給与 所得 に 係る 市民 税 県民 税 特別 徴収 税額 の 決定 通知 書。 住民税の特別徴収はいつから?簡単!特別徴収の「決定通知書」の見方

どのブログよりもやさしい市県民税(住民税)決定通知書の見方と説明

給与 所得 に 係る 市民 税 県民 税 特別 徴収 税額 の 決定 通知 書

<目次>• 個人住民税の普通徴収とは?4回に分けて自分で支払う の納付方法には。 個人住民税の普通徴収とは、自営業者など、給与所得者(会社員など)や年金受給者以外が、納税通知書により、6月、8月、10月、翌年1月の原則年4回に分けられた税額(1回で納税も可)で、それぞれの月の納期限までに納める制度です。 の年額は同じなのですが、特別徴収と比べ1回あたりの納税額が多いのが特徴です。 従業員が途中で退職した場合は、特別徴収から普通徴収になります。 普通徴収の住民税納付書は6月に届く 都道府県民税と市区町村民税は、市区町村の役所が合わせて集めます。 前年の所得税が確定してから、市区町村の課税課が住民税を計算し、「住民税納税通知書」の納税者に送付します。 普通徴収や「公的年金からの特別徴収」の場合、「納税通知書」「納付書」は通常6月上旬に届けられます。 普通徴収で4回払いを選んだ場合、6月、8月、10月、翌年1月の納入期限の前に、4回に分けて納付書を送る自治体もあります。 「納税通知書」「納付書」には、年税額、税額の計算、住民税額の決定、徴収時期などが書かれています。 給与所得者が退職した場合は、特別徴収から普通徴収になります。 また、給与所得者は「市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書」の「納付義務者用」を5月下旬頃受け取ります。 給与が年100万円以下、2カ所から給与をもらって片方から毎月給与天引き(特別徴収)されている、従業員数が2人以下等、5月末までに退職予定等の事情がある以外は、個人住民税は特別徴収となります。 住民税の特別徴収とは? サラリーマンと年金受給者が該当 個人住民税の特別徴収とは、個人住民税年額を毎月12回に分けて支払う制度で、「給与所得者に係る特別徴収」と「公的年金受給者に係る特別徴収」があります。 お給料から結構住民税引かれているなあ 特別徴収は、給与から差し引かれて市町村に納入される 給与所得者に係る特別徴収とは、事業主(特別徴収義務者)が毎月の従業員の給与を支払う時に、従業員の個人住民税(市民税及び県民税を合わせた額)をその年の6月から翌年の5月までの12回に分けて給与から差し引きし、市区町村に納入する制度です。 毎年1月31日までに、従業員(アルバイト、パート、役員等を含む)の方の給与支払報告書(総括表・個人別明細書)を市区町村に提出する。 市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書の送付:給与支払報告書等が提出されると、市区町村で個人住民税額を計算し、毎年5月中旬頃に『市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書』が事業主に送付されます。 市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書:従業員のそれぞれの毎月の給与から徴収する税額及びその合計額(事業主が毎月市区町村に支払う金額)等が書かれた「特別徴収義務者用」と、従業員それぞれに配布する「納税義務者用」に分かれています。 「市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書」の確認:「納税義務者用」が従業員に渡されます。 5月の給与明細と一緒に配られることが多いです。 事業主は、従業員から個人住民税を6月から翌年5月までの毎月の給与から天引きし計12回に分けて徴収する。 事業主は、それぞれの従業員から徴収した税額合計を、原則翌月10日までに市区町村の銀行口座・郵便局口座に支払う。 公的年金受給者の特別徴収も、金受給者は直接差し引かれる その年の4月1日に前年度以前から老齢基礎年金等を受給している65歳以上の公的年金受給者(単身者155万円超える年金額の方)の個人住民税(市民税・県民税)は、年金支払者(特別徴収義務者)が毎支給月に年金を受け取る時、市から通知された税額が差し引かれます。 公的年金からの特別徴収が始まる最初の年は、6月及び8月に「普通徴収」で年額の4分の1を納め、10月から「特別徴収」により毎月納めることとなります。 新型コロナに係る徴収猶予の特例制度について 令和2年4月30日、 地方税法等の一部を改正する法律が施行され、新型コロナに係る徴収猶予の特例が制度化されました。 申請することにより、1年間に限り、市税の徴収が猶予され、猶予期間中の延滞金もかかりません。 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限がある、市税が猶予の対象で、申請期限は、施行日(4月30日)から2か月以内(6月30日まで)、または市税の納期限(延長されているときは延長後の期限)の遅い日になります。 住民税の支払いが大変になってしまった方はお住いの自治体に確認してみましょう 【関連記事】• 【住民税の編集部オススメ動画はコチラ】.

次の

特別徴収税額通知書と源泉徴収票は同じ? 特別徴収税額通知書は住民税の書類、源泉徴収票は所得税の書類

給与 所得 に 係る 市民 税 県民 税 特別 徴収 税額 の 決定 通知 書

みのりたです。 ふるさと納税、返礼品の過熱競争が議論を呼んだりしましたが、制度としては定着してきた感がありますよね。 みのりたもここ数年は、控除額めいっぱい使わせてもらっています。 お米や肉・野菜など生活必需品をもらったり、普段は買わないような贅沢品をもらったりと、使い方は人それぞれですが、実際にお金が戻ってくるかどうかは、皆ちょっと気になる所ですよね。 特に会社員でワンストップ特例制度を利用した人にとって気になるのは、「住民税が本当に控除(還元)されるのか」ではないでしょうか? 所得税は確定申告すれば、1ヶ月以内には大抵振り込まれますが、住民税は翌年支払う分から差し引かれるだけですから、直接手元にお金が入ってくる訳ではありません。 みのりたも、初めてふるさと納税をした翌年は、ちゃんと手続きされているかドキドキしました。 今回は、そんな「住民税は本当に控除されているのか」が気になる方のために、いわゆる住民税通知書の見方を解説します。 所得・所得控除に関する項目 まずは左上の 「所得」表。 昨年の収入と所得(収入から社会保険等を差し引いた額。 手取りとはまた異なります)が載っています。 次にその下の 「所得控除」表。 収入から控除される金額について、内訳が記載されています。 配偶者を扶養されている方は、「配偶者」欄や「配偶者特別」欄にも記載があると思います。 これらの表の内容は、会社員の方なら、源泉徴収票に書かれた内容と基本的に同じはずです。 また、所得・所得控除表の右にあるのは 「課税標準」表です。 会社員で給与以外に収入の無い方は、総所得欄にのみ記載があり、それ以外の収入(株の譲渡益・配当など)がある場合は、それらも記載されます。 収入扶養親族がいる場合は、その内訳と人数も記載されます。 住民税の税額計算に関する項目 課税標準表の右隣の 「税額」表には、住民税を計算するための細かい内訳が記載されています。 本記事の目的「ふるさと納税の控除はどこで確認すればいいのか」に対する答えも、ここに記載されています。 最後、そのまた右隣にある 「納付額」表には、本年度の住民税を月割りした金額が載っています。 会社員の方は、各月にいくら天引きされるのか、ここもできれば確認しておきましょう。 住民税の総額が12で丁度割り切れない場合、大抵は最初の月(6月)だけ金額が大きくなっています。 ふるさと納税が控除されているかの確認方法 では、ふるさと納税が実際に控除されているか確認してみましょう。 幸いにして(?)みのりたは昨年、微妙なタイミングで育休に入ったため、普通徴収の通知書と特別徴収の通知書、両方を持っています。 それぞれの確認方法を両方ご紹介します。 みのりたは、平成28年(2016年)に11万円分をふるさと納税しました。 ここから自己負担分の2000円を引いた108000円が、実際に控除されているかどうか、平成29年(2017年)の住民税通知書から確認します。 ここに、ふるさと納税の結果が反映されています。 みのりたの例ですと、66301円と44201円という記載がありますね。 この2つを合計した金額が、その年控除される(還元される)住民税の金額になります。 ただしこの中には、元々誰でも控除される「調整控除額」というものが含まれますので、正確にふるさと納税 だけの控除額が知りたければ、 ふるさと納税をする以前の年の住民税通知書を出してみて下さい。 これが毎年自動的に控除されている金額ですので、ふるさと納税後の合計金額から差し引いてください。 最初に示した通り、108000円がちゃんと控除されていることが分かりますね!謎の端数2円がありますが、まぁお役所の方で色々計算があるのでしょう。。。 普通徴収の場合 普通徴収では、もっと簡単に確認ができます。 ここに、ふるさと納税や住宅ローン控除など、控除される項目別に金額が書かれています。 ふるさと納税は「寄付金税額控除」として扱われますので、寄付金税額控除等の欄の市民税、県民税を合計した額が、ふるさと納税から控除された額になります。 このように、住民税からの控除額はちょっと計算が必要ですが、住民税通知書の内容から確認することが可能です。 ご自身の納税がきちんと反映されているか、チェックしてみて下さい。

次の

給与所得者の個人市民税・県民税の特別徴収|宇都宮市公式Webサイト

給与 所得 に 係る 市民 税 県民 税 特別 徴収 税額 の 決定 通知 書

源泉徴収票 記載例抜粋• 給与の額面(=年収)…… 年収700万円• 給与所得金額 …… 510万円 という記載がなされ、実際にどのような所得控除が差し引かれているのかという点については、源泉徴収票から以下の金額が読みとれます。 社会保険料控除 …… 95万円• 生命保険料控除 …… 12万円• 地震保険料控除 …… 5万円• 配偶者控除 …… 38万円• 扶養控除(特定含む)…… 63万円&38万円• 基礎控除…… 38万円 これらを合計すると 所得税における所得控除が289万円と算定できます。 しかし、 住民税における所得控除は以下の内容に縮小します。 社会保険料控除 …… 95万円• 生命保険料控除 …… 7万円• 地震保険料控除 …… 2万5千円• 配偶者控除…… 33万円• 扶養控除(特定含む)…… 45万円&33万円• 基礎控除 …… 33万円 このように所得税における所得控除より、住民税における所得控除のほうが相対的に金額が小さくなります。 このケースでは所得税における所得控除は289万円なのに対し、住民税における所得控除は248万5千円とおおよそ40万円も低くなっています。 ここまで計算できれば、住民税の計算は比較的シンプルです。 所得(このケースでは510万円)から住民税の所得控除(このケースでは248万5000円)を差し引き、10%を計算して、さらに均等割5000円(市区町村から3500円・都道府県から1500円。 自治体により金額が異なることがある)が加算されることによって計算できます (住民税の所得控除額が所得税の所得控除額より小さいことを考慮し、実際には調整控除が考慮されたり、住民税計算過程の間、端数切り捨て処理がなされます)。 そして、この住民税決定通知書に記載された税額が、給与所得者の場合には6月から翌年の5月にかけて給与から天引きされる旨が住民税決定通知書の表面の右下に記載されることとなります。 一方、勤務先にも住民税決定通知書(特別徴収義務者用)という書式が市区町村から送られ、住民税の天引きの資料として利用されています。 住民税決定通知書でチェックすべきポイント 住民税決定通知書でチェックすべきポイントは何といっても適用をうけられるはずの所得控除がきちんと項目に計上されているかでしょう。 この設例の場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、配偶者控除、扶養控除、基礎控除などの項目に記載があることからある程度考慮されていることがわかります。 適用されるはずの所得控除が考慮されてない場合には しかし中には「適用されるはずの生命保険料控除が適用されていない」とか「適用されるはずの配偶者控除が適用されていない」という方をお見受けします。 住民税というのは賦課課税方式といい、勤務先から送られてくる「給与支払報告書」(記載されている内容は源泉徴収票と同じ)や確定申告のデータをもとに、市区町村が住民税を計算する仕組みとなっています。 したがって「適用されるはずの生命保険料控除が適用されていない」とか「適用されるはずの配偶者控除が適用されていない」という「給与支払報告書」であっても、そのデータしか市区町村が所有していなければ、誤った住民税が課されることもありえます。 特に年末調整の対象から外れた方は年末調整されていない「給与支払報告書」が勤務先からお住まいの市区町村に送られるため、結果として生命保険料控除、地震保険料控除、扶養控除や配偶者控除の適用の有無について記載のない「給与支払報告書」に基づき住民税が決定されてしまうのです。 適用されるはずの所得控除等について住民税に反映させるには 年末調整の対象だった方については、年末調整で考慮された所得控除項目がきちんと反映されているか住民税決定通知書でチェックしましょう。 そのためにはある程度となってきます。 年末調整の対象から外れた方は適用されるはずであった生命保険料控除、地震保険料控除、扶養控除や配偶者控除等について確定申告手続きを行うことによって住民税の計算においてもきちんと適用を受けることが可能となります。

次の