を合併することもあります。 急性胃腸炎 エンテロウイルスにより嘔吐、下痢が起こりますが軽度です。 軟便数回から水様便が日に数回2~3日程度までで、血便はありません。 嘔吐が主な場合は無菌性髄膜炎がないか注意します。 腹痛もよくみられ、疝痛様から軽い不快感までみられます。 腹痛は発熱を伴う場合に多く起こります。 神経系疾患 1)無菌性髄膜炎 エンテロウイルスは無菌性髄膜炎を起こすことで知られます。 かぜ症候群を起こすウイルスの中で嘔吐の頻度が最も高く、気がつかれないうちに治る髄膜炎が多いものと思われます。 大流行となる年も髄膜炎の少ない年もあり、エンテロウイルスの特性により、毎年原因ウイルスが異なります。 春から秋にかけて多くみられます。 予後は一般的には良好です。 2)髄膜脳炎 高熱、意識障害、けいれんなどの症状を示す脳炎が髄膜炎と合併してみられます。 長期の神経学的発達をみると予後は良好です。 3)ギラン・バレー症候群 いろいろのコクサッキー、エコーウィルス感染に引き続き、運動麻痺を主症状とするアレルギー性多発神経炎が起こります。 4)ポリオ様麻痺 ポリオウイルスはエンテロウイルスの一つであり、過去において大流行し多くの神経学的後遺症を残しました。 生ワクチンの導入後、劇的にポリオは消滅しましたが、ポリオ野生株がときにわが国でも分離されており、近隣のポリオ常在地から輸入される可能性があるので、ワクチン投与は引き続き重視されています。 ポリオワクチンを投与するとワクチンを受けた小児はもとより、かぜ、胃腸炎、全く無症状、innocentな子どもたちからポリオウイルスがたくさん分離されます。 まれにポリオワクチン株によるポリオ様麻痺が発症します。 ポリオ以外のエンテロウイルスによるポリオ様麻痺がときに報告されます。 発熱、発疹、髄膜炎を伴うことが多いです。 エコーウイルス9型でもっとも多くみられます。 5)その他 小脳失調症、末梢神経炎などの報告があります。

次の

ヘルパンギーナの湿疹はいつまで続くの?全身に出たら違う病気かも?

ヘルパンギーナ 発疹

まず、ヘルパンギーナの症状から説明してまいりましょう。 原因となるウイルスは、 エンテロウイルス族のコクサッキーA型であると言われており、はじめに 38度以上の高熱が2、3日続き、その後口内炎が発生します。 特にのどちんこなどのどの周りに水泡ができるため、のどの痛みが強く食事もままならないことがあると言われています。 個人差はありますが、症状が現れてからおよそ1週間ほどで病状は落ち着き、湿疹も引いてくると言われているようです。 しかしながら、湿疹が落ち着き症状がないと言っても、その後数週間から1ヶ月ほどは体内からウイルスを発している状態であると言われているため、他人へ感染させてしまうこともあるようです。 例え湿疹が消えていたとしても、ヘルパンギーナは感染力が強いため、他人に移さないよう対策が必要だと言えますね。 ヘルパンギーナの湿疹は水泡性で、口内、特にのどの周りに数個、お子さんによっては数十個とたくさんできます。 高熱のあとに喉に湿疹ができるんですね。 このようにのどに炎症を起こしているため、よだれが増え、嘔吐してしまうお子さんもいるようです。 ヘルパンギーナにかかったお子さんが不機嫌になりやすいのは、のどの湿疹による痛みがあるからかもしれませんね。 また、のどの周りに湿疹が出るということは、水や食べ物などの飲み込みがしづらい状態であるとも言えます。 食事がほとんど摂れなくなってしまうお子さんも時にはいます。 食事についての工夫も必要になってくるかもしれませんね。 のどの痛みがある時の食事についてはで書いています。 ヘルパンギーナだと診断された、もしくはそうだと思っていたとしても、まれに違う病気であることがあります。 見分け方としては、 全身に湿疹が出た場合。 この場合は違う病気かもしれないので、注意してみていきましょう。 疑うべき病気としては2つ。 まず1つ目に、 手足口病。 口内の発疹だけでなく、 手足、顔面、全身に発疹が出ることがあります。 こちらも発熱を伴いますが、ヘルパンギーナまで高熱ではなく、 38度より低いことが多いです。 ヘルパンギーナと同じく夏風邪によく分類され似た症状なので、発疹のできる場所や熱で区別しておきましょう。 次に2つ目、 突発性発疹。 症状としては、 40度近い高熱が出て、それから 全身に湿疹ができます。 ヘルパンギーナと非常によく似た症状ではありますが、こちらも湿疹のできる場所を注意して観察して判断する必要があります。 詳しい症状を見てみると、高熱が落ち着いてきたくらいの時期にまずおなかや背中など身体のやわらかい部分に湿疹が出ます。 そのあと顔や胸に出てくるようです。 全身と言っても、手足には出にくいようで、この発疹はかゆみをあまり感じません。 発疹の痕も残らず、2、3日経過すると目立たなくなることが多いようです。 また、突発性発疹にかかっているとき、比較的元気なことも特徴的です。 ヘルパンギーナのときのように不機嫌なことも少なく、食事も普段通りにできるお子さんも多いようです。 ただ、高熱のため熱性痙攣を起こすお子さんもいるので注意して看病してあげましょう。

次の